高橋 眞理子
高橋 眞理子

【プリズム通信】繰り返し見た夢と、ロウアーの受け皿

2024/2/28配信
17338_リザストタイトル 新規



皆様


お一人おひとりが、内なる個性にめざめ、関係性を築く喜びに出会うセラピーを提供します


セラピストの高橋 眞理子です。


15937_プロフ7




皆様、お久しぶりです。
思い返せば、昨年の8月末以来
半年ぶりのメルマガとなりました。
開いて下さり、ありがとうございます。

あのあと体調の安定しない日々が続き、
仕事中に眩暈に襲われたりして。
自分の身体なのに、
自分には制御できないような、
心許ない日々がひと月ほどありました。

そんな中で取り組んだ100号Sの作品、
何とか仕上げ切ったころ、
眩暈が収まり、耳鳴りも静かになって
医者は「創作のストレス」を
理由にあげていましたが、
創作を離れた後、また数か月経て
眩暈が復活したり。

それに限らず、
からだのあちこち、中から外から
警告音が鳴るような1年でした。
今も、今月初めに手術した
手根管症候群のあとの手首は固く。

仕事以外でパソコンキーを叩くことに
「さらに状態が悪くなったら困るな」と
万事において「収縮モード」でした。

そんな秋からこの冬にかけて、
繰り返し見た夢がありました。
それ自体は悪い夢ではありません。
でも、正直なところ
「またこれか」と、落胆しました。

自分の中にある依存のようなもの?
まだこんなことを願っているの?

たしかに、体の不調や不安
色んな事の根にあるのは
「お一人様の老後の不安」かも。
だからといって、
こんな夢を見る自分のことが
不甲斐ないような、
恥ずかしいような。

それゆえますます収縮モードに
拍車がかかり、
社会的にも小さくなって。
メルマガのような発信など、
滅相もない!!
もう、自然消滅くらいが相応しい!
そんな気持ちでおりました。

ところが、
今日2月28日に見た夢が
これまで繰り返し見た夢に
新たな理解を届けてくれました。

私の忘備録のようなものですが
今日の記事としてお届けします。


長くなりますが
お付き合いくださると嬉しいです。


2月28日の夢


 




HITのグループカウンセリング。

ひとりが2人を聞き手に話をする、
という形式で
数グループがその場にいる。

私のグループの1人はYちゃん。

なぜか私と2人の間に
別グループの3人を挟んでいる。

 

私が話すことは
このところ秘かに、
「元夫が帰る(家にいる)夢を見る」

その意味を計りかねて困っている
という内容だ。

もうとっくに整理のついた過去
と思っているのに、なぜまた見る?
深層にはまだ未練があるのか?
まだ彼の帰宅に活路を求めているのか?
そんな自分が残っていることを、
どうしても人に知られたくない。


まるで夢とは思わず、
その場を本当のワークの場面と思い、
自分の正直な気持ちを明かした。

 

間にいた一組はいつの間にかおらず、
Yちゃんたちを前に、
私は訥々と話している。


その「話す自分」を客観的に感じたとき
夫の夢を繰り返しみた意味というか、
彼という存在に依っていたものが
心に浮かびあがる。

「彼は私のロウアーの受け皿だった」

言語化と同時に目が覚めた。


 夢から覚めると同時に
思考がくるくる回り出し
直感が瞬時ひらめかせた言葉に
必死に追いつこうと解説を急ぐ。

夢のしっぽを握って逃さぬよう、
後付けともいえる思考の仕事ですが
文字に換えて残しておきます。
皆様にとって、
いつか何かのヒントになるかしら?


夢の中でカウンセリングへと開く


 この夢を見る何か月も前から
私は何度も元夫の帰る夢を見ました。
そのことが、私には図りかねて
取り扱いに困っていました。

離婚したのは7年も前のこと。
それなのに、まだ片づいてないの?
私はとっくに自分の人生を生きている、
でも潜在意識の、本音はそこ?
今さらそんな夢を見るなんて。
結局何も変わってないんじゃない?

