渡辺まどか
渡辺まどか

問題だ!すぐに解決したいはちょっと待って

2023/12/12配信

皆様


おはようございます。
渡辺まどかです。



 


問題解決」に
焦点を当てた
長期シリーズをお届けしています。


 



今日はその3回目です。 


1回目:
「問題」とは何か?



2回目:
問題解決の手法で解決していい問題/

いけない問題



 
今日は、
問題解決のステップについて
概観してみたいと思います。


 


 


すぐに解決策を探そうとしない


 


普段、私たちは、
何か困ったことが起きると


 
困った!どうしよう?


と考えます。


 



困った状態にあるのが
不愉快
不都合であり


 



一刻も早くその状態から
脱したいと思うがあまり、
解決策に目が行ってしまうのです。


 


 


 


例えば、
 
太った!どうしよう?(問題)
 ↓
痩せよう!(解決策)
 


というように。


 



自分の体重増加問題ならば
さほど支障はないですが


 



この考え方を
仕事に持ち込むと大変です。


 



なぜならば、
短絡的に飛びついた解決策は、
たいていの場合


 



・一般論で、当たり前すぎる
 みんなが容易に思いつくレベルの
 アイデアしか出てこない



もしくは、



・現実味がなく
 実現の可能性が低いアイデア
 しか出てこない


からです。


 


 


仕事の場合
自分一人で完結することはなく


 



周囲の人を巻き込みながら
アクションしていくことが必要ですが


 



このような短絡的なアイデアでは
誰の共感を得ることも、
協力を得ることもできません。


 


 


「なんでそれをやろうと思ったの?」


 


「他に選択肢はなかったの?
 ○○という方法だってあるんじゃない?」


 


と指摘されてしまう人は



問題を自覚してからすぐに
解決策に飛びついてしまう
状態に陥っているのかもしれません。


 


原因をもっと深堀してみる



周囲の人に納得してもらう
解決策を考えるには、



すぐに解決策を考えるのではなく、



その問題の原因を掘り下げて
考える必要があります


 



 


太った!どうしよう?(問題)
 ↓
運動不足だからだ(原因)
 ↓
運動しよう!(解決策)



 
しかし、
この状態ではまだまだ


 


「一般論で当たり前」
「実現性の低い」
アイデアしかでてきません。


 


運動不足になっているには、
なんらかの理由があります。


 



・仕事が忙しすぎて
  運動をする暇がないのか


 


・運動をする場所や
 手段がないのか


 


・運動をする
 モチベーションがわかないのか


 


それが解消されないことには
「運動しよう」と思っても
運動が続かないわけです。


 



つまり、
原因を深堀しないことには


 


「問題を解決する見込みがあり、
 実現の高い解決策」
は見いだせない。


 


よく、
なぜを5回繰り返せ
と言われますが、


 



これは、
原因を深堀し、
質の高い解決策を提案せよ
言われていることと同義なのです。


 


 
ところが、
一生懸命なぜを繰り返し、
具体的で実現性の高いアイデアを
提案したと思っても


 


「こういう解決策は考えなかった?」



「こっちの方が、
 効果が高い解決策じゃない?」



と、自分が全く意識もしていなかったような
解決策を逆提示されて


 



自分の視野の狭さを恥じる…
なんていう経験がある方もいるでしょう。


 



これは、
問題のとらえ方が
「点」になっていて


問題を広く網羅的に
みることができていない、



問題の本質を見逃しているがゆえに
起こる現象です。



 
問題を解決するためには、
問題を多面的に広くとらえ


 


その中で
ボトルネックになっている部分を抽出し


 



その部分について
掘り下げなければ、
筋の良い解決策にならないのです


 


問題を細かく切り分けて考えてみる


 


原因を深堀する前に、
問題を切り分けて、
 重要度・緊急度の高い問題を抽出する
ことが必要なのです。


 



 



太った!どうしよう?(=問題)
 ↓
食べ過ぎているのか
(インプット)?
/運動不足か
(アウトプット)?



運動不足なのは
前とかわらないから、食べすぎかも?


 



食べ過ぎているのは、
・普段の食事か?
・外食か?
・間食か?
(=問題の切り分け)


 ↓


在宅勤務になってから、
人の目が気にならないし、
ストレスが溜まって、
仕事の合間にお菓子を食べてしまう
(=原因)


 ↓


気分転換ができる場所で
仕事をしてみよう(=解決策)


 


 
問題を切り分ける過程で、
太った、という状況が
より細かに見えるようになります。


 



上述の例を読んでいるみなさんにも、


 



最初は「単に太った」「痩せなきゃ」
という漠然とした状況しか
伝わっていませんでしたが


 



「あ、このひと在宅勤務なんだ」


 



と情報量が増え、
どんな問題を抱えているのか
イメージしやすくなったはずです。


 



問題を切り分けるとは、


 


自分にとっても、相手にとっても、
それがどういう問題なのか、
解像度を上げて説明する



ことにつながるのです。
 



問題を切り分けるときには、



具体的に何を問題と
感じているのか?(What)



どこ(部署、プロセス、場所…etc)
で起きている問題なのか?(Where)



誰の問題なのか?(Who)



 を具体化すると、
切り分けやすくなります。


 



 
ところが、
どんなにうまく問題を切り分け、
しっかり原因分析ができたとしても、


 



「そもそも本当にそれは問題なの?
 こっちの方が問題なんじゃないの?」



とちゃぶ台をひっくり返されて
しまうときがあります。


 



こんな風にあからさまに
言われなかったとしても、


 



提案したのに相手が
しっくりこない表情をしているたり


 


提案をスルーされてしまう、


 


