加藤 雅子

祈りの伝統~五穀豊穣の感謝~

2022/11/24配信




皆様

こんにちは!


スピリチュアル・カウンセラーの


加藤雅子の夫、晋です。







 



 




◇祈りの伝統~五穀豊穣の感謝~


 昨日は、勤労感謝の日

という祝日でしたね。


この日、

日本は古くから、


天皇が新穀などの収穫物を


神々に供えて感謝し、


自らも食する


新嘗祭(にいなめさい)という


祭事が行われてきました。


しかし、

戦後日本を占領したGHQにより

勤労感謝の日として

名前も意味も変更されました。



そんな新嘗祭ですが、


その催事の過酷さで、

当時85歳で退位された

上皇陛下は最後の新嘗祭で、


その内容の8分の1の


お勤めまでしか


持たなかったようです。


新嘗祭は、


天皇の公務の中でも


過酷であり、


最も重要なもののようです。



新嘗祭の起源をたどれば、


弥生時代まで遡ると言われ、


古事記によると

当時は、


天照大神が新嘗祭を


行ったことが記されていて、


神から伝わる


皇室最古の


行事なのだそうです。



新嘗祭は皇居で行われ、


その年に収穫したお米を


天皇が神々に


お供えし感謝し


次の一年の五穀豊穣と


国民の幸せを祈った後、

神々と天皇が新米を

いただくという


流れのようです。


この祭司の時、天皇は


御祭服(ごさいふく)という

服を身につけるそうですが、

この服は天皇の服の中でも

最も清浄で神聖な服装とされ、

この最上の服を着るのは

新嘗祭の時のみなのだそうです。


純白の絹地で


複雑に作られており、

その重さにより、

着替えるのに何十分も


かかるそうです。


この重さをずっと背負い、


神事は行われるそうですが、


これは秘儀なので、


その様子は誰も


見ることが出来ません。

長時間の正座も辛そうです(*_*;



暖房の無い中、


深夜に渡り


行われるそうなので


寒そうです。(*_*;



天皇が言うには、

「国内を、


皇后と共に回り、


国内のどこにおいても

その地域を愛し地道に


支える姿勢の


人々が居るという


認識を得た。


私がこの認識を持って

天皇として

大切な国民を思い

国民のために


国民の安寧と

幸せを祈ることを

大切に考え、

祈るという務めを


人々への深い信頼と


敬愛を持って


成し得たことは

幸せなことでした。」


とのことです。



この皇室と国民をつなぐ

長い伝統を持った新嘗祭は

戦後GHQによって


巧妙に隠されてしまいます。


GHQも、

祈りの力を最も恐れ、

日本の国力を


弱体化させるためには、

まず、祈りを封じなければ


出来ないことを

分かっていたのです。



無限の潜在意識を


開くカギとなる、


祈りの偉大な力は


計り知れないものがあります。


 


 【奇跡のコース】
お祈りの極意クラス


〈第7期募集開始〉

限定4人クラス


2023年 1月 14日(土)

 初回スタート


今すぐ詳細をご覧ください!



 


来春
2023年1月14日(土)
20:00からスタート

あなたは一人ではありません!

お祈りを極める

環境を提供いたします。



スピリチュアルの王道、

奇跡のコースを

より深く取り組みたい。


祈りを実践し

自我のリリースを

さらに極め、

真に喜びから

生きる道に目覚めたい。


どんな事象が起こっても、

そのことをご一緒に

丁寧に見ていきます。


そして、

祈りの力を借りて、

ホーリースピリットに

恐れや罪悪感を

取ってもらい、

奇跡を呼び込みます。



自我になりきって、

自我のふりをしている限り、

あらゆる苛立ちや

不満が意識に浮上します。


こうした迷いに

向けているエネルギーは、

私達が思っているより、

こころの力を奪います。


これからは、

このムダに浪費していた力が、

一つになり、

愛と喜びの方向へ

向かい始めます。


自我のリリースが 進むと、

「全体性の為に

私を使って下さい」

と言う思いが溢れ、

膨大なパワーが

溢れて来ます。


そうした時は、

すでに愛と喜びの中を

歩む状態で、

喜びが拡張する生き方を

歩むことになります。

 【奇跡のコース】
お祈りの極意クラス


〈第7期募集開始〉

限定4人クラス


2023年 1月 14日(土)

 初回スタート


今すぐ詳細をご覧ください!






 



 



 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。