渡辺まどか
渡辺まどか

「問題解決」でやってはいけないこと

2023/11/27配信

皆様


おはようございます。
渡辺まどかです。



 


前回から、
「問題解決」に焦点を当てた
長期シリーズをお届けしています。


 



1回目は、そもそも「問題」とは何か?
についてご紹介しました。


 


 


今日は、


解決してはいけない問題
について考えてみたいと思います。



 
問題解決の手法を身に着けると、



仕事上でのトラブルや
身の回りのもやもやについて、
どうアプローチしていいかわかり、


 


ぐんぐん物事が前に進むような
感覚になると思います。


 



ですが、
実は、解決していい問題と、
解決してはいけない問題があります。


 


 


解決していい問題、ダメな問題



 解決していい問題とは、
ルールや制度、しくみ、
やり方・手順の不備
方針や考え方の方向転換
自分が、誰/何に対して、
 どんな行動をするべきか


です。



 
一方で、
解決してはいけない問題とは、
相手が動いてくれない
相手がその気になってくれない
相手の間違いを正して、
 正しい考えをするように強制すること
相手の成長を促し、自分の期待通りの
 成果になるようにすること


です。
 



要は、
問題解決の対象としていいのは
「モノ・コト」と
「自分の心・行動」であり


 



「他人の心」は
問題解決の対象としては
いけないということです。


 



 
例えば、
組織として生産性が
低いということであれば、


 


業務のやり方(プロセス)を
 見直す・廃止する
役割分担を変える
評価の仕組みを変える
目標の設定の仕方を変える
などは、


問題解決していい
問題解決が必要な対象になります。


 



しかし、
メンバーのやる気がない
消極的である
メンバーが、~できない
必要な水準に達していない


は、解決してはいけません。


 



それは、
相手の心を操ろうとする行為だからです。


 



人は、誰もがその人だけの
・感じ方
・考え方
・ものの見方
 とらえ方を持ち


 



それに基づいて、
「やりたい/やりたくない」
「面白い/面白くない」
などの意思を持ちます。


 



相手の感じ方や考え方を
塗りつぶすような問題解決、


 


相手の心を無理やり
こちらの期待するような
形に変えようとすると、
信頼関係が損なわれます。


 


信頼関係が損なわれると、



そもそもコミュニケーションが
成立せず、生産性の向上という
大目的も果たせないことになります。


 



仮に、
相手のモチベーションや成果の
コントロールがうまくいったとしても、


 


相手の心を変える問題解決は、
根本的に



「あなたの感じ方・考え方は
 ダメなので、
 組織の方針に従いなさい」


 


というメッセージを相手に
刷り込んでいることになります。


 



中長期的にみると、
相手の主体性が失われるため、
デメリットの方が大きくなってしまいます。


 



したがって、



相手のモチベーションや
行動の成果をコントロールすることを
目的とした問題解決はしてはいけないのです。


 


 


相手の心を変えるためのアプローチ



もし、
相手の心を変えるための
問題解決をしたいのであれば、


 



①自分は、
 どうあるべきだと考えているのか?
 理想・あるべき姿を深堀したうえで


 


②相手は
 現状、どう感じ、考えているのかを
 フラットに、よく聞き


 


③相手が変わらなかったとしても、
 自分はどう行動するならば
 納得できるのか?
 自分のかかわり方を決める



ことだけが、唯一できる問題解決です。


 


 



なお、
②で相手の話を聞くときには、



自分のあるべき姿・理想は話さずに、
相手の話を深める、
拡げることに注力してください。


 



時間の7割を、
相手に話してもらうイメージで。


 



また、フラットに聴くとは、
「その内容はいいね」
「それは違うんじゃないかな?」
のような、


評価をしない、ということです


 



どんな内容でも、
なるほど、
 あなたはそういう風に感じるんだね
といったん受け取ってください。


 



そのうえで、



「それって、具体的にどういうこと?」
「どんな背景があって、
 そういう風に考えるようになったの?」


 


など、
深める質問をしていただければOKです。


 



 
①自分は、どうあるべきだと考えているのか?
 理想・あるべき姿を深堀したうえで、


 


②相手は現状、どう感じ、考えているのかを、
 フラットに、よく聞き


 


がしっかりできたら、今度は


 


③相手が変わらなかったとしても、



自分はどう行動するならば
納得できるのか?


