林原琢磨

084:【保存版】誰もが誰かのサポーター ~3つのタイプ別サポート~

2022/10/ 5配信


皆様、こんにちは。
























人の心を見える化するツール「エレメンツコード®️」開発者/ お店の出店「立地」コンサルタント/ シェアハウス「ノア」のオーナーの林原琢磨()です。


34619_202207プロフ画像

先日、公開した新サービス「E-Letters」のお試し版は
ご覧になりましたでしょうか?


この企画、実は最初は・・・・


















































































今までセミナーとかで1~2回しか使われてなかったワークシート、
そのままにしとくの勿体ないやん。

セミナーやってるんだし、内容はそれをそのまま
流用すればいいんだから、すぐできるよね














































































 







っていう話で、動画セミナーを作り始めたんですよ。



でも、実際にやったセミナーを動画コンテンツにまとめるには、

そりゃ「微調整」が必要じゃないですか。


というわけで、内容を改めて見直していったんですよね。


そうしたら・・・・

「あぁこれはもっと良いワークにできる」
「この話よりもっと違う流れに持っていきたい」
「今にして思えばこれは分かりにくい」

とか、色々と考えてしまうわけです。


で、考えているうちに、元々使うはずだったワークシートでは
物足りなくなって、新しいのを作ってしまうのです。



結果、ワークと資料を8割以上が新開発なんですよね・・・・笑


いったい、何のために企画し始めたのやら笑













































ということで、正式版を近日リリース予定ですので、
もう少々お待ちくださいね^^




【E-Letters】診断結果をより深く落とし込もう!シート【お試し版01】


ㅤㅤㅤ

【E-Letters】属性別「魅力の種」を見つけよう!シート【お試し版02】



ㅤㅤㅤㅤㅤ













































































































































































コミュニティ内で開催したワークショップを受けたメンバーが、
まわりの人にも受けてほしいってことで企画してくれました!
興味ある方はチェックしてみてください↓↓

10/22(土)14:00〜16:00 zoom
〜本命の恋をキャッチする「私」になる〜
理想のパートナーが見つかるワーク講座 講師:林原琢磨
https://peraichi.com/landing_pages/view/rpmws






























































 












































































































 






























































\目指せ!年内、診断者数20,000人/

あなたらしさを見える化する
「エレメンツコード®︎無料診断」

https://elementscode.jp/freetrial/







最近エレコやってないな~って思った方は
久しぶりにどうぞ!

自分の状態をチェックするための
定期的な診断も大歓迎!








ぜひ周りの人にも教えてあげて、
結果を見せ合いっこしてくださいね!









 






 さて、今日のメルマガは 










































【保存版】 誰もが誰かのサポーター ~3つのタイプ別サポート 

 

というテーマでお送りします。







































































































































































 

























































「サポート」の3つのタイプ




























 


「サポート」には、大きく3つのタイプがあります。




























 





















































1.相手をパワーアップさせる「強化系」


2.リスクヘッジを考える「防衛系」


3.傷ついた時に癒す「回復系」










 




















一口に「人をサポートしたい!」と言っても
適性や必要スキルは違うので、ちゃんと定めていきましょう。


 


それぞれ解説していきます。


1.「強化系」のサポーター








 







「強化系」のサポーターは、相手の「目的達成」をサポートします。

要するに、ビジネスだったら売上げをアップさせたり、
恋愛だったら相手と上手くいくよう取り持ったり、とか。

相手が何を目的にしているかで、
パワーアップさせる方向性も違ってくるので、
そこをちゃんと見極められることが大切。

「目的」は「課題(=解決すべきこと)」とも同義なので、
そこを見誤るとうっかり違うサポートをしてしまうことになりかねません。




例えばですけど、「売上げをアップさせたい!」って相手が言ってきた時に、
本当にそれが正しいのかっていうね。

本当は「売上げアップ」ではなくて、
売上げはそのままでもブランド力を高めて
客単価をアップさせる方が必要なのかも・・・・みたいなところ。

正しく目的・課題を設定して、
そこにその相手が最短距離で迎えるよう、
滑走路を作って環境を整えたり、邪魔なものを取り除いてあげること



2.「防御系」のサポーター








 

それから「防衛系」のサポートは、







シンプルにリスクヘッジであったり
手間やコストの削減をおこなうサポートです。

つまり、分かりやすいところで言えば
「節税対策」とか「事務作業の代行」とか、そういうところ。

相手が目指している進行方向についてどーのこーのするんじゃなくて、
後ろからその人の足を引っ張るような問題を切り落としていくようなもの。

または、事前にそういう問題が発生しないよう、
外からその人に悪影響が飛んでこないように
「盾」や「城」を築きあげるようなもの、でもあります。

ソレがあるから売上げがアップするというわけではないけれども、
ソレがないとその人の活動の効率が著しく悪化する・・・・
みたいなところを補っていくものです。



3.「回復系」のサポーター









そして「回復系」はまぁ分かりやすく、
癒してあげるようなサポートですよね。








「疲れて帰ってきたパートナーにマッサージをしてあげる」とか、
このサポートの典型だと思います。

身体についてもそうですし、メンタル的なことに関しても、
「愚痴を聞いてあげる」とか「気晴らしに付き合う」とか、
そういうのも立派なこのタイプのサポートと言えるんじゃないでしょうか。




あと・・・・
そういう面をピックアップすると
感性・感覚ベースの「」側のサポートなのかと思われがちなんですけれども
(そしておそらく大部分はそうなんでしょうけど)、
」側の回復系というのもあると思います。

それは例えば、債務整理とかって、そうなんじゃないかなぁ。

人間の身体や心が疲れてきた時に癒すのは
まさにマッサージとかカウンセリングとか含め、
」系の切り口が多いでしょうけど、

例えば会社や事業が疲れてきた時に癒すのは、
そういうことなんじゃないかなーと。

あと、電子機器等のメンテナンスもそうですよね。
修理屋さん、エンジニアさんとかもそういうことができます。




 



























エレコタイプ別のサポートの形






























エレコ的には、一般的に「サポート」って言うと
」属性っぽいイメージがしますし、


実際にそういうことは多いですけれども、
本質的には上記の「サポートタイプ」を考えていくことで、
属性に関係なく他人のサポートを仕事にすることができます。

性格的に「自分が前に出るよりも
誰かのサポートをしている方が好き」という人が
」の側に多く、それとマッチしやすいので
結果的に「」側のサポーターが多くいるというだけですね。


ビジネス的に見たら、「」側のサポート職も沢山あります。


それに、「」側と「」側でも、やれる内容は違ってきます。

特に「」側の人で時々、
「私は事務作業が苦手だから大したサポートしてあげられない」
って言う人がいるんですが・・・・

「サポート」と「事務作業」はイコールではないので笑

それに、
「私には話を聞いてあげることくらいしかできない」って言う人もいますが、
いやいや、それもちゃんと「サポート業務」として自覚しておこなえば、
大切なサポートなんですよ。


なお、それぞれのエレコタイプ別の具体例を挙げれば・・・・ㅤㅤㅤ










 




×」の場合




×」は、職業としてはコンサルタントや士業なんかが、









まさにそれにあたると思います。

自分自身が何かをBtoCで売るのではなく、
BtoBで相手の問題解決をすることで
間接的に社会へ影響を与えるのが、この仕事ですから。

これを、「売上げアップ」という直接的な課題に取り組めば
「強化系」になりますし、相手の目的に直接関わる課題以外にも、
それを妨げる問題をしっかり捉えてその人の代わりにブッ潰してやりましょ、
ってなれば「防衛系」です。

さらに、「×」で
「回復系」はちょっと考えにくいかもしれませんが
(このタイプと話してて癒されるとかあんまないでしょw)、
例えば医者はまさにここに当てはまります。

もちろん個人にもよるでしょうけど、
お医者さんの大半は性格的には「×」みたいですよ笑


東洋医学だとちょっと違いますが、
西洋医学はまさに「病気という敵を倒す」という発想なので、
まさに「×」が増えるんですよね。



 




×」の場合




また、「×」であれば、
基本的にはプロモーションや応援などがサポートに当たります。

これもまた、そのサポートしたい相手の
前方(目的への道のり)にダイレクトアタックなのか、
それとも後方を守るために展開するのか、
はたまた疲れてるところに癒しをもたらすのかで、
性質が変わってくるといったところですね。



 




×」の場合




それから、「×」であれば、
エンジニア的な職業や秘書・参謀的な関わり方がまさにそれです。

何かを構築したり、整理したりが得意なこのエレコタイプの人は、
相手が飛び立つための滑走路を作れば「強化系」ですし、
敵からの攻撃を防ぐ盾や壁を作れば「防衛系」ですし・・・・

「回復系」としては、直接的に癒すというよりも、
言うなれば「回復アイテムを作る」「回復させられる仕組みを作る」
といったところでしょう。ㅤ



 




×」の場合




そして「×」のサポーターは・・・・
これ、「職業」として捉えるとちょっと分かりにくくなりがちなんですけど、
基本的には「回復系」として、マッサージで身体を癒したりカウンセリングなどで
心を癒したり、みたいなことをベースに考えてください。

というか、そういう「職業」としてだったら、
比較的多くの人に適用しやすいので。

「回復系」としてはまさに分かりやすいですし、
「防衛系」も「予防のための~~」って考えたらすぐイメージできますよね。


一方で、「×」の「強化系」は、これちょっと難しいんですよ・・・・

その最たるポジションは、ずばり「お嫁さん」だからです。
(男女を問わずですがイメージが分かりやすいのでこの表現をしてます)



」人間って、守るべき相手がいると、アガるんですよ。
パワーアップするんです。

マンガとかでも、恋人の愛情を受けて
すごいパワーを出す展開ってあるじゃないですか。
あーいうの。

ただこれは、基本的に

「本当に大切な人との間にしか成立しない」

というところがあります。




まぁ、厳密には成立し得なくもないんですが・・・・
キャバ嬢さんや風俗嬢さんは、「この子のために頑張る」って
男性を奮起させられる場合もありますので、
上手くやれば不特定多数に対しての「強化系」になれます。

でもあんまり大っぴらにオススメはしませんね。

ただ一応、構造としてそうやって
誰かにとっての「大切な人」になることで、
その人のパワーを高めるということができますという話です。

できればそれは、「大切な誰か特定のひとり」に注げた方が、
×」側としても嬉しいよねという感じです。



なお、これは僕のイメージですが・・・・

×」側のサポーターは、
「勇者に対する戦士」みたいな感じなんですよね。

勇者が心置きなくボスと戦えるように、
「ザコはおれに任せろ!」みたいな感じの。

一緒に肩を並べて戦う仲間です。



一方で「×」側のサポーターは、勇者の攻撃力をアップさせるような、
いわゆる「バフ」系のサポートなんじゃなかろうかと。

敵に攻撃するのはあくまで勇者(ともしくは戦士も)。

自分は後方支援に徹しますぜ~ってことですね。


同様に、「×」側のサポーターは、魔法使いかな。
ポジション的には後衛であり、あんまり前線には出ません。

けれども、後ろの方から攻撃魔法をバンバンかましていったり、
防御魔法で鉄壁の布陣を作ったり、みたいな感じです。



そして「×」側のサポーターは、
勇者と同じパーティにいれば僧侶などの回復役ですし、
基本的にはあんまり「一緒に戦う」というところにいないことが多いです。

どちらかといえば、戦闘には出ないような
サポートキャラの方が向いているんじゃないでしょうか。



全体的に見ると、「」が強いほどに
「一緒のパーティで戦う」スタイルが多くなりそうですし、
」が強いほどに裏方感が増していくような感じですね。

もちろん、一概には言えませんけど。

僧侶のように、「」が強くても
一緒のパーティで最前線で相手を回復させる仕事もあるでしょうし・・・・

」が強くても、
同じ戦場には立たないパターンもあるんじゃないかと。



ただとにかく、ここでイメージしていただきたいのは・・・・


まず、ㅤㅤ


















































































サポート=「」ではない
















































































ということ。

 






「サポート」っていう言葉が持つ意味が結構広すぎて、
この言葉を無自覚に使ってしまうと、
本当に自分がしたいサポートがどんなものなのか見失ってしまいますし、
相手との認識のすれ違いも生まれます。


少なくとも、「強化系」なのか「防衛系」なのか「回復系」なのか、
どういう切り口でのサポートが自分はできるのか、
したいのかをよくよく考えてみることをオススメします。




 



























