細田 美雪

【言の葉の響き】第65回 とどまることで根っこは伸びていく

2019/4/ 5配信
皆様

夜分に失礼します、細田 美雪です。

久しぶりの「言の葉の響き」配信となります。
大変ご無沙汰してしまいました。

桜も満開、春爛漫の新月ですね。
今夜は牡羊座の新月。
占星術では牡羊座は始まりの星座です。
新月も始まりの時。
まさに始まりのはじまりの時とも言えますね。


ここ最近の私は、外への活動や発信をお休みしていました。
2月中旬〜3月いっぱい、外への働きかけや行動を減らしてみて、
ただ「自分といる」時間を意識的に行ってみました。
自分自身の感覚に従った結果、そうなりました。

自分に正直になることって、時にはわがままに見えたり、
不安定な人に見られたり、色々とマイナスな面もあるかもしれません。

それすらも許して、自分に正直に生きることにトライしている今です。


あなたは、「とどまること」を停滞とみますか?
それとも充電とみますか?

なかなか形にならないこと、
結果や成果の出ないこと、
その中にとどまり続けることは勇気のいることです。
また、後ろめたさや罪悪感すらあるかもしれません。

でも、とどまることでしか見えてこないこと、感じられないこともあります。
走り続けていてはわからないこと、認識できないこともあります。


とどまることは、実は「根っこを伸ばしている時間」とも言えます。

地表の植物が元気にすくすく育っていけるのは、
見えない地中の根っこがちゃんと育っていってるからです。
無理して栄養を与えて花をいっぱい咲かせても、
根が育っていなければ、うまく育ちません。

全てはバランスです。
とどまることで根に十分に力を与えられる時もあるのです。


外に答えや何かを求めるのではなく、
自分の内側にあるものを感じる。
これってすごく大事だなと思います。


植物や動物は自ら育っていける力を持っています。
誰かや何かに求めることもなく、迷うこともなく、
今この瞬間を生きています。

それは多分「感覚的に」生きているからです。

それこそが生きるための術なのです。

その感覚を取り戻すことが大事だなと思います。


私がその感覚に戻るのは、やっぱり自然の中に入っていった時、
そして植物に触れている時です。


その感覚を取り戻す方法は人それぞれ違います。

ヨガをしている時かもしれないし、
歌を歌っている時かもしれないし、
お風呂に浸かっている時かもしれない。

とにかく、あなたが一番しっくりくる方法を見つけて、
自分の感覚を立てていってくださいね。


自分の感覚を取り戻すことは、自分の根っこに養分を与えていること。
とどまることで根っこは伸びて、
次の流れが見えてきたり、自ずとそちらに向かうことになるのです。

はじまりの春、とどまることで始まることもありますから。
楽しんで、自分の内側を感じること、やってみてくださいね。

良き春となりますように。










この記事をシェア・コメントする

https://smart.reservestock.jp/subscribe_form/mail_magazine/986922?o=((customer_name_urlencode))



配信停止ご希望の方はお手数ではございますがこちらから解除をおねがいいたします。
https://resast.jp/page/ss/

メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。







お問い合わせフォーム
⇒ https://www.reservestock.jp/inquiry/8104/







☆ バックナンバーはこちら
⇒ https://resast.jp/page/backnumbers/


☆ お客様の声
https://resast.jp/page/user_recommend/7019


この記事に対する皆様の感想をお待ちしております。
https://resast.jp/subscribe/27827#kansou



アプリでメルマガを読むと

文字化け無し
必ず届く
プッシュでスマホに通知が行く
ほかのメールに埋もれない
アプリインストールしてメールアドレス設定するだけ、再度読者登録する必要はありません。
もちろん無料です
-----------------------------------------
アプリのインストールはこちらから
https://smart.reservestock.jp/menu/application_install_page
------------------------------------------


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック