レイノルズ容子
レイノルズ容子

海外で外国人は、どんな方法でバイリンガル育児をしている?

2023/7/12配信




皆様


 





こんにちは!

 



世界各国のママが集う英語育児コミュニティ"Global MOM to MOM"主宰のレイノルズ容子です。


 


毎日暑いですが、皆さんお元気ですか?


 


 


私は、先週末、 


GMTMの🇯🇵🇲🇽🇼🇸🇺🇸🇦🇺5ケ国籍のファミリーと一緒に、相撲の発祥地である、奈良にある葛城市相撲館「けはや座」で相撲の歴史を学び、体験しました!

 




 

パパたちが実際にまわしを巻いて相撲を取ったり、

 


 

ママや子供たちが着ぐるみを着たり、楽しく相撲を体験させてもらいました❗️

 


 

私たちの体験動画が、

 

なんと、今週フランスで開催される世界最大級のジャパンフェスティバル(日本文化の総合博覧会)Japan Expo Parisで披露されます🇫🇷👏

 

 

 

世界に広がれ、日本文化!!!

 




























 

 


























いよいよ明日、オンライン説明会








Global MOM to MOMには、日本に住んでいる現在外国人ママ240名(46カ国籍)、日本人ママ330名がメンバーです。

こんなグローバルな環境で子育てしたい方、ぜひGMTM無料説明会へどうぞ。
次回の入会は8月1日です。

説明会開催日:7月13日(木) 22:00~23:30

お申込:https://globalmomtomom.com/

※ 次の入会は8月です。入会希望の方は、必ず説明会にご参加ください。(リアル参加できなくても、録画視聴でOK)



 


 



  





さて、今日のテーマは、


海外で外国人は、どんな方法でバイリンガル育児をしている?

















 


日本で、10~20%がバイリンガル


 


世界では、50%以上がバイリンガル


 


 


この数字を見ると、


子供をバイリンガルに育てたければ、 


 


 


ズバリ、




日本の英語育児やメソッドを参考にしない方がいい。。。😅


 


 


1週間に数回、英会話スクールに行っても、

 

お母さんが"おうち英語"を取り入れてみても、

 

 

 

 

子供はバイリンガルには育たない。

 

 

 

 

それは、

 

英語に触れる時間が圧倒的に足りないから!

 

 

 

 

十分な英語のインプットがないのに、

 

子供が英語を話すわけがない!!!

 

 

 

 

たまに英語に触れただけで、

 

英語が話せるようにならない。

 

 

 

 

そんな魔法はない!

 

そんな近道もない!

 

 

 

 

大量のインプットがあってこそ、

 

アウトプットに繋がる。

 

 



海外の外国人が行ってるバイリンガル教育から学ぶ方が良い!







 






Global MOM to MOMでは、


この専門家お二人に、世界で行われている多言語習得法や実験データを共有していただいております。


 


言語習得専門家 Theirryさん (台湾在住)



多言語・多才能子育てコンサルタントのTetsu Yungさん (カナダ在住)

 

 

 

 

海外で、バイリンガル教育といえば

 

OPOL法とMLAH法が有名です。

 

 

ちなみに、

 

OPOLとは、

One Person One Languageの略。

(1人1言語を担当して使う)

 

 

MLAHとは、

Minority Language At Homeの略。

(マイナー言語を家で使う)


 


 

 

我が家は、以前、

 

パパが英語、ママが日本語を話す、OPOL法を無意識でやっていた時期がありましたが、うまくいかなかった。

 

 


 

 

その理由は、圧倒的に英語に触れる時間が足りなかったから。

 

 

日本語:外の社会・学校・私の親戚・ママが

 

英語:英語

 

 

 

バランス悪すぎ〜〜泣

 

このバランスだと、子供がバイリンガルに育つ訳がない。

 

 

 

 



日本に住む日本人ファミリーには、OPOL法は向いてないと思います。

 

MLAH法の方がうまく行く!

 

 


 

 



 

 

今、我が家は、

 

MLAH法を続けていて、子供たち二人ともバイリンガルです!!!

 

 

 

この成功は、Global MOM to MOMの存在があるからです。


 








おすすめのMLAH法とは?






 









 


マイナー言語を家庭で使おう!


というメソッドです。


 


例えば、


 


"日本に住んでる日本人だと、英語を家で使う!"


 


"アメリカに住んでいるアメリカ人だと、スペイン語を家で使う!"


 


こんな感じです。


 


Minority Language At Home Method


と、英語でググってみてください。


 


 


具体的な方法や、成功事例がた〜くさんありますよ!


英語サイトですが、翻訳を使ってでも、読む価値ありです


 


 






親が英語が得意じゃなくても大丈夫!







 


















このメソッドの特徴は、

 

マイナー言語が得意じゃなくても大丈夫だということです!!!!

 

 

 

MLAH法のメリットとして、紹介されてますので調べてください。

 

 

 

だから、

 

子供をバイリンガルに育てたいと思っている、

 

日本に住む日本人ファミリーに最適。

 

 

 

本当に、実践してほしい!

 


 









 







毎日、生きた英語が聞こえる環境を作る!







 

親が下手でも間違っても、子供に英語を使う。

 

これは基本ですが、親だけの英語力では、限界があるのも事実、、、

 

 

 

息子のWhy?なんで?攻撃に全部英語で答えるのは難しい。

 

丁寧に日本語で説明した方が良いことは沢山ある。

 

 

 

だから、親以外に

 

本物の生きた英語を聞かせる環境を持つことが必要。

 

しかも、毎日毎日毎日!

 

 

 

Global MOM to MOMには、毎日2回、

Circle Timeという子供向けのZOOMイベントが開催されています。

 

 


 


英語そのものを教えることはしないです。

 

 

 

英語で◯◯をする

 

ので、様々なテーマを英語で開催。


 

 

ホストは外国人ママ・パパたちだから、

子供の扱いに慣れていて、とっても上手で面白い!!!

 

 

 

 

子供は賢いから、英語初心者でも、だいたい何を言ってるのか、想像力を働かせて、見よう見まねで、楽しめます!


 

 









































夏休みに、お家で英語環境を作ってみよう!







  










 8月は夏休みで、

 

時間もたっぷりあり新しいことをするのには良いタイミングだと思います。

 

 


 

 

リアルに交流するMeetupも日本全国でたくさん企画されます。

 

 

 

8月から、Global MOM to MOMの

 

素敵なグローバル環境へようこそ!



 

 

 

7月13日に説明会があるので、

興味がある方、ぜひ参加してくださいね。

 

 












































 

今日も最後まで、ありがとうございました!

 

 


























GMTMオンライン説明会








Global MOM to MOMには、日本に住んでいる現在外国人ママ240名(46カ国籍)、日本人ママ330名がメンバーです。

こんなグローバルな環境で子育てしたい方、ぜひGMTM無料説明会へどうぞ。
次回の入会は8月1日です。

開催日:7月13日(木) 22:00~23:30

お申込:https://globalmomtomom.com/

※ 次の入会は8月です。入会希望の方は、必ず説明会にご参加ください。(リアル参加できなくても、録画視聴でOK)



 


 



  




  


今回もメルマガをお読みいただきありがとうございました


Like_good


この記事がよかったら「Goodボタン」お願いします




 


この記事をシェアする


 



 


 


 


 


 



 


 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


 


メールアドレスを変更したい場合は アドレスの変更 をクリックして変更してください。


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが 配信停止 をクリックして停止してください。