髙橋落実
16259_1607040138yoko

イメージにぐずぐず浸っていてはいけない!

2019/3/14配信


16259_1607040138yoko


皆様


髙橋落実です。


14937_1607040047


イメージに引っ張られるともったいない!


 


 





私の息子くらいの若者と何度もSNSでやり取りしていたきょうこのごろ。


 


最近なんだか、おかしいな?!と感じていました。


 


ボランティアは貧乏人はするべきではないとか、貧乏人ほどボランティアしたがる、など過激な発信をするのです。


 


ボランティアしているくらいなら、1分でも集中して学べ、稼げないやつほど人のために時間を使う、という論調です。


 


それは、その若者のイメージです。


 


イメージからの思い込みでものごとを判断しています。


 


福島であれ、阪神の震災であれ、どれだけたくさんのボランティアの方の思いと行いが、助けになったことか。ボランティアしようという気持ちは尊いものだと私は感じます。


 


それに、実のところ、継続的なボランティアはよほど心の余裕、お財布の余裕がないと厳しいのです。


 


私はNPO法人のセラピードッグの会に属して仕事もしていますので、実態を知る側にあります。


 


とても楽しいのですが、自分の生活に余裕がないと、継続して行動することの方が寄付するより大変です。寄付の方がよほど容易です。


 


だから、会員さんの多くは現役の獣医師さん、社長さん、セレブな奥様、大学教授などの教員の方たちです。もちろん、私のような一般の方もたくさんいらっしゃいますが。


 


犬といっしょに行くところは病院、ホスピス、障がいをもつ子どもたちの施設、老健、老人ホームなどです。


 


私などは、ある犬が生涯に活動を行った回数990回などという回数をみただけで、胸にこみあげるものがありました。なんてけなげなのだろう、飼い主さんもなんて優しいのだろうと。


 


偽善だとか、貧乏人が自分のお世話もできないくせにボランティアして、自分を満たそうと人のお世話をするという見方もありますが、継続するためには愛がなければできないことです。愛の思いがなければ続きません。


 


稼ぐうんぬんで片付ける問題とは違うなあと感じます。


 


 


お友達の森源太さんというシンガーソングライターは、カンボジア支援でカンボジアの孤児院に毎年行って、日本にもカンボジアの子どもたちをご招待しました。


 


国際交流です。


 


源太さんのお友達の宇宙の子マサくんは、世界中でゴミ拾いをしています。


 


その活動が波のように広がり、世界中でゴミだらけの場所を綺麗にする活動が広がり、いまや、SNSでそのビフォーアフターをアップするのが流行っているほどです。


 


そのように、やりたいという情熱に正直に突き進む若者たちの美しい姿も、犬と共にセラピーするふつーの中高年の方々もひとしく美しく輝いています。


 


生きる喜びは、ともにあることです。


 


この地球で、人同士助け合う、人と人がふれあうこと、共に過ごすということは、袖振り合うも他生の縁といったわけで、過去世でも出会っていたかもしれない、そこに愛をもっていられるかどうか、問われるところです。


 


そこに愛でいられることも、愛を選べなかったことも体験なので、どちらを選んでも本人の自由意志です。


 


でも、肉体をもって、今、愛をもって、できることをやらなければ、後悔します。


 


前世療法をさせていただくと、ほぼほぼ100パーセントの方の後悔は、愛を持ってやりたいことをやらなかったことです。


 


小さな自分のイメージにとらわれて、誤認したまま生きるのはとてももったいないことです。


 


 


 


イメージで物事を決め付けると、真実からかけ離れていくのです。


 


イメージの磁場に引っ張られると、本当の自分自身からかけ離れていきます。


 


イメージは幼い頃の傷ゆえに作り上げる妄想です。


 


きっと、こうにちがいない!きっと、そうだろう!といった具合にキズを元に作り上げます。


 


