江川 佳代
江川 佳代

冷蔵庫の中が整理できない深層心理とは?

2024/2/ 4配信



皆様


みなさんこんにちは!お片付けのプロとして様々なご家庭でのお片付けサポートと
セミナー講師をしております、整理収納コンサルタント江川 佳代です。
メルマガをいつも読んでくださり心から感謝いたします。
このメルマガでご自身にとっての「スッキリ」「ラク」を見つけるきっかけになれば幸いです。


 


片付けが得意、苦手、好き、キライ。


みなさんはどれでしょうか?


「苦手」「キライ」の方はどうしてそう思うのでしょうか?


理由としては「めんどくさい」「どこから手をつけていいのかわからない」「片付けてもリバウンドする」


「捨てることに抵抗がある」などなど


 


「めんどくさい」→労力をお金で買う!プロに依頼する


「どこから手をつけていいのかわからない」→オンライン片付けサポートでアドバイスをもらう


「片付けてもリバウンドする」→正しい片付けの理論と手順を学べる整理収納アドバイザー2級認定講座


「捨てることに抵抗がある」→なぜそう思うのかを考えてみる


 


ただし、捨てることに抵抗があるのは、目の前のことだけでなく、育てられ方や環境、境遇などが影響していることも多くあります。


例えば、「すごい片づけ」はずき虹映さんの本では、


冷蔵庫の中のモノが整理できない深層心理として、


「飢え」に対する恐怖心。「お腹が空いたら、どうしよう、困る」という心理が冷蔵庫の不要なものをため込むことにつながるって書いてありました。


 


気になってもっと調べてみたら。


「冷蔵庫の中にため込む」深層心理は、「将来に対する不安」「恐れ」の現れ。


理由は、冷蔵庫というものは基本、自分や家族の食料を未来に向けて貯めて置く場所」


そんな未来に対する食糧を貯めている場所は、心理的に言い換えると「未来の自分の姿そのもの」


 


お金、仕事、生き方全般で将来に不安があればあるほど、


あなたの家の冷蔵庫の中はたくさんのモノを抱えがちになる。


 


らしい・・・・・


 


もちろん、これがすべてではないけど、あながち間違ってもいないと思います。


 


いよいよ2月になりました。


今年は、より良い年にするために


冷蔵庫の中は賞味期限があるから判断しやすいので、


まずはドアポケットから全部出して整理してみましょう。


 


冷蔵庫を整理し、余計なモノを処分してぴかぴかな状態を保つことは、


それがそのまま「あなた自身の未来」をより良いものにしようとするとてもポジティブな良い行いです。


どうかわからないことに不安になることよりも、


目の前の一つ一つを少しでも改善していくことを積み重ねる年にしてほしいです。


 


思い切って整理収納アドバイザー2級認定講座受講してみませんか?


https://www.reservestock.jp/page/consecutive_events/760/


2月のスタッフとのおしゃべり会のテーマは終活です


https://www.reservestock.jp/page/consecutive_events/27148/


  




この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェアする


1205654?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200






バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。