 


自分のかかわり方を決める


です。


 



相手の心ではなく
問題解決する「モノ・コト」と
自分の心・行動」を考えてみてください。


 



そのときに、
業務のやり方(プロセス)を
 見直す・廃止する
役割分担を変える
評価の仕組みを変える
目標の設定の仕方を変える



などが出てくるのであれば、
それでOK。


 



ほかにも、
例えば知識・スキル、経験が
足りていないのであれば、
勉強会をする
経験を積んでもらう機会を用意する



なんていうものでもOKです。


 


 


ただし、
それらをやったとしても、
相手のモチベーションや行動の成果が、
必ずしも改善するわけではない


 



相手が変化するかどうかは、
本来相手だけが決められることなので、
皆様がコントロールできることではない
ことを肝に銘じておいてください。


 



もし
相手に変化が見られなかったら、また



①自分は、どうあるべきだと考えているのか?
 理想・あるべき姿を深堀したうえで、


②相手は現状、どう感じ、考えているのかを、
 フラットに、よく聞き、



に戻ります。


 


変化がないときの心の持ち方



とはいえ、相手に変化が現れないのは、
イライラしたり、落ち込んだりしますよね。


 



そんなときは、
イライラする自分、
落ち込む自分を責めずに



「どこまでだったら、
 自分の気持ちを殺さずに、
 自分の心身の健康を保ったまま、
 お付き合いできるかな~」



と踏み込み方のアクセルを
緩めるのも手です。


 



③相手が変わらなかったとしても、


 



自分はどう行動するならば納得できるのか?
自分のかかわり方を決める


 


の中には、
「こうやれば改善する」
というポジティブな取り組みだけでなく、


 



 自分は関与しない
 (=他の人を頼ったり、
 エスカレーションする)



 あるべき姿・理想を低くして、
 自分がイライラしない



● 落ち込まないかかわり方に変える



 


といった、
戦略的撤退も、十分に考えうる選択肢です。


 



問題は、一人で解決する必要はありません。


 


 


ぜひ、頼る先を増やしてみたり、
あるべき姿・理想を見直してみることも、
考えてみてください。


 



もう一度確認しますが、
基本的に「相手の心」は
コントロールできるものではありません。


 



皆様にできることは、
①~③を、ずっと淡々と、
手変え品替え繰り返す感じです。


 



相手の変化はゆっくりかもしれません。
皆様が関わっている間に、
変化が訪れないかもしれません。


 



大丈夫、それはそれで、
皆様の責任ではないです。


 



皆様が責任を感じて躍起になるよりも、
皆様が力を発揮しやすいところで、
問題解決に取り組めば、


 


それだけで十分に
周囲に対する貢献につながります。


 


大局的にみて、
問題の優先順位を考えてみてくださいね。


 


 


 


 


 



  



今回もメルマガをお読みいただきありがとうございました


Like_good


この記事がよかったら「Goodボタン」お願いします


この記事をシェアする



 


 


 




実践ロジカルシンキング!説得力のある伝え方
https://www.reservestock.jp/page/event_series/54512



「結局、何が言いたいの?」
「なんでそう思うの?根拠はあるの?」
と言われてしまった経験はありませんか?