くだんの若者も、また、幼い頃のなんらかの傷があるということです、そこにいるのは傷ついた一人の若者です。


まして、それだけ他者をジャッジしているということは、自分自身に向けて、かなりのプレッシャーをかけているのと同時に自分に向けてジャッジをしている可能性もあります。


 


娘に伝えてみたら、さすがに鋭かった。

「ママってね、そういうタイプ(キャラクトロジー心理学ではマゾキストベースサイコパスというタイプ)にあうと、きょどるよね。」

み、見抜かれている~

すごい。。。。

しかも、なんと、さすがに学んでいる、というか、一年中母の話を聞いてくれているせいで、取り扱い方知っていたー

「そんなの、無視すればいい、ほっとけば」みたいなことを言うんです。

まさにーまさにーまさにー、そのとおり。

なんて教科書通りのことを言うんだろう!と驚く私。

そーなんです、私はどうにもマゾキストベースサイコパスという、いけいけどんどんタイプに滅法弱い、オーラルタイプになってしまうんです。

自分が自分に敬意を払っていないと、そんなことになるのです。

敬意を払わない相手に毅然とした態度をとることが本当に必要です。

それをしないと、まんまといじられてしまいます。


問題を引き寄せるのは、自分の中にあると知って、認めて、自分に向き合って、自分を癒して、自分に敬意をはらおー!


 


それから自分がイメージにとらわれているなと感じた時、やはり心のプロに寄り添ってもらうこともやってみてくださいね!


 


おまけ


それと、こわい話ですが、生きている時にイメージに引っ張られるくせがあると、どうやらイメージの磁場が出来上がってしまうため、死んだあとも自分の作り上げたイメージの磁場に引っ張られることもあるのです。あの世でも延々と戦を続けていたりする人もいるらしいです。けっこう、確固たるイメージが作り上げられますからねー。これは、ヘミシンクで有名な坂本政道さんの本から抜粋しました。


 


そして、逆にポジティブなイメージを大いに使って、人生を豊かにするのが引き寄せです。


ただ、以前のメルマガで書いたように、いっそネガティブなイメージの方が人間は得意です。


 


そーして、そのまま、引っ張られないように、がんばろー!がんばる心はネガティブに引っ張られそうな時にはしっかり使おうー!


 



 



北の魔女髙橋落実たかはしおちみブログ


痛みを愛に変えて


https://ameblo.jp/kingin369ou


Facebook髙橋落実


https://www.facebook.com/otimi.maeda


FBのお友達申請かんげいします。


 


北の魔女はタロットカード養成講座いたします。


ご希望日時は調整します。オンライン講座可能です。


 






 


 


 


 



  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェア・コメントする


967280?o=((customer_name_urlencode))




 



イベントのご案内



どうしていつもこんなことをして(言って)しまうのだろう…原因が分からない自分の「クセ」を変えていきたい方/とっても疲れる複雑な人間関係を健康的な関係性にしたい方

 3/22 北海道 6時間で人生を変えるHITキャラクトロジー®心理学ベーシック1Day講座



 


 お問い合わせフォーム







 


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 




http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/1312">怖いほど図星!あなたが自分だと信じている偽りの性格タイプを解明「HITSキャラクトロジー無料診断」

このメールは真心でお客様に情報をお届けするリザーブストックで配信しております。

リザーブストックは日本で一番、個人事業者からご利用いただいているメール配信スタンドです。

https://www.reservestock.jp/

もし皆様もリザーブストックをご利用なりたい場合は、

髙橋落実様から招待状を受け取ることで無料でご利用いただけます。



★ リザーブストックオフィシャルセミナーのご案内
6月25日(火)09:45 【リザスト塾】1日集中リザスト完全構築セミナー(大阪・6月開催)
https://www.reservestock.jp/events/345419

6月25日(火)11:25 読者数1000人の講師が教える!愛ある メルマガマネタイズ講座@リザスト
https://www.reservestock.jp/events/355333

6月26日(水)09:55 【東京】 自分生きビジネス経営カフェ勉強会
https://www.reservestock.jp/events/356194



 


 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック