片岡ジョージ

「答えのない世界で」ジョージのつぶやき便No20

2022/7/ 5配信


皆様、どもー!
片岡ジョージです('ω')ノ


 


39日ぶりのこんにちはです。


いやはや最近暑いですねぇ。


7月になりましたが6月からすでに8月のようで。


こんな投稿も見かけました(笑)



異常気象という言葉も慣れてきて


異常が通常というか


通常がズレてきているというか。


 


そろそろ本当に


今までの常識が通用しない


新しい時代に入ってきている


自覚が必要ですな。


 


さてさて、先にお知らせをいくつか。


メルマガの頻度がアレなので、婚活ぱーちーもSNS募集がいつも先になってしまって(笑)


今回はメルマガで先に募集するよ♪


(といって、僕ちんの最新情報一覧ページにはもう1週間ぐらいひっそり置いてあるけどね)


8/6 少人数婚活ぱーちー「婚活は概念」第4回 in 東戸塚



なにやら主催者がお友達に画像を描いていただいたようで(*ノωノ)


1組増やしグループトークを減らし、一人一人と話せる時間を設けました^^


リピーターの方もお気軽にどぞ~ん♪


 


男性用


https://resast.jp/events/722998


 


女性用


https://resast.jp/events/723001


 


 


人間関係虎の穴!七夕スペシャルやるよ~ん



 


生きてりゃ色々あ~る~け~れ~ど~♪(椎名林檎 ジユーダム)


ってな。


ドラマによってドラマに絡めとられるのではなく、ドラマから垂直を見出す。


それこそが本質的なスピリチュアルな生き方というものでしょう。


産まれてから刻一刻と死に向かって歩みつづけるなかで、誰にも止められない寿命という方向性とは逆に命の中に滲み出し、増していく奥の響き。


それにはやはりこの世界では相手という対象が強烈に、鮮烈に、自分の盲点を照らしてくれる。


これは、真摯に通じ合いたいと願う二人の男女の物語…(キリッ


 


 https://resast.jp/events/721794


 



前回やった特別版おとなの虎の穴は録画販売中です(*ノωノ)



詳細はこちら
https://resast.jp/stores/article/501/52655



 


通常版虎の穴は都度、SNS等で開催日を告知しま~す('ω')ノ


政治の質問が来ているので、次回はそういう話になるかーも。


過去アーカイブは残ってますので観てない方はどぞ。



https://www.youtube.com/playlist?list=PLg8ghJjdq4vGqxG8PlZbLuCUjp-2ecw1q


 


 


コロナ漫談じゃないお話会×2


 



7/16 静岡お話会


自分を知ればコニュニケーションはシンプルになる


~ややこしい世の中をシンプルに生きる秘訣~



 



【申し込み方法】 お申し込みは、お名前・人数・お電話番号を明記の上


下記のLINEかメールアドレスにご連絡ください。


お問合せはお気軽にどうぞ!


white sky ID: ann1007jeff


mail: ninninantan0210@icloud.com


 


~ジョージより~


いままでのコロナ劇場ツッコミ漫談という感じではないです('ω')ノ


爆笑系というよりは、フフっとした笑いや、考えさせられることなどが


多いのではないかと。


 


だれかに面白い話してもらって、あー楽しかった!で終わりではなく、


日常の中で自分の感性で、あー面白い♪を増やしていく。


それこそが必要なことだと思いません?(*‘∀‘)


 


 



 8/27 福島県お話会


「加速する狂気の世界と平和な私。おかしな世界とどう付き合う?」



 


 


2回目の福島です😘

今回はコロナ漫談ではなく、

コロナ禍を含め加速する狂気の世界との付き合い方

という視点で話してみたいと思います。

 

とりあえず勘違いされそうな「平和」というのは

何も起きない、何も感じない

ということではございませんぜ。

https://fb.me/e/1OuRmaSTS


 


と、まぁお知らせはそんなところですかね。


あ、そうそう。前回からはじめた聴くセッションは数件お申込みいただいて、実際にお逢いして、すごくいい時間でした(*ノωノ)


僕も楽しいのでお気軽に♪



https://resast.jp/inquiry/82075


 


ワンダフれ!プラネタリウマー★


 


あれ?そういえば前回のメルマガから時間たちすぎて忘れてたけど、紹介してなかった('ω')


前回のメルマガに掲載したいくつかの漫画はコロナは概念シリーズではなくプラネタリウマーシリーズです。


コロナは概念も気が向いたら描くけど、たぶん基本こっちルートになるんじゃないかな?


どちらも漫画サイトに投下してるのでご興味があればどぞ~ん。


(最近あんまり描いてないw)


 



・LINE漫画インディーズで読む

-コロナは概念


-ワンダフれ!プラネタリウマー★


 



・ジャンプルーキーで読む

-コロナは概念


-ワンダフれ!プラネタリウマー★



 


ま、消されてる作品もいくつかあるし、目にも優しいので良かったら本もよろすこ(*'ω'*)


 


コロナは概念☆プランデミック


https://www.amazon.co.jp/dp/4864719802/


続コロナは概念


https://resast.jp/stores/article/27646/48880


 


ドストエフスキー


最近ドストエフスキーのカラマーゾフの兄弟を読破しました(*'ω'*)


 


すげぇ分厚くて字も小さいし、知らん表現もたくさん!


何となく知ってるけど、実際どういう意味だ?という言葉なんかもちょいちょい調べながら読みました。慇懃無礼の「慇懃」とか「口さがない」人々、とか「男やもめ」とか色々ね。


 


1冊650ページぐらいあって、僕音読レベルのスピードで読むので最初1時半ぐらい読んで40ページぐらいしか進まなかったのですよ(笑)


 


こりゃあ数カ月かかるなぁと踏んでいたのですが、あれよあれよという間に惹き込まれてゆき、約2週間で上中下巻を読み切ってしまいました(驚)


 


元々ドストエフスキーって名前は聞いたことあるけど、音楽家?だれじゃいそれは?レベルで。「罪と罰」は知ってるけど、ああ、それドストエフスキー氏が書いたのね!レベルで。(罪と罰はペルソナってゲームのテーマになってたりで、なんとなく知ってはいた。)


 


ひょんなキッカケで読んでみようということになったのですが、内容は全然知らなくて。


 


とりあえずこの地球ランドでは思考力を養うことがとてつもなく大事だということで、カラマーゾフの兄弟は挫折するぐらい登場人物が多くて展開が複雑で物事をあらゆる角度から色々なキャラクターが話すので読むだけでも思考力と感性を養われるからと、トレーニング的な感じで読み始めたのですよ。


 


それがもう、途中からぐいぐり惹き込まれてゆきました。


上巻の後半部分「大審問官」という主人公の兄の作り話を聞くシーンがあるのですが、これがもう唸ります。その視点でそこまで深く考察するとは!という感嘆と衝撃。


簡単に言うと聖書から諸々引用した話なのですが悪魔の打診を断って「自由」とかいう人間には扱いきれないもん与えやがって!お前が俺たちを信用したばかりにその結果がこれだよ!みたいに、キリストに喧嘩売るんですよ(笑)


この大審問官はカラマーゾフの兄弟の中でもとびきり有名なシーンらしいです。


 


僕がここでどんなに言葉を並べてもチープになってしまうぐらい語り尽くせない興味深さがあります。これはやはり読んだ人にしかわかりません。


 


しかし全編を通して、ねちっこく回りくどく、遠回りに遠回りを重ねて、迂回に次ぐ迂回をして語られる本題みたいなところがあり、精神力が試されます(笑)


 


それでも頭の中がとっ散らかってる井戸端会議中のおばちゃまの無駄話を一言一句的確に描写するような表現力には脱帽でしたwww


 


めんどくさいんだけど、それがもう、リアリティを醸すんですよね。


読み終わってしまえばそれも味の一つなのだけど、これもやはり読んでみないとわかりませんw


 


そして色々な伏線や事件や心情やあれやこれやが下巻のラストシーンで集結するわけですが、緻密な心情描写が天才的で、人間という生き物への理解が共感を伴って深まることは間違いありません。大枠のストーリー展開にミステリー要素もからみつつ、表面的にはうかがい知れない人の秘めたる想いとか、思い込みの激しさとか、人間の高潔さと愚かさを同時に深くまで書いてみせる手腕は、まさに世界文学の最高傑作と謳われるにふさわしい作品だと思いました。


 


ハリーポッターシリーズは子供のころに本で読みましたが、そういうドキドキハラハラ大冒険の出来事の部分のストーリーの面白さというよりも、やはり面白いの種類が違くて、もちろんどうなっていくのか?というドキドキ感はあるのですが、人間の奇行の根っこを語るような、面白い!というより興味深い!が近いです。もちろん面白いのですけど。


 


これは完全な個人の感想ですがラストシーンでは色々な思想を持った偏屈な人間よりも、自分を確立していない、もっともらしい話に流される愚劣な民衆ほど気持ち悪いものは無いなぁとしみじみ思いました(笑)


(特にそこが緻密に書かれているわけではありませんw)


 


そして、どんなにもっともらしく話をしても、そこにその人が信じたいストーリーが乗って、確証のないことがさも確証があるかのように話をして、本人も、聴き手も、一緒になってドラマの中に嵌っていく。そんな姿もありありと描写されていましたよ。


 


今は選挙が盛り上がっていますけれど、誰かを応援し、期待し、情熱の火が燃え盛っている人々にこそ、読んてみてほしいものです。


 


ただ、前書きで語られたような主人公の曖昧さはさほど感じられず、主人公と呼ぶのもどうかな?というような程度で終わっており、どういうことなのだろう?と思っていたら、本来2部構成で、2部では20年後の世界を書くつもりのままドストエフスキーが他界したそうで、一応未完の作品ということになっているそうです。


 


訳者あとがきにもありましたが、これで完結しても全く問題ないほどに作りこまれているし、違和感もありません。あとは想像にお任せ、でも十分だと思います。


 


もちろん読んでいて思考は使うのですが、この思考を使うための感性が育ってくるのは間違いないですね。今後、この作品と出逢って育まれた感性が、自分の人生の場面場面で、間違いなく生きてくると思います。沈思黙考するときに、そっと言葉なく寄り添ってくれる。そんな感覚。


 


世の中にはドラマや映画や漫画やアニメや舞台や色々と人生を疑似体験するようなものは溢れておりますが、そんじょそこらの人生劇では体験できないものがそこにはありました。


 


少しでも興味のある方はぜひ('ω')ノ


と、オススメしておきます。


 


で、今度はもう「罪と罰」に入ったのですが(笑)



更に字が小さい…。。。たぶん、ちょっと古いんだろうな。


カラマーゾフの兄弟の時は、下まで読んで上に上がり次の行を読もうとして同じ行を読むということはほとんどなかったのに、序盤から何度かやっています(汗)


 


さらに、数ページしか読んでないのに訳者重要だなと実感しました。 


そこは漢字使えよ!というところが何故かひらがなで書かれているので、上手く頭に入ってこなくて、戻って、ひらがなの羅列を分解して、理解するという事態が発生(爆)


たとえば「いま」「がまん」という字がひらがなで続けて書かれて、他のひらがなと混ざると、超読みにくんですよ(´;ω;`)


 


とりあえずカラマーゾフの兄弟の原さんはすごくよかったと思います。


 


しばらくは色々読んでみたい作品があるので、文学青年すると思いますw


 


ただ、7/22に半年ぐらい前に予約したLIVE A LIVEというスーパーファミコンのリメイクゲームがあるので、超久しぶりにゲーム青年にもなる予定です(笑)


 


いや、もう青年って年じゃねぇか。。。(; ・`д・´)


おっさんだな(笑)


 


で、一般文学を満足するまで読みまくったら、思考を使えないと絶対に読めないというシュタイナーを読むと決めております(*‘∀‘)


(読めないというのは文字ずらをただ読み進めることを言うのではないよ。本質的な理解と共に読めないということです。偏った、自分なりの読み方になってしまうということですな。)


 


あ、そういえばタイトルの「答えのない世界で」っちゅーのは、本を読んでいてすごく感じたことなんですよ。


 


あらゆる人のあらゆる思想や立場や損得があって、どうするのが自分にとって、世界にとって最もよいのか?自分の幸せとみんなの幸せ。こういうことは絶対に答えなんてないんですよね。


 


政治に関しても立候補者はみな「自分の理想」を持っているわけです。


自分の思い描いた自分の世界を推し進めるわけです。


たとえそればみんなの幸せに繋がると信じていても、絶対に「枠」からはみ出る人がいるんです。じゃあその枠を拡げればいいのか?いいえ、すると枠の中に入れられることが苦痛になる人が出て来るかもしれません。じゃあ、枠は作りつつ、枠の外でもの自由も保証していくとしてましょう。すると、枠を全員に適応しないと平安が崩れると不満を漏らす人が現れ、いやいや、枠なんてそもそも無い方がいいんだと主張する人たちが現れました。


 


社会というのはそもそもこういうものです。


 


私の利益は誰かの不利益かもしれません。


 


そんな関係性の世界で、どう生きていくのか?


 


本当に仕組みが整えばみんなが幸せになると思いますか?


 


誰かに答えを求めるのではなく、わたしはどう思うのか?


わたしはどう生きるのか?わたしはどういう意見を持っているのか?


 


その上で、どう関わっていくのか?


 


ここにこれという正解、答えはないでしょう。


 


それでも、わたしたちはこの時代を生きていく。


葛藤し、悩み、ぶつかり、苦悩する中で、見つけていく表面の世界の奥。


 


それぞれの人が、それぞれのステージで深めてゆきませう( ˘ω˘)スヤァ


 


漫画コーナー


前回が、コロナ王とサルがバトンタッチしたところまでだったのでその続きですね。


 


No396

「みんな死ぬ」

 


みないつか死ぬので絶望しよう♪ってな。


 


たとえ明日死ぬとして、今を棒に振る必要がありますか?って話よ。


 


No397

「新文化誕生」

 


 外で暑くなってもパンイチにならないのと同じ感覚なんだろね。


 


No398

「危機意識の差」

 

 


見えない人に言っても無駄!危機感が足りないからね。そんな人に自身の安全を任せてはおけません!


 


No399

「木を見て森を見ず」

 


 ルールに守られすぎると生命感覚が鈍る。よく青信号になったら渡ることだけ指導してるお母さま見かけるけど、それじゃ片手落ちなんよな👀


 


No400「なにどころ」



やりたいことをやらずに人生を終える為に今できること☺️✨


 


拾い画コーナー


 
◆ニュースはお笑い番組?






生気が失われておるよ…(笑)


てか俺には「僕の鼻はクッキーなんだ」って取り外せる鼻のゴリケルジャクソンにみえたし



ごっつええかんじのMR.BETTERだって仰る方もいましたが、確かにそのまま(笑)



 


◆自殺志願者現るwww



息通らんやろwww


 


◆もうね、犬に託すしかないってな(笑)



 


◆ウンコ?



 


◆NHKに巨大ブーメラン



 


◆大胆な訪問



 


◆異世界の設定が現実に滲み出てきてしまった瞬間



 


 


 


◆天才的な変態



 


◆エクスプローラー…もうほとんど使われなくなっちゃったね。



 


◆有名人の特別な言葉かと思ったら、すげー普通。



 


◆リアル安西先生現る(スラムダンク知っている人に限る)



 


◆見比べてみてください





動画は貼れないのでリンクで。

◆限界に挑戦した漢の物語
https://www.facebook.com/100000412699179/videos/1162973721156710/


◆ヤーッ!!!


https://www.facebook.com/100000412699179/videos/1515162922267907/


 


◆twitter住人の素晴らしさ


https://www.facebook.com/100000412699179/posts/pfbid0299k8heV35H3bj7HSA1o1kzKxfgkCxjbbFKN1yZYeDDS9vrGV7oAngsUcoERXPsGgl/?d=n


 


 


つぶやきまとめコーナー


最近twitterの文字制限に合わせてつぶやくのをやめたので、超長いです(笑)


暇な時のお供にでもどうぞw


 





「日本を○○!」




さて、日本ってナンダ?




地理的な場所?文化?民族?言語?歴史?生活の営み?政治?外交?国?感性?



日本という確固たる物があるみたいだけど、一度たりともその全容が把握されたことはなくて、決まったこともない。




「前の日本は」「今の日本は」




例えば日本人の身体の使い方や感性は随分と変化を遂げただろうと思いますが、やはり日本人という人がいるわけでもありません。集合意識的なところを指し示しているのでしょうかね。




兎角、曖昧な概念を言葉で表す時、必ずある側面から特定の範囲で限定的に表すことをしているわけで、それはそれそのものではないんですよね。




なんだけど、その概念的なものがさもリアルにここにあるかのように錯覚して、その錯覚をみんなで合意して、それぞれちょっとずつ認識もズレつつなんとなく運行されているとても曖昧な世界。




そんな世界でそれぞれが、自分の理想の世界を求めて右往左往。



この方法ならうまくいくんじゃないだろうか!




で、うまくいくってなに?


自分の理想の状況になったとき?


自分が満足する仕組みができたり?




「日本のあるべき姿」だって

みなそれぞれ違うでしょう。




とあるルールが制定されて、喜ぶ人もいれば嫌がる人もいるでしょう。




喜ぶ人が多ければ成功ですか?


そして自分がその喜ぶうちの一人であることをそれぞれが願っている。




なんとも排他的な感じがしてきます。




全員が幸せになれるルールはありません。絶対に。
ルールに幸せを預けているうちはね。




自分の思い通りにコントロールして政治を動かしたとして、それは自分の正しさを振りかざす立場の「私」に、自分の思い通りにコントロールしたい本人なりの正しさを持った相手が負けただけです。




結局、欲と欲のぶつかり合い。


理想と理想のぶつかり合い。




政治がこの域を出ることはない。




だからといって、政治に手を出すなとは僕はいいません。

やりたい人はやったらいい。だけど、僕は興味がない。




理想という今この瞬間からかけ離れた架空の世界なんかに興味はない。




僕の世界に矛盾や不条理ともが現れるなら味わうまで。それらとまるっと出逢うスペースがある。




人間を進化に向かわせるこんなに完璧なシステム、運行。美しさすら感じる。




日々深みが増し続ける人間としてこの地球に生きる面白さ。未知はワンダフル✨呼吸、脈、動き、命はどこからきたの?ああ!まだまだ出逢いたいものがたくさんある!深く出逢っていきたい人がいる。




よくわからん概念に絡め取られてる暇なんてないわいw




どうしてそんなに未来に信頼がないの?




どうして理想通りにならないと不幸になっちゃうの?




どうして何かしなくちゃ大変なことになると騙されてるの?




はい、深呼吸して、身体を感じて、空をみて。




はい、なーんにもしなくても、とりあえず生きてるね♪空気は吸えるし、吐けるし、脈は動いているし、身体の自由もきく。ものが食べられる。食べたものが消化されて排出される!それを受け入れてくれるスペースがある!わお!




税金が上がったら数秒で死ぬの?雑魚なの?収入増えるかもよ?未来は未確定なんだからどうなるかなんてわからんのだよ。何かしてもしなくても日々は流れてゆく。




あらゆるサポートによって生かされてんだわさ。




何が不満なの??




もったいないよ😂💕




/


 




 

片岡ひろ子===

「悪魔ってね、いかにも悪そうな感じじゃないんだよ。



すごく魅力的で、美しくって、正しそうで、エキサイティングで、凄そうで、人道的な振りをして、私たちの欲望を駆り立てるの。




多くの人が勘違いしている。




人を殺したり食べたりして、いかにも悪そうなのはスケープゴートだよ。




悪魔ってこんな感じだよー😈



って先入観を植え付けてる。




さすが悪魔、上手いよなぁw




本当の悪魔は、大概 天使や女神、豊かさや才能溢れる素晴らしい存在のようにして近付いてくる。




そして私たちをそそのかして、内なる神性から引き離していくのです。」



=====



去年の投稿だけど、上がってきたので☺️




「行動することがすべて」みたいな風潮を強く感じるけれど、静かであれば感じられたであろう違和感やざわつきを、その行動が掻き消してしまうことって往々にしてあるよね。




自他ともに騒いでおけば、内側にあるものを見て見ぬふり出来るし誤魔化せる。



けどどこかに背景音のように不安が鳴っていて、もっと頑張らないと!今頑張れば将来安心!将来のために!と、行動が増えていく。




きっとその時、本人の表層意識に不安はない。誰かに指摘されても気が付けないほど同化しているから。




なんなら明るくポジティブに頑張っている自分を誇っているぐらいだろう。




世の中は外側を変えることが平和だと刷り込まれて、昔から映画でも漫画でもアニメでもドラマでも戦うことを良しと教え込んできてる。




戦って、勝ち取って、幸せになりましたストーリーに慣れ過ぎてる。




外側に向ける注意と同じぐらいを、内側にも向けられると、望みをストレートに生きやすくなる。




誰かにそそのかされたストーリーのゴールへの道じゃなくて、自分から始まる行動完結の豊かさが、この瞬間から現れる。




戦いたい!勝ち取りたい!が、集合意識としてまだまだ強いので、ちゃんと意識しないと、すぐ引っ張られるよ😘




ま、引っ張られたとして、学びがあるだけだから、好きにやったらいいのだけどね♪



この言語化が、気づきかけている人の何か助けになればと😉





 


/





SNSってソシャゲと一緒で、たまにもういいかな〜とお腹いっぱい感がくる。



別に、求めてないな、これ。
みたいな感覚。




そういう時ほど、他人の主義主張や粗が目立って見えて、つぶやくような内容はやってくるけど、基本、そっ閉じで呟いたりしない。




何かにそそのかされてる感覚がわかるから。




この感覚をキャッチする感性を磨かないと人間は反応機械に成り果てるのだなと思ったりする。




感性を磨くというのもニュアンスが正確な表現ではなくて、ただただ気づいて観てる感覚に近い。




内側に無駄なものが広がっていて、やかましく、スペースが無いと、その気づきというか

繊細な違和感を受け取る場が無い。




来ているのだけど、受け取れない。


だから本人にとっては無いのと同じ。




ポテンシャル(潜在能力)も潜在させたままでは無いのと一緒でしょ。




一人一人が命を貰った源泉から本当の個性、表現を託されていて、それは常に豊かに流れてきているのだけれど、静かでないと受け取れない🥺...




でね、反応機械というのは、この源泉からやってきたものを表現するのではなく、生きる上で身に付けた国や時代や場所、つまり環境によって異なる価値観、正しさ、常識の類いに照らし合わせて生まれるジャッジのようなもの。




これが常に頭を占領していて、あれはいい、あれは悪い、あれはすごくいい、あれはすごく悪い、と働き続けてる。




正さないといられない症候群がいい例ですね。




たとえば「太陽は西から登る!」と主張する人がいたとして、そういう主張をする人がこの世界に居ることを受け入れて放っておけるかどうかは大事なポイントです。



「馬鹿なの?東から登るんですけど。」とコメントしたとして、例えそれが客観的事実に基づいていたとしても「お前の目はどこについてんだ?西から登ってんだろ。このサイトにもこうやって書いてあってうんぬんかんぬん。」と散々ファイトした結果、お互いに「頭イカれたやつだったわ。」と言ってブロックし合ったりする。




これが巧妙になると、自分が勝てると踏んで最初から持論をぶつけないで「どうしてそう思うのですか?」と最初から答えありきの議論する気マンマンのにおいぷんぷんで下手に出たりする(笑




そもそも、西から登ると主張する人を放っておけない。「変えたい」「分からせたい」みたいなエネルギーや「俺の方が分かってる。俺の方が上。」みたいな感覚に飢えている人たちが、それを満たすためのコメントで、本当にコミュニケーションしたいわけじゃないであろうことは、星の数ほどあるんじゃないでしょか👀




だからね、コミュニケーションのふりして、コミュニケーションとして成立してないんですよ。




言ってしまえば負の連鎖😂




西から登るマンと東から登るマンがぶつかった結果残ったものを客観的に眺めてみるといいですね。




あ、ちなみに東から登るのが当たり前、というのは地球の感覚で、宇宙視点だとどこから登るとかないですよね〜wとかいって🛸




じぁあ間違ってることを指摘しちゃいけないのか?って言ったら全然そんなことなくて、結局はその言動がどこから生まれてくるかなんですよ。それによってバイブレーション、

波動が変わってくる。受ける印象が全く変わる。




事実の指摘が純粋な形で現れることが、とっても少ないんだということです。




その指摘によって、わたしやあなたの価値の変動が起きたりするのは変なんですよ。




ああ、そう!敬意だ。



相手に敬意を払っているかどうかが如実に現れるんだ。




勝ち負けじゃない、成否じゃない、相手への敬意。




相手に敬意を払うからこそ、相手の持ち物を大切に出来るし、放っておける。触れるならとことん丁寧に、自分への敬意も忘れずにコミュニケーションが出来るようになる。




自他への敬意を払えると、嫌味を含まないNOが言えるようになる。




でも、敬意は無自覚な場所に生まれない。




自分の中の騒音が鳴り止んで、意識がハッキリしている時にこそ扱える意図の一つ。本来の人間としての美しさの表現の一つ。




意見の相違は問題では無く、人と深く通じ合うっていうのはそこに大きなヒントがあるんだなぁ💕




あ〜言語化してたら点が繋がった〜☺️

と勝手な自己満投稿でした😂💕





 


