藤原 恵津子

自分に許可を出す方法

2022/9/19配信


7402_昼景1


皆様 こんにちは
可能性開花トレーナー藤原恵津子です


 


6865_藤原恵津子写真


前々回、「自己受容と嫌いな人との関係」で


嫌いな人の中に見えたり感じたりする分は、自分に許せていない部分だとお伝えしました。


 


そして、前回「自分を許せないことではらむ問題」では


それが現実世界によくない影響を及ぼしているということと、具体例をお伝えしました。


自分を許す(自分の許可を出す)ことで人生が大きく好転します。


 


今日はその具体的方法をお伝えします。


 


下へ続く↓






イベント・セミナーのご案内






もっとお仕事を展開したい、

楽しく自分らしく生きたい人



 

可能性開花コースのエッセンスを1日で
可能性開花1Dayセミナー
ご好評につき再度開催!


 

ビジョン化ティールーム
毎月第2月曜日開催



 

あなたはもっと輝ける!



 

 

カサンドラ症候群自助会





※現在、1Dayセミナーとワクワクビジョン実現セミナーは、ご希望者様のご都合に合わせて開催させていただいています。

 

ご希望の方は、こちらよりご一報いただけますようお願いいたします。










上からの続き↓









 


嫌いな人がいるなら、


その人のどんなところが嫌いなのか


 



嫌いでない人の中にも嫌いな部分(許せないところ)があるなら


それはどんなところか
許せないのは、なぜなのか、、、


ちょっと自分に問いかけてみてください。


 


場合によっては、繰り返し問いかけて深堀する必要があるかもしれません。


 


そうすると、自分の中にある普段は気が付かない「思い」や「こうあるべき」というものが出てきます。



そして、それを自分に許す(許可する)のです。


 


「まぁ、ええやん」
「そんなこともあるさ」ってところから始めるといいかもしれません。


 


できるなら、あえてそれを自分がやるのです。


めちゃくちゃ抵抗が出ると思いますよ。


 


例えば、人に頼ってばかりの人が嫌いな場合、


その人の何が嫌いなのか⇒すぐに人に頼ること


と分かったら自分も人に頼るのです。


 


普段なら、頑張って自分でやっちゃうことをあえて人に頼むのです


 


つまり「頼ることを許す(許可する)」


 


それが本当に嫌いな原因であるなら、めっちゃくちゃ抵抗が出ると思います。


 


頼ってもいいやんって思っている人は、そういう人を嫌いにならないので、それをすることに抵抗は起こりませんが、


頼る人が大っ嫌い!って人は、それをしようとすると自分の心に大きな抵抗を感じます。


 


ある意味、どれだけ大きな抵抗にあうか 


が、どれだけ自分を許していないかの目安になります。


 


ま、チャレンジですね。


 


可能性開花コースではそこもしっかりサポートします。


 


それができるようになったときに、コンフォートゾーンを一つ抜けることになるので、新たなステージに入るのを感じられるでしょう。


 


自分に許せるようになるにつれて、嫌いな人や嫌いな部分がどうでもよくなってきますよ。


それと同時に心が楽になるのを感じられることでしょう


 


参考までに


許しはあなたの可能性を拓くカギ


手放し許すことで広がる可能性