津田 紘彰

【必読】コミュ力が圧倒的に変化した仲間

2022/10/ 8配信



 


※このメールは《コミュニケーション&スピーチアカデミア》メルマガに
ご登録いただいた方にお送りしています。


 


 


____________


 


皆様


 


こんばんは。


ナビゲーターの神坂涼介です。


 


 


これまで皆さんには、


このメルマガを通して


 


『ヒロさんに出会ってどう人生が変わったか』


 


『コミュニケーションやスピーチ力がいかに伸びたか』


 


という何名ものインタビュー動画を見て頂きました。


 


 



今回のインタビュー動画には


登場しませんでしたが、


私も『UNIVER』で


学んでいた頃に出会い、


圧倒的にコミュニケーション力が


変わってしまった方が一人います。


 


 



出会った頃のその人は…



①決して人が嫌いなわけではないが



②自分から話すタイプでは全くなく



③とてもあがり症で口下手



④優しいところがたくさんあるのに



⑤つい余計なことを言ってしまうところもあり



⑥特に酒に酔うと攻撃的な口調になることが多い



⑦いわゆる、いい人だけど誤解もされやすいタイプ


 


といった感じの方。


 


 



では現在その方はどうなったか。



①今も人が好きだし、好かれている



②今も口下手、あがり症なのは変わっていないのに



③本来の優しさや真心がどんどん前面に出て



④どんな場面でも余計なことはほとんど言わなくなり



⑤むしろ人を励ます言葉が圧倒的に増え



⑥酒に酔ってもひたすら陽気(笑)



⑦誤解されるどころか、口数少ないのに周りの方全員からすごく好かれている…


 


 


という圧倒的な成果を得て


その方の素晴らしさがあふれ出ています。


 


 



ご本人に確認してみたんです。


何が変わったのか、と。


 


 


 


『とりあえず、ヒロさんの全てを真似してみました。特に、何でもない話をしている時の眼差し、間の取り方、言葉の選び方。相手にどんなメッセージを心がけているのか。それまでの私では絶対に選択しないような言葉も多く、相手を励まし、勇気づける言葉のかけ方は今も真似し続けています』


 


 


特に意識的に真似しているところはどこですか?


 



『一度、相手がいわゆる話のわかりにくい、まわりくどい男性だった時に、周りの方はさりげなくその席を外していったのですが、その人の話がどれだけわかりにくても長くても、最後までじっくり聞き切る姿には感動しました。ああ、こういうところからコミュニケーションのプロなんだな、と。普通ならそこでアドバイスを差し挟んだり席を変えてしまうと思うんですが。【聴く力】は特に意識しています』


 


 


 


私もそういった姿を何度も
見たことがありますし、


 


やはり達人と言われる方の
基本はそこにあるのだな、
といつも学ばせて頂きます。


 


 



ヒロさんからコミュニケーションの
基本と極意が学べる最後の機会、


 


ぜひ講座を二つともお見逃しなく
ご参加頂けたらと思います。


 




 


 




 


 


そしてヒロさんの全ての思いが詰まった2泊3日特別合宿【立志】、


私も他のスタッフも、人生を大きく変えるきっかけとなった旅です。



ぜひヒロさんの思いをお読みになって下さい。


 


 



《合宿式特別セミナー『立志』》


お申込みは、コチラ


 


 


 


次回のメルマガもどうぞお楽しみに。


 



「人見知り・口下手・あがり症」会話で損をしなくなる55のルール」


ルール51【コミュニケーション上手の必殺技《Yes, but…》】



相手との会話において、「それはちょっと違うのでは…」「私はこう思っているんだけど…」と思う時があります。例えば極端な例ですが相手が「やっぱり世の中お金が全てだよ。私はお金さえあれば、他の人などどれだけ傷つけたってかまわない」などと相手が言い出したら、多くの方が反論したくなります。



その時、「いやいや、それは違いますよ」「でも、そんなのは間違っています」と真っ向から否定してしまうと意見のぶつかり合いになり、議論口調に慣れていない多くの日本人の方は、会話の内容よりもネガティブな感情の方が残ってしまい、相手との関係も壊れかねない、ということがあります。