/





皮肉系の漫画だけど嫌味を込めないし、誰かを変えようととしたり、納得させるために描くわけじゃない。




ただ単に、面白いね、興味深いね、バカみたいだね、というニュアンスで、バカにしてるのは本人じゃなくて行動だったり思考パターンだったり、本人とは別に取り憑いてるものが対象なのよね。




これがなかなか絶妙に難しいラインで、これ描かれたら嫌だろうな、は分かるんだけど、その嫌がってるソイツはその人じゃなくて憑き物。




漫画を観て、ムカついたり否定的になったりする人がいるのもわかる。




でも大筋として、そういう人たちの為に描いてるわけじゃない。




じゃあなんで描くのって言ったらやっぱり単純に描きたいから。




なんかこれ面白い☺️✨って思ったことの表現。




結構、漫画の内容が内容だから、攻撃的になってはいなかろうか?と自分を眺めて、狭間を漂う。




憑き物を題材に描くお前は憑き物に突き動かされているのではないのか?という、これまた興味深い視点。ここはすごく大事なところだと思う。




なんかもっと、誰にも刺さらないなんてことないナンセンスギャグ漫画とかの方が気楽だな〜と思ったりもするし、そういう漫画みると、こういうのええな〜とほのぼのする☺️




だけど、ちゃうのよね〜。




やってくるものが違うんだもの。




自分の憑き物を11年掛けて落とし続けている(もちろん今でも)ワチシならではの視点があって、自分に憑き物的な何かがやって来た時に違和感をキャッチ出来る様になってきたからこそ、嫌味を込めずに、皮肉を描けるようになってきたんだと思うの。




いつも狭間を漂いながら、正解を決めずに、不安定に生きる。不安定に生きられることこそが本当の安定だと思ったり。




うーむ、葛藤も仲良しで、なかなか素敵な生き方出来てるなぁと感じる今日この頃☺️✨



さらに忖度なしで描いていくかもしれません😂わからんけどな💕



 


/





到達したい領域があったとして、どんなに意気込んでも1日の内にできることは限られている。1日で本は出来ないし、芸事の上達も一朝一夕ではたかが知れている。




と同時にいつ終わりが来るとも知れないのが命なのだから何事も中途で終わって当たり前。




だから1日単位で完結しつつ、今日やりたいことは終わらせていく。悔いのない1日。
その連続がどこまで届くかはわからない。それが未知の面白さ。




結果は天のみぞ知ることなので、そんなことに執着しても現状に抵抗してもしょーがないし、無駄。




だから行動を瞬間完結させて生きる。




僕たちは結果を創る側ではなく、結果を味わう側。




結果のために生き始めると、ゴールが決まり、既知に絡め取られた小さな自分が設定した既知のゴールに向かうだけの味気ない毎日になってしまう。道の脇でそっと光を放つワンダーを見失う。




未知の世界を勝手に決めて勝手に絶望して萎縮してる。または、勝手決めた未来の絶望と戦う戦士を演じて自己が肥大してる。




どちらも側からみたら脳内劇場を楽しんでる役者さん。面白すぎるでしょ😂




現代は溢れんばかりの知識が足枷になっているから、知識を蓄えることには慎重にね。




知識を活用してると思ってたら、いつの間にか、知識が私たちを使ってるかも。




「それ、本当に?」




「で?」




はとっても役に立つマントラだよ😂💕





何かもっともらしい事や何か外からの唆しに乗りそうになったら「それ、本当に?」と <自分に> 問うてみてね。




これがこうなってしまう!と恐れが出てきたら、「で?」と自分に問うてみてね。どこまでも「で?」と追及していくと、問題と思っていた大きな出来事はほんの些細な自分のこだわりが発端かもしれない。




個人の脳内妄想が肥大して社会を作っていく世の中。




一人でも多くの人が、悪魔のささやきに気づいて、望みを生きられますように😘✨



お散歩休憩のおじさんより愛を込めて☺️💕



 


/





フレッシュネスバーガーでおばちゃん達十数人が会議しておって、あーでもないこーでもないと意見が飛び交ってなかなかまとまらない。




その延長、国民で何かを決めるとなった時、規模感とあらゆる思想が入り混じってまとまるわけないと思うのよね。




国民主権ってのは耳触りのいい幻想だと感じるワチシ👀



/


 





どんないい話も参考になる教えも、実際に生活に落とし込んでなんぼ。




口ではなんとでも言えるけど、端々から滲み出るものは隠せない。




僕たちが伝えてることは超がつくほどシンプル。故に、蔑ろにされやすい。




全ての根本に関わる基本の部分。




そこがぽっかり空いたまま、別のもので埋めようとするから小手先になるし、結果や方法にばかり目が移ろう。




必要なものは既に揃ってる。



 

過去でも未来でもない、ここに在る実感と共に生きることは、手放すこと。




その生き方は結果を追い求める生き方と共存出来ないので、結果を手放すとか手放さないとかいう話でもなくなる。




起こることを許す。




許せないという心の葛藤はつらいでしょう?それを生んでるのはなんだろう?ウザイ上司?旦那?支配層?笑




誰でもいいけど、外に見えてるそれは、ただのスイッチ。




そのスイッチを押すと、勝手に反応してしまうのだとしたら、本当に観察すべきはそこです。




スイッチを押した人を変えたところで、私にスイッチがあるのだから、また他の人が押したら同じことが起こります。




自分はそんな反応したくないのに反応してしまう!それ、不自由じゃありません?って話。




そういう反応を昇華させて、より自然体で生きていくと楽だよ〜ってね。




別に全員がそうならなければならない!なんてこれっぽっちも思いませんよ。




ただ、自分に巣食うものに気付いて削ぎ落とし、我を落として透明になっていく道、ポテンシャルを開いて備わっているものをちゃんと表現して還元していく道に興味がある人がいれば、参考になるかもねってことで。



 