ストアカで6年間にわたり500名以上の人が受講した、
『明日から使える!ロジカルシンキング入門』のスピンアウト、オンライン講座です。

90分で、説得力のある伝え方を身につけるための
ロジカルシンキングの基礎を学ぶことができます。




 



 



 

 


 




伝える力を磨きたい方、相手に納得して動いてもらえる伝え方を知りたい方



詳細・お申し込みはこちら



 


 



論理思考って何?ロジカルシンキングって何?と思っている方 ロジカルシンキングを身に着けてみたいけど、本を読んでもよくわからないと思っている方



詳細・お申し込みはこちら



 


 



実践を通してロジカルシンキングを体得したいと思っている方



詳細・お申し込みはこちら



 


 



イシューツリーがうまくかけなくて困っている方。 目の前の業務での問題解決をしたいと思っている方。



詳細・お申し込みはこちら



 


 



もっと効果的に会議を運営したい方、これから会議の議事進行をする立場になる方



詳細・お申し込みはこちら



 


 



 


 


 


ご予約はこちらから ▶


 


 





Icon_f

EA 様



パーソナルトレーニング【お試し1回コース】

気づきが得られました




渡辺先生にはこの1年、定期的に1on1でトレーニングをお願いしています。今回も自分の内側にあるものを言語化することができ、たくさんの気づきがありました。

トレーニングでは、そのとき自分が抱えている課題について聞いていただくこともあれば、渡辺さんから投げかけていただいた質問に答えながら、自分を知っていく、というケースもあります。どちらも、自分の中にあるモヤモヤが言語化されていくので、本当にスッキリします。自分がどうしたいかわからない方、キャリア迷子になっている方、また、これから新しいことにチャレンジしたいけれど不安がある方、ぜひ一度、トレーニングを受けてみてください。



 





Icon_f

わだこ 様



オンライントレーニング会員用カウンセリング(無料)

みんなに知ってもらいたい




「講師」についてまどか先生とお話をさせて頂きました。
先生の講師としての活動を伺い、自分がこれから講師として行う上で
大切なことに気が付くことが出来ました。
まどか先生の講座も個別セッションもとても安心して受けることが出来ます。とてもお勧めです。まどか先生ありがとうございました。



 





Icon_m

T.O 様



【オンライン】実践ロジカルシンキング!説得力のある伝え方

気付きがすごい!




部下へのロジカル思考の育成に関する悩みついて、自分の思考の癖を紐解いていただきつつ、とても多角的かつ簡潔にアドバイスいただけました。
頭の中が洗われた感覚で、とても思考がクリアになり、メンバーへのコミュニケーション内容が大きく変えていけるイメージがつきました。

悩みの整理や言語化にお困りの方にとてもオススメです!




 





Icon_m

ぼぶ 様



【オンライン】お試し30分無料個別相談

前に進むことができそうです




自分のやりたいことを実現するために、いますぐとれる具体的な行動をアドバイスいただき、前向きな気持ちになることができました。ぐずぐずと悩んでなかなか行動を起こせない状態から抜け出せそうです。自ら積極的に動けば、必ずチャンスはやって来ると信じて、完璧でなくてもいいから周囲を巻き込んで少しずつでもアウトプットを積み重ねていこうと思います。



 





Icon_f

えみこ 様



パーソナルトレーニング2回目以降

人生で大事な事が得られました




自分の長所はどこなんだろう、自分はこれが得意だと思っているけど、それは社会の役に立つのだろうか?悶々とし続けて答えを見つけることができなかったのですが、渡辺先生との対話から、もしかしたら、これかもしれない、と思えるものが見つかりました。渡辺先生は、自分では気づいていない、自分が持っている良さを言語化して引き出してくれます。これだ!と気づいた瞬間のワクワク感やそれらの気づきは、今の自分、これからの自分にとって大事なものとなりました。働き方が多様化している今、自分を知ることはとても大事だと思います。頭の中にある、ぼんやりしたものがハッキリして、心も体もスッキリ軽くなりました。また定期的にトレーニングをお願いしたいと思います。



 


利用者の声をもっと見る ▶


 


 



























 


バックナンバーを読む ▶






【配信停止】


メールの受信をご希望されない場合は、こちらよりお手続きお願い致します。


【宛先変更】


メールアドレスのご変更を希望される場合は こちらよりお願い致します。


 



Copyright (c) 2010-2023 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06