津田由加里
津田由加里

「ちょっと聞いてよ!」子供が怒って帰ってきたら

2023/2/12配信








 
















 

 

 

こんにちは。


















津田由加里です。










 

 

 

「ちょっと聞いてよ!

 マジむかつく。ワケわかんないだけど!」

と、帰ってくるなり

興奮気味の中3娘。

 

 

((family_name))は

そんなご経験、ありますか。

 

 

卒業前の取り組みで

放送委員として

先生達にドッキリを仕掛け

動画に編集して校内で公開する

 

という企画があるのだそうで。

 

放送委員の仕事を

すごくenjoyしている娘。

 

動画編集もお手の物で

私なんか全く顔負けです。

効果音やテロップ、エフェクトを入れて

まるでテレビのバラエティ番組を

見ているかのよう。

かなりのハイクオリティなんです。

 

 

その一方で

一緒にやっている

他クラスの委員メンバーは

そこまでの熱量ではないようで。

 

期日までにタスクをやる、やらない、

催促したけど動かない、

LINEも既読スルー、

ついには娘の元に押しかけ

集団でクレーム、などなど。

 

穏やかならない状況。

 

 

 

救いなのは

娘がこのことについて

落ち込んでふさぎ込んでいるのではなく

何とか立ち向かおうとしていること

なのですが。

 

 

 

こういうこと、

大人の世界でもありますよね。

 

 

集団の中で

すごく頑張っている人がいて

周りの人との熱量に

温度差があったり、

言った言わない、やったやらない。

 

そこから不平不満が出る。

仲間割れが生じる。

 

 

今回、夫婦で話を聞けたのですが

娘が思いの丈を

ひとしきり吐き出した後で

夫の「良い経験してるね」という

一言で話が終わりました。

 

 

 

多少スッキリはしたものの

まだ納得いかない表情の娘。

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

こんな時、

((family_name))だったら

どうしますか。

 

 

 

実は今、

娘が学校以外で

 「7つの習慣Ⓙ」 という

オンライン授業を週1で受けていて

ちょうどその翌日が

授業日だったんです。

 

そこでタイムリーなので

お世話になっている

帆足二郎先生に

ふとLINEで相談してみたんですよね。

 

 

 

こんなことがあって

ちょっと話を

聞いてやってもらえると

嬉しいのですが・・・

 

という感じでね。

 

 

 

そうしたらね。

すぐにこんなお返事を頂きました。

 

「わかりました。

 教えてくれてありがとうございます。

 ママからこんな話を聞いたとは

 お首にも出さず、触れてみますね」

 

 

 

と。

 

 

 

 

((family_name))、

 

「7つの習慣」ってそもそもご存知ですか。

 

物事の原理原則、

対人コミュニケーション、

成功哲学のバイブル。

 

全世界でベストセラー著書です。

 

 

「7つの習慣」


 

 

 

本はちょっと難しいのですが

これを子供にもわかりやすいように

かみ砕いて学べるのが

「7つの習慣J」という講座。

 

 

先生との対話を通して

自分の心の在り方を学べるものです。

 

 

 

この日の授業を

後から動画で見させてもらったのですが

もう秀逸でした。

 

 

今日のお題として

 

「たとえば学校の文化祭とかで

 みんなこんな場面に出会ったことは

 ないかな?」

 

という冒頭から、

それぞれに考えさせる。

 

自分の身に起こった出来事を

「そういえば僕は(私は)・・・」と

口々に体験を語り出す生徒たち。

 

 

その自然な流れで娘も

 

「ちょうど今、こんなことがあって」

 

とスラスラと語り始めたんです。

 

 

 

その先生の傾聴力もさることながら

「あるある、わかるよ」

「そうだよね」

と、うなずきながら共感する

生徒たちも温かくて。

 

もちろん、

全国からオンラインで集まっているので

住んでいる地域も学校も

学年も、全く違う中高生です。

 

 

 

最後は

娘自身が思いを語り切って、

その先の持っていき方が見えて

パッと明るい表情に変わっていました。

 

 

 

ライブ配信じゃないけど

思わず100イイネつけたくなりましたよ。

 

 

 

これと同じこと、

親がやってしまったら

きっと説教臭くなってしまうと

思うのですよね。

 

 

「わかってるよ」

「そりゃそうだけどさ」

「もううざいなー」

 

 

ってね。

 

 

 

学校の先生でもなく、

親でもなく、

当事者の友達でもなく、

 

一歩下がった立ち位置から

温かく見守ってくれる

大人の存在。

 

 

 

それは、うちの娘もですが

今の子ども達にとって

圧倒的に足りない存在なのではないでしょうか。

 

 

昔だったら

おじいちゃん、おばあちゃんだったり、

近所のおばさんだったり、

お寺の住職さんだったり。

 

 

そんな風に 

 

「信頼できる大人」

「なんでも話せる大人」 が

 

いたと思うのですが

今はそれがなかなか難しいですよね。

 

 

 

 

7つの習慣、

受けさせていて

本当によかったと

思った瞬間でした。

 

 

子どもにとって

一番より添えるのは

もちろん両親ですが、

そのすぐ外側に

「社会で育てる子育て」が

あるといいなと思います。

 

 

 

興味のある方は

こちらのサイトを

ご覧になってみてくださいね。

 

 

「7つの習慣J®」
https://studyoasis.hp.peraichi.com/7hj


無料体験会のお申込みはこちら
(子どもも大人も自由に見学可能です)

https://forms.gle/1vDL5TRJYnoAWieWA

 

 

 




帆足先生の温かい心の授業。
ぜひご覧になってみてください。


 


 


 


 


 


 

























イベントのご案内


 


私が関わっているイベントのご案内です。
((family_name))にお会い出来たら嬉しいです^^



 


 


こちらのチャリティイベントも
帆足二郎さんが主催されています。




第15回高校生夢発表会チャリティイベント



3/26 日 20:00-22:00
ZOOM(動画あり)
参加費 3,000円
(運営費をのぞく全額が南相馬市復興支援、シングルファミリー支援として寄付されます)

https://peraichi.com/landing_pages/view/yumehappyo15

主催 STUDY OASIS /  運営 日本オンラインチャリティ協会


 



 


 


 


 


 



ズボ連オンラインフェスタ




2/26 日 9:00-12:30
ZOOM(動画あり)
参加費無料

https://zuboren.net/l/m/92HZzkz2eip1lS

主催 全日本ズボラ主婦連盟


 




 



子ども食堂チャリティ 久宝留理子チャリティ講演



3/19 日 10:00-11:30
ZOOM
参加費無料
(参加者1名増える毎にスポンサーから1000円の寄付がプラスされます。
 収益は全額 とうかつ草の根フードバンク に寄付されます。)

https://peraichi.com/landing_pages/view/tohkatsufood

主催 東葛飾ライオンズクラブ /  運営 日本オンラインチャリティ協会


 

 



 



ではまた^^




最後までお読み頂きありがとうございました。


 


 



 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが 配信停止 をクリックして停止してください。