/





ネット上って、出会っているような、出会ってないような、とても曖昧な空間。




出会ってるとも言い難いし、出会ってないとも言い難い。




リアルで出会うよりもより多くの人と触れ合うけれど、深まりにくい特殊な空間。



自分とは全くかけ離れた感性に出会ったり刺激に溢れている。




と、同時に自分の人生において実は重要ではない物事がクローズアップされて、さも重要かのようにやってきたりする。いわゆる情報であったり、誰かの意見であったり、想念が飛んできたりすることもある。




それは仕事上出会う上司や変えられない家族なんかとは違う薄い関係性。




SNSなんちゅーのは、ある意味娯楽の延長線上で、議論の場でも何でもないし、趣味趣向の合う方と繋がれたらちょっと面白いね。発した事で喜ぶ人がいたらよかったね。自分の盲点を発見出来たら興味深いね、程度だと思ってる。




まぁ、僕の漫画のようにお仕事に使える反面もあるのでしょうけど。



だから、選べばいい。




前までは僕もかなり真剣に、望まぬ事象そのものを受け入れるを頑張ってた時期があるのだけど、受け入れるというのは、好きになることでも、望まぬ状況を甘んじて受け入れることでもない。




ただ、起きていることというか、時間を超えた今の表現を受け入れるのであって、望まぬ事象からは出ればいい。




外的刺激によって起きてくる感覚は大事にしつつ、そこから生まれてくることを許す。



それはNOをも許すこと。




出会わないほうが、お互いのためだよね、という関係性はネット上には溢れてる。



だからブロックやミュートは活用したらいいと思うようになりました。




我の削ぎ落としに真剣だからこそ、嵌りやすい罠☺️見事に引っかかりましたわ(笑





最近出逢った「浩然乃氣(こうぜんのき)」という言葉。




自分に備わっているものと、世界の方から自分に流れてくるものが出逢い融合して生まれ出でるもの。奥と奥で通じる本当のコラボレーション。通じ、表現してゆくこと。



妻との関係や、社会との関係、漫画やその他の表現含めて、ずっとこれを突き詰めてきたなと感じています。




そして、ああ、道は間違ってなかったな、と深く納得しています。



きっと今後も、その道を極めてゆくと思います。




その過程に、新しい出逢いがあったり、漫画があったり、お話会があったり、生活があったり。




特に漫画に関しては、今大変不安定な位置にあって、浩然乃氣を深めてゆく中で、表現の仕方に関して整ってゆくのかなと見守っています。




皆様も、ネット上で教わった重要ではない事柄に大切な時間を奪われすぎず、教わった価値観でなく、備わっているもので社会と出逢い、通じ、表現をお楽しみくださいませ😘



/


 





視覚障害の方が杖をコツコツしながら歩いている。




目が見えなくて杖使って歩く人によっても、杖の使い方や歩き方が全然違うものだなぁといつも興味深く観察している。




今日の人は杖の使い方がダイナミックでちょっと不安定。車は来てないけどまだ赤信号で渡っていくなかなかのチャレンジャー。




普段自分が生きてる世界とは違うので、ふと、大変だなぁと思った。



しかし、彼の世界では、彼の人生ではそれが当たり前なのだから、大変という感覚はないかもしれない。




僕らは毎日掃除洗濯炊事をしているけれど、召使いに全部やってもらってる人からしたら大変だなぁと思われるかもしれないが、目の前のことを当たり前にやっているだけだ。




もし、この生活の諸々に関して大変さを感じるのであれば、現状に対して心理的抵抗をしている時なんだよね。




既にそうであるものを受け入れられない。大概はこれが苦しみの元。




自分の人生のことは自分専用。誰に起きたことでもなく、自分に起きていること。逃れようとしても無駄な抵抗だよ。だってすでにそうなのだから。




だから、こうがよかったとか何だとかいう現状と乖離した理想はスッパリ諦めて、ここからスタートする。




ここに大変さはない。


あるのはむしろ清々しさ?




現状は変わらなくても、在り方で世界が変わる。進んでいく方向が変わる。



何十年も背負ってきた重荷があるなら、そろそろ一旦おろして眺め直してみるのもいいかもしれませんね☺️




結局、今日の杖の人が現状に抵抗しているかどうかは話してもいなし分かりません😂



抵抗していれば、何で俺だけこんな目に...とか思って暗い生活してるでしょうし、抵抗してなければ、サッパリスッパリ楽しく生きてるんじゃないてしょかね。




結局、側からの大変ですねぇ、は自分との比較ってこったな😘




めでたしめでたし♪




 


/





向こう岸に渡りたい(目的)時にボートを使っていくのだけど、ボート(手段)は何でも好きなものを選べばいいんです。




色んなボートがあって、それぞれ色々な味わいがあり、違いがあり、安定感のあるものから、穴の空いたものまであるかもしれません。




その中から自分の感性で、これ、というボートが決まりました。ボートを漕いで河を渡ってゆきます。




他の人もみな、それぞれ色々なボートに乗って漕いでいます。



ふとすると、そこら中で、自分のボートが凄いとか、お前のボートはみすぼらしいとか、ボートの比較をしている人たちがいます。




とある人は、ボートを好きになり過ぎて陶酔し、向こう岸に着いたことにも気付かずに、折り返してボートを漕ぎ続けています。




その漕ぎっぷりたるや中々の腕前で、そのスピード、そのコントロールに見惚れた人達が集まってきて、教えを乞うて、みな、すごい勢いで、河を往復しています。




ふと、自分も気に入ったボートを自分のペースで楽しく漕いでいたら向こう岸に着きました。




しばらく漕いでいたし、楽しかったので多少の愛着はありますが、降りることにしました。




何故なら、そのボートはもう役目を果たしたからです。




このボートは、僕の人生においてはコロナの漫画でした。




普通の感覚だと、何かで上手くいった時、そこに自己を投影してアイデンティティにしたり、もっともっと!と執着したりするのかもしれません。




けど、お陰様で人生のドラマには絡め取られず、瞬間を楽しめています☺️✨




本当にありがたい限り。




それでもまだまだ深めていきたい領域があって、まだまだ表現したい事があって、、、その為には得たものは手放す♪




手を離さないと新しいものは掴めませんからね😘




皆さんも目的と手段が入れ替わりませぬよう、現状をよ〜く観察してみると新しい発見があるかもしれませんよ〜っと😉✨




(勘違いされそうだけど、別にコロナの漫画はもう描きませんという宣言ではないです😂)





 


 


 /


 





先はボートで目的と手段の話をしたわけですが、多くの人が目的を「達成する何か」だと勘違いしています。だから岸に着いたことに気がつけもしない。




目的とは進む方向性でしかなく、常に過程です。




遠くのどこかを見ているわけではないので、コツッと岸に当たったら降りて進んでゆくだけです。




それは岸に着いたとも言えるし、必要な経験をしてただ進んでいるだけとも言えます。一つの区切りはあるのかもしれません。




目的を自分の範囲の外に置き、未来のどこかの地点で達成する何かにすると、どんどんこんがらがります。




お金を稼ぐなんてのも、お金を稼いでどうしたいの?何を経験したいの?という観点からすれば、お金は手段でしかありません。言わば、みんながボートを持てる社会を!をみたいなことです。




みんなが平和に暮らせる社会を!ってのも、平和な社会で何をしたいの?何を経験したいの?って観点からすれば、目的の誤魔化しで、手段の多重構造になっています。



平和な社会が訪れたらやりたいこと今やれよって話です。




一般的に目的と思わされている何かは、未来のどこかの地点の理想に向かって走っているだけなのであって、どこまで走っても理想は理想のままです。たとえ一部が現実化されたとて、それは形の1表現に過ぎず、旅行に行って楽しかったねと何が違うのか疑問です。



何が言いたいかと言えば、ほとんど目的というものはすり替えられているということです。




たとえば年商1億という目的があったとして、それを達成する過程には色々あったでしょうが、それを達成したその瞬間はなんだというのでしょう?



1億を達成できたから次は2億!そしてみんなも夢を目的を達成できるためのサポートを始めるのでしょうか?




そもそもの目的だった1億は、なんの目的だったのでしょう?たぶん、目的の顔をした偽物です。




きっと中には目的を達して、燃え尽きて、あれ?と人生を振り返る人もいることでしょう。そういう意味では、偽物の目的が本来の目的に近づいたとも言えます。偽物が役目を果たした。




つまり向こう岸に着いたんです。




え?偽物の目的なのに向こう岸に着けるの?じゃあそれは目的だったんじゃん。



そう、経験する必要があったのでしょうね。ただ、違和感はいつも近くに居たはずで、こちらが意識を割いて上げなかっただけです。




岸に着いたことを、その手段によって必要な経験を終えた、とも言えます。



何も人生の終わりギリギリまで偽物に振り回されて、命の終わりギリギリになって気付くだけが人生じゃありません。




お知らせはいつもいつも来ています。




だから、小さな違和感を放っておかないで、感性を開いて現状を出来るだけありのままに眺めてください。




自分の人生を見つめ直してみてください。




そそのかしにあって、こうするといいよと吹き込まれた何かに向かって走り続けていないか確認してください。




人生の終点で気づかなくても、今この時に気づくことはできます。




気づいたけど、やりたい時はとことんやったらいいんです。無自覚に騙されているのと、意識的に騙されることは質が違います。




過ぎ去るスピード、変化が違います。




道はいつでも開かれているから、サポートはいつも注がれているから、そこに意識を向けるか、向けないかです💕




お読みいただきありがとうございました😘



(最近の投稿はたぶん、思考力を養う訓練みたいなものです♪)



 


/





オレンジの党に関しての情報がSNS上に錯綜してて、ムーンショットに賛成してるだの反対だの嘘ついてるだの嘘ついてないだの...すごい!✨




まさにコロナやワクチンに対する考え方や捉え方の違いで対立してた構造そのままじゃん😂




自分の意見は持っておくことは素晴らしいけれど、相手にぶつけ始めたら要注意よ〜ん😘



自分を抑える、抑制するってことじゃなくて、無意識的な行動を減らしていくってこと。




それは乗っ取られてるだけだからね。




自分の言動に意識を向けておくってこと。




意識的に暴言を吐くとか、意識的に拒否抵抗するとか(笑)(意識的に生きてたら無駄なことが分かるからたぶんやらないけど)




ちゃんと意識してやってたらそのうち、心地よくないことにも気がついてくるよ。そういう感性が育ってくる。




あれ?これは私の望みなんだろうか?ってね。たぶん今はその段階でもないぐらい盲目的に無意識的に行動してしまっている人が多いのだと思う。




たまにSNSを眺めた時に感じる所感としてね。




オレンジの党が素晴らしいと思ってるならアンチは放っておけばいいし、オレンジの党じゃない党がいいならそちらに投票すればいいし、どっちでもいいなら、白票でも選挙に行かないでもいいから、ちゃんと考えて自分の納得する道を選んだらええですよ♪





 


/





自分で考えて自分で決めればいいですってかさ、それ以外ないじゃん(笑




自分の決定に口出されるとキーっ!ってなるのに人の決定に口出す摩訶不思議。



でも選挙って数の勝負だからさ(公正に競ってるのかは一旦置いておいてw)


多くの人を巻き込まないといけない。




そうなってくると、数が欲しくて、どうにか説得して数を増やそうとしたり、アンチの火消しをして数が減らないようにしたりしているうちに過激になってしまうのだろうね。



分かってもらえない悲しさや苛立ちが消化されぬままに、アンチへの憎しみに変わる。投票してくれない人が敵になっていく。




もちろん全員がそうではないでしょうけれど、そういう闘争心というか、競争心を煽る仕組みになっていますよね。




だから悪いってことではなく、社会全体として今そういう社会であることは明確だし、ある意味、膨大に膨れ上がってしまったエゴに気付き、削ぎ落とすチャンスでもある。



自分が納得した行動に自分が納得していればいいものを数の戦いになってしまうが故に多くの人が



「私の管理外の誰かの選択、決定が私の人生を左右してしまう」



と勘違いしているように感じます。


だから、焦る。




だから自分の人生を傾けるような選択をする人が許せなくなるわけです。




でもね、それ、嘘ですよ😂




人生の状況によって私という存在の価値は揺らがないし、どんな状況になったとしても私は私を生きることが出来ます。




不安や焦りや苛立ちを行動源にすること、またら不安や焦りや苛立ちを隠した希望や夢や未来を行動源にすることをやめて、今ここから湧き出すいのちの表現を大切にしていくこと。




自分に豊かなスペースがあるから相手の話を聴くことが出来ます。別の意見に耳を傾けることができます。




そうして一人では生まれなかったものが相手とコミュニケーションする中でクリエイトされていくんです。




最初から正解ありきでは、何も新しいものを創造できません。




明確な正解なんてものはないのだから、どこまでも自分と対象の中に存在する関係性を深め、調和を育んでいく先にこそ、新しい形での人が創り出す面白い社会が出来上がっていくのじゃないかしらね〜☺️




