小野京子/表現アートセラピー研究所
小野京子/表現アートセラピー研究所

現実にアップアップしないこと

2023/8/19配信


皆様


表現アートセラピーを通じて人々をより幸せにしたい、表現アートセラピーの素晴らしさ、アート表現による可能性開花を伝えたい


代表の小野京子/表現アートセラピー研究所です。


47794_njk1nzhkm2vjngixytq4zmm5yzuwzgrmnmy4nze4zgu


みなさん、お盆はどのように過ごしましたか。休養取れましたか。


 


私は、最近トレーニングコース卒業生と在学生のためのオンラインサロンを始めました。


 


昨日の夜,ワークを行いました。テーマは「自分のリソースに触れる」でした。


 


参加者の皆さんは,それぞれ自分のリソースを思い出したり,触れる時間を持ちました。ある参加者は、「自分にリソースなどあるのか、と思ったが絵を描いてフィードバックをもらううちに、絵の中にリソースがあるのでは、と思えた」と語っていました。


 


私自身も自分が考えたワークをやりながらリソースを思い出すことができました。


 


絵を描いているうちに、生命のみずみずしさやオープンさをまた感じたい,と思いました。最近あまり感じてないからです。そしてワークを進めるうちに、とても大切なことに気づきました。


 


それは魂の視点を持つことの大切さです。魂はつねにオープンで、可能性の地平を高い視点から見ています。


 


最近の私の悩みは、なかなか大きな夢を描けないことです。人生の夕方時間となり、残りの時間で欲張りな私の望みは、叶わないと思えてしまうからです。


 


でも今回魂の視点を思い出すことで、魂は死を超えて前に進むことがわかりました。


 


なので現実がどうあれ、夢が叶う,叶わないに関わらず、魂はもともとオープンで,平安で、前を向いているのだと思えました。


 


魂の視点を持つことで,今の現実に失望することなく,泰然とした姿勢を持つことができるのです。


 


これが超越,トランセンダンス,ということに気がつきました。現実は変わらないけども現実を超える視点をもつこと。


 


もちろん自分の望みを叶えたり,目標を持ちそれに向かって努力することは大切です。


 


でもそれが叶わない時に失望するのでなく、現実にアップアップするのでなく,同時に魂からの視点を持つことが大切だと気がつきました。


 


私にとってこれは大きな発見で,これからの私を支えてくれるものになりそうです。


 


表現アートの時間は貴重です。無という空間を開いてくれます。無とは何もないのではなく、エネルギーに溢れた空間です。


ちょっとお盆らしいテーマになりました。


 


 これから参加できる研究所のワーク


自分と繋がる土曜講座 
8月26日(土)
10:00〜12:00
「As I am.. ありのままの自分」  


日常では、親であったり、娘であったり、職場での役があったり。
このワークは、そんな役割から束の間解き放たれ、 制約のない自由な「ありのままの自分」と出会う時間です。  


講師:小野京子、文晴玉
参加費4000円(初めての方3000円)



お問い合わせ、お申し込みは
exa@hyogen-art.com


詳しくは
表現アートセラピー研究所
https://www.hyogen-art.com


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



  


今回もメルマガをお読みいただきありがとうございました


Like_good


この記事がよかったら「Goodボタン」お願いします




 


この記事をシェアする


 




 


囲み枠のサンプル


枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。




 


囲み枠のサンプル

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。




 


 


囲み枠のサンプル

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。




 


 



 





 


 


 


 


 



 


 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


 


メールアドレスを変更したい場合は アドレスの変更 をクリックして変更してください。


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが 配信停止 をクリックして停止してください。