藤原 恵津子
藤原 恵津子

ミッドライフクライシス(中年期の危機)

2023/8/31配信


7402_昼景1


皆様 こんにちは
可能性開花トレーナー藤原恵津子です


 


6865_藤原恵津子写真



人生での中年期における大きな挫折と、それによる価値観の大転換期のことをミッドライフクライシスといいます。

この時期は心身ともに不調になりやすいのですが、今日はメンタルに絞ってお話します


 


チャクラでいうと第4チャクラから第5チャクラへの課題の移行期


 


そして、ヒーローズジャーニーでいうと、デーモンと戦って変容を遂げる時期なのではないかと思います



○あなたが主役だとしたらどんなドラマに出たいですか?



☆ここでちょいとお伝えしたく…


※チャクラとは身体に存在するエネルギーの出入り口のことで東洋医学ではツボにあたります


人生の課題は、第1チャクラから第7チャクラの順番でやってきます
第4までは現物的課題。
それがクリアできて初めて第5チャクラ以降の世界(スピリチュアル)へと移行します
つまりこの世界の奥深さを理解できる世界に生きることになります。



本物のスピリチュアルというのは、現実世界にしっかりと根差したものです
というより、スピリチュアルの上に現実世界が展開していると言えます。


スピリチュアル=精神世界なので、
見えないもの(例えば、相手の気持ちや優しさなど)もスピリチュアルです。
なので、現実世界の奥深さはスピリチュアル抜きには理解できません


 

※ヒーローズジャーニー(英雄の旅)とは


・集合無意識の中での人類共通の無意識イメージをもとに成長のプロセスを表したもの


・ユング心理学の影響を受けたジョセフ・キャンベル氏によって提唱された


・スターウォーズなど多くの物語やゲームの中にも取り入れられている


 


さて、


自分の人生を振り返ると、環境レベルでの大きな変化は専業主婦から仕事を始めたころ、かなり大きな変化がありました。


 


イメージすることが面白いほどどんどん叶いまくり、


 


日本で有数の企業様から社員研修のお仕事をいただいたり、


 


世界的に著名な人と一緒に仕事をしたりする機会も何度もありました。


 


また、政府関係筋の団体のメンタルサポートを頼まれたり、


 


当時テレビによく出ていたタレントのカウンセリングを頼まれたりもしました。


 


自宅から徒歩10分圏内でしか生活をしていなかった主婦が、起業からたった数年でそのような状態になったのです。


 


 


世界は思い通り…とまではいきませんが、


そのままの状態が続いたら、きっと傲慢な性格になっていたのではと思います。


 


ところが人生って、本当に愛にあふれているんだなと思えるのは、そうはいかなかったからです。


 


下へ続く↓






イベント・セミナーのご案内







あなたはもっと輝ける!



 

 


可能性開花コース(ベーシック)
みるみる現実が変化!



◯可能性開花コース(アドバンス)
この世界のしくみを体感。
一切の悩みがなくなり穏やかな日常を生きられるようになります


 

○わかば会(カサンドラ自助会)
心の内を吐き出してすっきりしませんか?

 

 

ビジョン化ティールーム
毎月第2月曜日開催



 

 

 


現在、1Dayセミナーとワクワクビジョン実現セミナーは、ご希望者様のご都合に合わせて開催させていただいています。



ご希望の方は、ご一報いただけますようお願いいたします。



















  上からの続き↓




 


 やってもやってもうまく行かなくなりました。


 


私は、手を変え品を変えやり方を変え、思うような結果が出ないのは、努力が足りない、やり方がおかしいと思っていたので、頑張りました


 


しかし、頑張れば頑張るほどしんどくなり、家庭もうまく行かなくなり、とうとう体に症状が出始めました。


がんの診断を受けたのです。


 


しかし死ぬことだって気にしていられないほど頑張り続けました。


 


でもうまく行かない。


 


頑張り続けた結果…


これってやり方の問題じゃなくて、在り方の問題じゃね?と気づいたのです。


 


今思うと、これが私のミッドライフクライシスだったのだと思います。


 


現実的な生き方から、精神世界への目覚め。


 


これは、目に見える物質世界しか理解しないと、行けないフェーズだったのです。


 


どん底の苦しみを味わいつくしたからこそ、これまで価値を置いていたものを手放せたんだと思います。


 


ああ、もう無理だー!どうとでもなれ! 


 


これがサレンダーだったんだと思います。


 


中途半端な苦しみでは、手放しも中途半端だったと思います。


 


このどん底の状態こそ、まさに天からのサポートだったと今は言えます


 


どん底を味わったからこそ、すべてを手放せてサレンダー状態になり、私の価値観はがらりと変わりました。


 


そこから生きる世界が変わりました


この世界の奥深さを感じられるようになりました。


起きる出来事も変わりました


 


めちゃくちゃ楽になりました


それと同時に、頑張らなくてもうまく行きだしたのです。


 


ミッドライフクライシスは、このようにこれまで信じていた価値観を手放せてこそ乗り越えられます


言い方を変えると、これまでの価値観に執着すればするほどひどい状態になります。


 


当たり前に信じ込みすぎていて、何に執着しているかわからないのですが、


その価値観を持っている間は抵抗が起きるので、何とかしようと頑張ってしまうのです。


頑張りつくしやりつくした後、さらにどうにもならない状態に追い込まれていきます


 


だから、最後は、もうどうにでもなれ!となってしまうのです。


それはすべてを天に委ねる状態。これこそがサレンダー。


 


そこまで追い込まれないと手放せなかったんだろうなと思ったとき、これも愛なんだと気づきました。


 


 


私個人のお話をしましたが、珍しい経験ではありません。


きっと誰にでも起こっているのだと思います。


 


そして、先月、北海道で働いた1か月の間にも同じことが起こりました。


1か月を一生と考えた場合、同じような成長が自分の内側に起こったのです。


それによって、同じ職場であるにもかかわらず、自分のいる環境がガラッと変わってしまったのです。


 


ミッドライフクライシスは、個人のレベルだけではなく、国家規模、世界規模でも同じ現象が起こっているのを実感しています


 


つまり、チャクラの課題・ヒーローズジャーニーにおける旅は国家規模・世界規模でも同じように起こるんだなと。


 


詳しくは次回お話します。


 


今、苦しくて仕方ない人、きっとそれは宇宙(サムシンググレート・神)の愛だと思います


古い価値観を手放して、次のフェーズに行きなさいと背中を押されているんですよ。


 


参考までに(過去記事)


○絶望は大きなギフト


○手放すと幸せになる


○頑張ってはいけない頑張り


○計り知れない大きな愛


 


 バックナンバーを読む ▶




 



 



 












メールアドレスを変更したい場合は アドレスの変更 をクリックして変更してください。




 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが 配信停止 をクリックして停止してください。