神開隆一

【第927号】シニアも活用するクラウドファンディング

2022/8/ 4配信


皆様


 


高齢社会の日本市場は、シニアマーケティングが主流になっています。


シニアマーケティングでの成功法則をお伝えいたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━


神開隆一のシニアマーケティングで事業を拡大できます。


【第927号】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━



配信停止ご希望の方はお手数ではございますが
https://resast.jp/page/ss/ZDRiNWZjNmE4Z
から解除をおねがいいたします。


 


このメールマガジンは、


・以前、まぐまぐでメルマガを購読していただきました方


・有限会社ティー・エム・シーが運営するWebサイトから登録された方


・弊社の主催するセミナーや、ビジネス交流会、展示会に参加された方


・神開隆一と名刺交換をされた方


に配信しています。


 


おはようございます。


神開隆一です。


 


今日も1分ほどお付き合いください。


 


22813_jingai


 


 


【第927号】シニアも活用するクラウドファンディング


 


 



週前半の暑さも
今日は曇り空で
少し和らぎましたね。



でも午後からは雨と雷の
天気予報ですので、
お出かけの際は
ご用心ください。



今日は、シニアも活用するクラウドファンディング
について、お話しさせていただきます。



これを読むことであなたは、
シニアになった方が起業するときに
資金調達の方法を学び参考にできるでしょう。



僕が言いたいことはズバリ…
第2の人生で活躍するには
クラウドファンディングで
資金調達するシニアが増えているのです。



そう考えるようになった背景は、
大手企業では役職定年というのが
あります。



役職定年とは、一定の年齢と職位に達した管理職を、
一律で役職から外すとともに
年収が激減する制度のことで、



1986年に施行された高年齢者雇用安定法で、
それまで55歳または57歳だった定年が
60歳に延長されたことがきっかけだったようです。



さらに最近では70歳まで定年
延長という企業もありますが
実態は給与3割あるいは半分以下になる方も
いらっしゃるみたいですね。



年収が激減し人生を左右する制度ですので、
ここは思い切って独立するシニアもいます。



独立するときの資金調達は
銀行ではなくクラウドファンディングを
活用するシニア世代も増えてきました。



商品の製作・販売、イベント開催、
出版や映画の製作、施設やスクール運営など、
「これを実現したい」と



役職定年で窓際族になりたくないシニアは
自分の生きがいを見つけることができます。



起業で成功できれば
何歳になっても自分の好きなことで
働くことができます。



重要なポイントは3つあります。



1、地域に貢献する



2、人脈の活用



3、使える助成金も学ぶ



結論としましては、
第2の人生で活躍するには
クラウドファンディングで
資金調達するシニアが増えているのです。



クラウドファンディングは
自分がやりたいことを
みんなが賛同して資金を出して
いただけるか?ということで
将来のビジネスの発展できる可能性を
見出すこともできるでしょう。



クラウドファンディングは
アイデア次第で
新しいビジネスを生み出すことができます。



アイデアノートを作って
ひらめいたアイデアをストックしておくと
将来役に立つかもしれませんね。








今日のメルマガどう思いましたか?



あなたの「ここがもっと詳しく知りたい!」
「起業したいけど何からすればいいの?」
というかたも、こちらから
お気軽にどうぞご相談ください。



お問い合わせ



*神開隆一が読ませていただいて、
返信させていただきます。



このメール講座が役に立つと
感じていただけましたら
ブログ、FACEBOOKやTWITTERなどで
ご紹介いただけますとうれしいです。


============================== ==========
神開のシニアマーケティングコラム
https://tmcg.org/column/


神開のゼロから1億円を生み出す方法
https://jline.info/


新規創業応援プログラム
初期費用0円成果報酬型広告OAP
https://goo.gl/ut2md2


============================== =========



 


 


 


 



  

 


 



 


 


 


 


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。