栫井利依
7731_chokkanlabo

結婚とは「幸せにするし、幸せにできる」と思える相手だからできる

2019/3/30配信


((full_name))


こんにちは、栫井利依です。
7164_kako_1


前回のメルマガがあまりに長文だったので、
今回こそは!短めに配信したいと思います(笑)


☆ メルマガのバックナンバー↓
⇒ https://resast.jp/page/backnumbers/



 


1.結婚相手は自分が満たされている状態の時に選ぶもの

2.満たされている状態とは、自分ひとりで自分を幸せにできている状態
 (幸せの基準はそこぞれでOK。比較しない!)

3.過去の恋人とは全く違うタイプだし、
 好みでもないタイプなのだど、なぜか気になる人に
 センサーが反応を示す人が多い
 (私だけでなく、結婚相談所のNo.1カウンセラーも同じ見解)

4.10年前の栫井流婚活法では、
 「こういう人に出会うだろう」という項目を80個書く。
 すると、7割がた当てはまる人とほとんど出会う
 (拙書「本当のパートナーを引き寄せる 「美人の思考回路」基本のき 」)

5.決め手は「私はこの人を幸せにする」
 不思議と思える人。理由や根拠なくコミットメントできる人。



 


以上です。
これだけです(笑)

この理由を裏付ける情報なんかは山ほどありますが、
もはや、もういい。
ようするにこれだけです!

結婚してからこの人でいいのか?と不安になったり、
最初はよかったのに、
段々男性の調子が悪くなるにつれて
引きずられてしまう女性は「5」がなかったりします。

セミナーではオープンに話していますが、
メルマガだと広まる事もあるので控えますが、
私のダンナもいろいろ・・・ありましたが、
離婚するとか1mmも考えた事がありません。


それは、私が選んだ相手ではあるけれど、
より深い領域の私が選んだ相手であることを知っているからです。



参考になる有名人?エピソードを2つお届けします


小林芙蓉さん 書道家


私は主人と結婚するとき、もう1つ縁談があったんです。もう一人の人と結婚すればすごく楽だったんです。母は、優しいし良くしてくれるから、もう一人の人がいいって言ったんですが、こっちの人と結婚しようと電車の中で決めたんです。


なぜそう決めたかというと、主人は、人を信じない人で、学者としての才能がありながら苦しみのある心を持っていた人だったんですね。私は結婚とは自分が幸せになるのではなくって、相手を幸せにすることだと思っていたんです。それは、いかに仏性を引き出し、神性を引き出すかという事ですよ。

※ワンドロップマガジン NO.51より


 


 


船井幸雄氏のワイフ


私の周辺にいる直感力に秀でた人たち
(1)私のワイフ
<略>
実は、ワイフがどうして私と結婚したのか(?)私にはつい最近までわからなかったのです。昭和38年4月25日、当時30歳の私は21歳の家内と結婚しました。私は再婚、しかも亡くした前妻との間にできた幼児がいました。ワイフはもちろん初婚です。当時の私は「つき」が悪く、仕事も順調でなく、人相も貧相でした。年の割には禿げており、見栄えは悪かったに違いありません。父、妻を相次いで亡くし、母と幼児と三人で苦しい生活をしてました。


若いお嬢さんの結婚相手としては、こんなに条件の悪い人間はおりません。


ことろが多くの反対を押し切って、苦労をするためにといってよいような私との結婚生活に彼女は飛び込んできてくれたのです。
<略>
「私は、物心ついたころより、私の中に神様のような存在がいました。なにか困ったことがあると話しかけてきてアドバイスしてくれます。また、いつでも質問すると答えてくれます。あなたには、そんな存在がいないのですか?」と言うのです。びっくりしました。
<略>
彼女が私と結婚したのも、この本質の意識が奨めたからだということも、結婚後29年以上もすぎて、やっと私はわかったのです。

※「直感力の研究」PHP文庫 船井幸雄



「この人、なーんか気になる」という
ときめきというよりも ”気になる相手”は、
深いあなた自身の反応です。

そして、
「なぜかこの人の前だとかわいい女を演じられない」
「なぜか嫌われてもいいやと つい地が出てしまう」
という人も、そのお相手です。

結婚パートナーは、
好みの相手ではなく、安心する相手だからですね。




そして、結婚している方は思い出してください。
自分が辛い時に真っ先に頼りたい相手であることを。

2人で経験してきた、人生のアップダウンの中で、
ダウンの時に見せてくれた顔。

まるで、
この時のために神様がこの人と結婚させてくれたのかも
思えるような事があったはずです。
結婚するまで知らなかった自分の弱さや性格。
そこにいるのは”私のパートナー”だった。


あなたが直感とハートで選んだ相手です。
その相手とは
「あなたを幸せにする」
と、心の奥底で誓い合った相手。
自分だけでなく、魂の領域で決めた相手です。

なぜ選んだかはわからないけれど、
この人を幸せにできると思ったのよね
これが、どの女性もがお伝えになる共通点。



もう1つ。
「この人のどこに惚れたか?」を覚えていること。
これが継続のための人間界の大切な印になります。
これ、書き留めておいてください。



・・・

あれ?結局長くなってしまいました。
本当にすみません。これが・・・栫井利依です(笑)


少しでも参考になるところがあったら、
とても嬉しいです。


では、また♪


栫井利依



  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェア・コメントする


980897?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200






 


 



ご契約サービスのご案内



 シルバーコース


 ゴールドコース




 会員向けくるくるリーディング(ZOOM版)


 お問い合わせフォーム







 


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 





 


 


Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック