安住真由子
安住真由子

【ハーブのある暮らし】アーユルヴェーダの「風」と「私」

2023/11/13配信

皆様
髪も地球も美しくオシャレを楽しみたい
自然派美容師の安住真由子です。


今日は11月の新月配信です。
11月13日の暦には「地始凍」チハジメテコオルと記されています。
11月になって夏のように陽射しが強く暑い日がありましたが、立冬を迎えてゆっくりですが冬に向かってますね。

 


 



 

前回はこの時期に過剰になりやすい「風」のエネルギーのことを書きました。
(前回はコチラhttps://smart.reservestock.jp/subscribe_form/mail_magazine/2800535

 

アーユルヴェーダでは存在する全てのものは地・水・火・風・空の五つのエネルギーでできていると考えます。

 

自然界でもこの五つのエネルギーは常に揺れ動き、バランスを保っています。

皆様も私もそれぞれに違ったバランスを日々揺らぎ、そしてベストを保っています。

 

前回に続き「風」のエネルギーのことをもう少しみてみたいと思います。

私たちの心の動きに「風」ってどんな影響があるのか?

 


 

 

写真は先日「風」のエネルギーを整える香りを選ばれたお客様に使用したハーブたち。

温かみのある黄金のハーブウォーターになり髪もしっとり潤いました。

 

 

「風」は物事を動かす原動力!
上下左右と自由自在に動く。

 

心の風が心地よく吹く時は
自由な発想でアイデアがうかび、
そして軽やかに行動している。

花びらが風で舞うように
周りの人も巻き込むほどの影響力があります。

 


直感力にも優れて

だからこそ発想力があり行動力もある♪


この直感力も過剰になると敏感になりすぎちゃって疲れてしまう。


「風」のエネルギーが過剰になりすぎると

集中力がなくなったり

気忙しく落ち着かないことが多くなります。

 

自分の中の「風」が増えちゃったなって感じた時は。。

 

深呼吸

 

フ〜〜〜〜〜〜〜〜

っとゆっくりね。

 

風が強く吹くと肌寒くなり

肌が乾燥する

まさに冬になろうとしている今の季節

皆様も肌の保湿やお部屋の加湿をしたくなる頃ですよね。

 

これ、私たちの心も同じなんです。

心も乾燥して冷えてくると寂しくなったり

必要以上に傷ついたりしちゃう。

 

お肌のケアや食事でケアする時に
それが心のケアにもつながっていることを意識してみてください。

 

温めたオイルでお風呂上がりにゆっくりマッサージ。

ゆっくりゆったりがポイントです♪

湯たんぽで下腹部や腰を温めるのもおすすめです。

 

生野菜は控えて、ポタージュスープなんてピッタリです。

温かくて適度に油分もあって甘味も良いです。

 

根菜類もどっしりしてて軽やかになりすぎた「風」のエネルギーを落ち着かせてくれそうですよね。

 

こんな感じで日々の暮らしで何気なくしていることにも意味をみつけるとよりご自愛につながります。

 

 

 


 


写真は田んぼ1年生の私の初収穫稲です。


稲は風媒花と言われ、虫ではなく風によって受粉が成立する植物です。
強すぎず心地よい風のお陰様でお米が育ちます。


初めて知ったのですが、稲が花を咲かす時期には田んぼには立ち入り禁止なんです。
受粉を邪魔してしまうからだそうです。
自然の営みって知れば知るほどに感動です。


 


これから寒くなると冷たい風が身にこたえますが
うまくバランスが取れるように自分を観察してケアしていけるといいですね。


ポイントは


ゆっくり、のんびり


 


今日もありがとうございました。
次は11月の満月で会いましょう♪


 


2023.11.13.  🌑 新月 🌑  



今回もメルマガをお読みいただきありがとうございました


Like_good


この記事がよかったら「Goodボタン」お願いします


この記事をシェアする



 


 


 


((mail_phrases_1)


 

 


利用者の声をもっと見る ▶


 


 
















 




















 


バックナンバーを読む ▶






【配信停止】


メールの受信をご希望されない場合は、こちらよりお手続きお願い致します。


【宛先変更】


メールアドレスのご変更を希望される場合は こちらよりお願い致します。


 



Copyright (c) 2010-2023 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06