恵りょう子(メグミリョウコ)

子供を産まないという選択。

2022/8/ 1配信



皆様


 


こんばんは(^-^)


男女関係修復士


性格美人研究家


メンタルケア心理士の


恵りょう子(メグミリョウコ)です。


 


 


週末、久しぶりに、


深作欣二監督の映画を見ておりましたら、


まだ、ちょい役だった、


柴咲コウさんとか、


栗山千明さんとか、


勝池涼さんとか、


塚本高史さんとか、


若かりし頃の山本太郎さんなんかも出ていて、


なんだか、皆、若くて可愛くて、


こんな若い時から、


頑張ってた人達だったんだな〜と、


ホッコリしつつ、感心しつつ。


 


 


多分、このキャストをみて、


深作監督の作品となると、


「あ〜、あの映画か・・・」


と、ピンとくる人もいるかもしれませんが、


 


 


結構、2000年当時、


中学生同士が殺し合うという設定は、


かなり、ショッキングなお話でした。


高見広春さんの小説が原作でした。


 


 


恵、当時、23歳くらいだったと思うんですけど、


ある男の子から、「映画にいかない?」と誘われて、


「いいよ」とOKしたら、この映画だったんですよね(・_・;


 


 


初デートで中学生の殺し合いの映画を見るデート。


 


 


彼の心の闇を感じましたけどね(・_・;


 


 


心の闇なんて、


誰しもが持っているものだとは思うんだけど、


相手にソレを感じたら、


その直感は、大抵当たっています。


 


 


直感は信じた方がいいよね、と、


今でも、心底思います。


 


 


ーーーーーーー


 


では、今日の


愛する人とのパートナーシップ力を鍛える秘密の勉強


スタートです♪






=======================


【永久無料メルマガ講座】


愛する人とのパートナーシップ力を鍛える秘密の勉強


=======================



【1】お知らせ


【2】コラム


【3】美人の教室教訓

【4】男女関係修復心理学


=======================


 


【1】お知らせ


現在、ご案内中のお知らせはありません


 




==============


【2】子供を産まないという選択。


==============


 


 


最近は、女性の中にも、


「子供を産まない」という選択肢を、


お持ちの方も多いと思います。


 


 


恵自身、今年で44歳になりますが、


過去に色々あったおかげ(割愛)で、


現在、子供はいません。


 


 


数年前までは、


意識はしていましたが、


最近では、「いなくてもいいかな」とさえ、


思ったりしています。


 


 


親子関係が希薄な女性の多くが、


「子供いらないかな」と、


思う方も多いのは否めません。


 


 


子供を絶対に産まないといけないワケでもないしね。


 


 


子供を産まない女性は、


「負け組」なんていう、


子なしハラスメントなんかも、


結構、多いようです。


 


 


恵自身も、


「子供いないのはかわいそうですね」


と実際、言われた事もありますしね。


 


 


子供がいるから良い。


子供がいないから悪い。


子供がいるから幸せ。


子供がいないから不幸。


 


 


そんな考えは、差別ですね。


あまり、褒められたもんではありません。


 


 


女性は妊娠の機能が、


生まれつき体に備わっている方も多いので、


子供=産まなければならない


という考え方に陥りがちですが、


実際は、そんな事はありません。


 


 


「欲しい人は産めばいい」


ただ、それだけの事なのです。


 


 


子供を産まない理由は、


個人差があります。


 


 


・なかなか出来ない


・産めない病気を持っている


・出来たけど周囲に望まれない


・欲しくない


 


 


いろんな理由があると思いますが、


要は「自分の人生を自分で幸福」に出来さえすれば、


子供がいようが、いまいが、


ソレは、関係ありません。


 


 


子供がいても不幸だって、


思っている方もいれば、


子供がいない事に不幸だと、


思っている方もいて。


 


 


子供がいる事に幸福を感じている人もいれば、


子供がいない事に幸福を感じている人もいる。


 


 


要は、


 


 


皆様が、


幸福ならそれでいいんです。


 


 


自分の選択肢に、


自信を持って、


前に進んでください。


 


 


ーー【今日のつぶやき】ーー


 


子供欲しいなら、産みんしゃい。


子供いらないなら、人生楽しみんしゃい。


 


ーーーーーーーーーーーーー


 


 


では、本日も、





恵のメルマガを読んでくださって、


ありがとうございました。


また、書きます♪


 

===============


 


【3】美人の教室教訓!!


 


いつだって、何歳からだって
皆様は彼から心から愛される人になります。



皆様と彼の愛のいっぱい詰まった未来を
いつも応援しています。



==================


 




【4】男女関係修復心理学


 


それは、


悪化した男女関係を


出会った頃のような愛を感じられる関係に戻していく心理学。


人生最後の日に「彼と出会えてよかったな。」と心から思いたい。


そんな人生をかけた壮大な夢を叶えませんか?



=================


 


【5】メルマガを初めて始める方へ


 



美人の教室では、


男女関係修復心理学学という、


男女関係を修復するために必要な心理学を


日々、お伝えしています。



  • メルマガ

  • メール講座


無料のコンテツンツで十分です。


基本的には、無料コンテンツでお勉強していただければ、


彼との関係を修復に導ける内容になっていますので、


無料コンテンツをお試しくださいm(_ _)m


 


=================


 



皆様
最後まで読んでくださってありがとうございます。
私はいつも、皆様を応援しています。


愛する人とのパートナーシップを鍛える秘密の勉強


男女関係修復士 恵りょう子


 




==============

もし男女関係修復心理学が


皆様の大切なお友達の


お役にたてそうでしたら、


こちらのURLをお知らせいただけると嬉しいです。


お力になれると思います。


↓ ↓ ↓


愛する人とのパートナーシップ力を鍛える秘密の勉強URL
https://www.reservestock.jp/subscribe/32630






す。


 



【恵 りょう子】


1978年 長崎県 母子家庭に生まれ親戚の家で育つ
1993年 乳腺の繊維腺腫の手術を受ける
1996年 結婚・妊娠・流産・離婚を経験
1997年 福岡の繁華街中洲でホステスとして勤務
同年   人工中絶を経験
2001年〜2012年
水商売をしながら、
恋愛サイトのメールカウンセラーとして勤務
年間1000通以上をカウンセリング
2012年 2度目の結婚を機に退職、東京に移住、3度目の妊娠・2度目流産を経験
2013年 認知療法・NLP・アドラー心理学を勉強する
2014年 認知療法・NLP・アドラー心理学のテクニック、自己の経験を元に『最良のパートナーシップを築くには、愛するココロを育てる』をテーマに、独自のカウンセリングプログラム・メンタルトレーニングプログラムを編み出し普及活動を開始。


 


 


*このメルマガは、著作権法で守られています。


男女関係修復心理学を必要となさっている方であれば、


文面のシェアなど、していただいて構いませんが、


悪用目的、商用目的(メディア等)の為のシェアを


無断で行う事は、固くお断りをいたしております。


 


 


メルマガ配信者


男女関係修復心理学「美人の教室」


恵 りょう子


 



 


 


 


 


 


 


 


 



  

 


 



 


 


 


 


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。