東城 真利子

アールポーセの教材費っていくらかかるの???

2022/9/24配信




このメールはアールポーセのご案内に登録の方に送っています。不要な方は下記リンクより解除してください
(会員向けのアールポーセ通信ではありません)


皆様



こんばんは
東城 真利子です。

アールポーセデカールコース通信講座受付中!

【9/29〆切】アールポーセデカールコース通信講座の詳細・申込はこちら
https://resast.jp/events/ZGUzZmY0YTViY/



今回はアールポーセの教材費について書きたいと思います。

結論から言いますと
アールポーセは教材費はおさえられます。
基本道具6000円程度(購入も自由)
白磁・転写紙自由(100円ショップでもいいし、手持ちの転写紙でもOK)

そこそこの白磁を使ってもマグカップ500円、プレート1000円程度です!

写真のお茶碗は100円ショップのものです




今でこそ転写紙はどこでも手に入るし、白磁も簡単に手に入ります。
なので、教材費をおさえようと思えば白磁は100円ショップのものでもいいんです。
柄転写紙も指定のものを買わなくても好きなものを買えばいい。
すでにもっているならそれを使えばいいのです。

基本道具はアールポーセベーシックでお渡ししているもの以外で。
6000円程度買ってもらっています。
それも手持ちがあれば買う必要はありません。

またヴィクトリア転写紙さんの単色転写紙は小分けにしたセットを販売しています。
そしてカラーパレットを作ってから、好きな色を購入したらいいと思うからです。
(全色49色買うのは高いですからね)

デカールコース、ペイントコースの資格をとるとおすすめの道具の購入先もお伝えしています。
ポーセラーツですと、協会をはさんでいるためどうしても価格が上乗せされ高くなります。
でも、アールポーセでは直接、専門のお店で買えるので品質も、価格も良心的なんです。
教室価格の設定もあるので先生には嬉しいですね。


本部の生徒さんも100円ショップの食器でたくさん練習しれくています。
白磁が売っていないくても、柄がついたまま上に転写紙を貼って作られる方もいますし。
手軽にたくさん練習してもらえるのは私も嬉しいです。

やはり数やってこその技術。1回やって覚えられるものではないし、繰り返し学び、作ることで自分の身になります。
アールポーセデカールコースのカリキュラムは5つと少ないですが。様々なノウハウがギュッとつまってるので。
いろんな白磁、転写紙で作ってほしいと思います!



【9/29〆切】アールポーセデカールコース通信講座の詳細・申込はこちら
https://resast.jp/events/ZGUzZmY0YTViY/


 
デカールコース受講の感想こちらにたくさん紹介しています
https://www.artporce.com/blog/categories/voice-decal


 




どなたでも申込できます!
10/28(金)第7回コレクションパーティーです
https://resast.jp/events/746418/
こちらもいつもワクワク、創作意欲がわく楽しいイベントです。
どなたでも参加、視聴できますので是非、お申し込みください。





 


東城真利子 


 


9/9開催したアールポーセの魅力がわかるIMD説明会動画!
https://youtu.be/wUBurR5vE-g
※クリエナージュの説明もあります、概要からみたいところに飛べます


【全国のサロンご紹介】
https://www.artporce.com/forum/aruposesaronshao-jie-pezi



ローズコラーユ(東京・大阪)本部校で受講希望の方はスケジュールをまずはご相談ください
9月10月掲載しました!

https://ameblo.jp/artporce-creanage/entry-12618738799.html


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。