いわゆる
「提案が刺さっていない」時には



自分が認識している「問題」が、
相手の認識している「問題」と
ずれているのです。


 



問題の認識・定義の仕方、
問題解決のスタートがずれていたら


 



どんなに精緻な分析をしても、
それは相手の納得にはつながらないよね
というわけです。


 


 
 


 


そして、
実は、問題解決のプロセスにおいて、


 



「問題の定義」と
「問題の切り分け」
の部分が
全体の重要度の7割を占めています。


 



すぐに不安・不都合を解消したいという
ムズムズを我慢し


 



問題の「定義」と「切り分け
の部分をいかに考え抜くかが、


結果的に質の良い解決策を導き出すのです。


 


ということで、
次回は、「問題の定義」について
もう一度考えてみたいと思います。


 


 


【オンライン】お試し30分無料個別相談


https://www.reservestock.jp/pc_reserves_v2/calendar_week/25868?course_id=NGJjMWJjNTQ5N&selected_service_provider_id=25868


 


 



  



今回もメルマガをお読みいただきありがとうございました


Like_good


この記事がよかったら「Goodボタン」お願いします


この記事をシェアする



 


 


 




実践ロジカルシンキング!説得力のある伝え方
https://www.reservestock.jp/page/event_series/54512



「結局、何が言いたいの?」
「なんでそう思うの?根拠はあるの?」
と言われてしまった経験はありませんか?


ストアカで6年間にわたり500名以上の人が受講した、
『明日から使える!ロジカルシンキング入門』のスピンアウト、オンライン講座です。

90分で、説得力のある伝え方を身につけるための
ロジカルシンキングの基礎を学ぶことができます。




 



 



 

 


 




伝える力を磨きたい方、相手に納得して動いてもらえる伝え方を知りたい方



詳細・お申し込みはこちら



 


 



論理思考って何?ロジカルシンキングって何?と思っている方 ロジカルシンキングを身に着けてみたいけど、本を読んでもよくわからないと思っている方



詳細・お申し込みはこちら



 


 



実践を通してロジカルシンキングを体得したいと思っている方



詳細・お申し込みはこちら



 


 



イシューツリーがうまくかけなくて困っている方。 目の前の業務での問題解決をしたいと思っている方。



詳細・お申し込みはこちら



 


 



もっと効果的に会議を運営したい方、これから会議の議事進行をする立場になる方



詳細・お申し込みはこちら



 


 



 


 


 


ご予約はこちらから ▶


 


 





Icon_f

EA 様



パーソナルトレーニング【お試し1回コース】

気づきが得られました




渡辺先生にはこの1年、定期的に1on1でトレーニングをお願いしています。今回も自分の内側にあるものを言語化することができ、たくさんの気づきがありました。

トレーニングでは、そのとき自分が抱えている課題について聞いていただくこともあれば、渡辺さんから投げかけていただいた質問に答えながら、自分を知っていく、というケースもあります。どちらも、自分の中にあるモヤモヤが言語化されていくので、本当にスッキリします。自分がどうしたいかわからない方、キャリア迷子になっている方、また、これから新しいことにチャレンジしたいけれど不安がある方、ぜひ一度、トレーニングを受けてみてください。



 





Icon_f

わだこ 様



オンライントレーニング会員用カウンセリング(無料)

みんなに知ってもらいたい




「講師」についてまどか先生とお話をさせて頂きました。
先生の講師としての活動を伺い、自分がこれから講師として行う上で
大切なことに気が付くことが出来ました。
まどか先生の講座も個別セッションもとても安心して受けることが出来ます。とてもお勧めです。まどか先生ありがとうございました。



 





Icon_m

T.O 様



【オンライン】実践ロジカルシンキング!説得力のある伝え方

気付きがすごい!




部下へのロジカル思考の育成に関する悩みついて、自分の思考の癖を紐解いていただきつつ、とても多角的かつ簡潔にアドバイスいただけました。
頭の中が洗われた感覚で、とても思考がクリアになり、メンバーへのコミュニケーション内容が大きく変えていけるイメージがつきました。

悩みの整理や言語化にお困りの方にとてもオススメです!




 





Icon_m

ぼぶ 様



【オンライン】お試し30分無料個別相談

前に進むことができそうです




自分のやりたいことを実現するために、いますぐとれる具体的な行動をアドバイスいただき、前向きな気持ちになることができました。ぐずぐずと悩んでなかなか行動を起こせない状態から抜け出せそうです。自ら積極的に動けば、必ずチャンスはやって来ると信じて、完璧でなくてもいいから周囲を巻き込んで少しずつでもアウトプットを積み重ねていこうと思います。



 





Icon_f

えみこ 様



パーソナルトレーニング2回目以降

人生で大事な事が得られました




自分の長所はどこなんだろう、自分はこれが得意だと思っているけど、それは社会の役に立つのだろうか?悶々とし続けて答えを見つけることができなかったのですが、渡辺先生との対話から、もしかしたら、これかもしれない、と思えるものが見つかりました。渡辺先生は、自分では気づいていない、自分が持っている良さを言語化して引き出してくれます。これだ!と気づいた瞬間のワクワク感やそれらの気づきは、今の自分、これからの自分にとって大事なものとなりました。働き方が多様化している今、自分を知ることはとても大事だと思います。頭の中にある、ぼんやりしたものがハッキリして、心も体もスッキリ軽くなりました。また定期的にトレーニングをお願いしたいと思います。



 


利用者の声をもっと見る ▶


 


 



























 


バックナンバーを読む ▶






【配信停止】


メールの受信をご希望されない場合は、こちらよりお手続きお願い致します。


【宛先変更】


メールアドレスのご変更を希望される場合は こちらよりお願い致します。


 



Copyright (c) 2010-2023 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06