渡辺まどか

【意見を育てる】私も相手も、心からの意見を言うために

2022/10/20配信


皆様


おはようございます。
渡辺まどかです。



 


今回からこの記事では、


「自分の頭で考え、自分の言葉で
思いを伝えられる人を育てる」
をテーマに、


考え方や技術についてご紹介していきます。


 


切り口は、
自分の子育てや
セミナーで受講してくださる方に対して、
どういうスタンスで「育てているのか」ですが、


 


子どもがいる方、部下や後輩がいる方
人を育てることに、面倒くささを感じている人


 


だけでなく、


 


育てるべき相手はいないが、
 最近、仕事に行き詰まりを感じている人
なんだか空回りして焦ってしまう人


 


にもお役に立てる記事にしていければと思っております。



もし時間があったら、読んでみてくださいね。


 


 


意見を言える人になるために


今回のテーマは、


意見の言える人を育てるために、
大切にしなければならないもの


です。



自分の頭で考え、
意見を言える人を育てるために、


まず一番に覚えておいていただきたいのが、
相手の気持ちと自分の気持ちを大切にする
ということです。


 


なぜなら、意見の源とは、外界から受けた刺激が、
「快」なのか
「不快」なのか
という感情だからです。


 


 


自分がどう感じたかを疎かにすると、


● 常識に沿っているか
● 教科書やマニュアルに沿っているか
● 親や先生や上司や先輩のお眼鏡に適うか


を基準にした意見しか言えなくなります。


 



そうすると相手は、
その「常識や教科書・マニュアルを理解している範囲」
では意見を言えますが、
理解していないと途端に意見を言わなくなります。


間違うのが怖いからです。


 


「お眼鏡に適うか」を基準にすると、
皆様の顔色を窺って意見を言うようになります。


他人の頭の中は理解できないから、
反応を見て忖度して意見を言うのです。



教科書やマニュアルが機能するのは、
私たちが直面する生活や仕事の中の、
極々わずかなシチュエーションにすぎません。


 



生活も、人生も、仕事も、
自分で考えて自分で答えを
出さなければならないことばかりです。


 


 


「意見を言えない」理由


これを読んでくださっている皆様も、
子どもや部下や後輩に、
自分の頭で考え、自分の意見を持ってほしい
と思っているのではないでしょうか?


 



なぜ、


● 意見を言わないのか
● 
意見は言うものの目を引くような意見が出ないのか
● 
言うばかりで行動に移さないのか


とやきもきすることすらあるかもしれません。


 



「なんで自分の意見を言わないのか?」
と怒っても意味はありません。


 


相手はこれまでの人生の中で、
皆様との関わりの中で、
「自分の気持ちを言うのはよくない」
と繰り返し学習してきたのです。


 


もし、相手に
「自分の頭で考え、自分の言葉で意見を言う」ことを
期待するのであれば、


「どんな内容の意見を言うか?」
という結果よりも、


「その人が何を感じたのか?
それを踏まえてどう考えたのか?」
というプロセスを、
何よりも大切にする必要があります。


 


にもかかわらず、
実は育てる側である私たちもまた、
自分の気持ちを大切にして考え、
行動することを疎かにしてきました。



自分の気持ちよりも、


● 人様に対して恥ずかしくない常識を身につけること


● 迷惑をかけないように、正しく行動すること


● 必ず結果・成果に結びつく
 効率的でコストパフォーマンスのいい行動をすること


を大事にしてきました。


 


その結果、
自分の子どもや部下や後輩が、
自分の感じた気持ちをベースに
意見を言ったり行動したりしたときに、


その気持ちを「わがままだ」「間違っている」
と無視したり押さえつけたりしてきたのです。


 


気持ちを無視され、押さえつけられた
子どもや部下・後輩は、
「自分の気持ちを言うのは良くない」
と学習します。


 


 


その結果、


● 自分の意見を言わない
● 自分の意見がない(ように見える)
● 親や上司の想定の範囲内の意見しか出ない


という現象になるのです。


 


 


 


相手の気持ちを大切にするってどういうこと?


もし、子どもや部下・後輩に、
「自分の頭で考え、意見を言う力」
をつけて欲しいならば、


常に
「気持ちを大切にする」関わりをするのだ
と、
覚悟を決めてください。


 



都合のいいときだけでなく、
都合の悪いときにもです。


 



そして、
相手の気持ちを大切にするためには、
自分の気持ちを大切にすることが欠かせません。


 


 


自分の気持ちを大切にせず、
気持ちを押し殺し続けていると、


「気持ちを大切にするコミュニケーション」は
気持ち悪くて腹が立って受け入れられない、
実践できないからです。


 


まずは、


自分の気持ちを感じ、眺め、
言葉にするところからスタートしてみましょう。


 


特に、怒り、嫉妬、恨み、不安、恐怖…等の
ネガティブな感情は、


「感じるのはよくない」
「感じると不快だ」
押さえつける傾向が強いです。


 


ネガティブな感情こそ、
自分はどう感じたのかと向き合うことで、
大きな学びが得られます。



いま自分が感じているのはどんな気持ちか?
まずは感情を分類するところから始めてみましょう。


 


皆様が感じているのは、
怒りでしょうか?


それとも、悲しみ?悔しさ?嫉妬?不安?


 


感情が分類できたら、
今度はより具体的に見ていきましょう。



その気持ちを感じるのは、
何に対して、誰に対してでしょうか?


具体的に、どの部分に、どの行動に、
その気持ちを強く感じるのでしょうか?


その気持ちは、どれくらいの強さのものでしょうか?
大きさに例えたら?温度に例えたら?


他にも、同じような気持ちになったことはあるでしょうか?
その時と比べて、違うポイントはなんでしょうか?



 


このように、
自分のネガティブな感情と
向き合うことを続けていると、


相手の気持ちを大切に、
寄り添うことの意義が
腹落ちするようになるはずです。


 


人を育てるために、自分を育てる。
人を育てるからこそ、自分が育つ。



そのために取り組んでほしいです。


 


人を育てることに悩んでいる方、
もしよかったら悩みを聞かせてくださいね。


https://www.reservestock.jp/pc_reserves_v2/calendar_week/25868?course_id=NGJjMWJjNTQ5N&selected_service_provider_id=25868


 


 



  

 


 


 



 


 



 


ご予約はこちらから ▶


 


 




Icon_f


【オンライン】実践ロジカルシンキング!説得力のある伝え方

気付きがすごい!

T.O 様

部下へのロジカル思考の育成に関する悩みついて、自分の思考の癖を紐解いていただきつつ、とても多角的かつ簡潔にアドバイスいただけました。
頭の中が洗われた感覚で、とても思考がクリアになり、メンバーへのコミュニケーション内容が大きく変えていけるイメージがつきました。

悩みの整理や言語化にお困りの方にとてもオススメです!





Icon_f


【オンライン】お試し30分無料個別相談

前に進むことができそうです

ぼぶ 様

自分のやりたいことを実現するために、いますぐとれる具体的な行動をアドバイスいただき、前向きな気持ちになることができました。ぐずぐずと悩んでなかなか行動を起こせない状態から抜け出せそうです。自ら積極的に動けば、必ずチャンスはやって来ると信じて、完璧でなくてもいいから周囲を巻き込んで少しずつでもアウトプットを積み重ねていこうと思います。




Icon_f


パーソナルトレーニング2回目以降

人生で大事な事が得られました

えみこ 様

自分の長所はどこなんだろう、自分はこれが得意だと思っているけど、それは社会の役に立つのだろうか?悶々とし続けて答えを見つけることができなかったのですが、渡辺先生との対話から、もしかしたら、これかもしれない、と思えるものが見つかりました。渡辺先生は、自分では気づいていない、自分が持っている良さを言語化して引き出してくれます。これだ!と気づいた瞬間のワクワク感やそれらの気づきは、今の自分、これからの自分にとって大事なものとなりました。働き方が多様化している今、自分を知ることはとても大事だと思います。頭の中にある、ぼんやりしたものがハッキリして、心も体もスッキリ軽くなりました。また定期的にトレーニングをお願いしたいと思います。




Icon_f


【初回】パーソナルトレーニング(2回コース)

気づきが得られました

えみこ 様

自分がコンプレックスに感じていた点が強みであること、そして自分は何が苦手なのか、それらにどう対応すればいいのか、モヤモヤしていたものを渡辺先生に言語化していただき、本当にスッキリしました。カウンセリング後は、自分の目指す方向性とそのために何をすればいいのか、について具体化できたので、ワクワクした気持ちになりました。渡辺先生の「引き出す力」、「言語化力」は本当にすごいです。仕事で悩みや迷いがある方にオススメです。




Icon_f


【オンライン】お試し30分無料個別相談

気づきが得られました

T.T 様

苦手とする「問題を発見し(問いを立て)、誰にでもわかるように言語化し、解決に向けた段取りを組むこと」と、それを踏まえた上で今後のキャリアプランをどうすべきか悩んでいることを相談しました。

30分という限られた時間でしたが、過去の業務経歴から自分は何が好きなのか、仕事を進める上でのモチベーションになるのかが得られました。

次は苦手分野の克服に向けて、ロジカルシンキング(コミュニケーション)の鍛錬に進もうと思います。


利用者の声をもっと見る▶


 


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。