こんな夢ばかり見るなんて。
恥ずかしいから、おとなしくなさい
と、制する声に従う日々でした。


世間では2月22日は猫の日ですが
私にとっては自立記念日です。
こんな調子で、
いつまで不完全燃焼な人生かなあ。

ところが、この度の夢にあった
グループカウンセリングの場面。
これには思い当たることがあります。
HITのオンラインミーティング
おそらくその時のやり取りが
心に残っていたのでしょう。

私は深層において、
自分のことを誰かに明かしたかった。
明かすためには、閉じたものをひらき
外にだすプロセスが必要です。

夢の一場面ではあるけれど、
私は確かに、Yちゃんを前にして
とつとつと話すことにトライした。

そして、入れ子のように
その自分を眺める私が作られた。
個を離れて
その場を眺める私に浮かぶ言葉。
それが
彼は私のロウアーの受け皿だ、でした。


「ロウアーの受け皿」とは


 


ひどい思い上がりと承知のうえで
ここに書くのですが、
若い頃の私は彼の外見や職業その他、
彼をなす条件が理想にかなうものと思い
「白馬の王子に出会った素敵な私」
と有頂天な思いで結婚しました。

その頃の私は、心も魂もお呼びでなく
思考が正しければ、正しき世界が生まれ、
言ったもの勝ち!のような気持ちで
彼を王子と担げば、
自ずと私は幸福な王妃にでもなれる、と
思っていたような気がします。

ところが、彼の結婚観というか
幸福感はまた別のところにあるようで。


実際、彼のことばに合わせると、
あれもいいよ、これもいいよ
私はどんどん楽で、怠惰で
子どものままの自分を続けてもよく
ずっと二人で遊ぶように生きて行こう、
と思えてしまったけれど。

でも、理想の私はオトナになりたい。
大人として十分に成長した私になりたい。

だがしかし、
彼と遊ぶように暮らす日々
ずっと続くといいな、という声もある。

そう思わされるのは彼のせいだ、
彼がもっと大人なら、
私は一緒に大人にならなくては、
と思えたのに、彼のせいで。。。
心の内外、非難ばかりがありました。

果たしてそれは、
「彼の意図」だったのかしら?

夢の中で、誰かが言ったわけでもなく
夢の行間から湧き上がる。

私が、私のロウアーを
彼に担わせただけかもしれない。
あるいは、一緒にいるためにと
私のそれに呼応して、
彼がそれを担うと決めた。
エネルギーの同意があって
互いに合わせて「その現実を創造した」?
そんな理解が「わっ」と流れ込みました。


そのロウアーは私のものだった


 


どんな現実も、人のせいじゃなかった。

私が悪かった、と言いたいのではなく
私が私の中にある「子どもの声」を
まるで自分から切り離して、
彼に持たせていたことに気が付いた。

そのロウアーは私のものだった。

そのことに気付くまで、
彼という形を借りて、
私はそれを離れた場所で眺め、
まるで自分だけ、魂を成長させたかに思い、
その実、「何か嘘くさいわたし」を感じて
これ以上の恥をかかないように
おとなしくしておきなさい、と
諫めていたのかもしれません。

夢の中で、繰り返し帰ってきた元夫。
家族の場面に、当たり前の顔で現れ
「そんなはずはない」と覚めて
夢から抜けた私があったけれど、

「彼は私のロウアーの受け皿」と
言語化されたことで、
これまでとは違う思いで
彼への労いが生まれました。



自分のロウアーを受け入れるために、
彼の存在を借りた。
切り離したかった自分の
ロウアーなエネルギーに体験を与え
彼のせいにして
「それを良しとしない自分」を
自分と思うことができた。
切り離したそれは、
しかし自分だった。

 

彼が帰ってくる夢は、
切り離しておいた自分のロウアーを、
「おかえり」と受け入れてきた
今の私をしる意味かもしれない。


これを統合のヒントとして




して見ると私の周りには、
まだまだたくさんの
私の「切り離したロウアー」があり
それもまた、わたしだったのか。

あれがこれが、と
もっともらしくジャッジしていた私。
世界を切り分けていたのも私。

なんだ、
なんだ、そうだったのか。。。

気づいたところから
ひとつひとつ取り組むことにします。

長い長い夢からさめたような気持ちで
これを書き残しておきます。

ここまで読み進めてくださった
皆様、
ありがとうございました。






 



  



今回もメルマガをお読みいただきありがとうございました


Like_good


この記事がよかったら「Goodボタン」お願いします


この記事をシェアする



 


 


 



 




 



 

 


 


 


 


 





Icon_f

くーにゃん 様



夢解きセラピー

本当いつもお世話になってます




もう何回もセッションしていただいてるからこそ、私のこれまで経過から今回の夢解きの意味をフェードバックしていただき、
この夢を一つのきっかけに出来るような気がしてきました。

