藤原 恵津子

タイプによるストレス反応の違い

2022/7/14配信



  • 7402_昼景1


皆様 こんにちは
可能性開花トレーナー藤原恵津子です。


 


6865_藤原恵津子写真


今日は久しぶりにソーシャルスタイルをもとにした記事を書こうと思います。



ソーシャルスタイルについては下記の過去記事をご覧くださいね。



また無料診断も各ページにありますので、やってみると面白いと思います。


 


あなたはどんな人だと思われているのでしょう1


あなたはどんな人だと思われているのでしょう2


オオカミ(ドライバ)


ウサギ(エクスプレッシブ)


ヒツジ(エミアブル)


カメ(アナリティカル)


 



今日はそれぞれのタイプ別ストレス反応をお伝えします。


ストレスを感じているとき、自分や相手のタイプを理解して、どのような状態なのかを見極められると、より良い人間関係の構築に役立つでしょう。


 


下に続く↓






イベント・セミナーのご案内






もっとお仕事を展開したい、

楽しく自分らしく生きたい人



 


可能性開花コースのエッセンスを1日で
8/11

 

〇ビジョン化ティールーム
毎月第2月曜日開催



 

あなたはもっと輝ける!



 

 

カサンドラ症候群自助会





※現在、1Dayセミナーとワクワクビジョン実現セミナーは、ご希望者様のご都合に合わせて開催させていただいています。

 

ご希望の方は、こちらよりご一報いただけますようお願いいたします。










上からの続き↓


 









〇オオカミさん


オオカミさんがストレスを感じると、独裁的になります。



具体的には、


支配的、独裁的になる
命令口調で伝える
権威をふりかざす
相手に余計なプレッシャーをかける



順位を意識し、上位にいたいオオカミさんは、自信がなくなるとストレスを感じます。


結果、権威を振りかざし、支配的な態度をとり、命令口調になるのです。


 


地雷を踏みがちなのは「ヒツジ」


怖さのあまりもたもたした自信なさげな態度をとることで、餌食になってしまうこともありますので、こういう時こそ毅然とした態度を保つように。


 


 



〇ウサギさん
普段は明るく社交的なウサギさんですが、
一旦ストレスがかかると感情的になり、攻撃的になります。



具体的には


感情的に怒りをぶつける
相手の欠点を責める
相手を精神的に追い込み批判する
相手への口調が攻撃的になる



特に相手の欠点を集中的に攻めて、精神的に傷つけようとしてきます。


地雷を踏みがちなのは「カメ」


上記のようになっているウサギさんに、冷静に相手の問題を論理的に指摘してしまいがち。


これは、火に油を注ぐことになるので、絶対に避けましょう。


 


 


〇ヒツジさん


ヒツジさんがストレスを感じると追従します。


なぜなら波風を立てたくないからです。




具体的には


全体の空気を読み取り、相手に譲る
嫌だと思った仕事でも引き受ける
相手の主張が強い場合、反論しなくなり黙りこむ
表情がなくなる



周りにいるヒツジさんがこの状態になったら、一歩引き下がってみましょう。



地雷を踏みがちなのは「オオカミ」


といっても地雷を踏んだことにも気づかないかもしれません。


こちらから進んで意見を聞くなど、歩み寄る態度は大事です。


 


 


〇カメさん


がストレスを感じると回避しようとします。




具体的には


問題の相手から遠ざかる
無視、見ない振りをする
態度、感情を表に出さなくなる
黙りこむ



カメは面倒な事や聞き分けのない人を説得しようとは思いません。


なるべく問題の人を避けて行動します。


諦めて当たり障りのない程度にコミュニケーションをして、関係を持たないようにする傾向があります。



地雷を踏みがちなのは「ウサギ」


相手の世界に無理に踏み込もうとせず、相手のペースに合わせ、信頼して放っておくのも時には必要です。


 


久しぶりにソーシャルスタイルに関しての記事を書きましたが、まだまだいろいろあるのでおいおい伝えていきますね。