誰もが誰かのサポーターである






























というか、僕としては、
「誰もが誰かのサポーターである」とも思っています。



『ONE PIECE』のルフィみたいな
少年漫画の主人公レベルに振り切っているならともかく、
ほとんどの人は、自分が主役の舞台もあれば、
別の場所では誰かをサポートするポジションになるということがあります。


なので大切なのは、
サポートがしたいかどうかっていうこと以上に、



 

















サポートする立ち位置になった時に
自分はどんな関わり方ができるのか






ㅤㅤ
ということを、事前にちゃんと明確にしておくことです。













「私は『』だから『』のことは苦手なのでサポートはできません」
とかじゃなくてね。

」なら「」のサポートのスタイルがあります。

どこへ行っても自分が主役になろうとするのを、
ダメとは言いませんが・・・・

そうじゃない場面での立ち回り方を、
考えている人とそうでない人とでは、
人間関係の築き方やその深みが全然違ってきます。




結果的にサポートのポジションに回ることになったなら、
「じゃあこういう役割をしよう」とすぐに切り替えて、
「自分らしいサポート」ができることが、
すごく大切なんじゃないかなーと思います。

まぁ、自分は「×」なのに
×」のサポートを求められても、
それはしんどいですけどね。

そういう場合は
「それは私の役割ではありません」でいいんですけど。

ただ「サポート」っていうだけで
「それは違う」って思ってしまうのは・・・・
ちょっともったいないんじゃないかなぁと思います。









誰もが誰かのサポーター






 


その意識を持ち、自分がどんなタイプのサポートができるのか、
よくよく思い描いてみることをオススメします。


 















































**********************





















 


今日も最後まで読んでいただきありがとうございました! 






















【E-Letters】診断結果をより深く落とし込もう!シート【お試し版01】


ㅤㅤㅤ

【E-Letters】属性別「魅力の種」を見つけよう!シート【お試し版02】



ㅤㅤㅤㅤㅤ













































































































































































10/22(土)14:00〜16:00 zoom
〜本命の恋をキャッチする「私」になる〜
理想のパートナーが見つかるワーク講座 講師:林原琢磨https://peraichi.com/landing_pages/view/rpmws






























































 
























































































































































































































 















































































































































































































































































































































































































































































































































\目指せ!年内、診断者数20,000人/

あなたらしさを見える化する
「エレメンツコード®︎無料診断」

https://elementscode.jp/freetrial/







最近エレコやってないな~って思った方は
久しぶりにどうぞ!

自分の状態をチェックするための
定期的な診断も大歓迎!








ぜひ周りの人にも教えてあげて、
結果を見せ合いっこしてくださいね!









 



































































それでは、次回もよろしくお願いいたします!


















































































































































































































































































































































 


 林原琢磨


 




 



エレメンツコード®︎無料診断
https://elementscode.jp/freetrial/



【メルマガバックナンバー📩ピックアップ】

079:「頑張らないと幸せになれない」という言葉の落とし穴
https://smart.reservestock.jp/subscribe_form/mail_magazine/2265901

081:あなたが持っていない属性に対する理解こそが本当の幸せへのカギ
https://smart.reservestock.jp/subscribe_form/mail_magazine/2281283


【ブログ記事ピックアップ】

「水×風」側の人たちは「エッセイ」を書けばいいと思う
https://elementscode.jp/mizukaze-should-write-an-essey/

【よくある間違い】性質とスキルは違う、実力が大事
https://elementscode.jp/type-isnt-equal-skills/

属性別コミュニケーションの目的
https://elementscode.jp/communication-himizukazechi/

特別な能力は抽象的なキーワードによって方向性が見つけられる
https://elementscode.jp/tyuusyou-keyword/




 








エレコ出張セミナーのご感想

(ご依頼主(セミナー主催者)様、参加者様)

ご依頼・ご相談はこちらから



 




























































「コミュニティ運営者として、エレメンツコードは必須。共通言語ができたのはありがたかった」

中里 桃子 様(ご依頼主)


① セミナー内容の<主催者目線での>満足度について、段階評価で教えてください。


5(とても満足)


 


② 上記でその評価をつけられた理由について、詳しく教えてください


・私自身がなので、をもつ人に響く言葉や講座の伝え方にならなかったのですが、そのさんが大喜びしていたことが嬉しかったです。


・全ての事例において「あるある!」という笑いと自分ごと感がありました。


1人1人への読み解きがとても納得感があって、後日「まさに言い当てられて・・」とそれぞれが言っていました。


・シンプルなフレームなのに、それぞれにすごく納得感があって、自分のタイプ以外についてもすぐに理解して「上司が多分なんですけど・・」と受講者がイメージを持って具体アクションを自分で見つけられていたことに驚きました。


 


③ 内容その他諸々を踏まえまして、「感想」を教えてください。


コミュニティ運営者として、エレメンツコードは必須なんじゃないかと思いました。


自分がで人のコミュニティに入る時にちっとも楽しめないこと、むしろすごく気を遣ってクラッシャーにならないようにしていること、なども言い当てられて、「修行」と言われた時にはそうそう!と笑ってしまいました。


どの立場で参加しても楽しめる学びはなかなかありません。


 


④ 今回のセミナーを経て、今後ご自身のチーム・コミュニティで「やってみよう!」と思ったことを教えてください。


参加者同士でグラフを共有しあって、お互いのコミュニケーションに意識して使います。共通言語ができたのはありがたかったです。


グリモワールもたくさんの情報があるので、メンバー主導でエレコのタイプ別の資料を読み込む会などを企画できないかな〜と思っています。





































































 















































































S.A 様(ご依頼主)


改めて、私をサポートして下さっている方々は、死ぬプリmen'sも含め「地」属性の方々が多く、感謝が湧いてくる時間でした。私には、ほぼ、ない属性なのですが、自分の事をよくわかっていない頃は、長所に「協調性がある」と書いていた事もあり、笑えてきます


良い、悪い、で、判断しないし、何かを目指さないエレコ、
好きです


これからも、Facebook投稿、楽しみにしています!





































































 




























































Y.T 様(セミナー参加者)


昨日はありがとうございました


自分と違う反応の人に対する見え方が違ってくると思います。


感情モリモリの私に対して反応が薄くても、多分その方も思いはしっかり感じているのだなぁ、
とわかって嬉しくなりました。








































































 




























































A.N 様(セミナー参加者)


昨日はありがとうございました!


エレコのレポートを見るだけでは
分からなかったので、解説をして
頂いたのが、1番楽しかったです。


最近は好きな人とばかりいるので
ピンと来てなかったですが、


今日改めて人間関係のモヤモヤを
振り返ったら、この人はこの属性やし
そういう反応なんやなぁと受け入れる
ことで本当に生きやすくなりそうと
思いました


ありがとうございました





































































 













































































J.S 様(セミナー参加者)


とても有意義な時間を過ごす事ができました。


【自己肯定感を高めたい】と思ってましたが、自分と他者の属性の違いを理解することで、自己肯定感が自然に高まるとの、発想に「なるほど~」と自分を無理強いして
自己肯定感を高めようとしなくてもいいんやと、気づかされました。


私は、火の自分軸が一番強かったので、周りから急かされたり、
優先順位を的確につけたりが出来なかったんやと腑に落ちました。


それでも仕事やから頑張って頑張ってなんとかしようとして、しんどくなるですね。
地の要素の安定性はあるものの会社という組織が
私にはしんどくなる理由がとても明快に理解できました。


他人には頑固と言われようとのろまと言われようとも、
自分の拘りを優先すると自分の心が楽でいれるんですねとても勉強になりました。


この際思いきって、特性を活かせる職業に転職もありやと感じました


早速、主人に勧めて今日診断して貰いました。
はてさて、彼はどんな結果になるのやら。めっちゃ楽しみです


































































 















































































































K.N 様(セミナー参加者)


昨日はありがとうございました。


診断レポートは沢山ありすぎて、正直全部キチンと見ようとは思いませんでしそういうの超苦手なので。


私は地属性が強いですが、誰かの為とかそんなに深く考えて行動している訳では無く、
自然にしていました。ちょっと嫌やなぁと思っても、我慢とまではいかない感じで。


それが地属性ならではの事なんやと、気づかせてもらえて納得できました。


また、水の属性もあるので、フットワークが軽いのと直感でしか動けないのは水属性からなのかなぁ〜とも思いました。大切な人の笑顔を見るために、我慢ではなく、相手を思って、してあげたいことを、これからもしていきます。


何ヵ月かたった後、また診断してもらいたいです。


ありがとうございました。

































































 


























































 










 





 






 







バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。