ありがとうございました。


15937_プロフ7

くーにゃんさん。

夢そのものはシンプルな、優しい世界でしたね。
くーにゃんさんの近況をうかがうと、夢の伝えていることが、より輪郭を強めていきました。
私はご自身の近況と夢とのつながりを意識化するサポートをさせていただきました。
「夢は、こうしてご本人に寄り添うメッセージを伝えている」ということを、改めて確信させていただいた1時間でした。
ご一緒に夢解きさせていただき、ありがとうございました。




 





Icon_f

mk 様



ヒーリングセッション

前に進むことができそうです




ヒーリングありがとうございます❣️

ただひたすら心地よくって、心身共に癒されました🌸

アドバイスもありがとうございます😊

さっそく取り入れて、自分を満たしていこうと思います。




 





Icon_f

匿名希望



ヒーリングセッション

また参加したい




 昔から、何をするにも不安やネガティブがよぎり、その気持ちを受け止めずに置き去りにして取り組む事が多々ありました。
 このセッションを受けて、そんな気持ちも自分の一部で、認めて、置いて行かなくてもいいと言っていただき、少し前を向けたような気がします。
 お話を聞いてもらい、ヒーリングを受けることで凝り固まった頭や思考がほぐれ、解けたようなリラックスした気持ちになることができました。終わった後気付いたのですが、これまで張り詰めていたのが、漸く、ほっと深く呼吸できたなと感じました。もしまた前を向けなくなることがあったら、また参加させていただきたいな、と思っています。



 





Icon_f

匿名 様



夢解きセラピー

また参加します




あまり夢を覚えていない私ですが、たまに激しく衝撃的な夢をみます。先日も衝撃的で体感覚を伴う夢を見たので、これ程までに私に訴えかけている事って、なんだろう。ちゃんと自分に伝えてあげなくちゃ!と思い、今回も眞理子さんにお願いしました。眞理子さんの夢解きは、私が、よく分かっていない自分の事を、夢が客観的に伝えてくれている、その翻訳だと思います。
衝撃的な内容や感覚に惑わされ捉われそうになっていましたが、そこじゃ無いという事や、夢が語る明白な事実を認識することができました。毎回、深く頷きを得る私です。いつもフラットなスタンスで、小気味の良い会話がとても心地よく、大好きです。次はどんな夢を見るのか、またその夢の翻訳を眞理子さんと一緒に体験したいと思います。



 





Icon_f

masayo 様



夢解きセラピー

良い出会いがありました




念願の^^初めての夢解きセラピー。
普段は夢はあまり覚えていないのに、はっきりした後味の悪い内容が連日続き、これは何なんだろか??と、これは眞理子さんにみてもらいたい!と駆け込みました!

夢に出てくるものは、自分の中にあることしかない、そして夢は全部自分自身でもある。とお聞きして、一瞬最初わけがわからなくなり、、だんだん理解してきました。

夢を通して無意識レベルでのわたしのその部分が健在意識のわたしにメッセージをしてくれてる。そして、その表し方も健在意識での解釈や良い悪いでもなく、言語でなくシンプルにそこにわたしが取り込んだ感覚や情報を使いながら構成してる。
そんな自分の夢が、なんだか健気で愛おしいような感覚にもなりました^_^
そして、なんと自分の思っていたネガティブな場面も全く逆の意味とわかりびっくり、なるほどでした!

普通に言葉では説明できない自分のことを、夢を通すと読み解けるという、これはすごいですね(眞理子さんの長年の探求データのおかげで)!!
それから、自分の思う自分がすごく一部分で、本当はもっと大きな存在としてあるんだなーということを受け入れてみることの貴重な体験にもなりました。

いろいろ浮かび上がった、私の実はこうだよねの部分、ギフトをどう使う?や、未来への希望を感じる場面を励みに自分を癒していきたいです。
そして最後まで暖かく寄り添ってお話しして下さったこと嬉しかったです、ありがとうございました。
また気になる夢みたらお願いしてみたいと思います(^o^)!!



 


利用者の声をもっと見る ▶


 


 




































 


バックナンバーを読む ▶




4419_ほんとは仲良くしたいの-文字
HITキャラクトロジー心理学協会
認定HITヒーラー
認定ベーシックマスター
認定CCTプラクティショナー
認定子育てマスター
認定恋愛マスター
認定SASトレーナー1
認定SASプラクティショナー


【配信停止】


メールの受信をご希望されない場合は、こちらよりお手続きお願い致します。


【宛先変更】


メールアドレスのご変更を希望される場合は こちらよりお願い致します。


 



Copyright (c) 2010-2024 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08