かと言ってこちらの意見を言わずに飲み込むのではなく、こちらの意見も聞いて欲しい時の極意となるコミュニケーションが「Yes, but」です。



読んで字の如く、一旦Yesで相手の意見を受け止めてから、but(しかし)と返す手法です。



_____________


《ルール51》


会話で損をする人…


反論したい時や自分の意見を言いたい時、『でも』『しかし』『だって』『どうして』と相手の意見をすぐに否定してから言い返してしまう



会話で好かれる人…


反論したい時や自分の意見を言いたい時も、一旦相手の意見を受け止めてから返す



_____________



嫌われる会話例:


『いや、それは違うでしょう』『でも私はこう思います』『え?どうしてですか?』『違う違う』などとすぐ反論口調で返してしまう



好かれる会話例:


『〇〇さんはそういうお考えなんですね』はい、そういう方もいらっしゃると思います』『勉強になります。ありがとうございます』など、丁寧に一旦受け止めてから


『しかし』『私の意見も聞いて頂いていいですか?』と自分の考えを話す



_____________



コミュニケーションの達人のような方は、相手を頭から否定することなく、かつ建設的なコミュニケーションも図ることができます。



Yes,butは非常に使いやすい受け答えになりますのでぜひ慣れてみて下さい。


 


 


 



「人見知り・口下手・あがり症」会話で損をしなくなる55のルール」


ルール52【自分がイライラしてしまっている時】



人間ですから、コミュニケーションの場面で何だかイライラしてしまうことがあります。原因が目の前の相手なのか、それとも他にあるのかによっても多少変わりますが、どんな場面でも使える、イライラした感情の処し方についていくつかお伝えします。



①何はともあれ、口調や表情、態度が不機嫌な感じにならないよう気を付ける


心理学では『表出性』といって自分の感情が表に出やすい方は特に注意が必要です。相手とのコミュニケーションに緊張が走ったり、一歩間違うとそこから口論にもなりかねません。



②その場から一旦離れる。


もし、トイレに立つなどして感情を落ち着けられるのであれば、そこで気持ちを切り替えます。しかし、イライラの原因が相手方にある場合は、席に戻るとまたマイナス感情がやってくるかもしれません。



③客観視(デソシエイト)を使って感情から離れ、プラスの要因にフォーカスする


感情がマイナスに振れている時は、『今自分はどんな顔をしているだろう』『今の自分がテレビに映っていたらどうみえるだろう』『自分を天井の高さからみたどんな風にみえるだろう』と、自分を【客観視】することで感情は落ち着きます。その後は、原因が相手方にあるのであれば『自分のために言ってくれているのかもしれない』とか、原因が他にある場合は置いてある綺麗な花や、スマホに入れてある家族の写真など、プラスの感情に切り替えられる方法を色々と試します。



④臍下(せいか)の一点にマイナス感情を放りこむ



臍下丹田、と呼ばれるおへその真下ではなく、そこから更に15センチほど下、恥骨と呼ばれる骨のあたりに『人間の中心』があります。武道ではここに意識を置くことで恐怖と対峙したり、本来のパフォーマンスを発揮できるよう稽古をしますが、マイナス感情が起こった時にこの臍下の一点にその気持ちを放り込むようなイメージを持つことで、感情がスッと落ち着きます。



_____________


《ルール52》


会話で損をする人…


『自分のイライラを顔や態度に出す』


 


会話で好かれる人…


『自分のイライラに上手く対処する』


_____________



誰でもイライラする時はあります。イライラしないことよりも、してしまった時にどう対処するか、の訓練も積んでいけるとよいですね♪


 


 


 


 


 


 


 


___________


 




 




 


___________


 



まだ、無料動画をご覧になっていない方は
コチラからご視聴ください。


 


↓↓↓↓↓↓↓


 


動画1 『コミュ力が高い人とは』



パスワード:kokorozashi


 


 


動画2『人として大切な在り方』



パスワード:kokorozashi


 


 


動画3『コミュ力を高める習慣』



パスワード:kokorozashi


 


↑↑↑↑↑↑↑


 


 


 


 


 


 


 




 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 







━━━━━━━━━━━━━━━━


未来創聖株式会社  
〒458-0842
名古屋市緑区鳴海町上ノ山34-17


URL:http://tsudahiroaki.com
お問い合わせ:miraisousei.univer@gmail.com