 


/





自分の見解や特定の何かや物事に関しての分析や批評というのは好きなように表現したらいいと思う。




それに触れた人が何を想うかは化学反応というか、面白いものがある。



みなそれぞれがそれぞれのステージでそれぞれの角度からそれぞれの限定的な見方で、それぞれの解釈をしているのだから、それを踏まえた上で興味があるのなら触れてみたらいい。




あらかじめ正解を用意せず、どんな意図でどんな見方なのかを観て、感じとる。




自分の考え及ばなかった何かがそこにあったなら、考察の一助とすればいい。




ただ、人というのはどうにも自分の信じたい事を証明するために情報を集める癖があるようで、聞きたいようにしか聞かない。




信じていることではなく、信じたいことなので、そこには信頼が無いんです。不安なんです。どうにか難攻不落にしたいわけです。




だから不安にさせるような情報が許せないし、叩きたくなるし、どうにか自分の集めた情報を開示して認めて欲しくなる。




その無意識的な癖と癖が擦り合わさると摩擦で火花が散る。




好きに批評したらいいし、非難したらいいし、暴言を吐いたらいい。しかしそこに磁石のように引き寄せられる人がいて、見れば見るほど心が掻き乱されるのにお互いに無視できない。




何かのアンチになって人生が豊かになりました✨という人がいるわけがないし、アンチのアンチになって人生バラ色になりました✨という人もいないでしょう。




大概そういう人は顔が怖い😂

(表面では笑っていることが多い)



(いや、そのままいつも険しい顔してる人もいるか)



(でもどっちかというとニコニコしてるのに裏に狂気が見え隠れしてる方が怖いw)



(それ、個人の感想ですよね?はい!そうです!笑)




だからこそ、お互いに惹かれ合うその関係性から産まれいでるものを無視しないこと。




そうして少しずつ意識的になっていく道。




受け入れることは好きになることじゃ無い。興味のないことに無駄なエネルギーを注がず、それが存在していることを放っておけるようになること。




勢いよく回転している駒に勢いよく回転してぶつかっていかなくていいんですよ(笑



行ってもいいんですけど、こういうアプローチをするとこうなるということを学習しないと、いつまでも同じことの繰り返しで、私の人生火花だらけだった...ということになるw



それもまた一興なのですが、個人的にはせっかくの人生、表面で終わってしまっては勿体無いね...と感じるのであります。





 


/





最近読み始めたドストエフスキーのカラマーゾフの兄弟はなかなかに興味深い。



あらすじや内容そのものというより、それと触れ合うことによって生まれるものが。色々と感ずるものがある。




人間には頭と感情と身体の3つのセンターがあると云われており、どれを主体に使って生きているかが皆違う。




こういった話もはじめて聞いた頃は、自分はどれタイプかな〜なんて思惑を巡らしたものだけれど、毎日色々な出来事が起きる中で自分をただただ観察していれば自ずと視えてくるもので、僕は身体が主。まず感覚を通して物事と出逢う。次に言葉や思考が後からやってきて、感情、情緒が最後。最後というか1番錆びている。




こういったことに鋭敏になってくると、自分の癖にも気付きやすくなってくる。3つのセンターのバランスが取れてくるんだね。




やっぱり好きなのは思考も感情を介在させずにただ感覚と共に在る状態が好きだし、身体を動かすことや触れることが好き。




これは誰かにやれと言われなくてもやるし、自然とそのようになる。



だからこそ、自分のパターンが視えてきたらサブとして使っているセンターを意識的に活性化させることが大事。




僕は今、とにかくこの3つのセンターをとことんまで育み、バランスを取っていくという道中にいます。




朝の散歩が好きなのは身体を動かすということや空気感、そのほか心地の良い感覚が全体に広がるので、主に体感覚が刺激されるのですが、同時に自然に触れ合うことで感情のセンターを刺激し情緒を育んだり、静かな時間の中で沈思黙考し、思考センターを活性化させることにも一役買ってくれます。




散歩万能!✨




特に思考センターが強い人は散歩したほうがいいとよく言われてたりもますな🥸




あと、最近のピアノは情緒をメインに、指先の刺激や頭の体操にもなっているし、文頭のカラマーゾフは、とにかく思考を使います。




思考を使うのですが、やはりそれだけにとどまらず、登場人物の思想や社会情勢全体を包括して理解し、感じ、考えることによって、個人の幸せと全体の幸せという社会の命題を露わに、人類の葛藤と情緒に想いを馳せ、これまた思考だけでなく、全体に染み渡るものがあります。




「教会と国家の権利裁判」みたいな堅苦しい話を、それぞれの主義の元に語り合う場面など、いっそ読み飛ばしてしまいたいぐらい頭がこんがらがります😂




でも、落ち着いて、ちゃんと整理して、このキャラクターはこういう思想でこれを伝えたいんだな、このキャラクターはこうなんだな、ということをちゃんとやっていくと、自分の癖のまま読むのとは違い、観えてくるものがあります。




こういった読み物をただの読み物として、エンターテイメントとして終わらせるのではなく、やはりどこまで自分の人生にぶつけて科学変化を起こせるか、というところには大変興味があります。




長くなりましたが、言いたいことは、みんな自分の心地の良いパターンの中だけで生きていくのではなくて、ちょっと苦手な分野を嫌々やるのではなく、前のめりで興味を持って関わっていくと、人生の中で自分でも気付かぬうちに轍が出来てぐるぐるしていたところから、ひょいと出られるかもしれませんぜ♪ということです。




ちゃんちゃん😘



 


/









先に断っておきますが投票する人を否定するものではありません。




ただ、個人的にこういうニュースがババンとトップに上がって見せつけてくることに、ワクチン同様の"いいことをしよう"という風潮に気持ち悪さがあります。




もちろん気持ち悪いから行かないのではありませんけれど、いつも思うのは、普段、騙くらかしてばかりのメディアも政府もマスゴミと罵る人たちも一丸となる寸劇を観せられているようで不思議な感覚を覚えます。




繰り返すようですが、だから投票しないというわけではありません。




みんな自分で考えて、行くも行かないも自由と思っています。




ただ、一つ突っ込ませてもらうと、行かないことは声に加えてもらえてませんけれど、声を上げるだけが伝えることではありませんでしょ👀




ワクチン同様、反対するだけでなく、静かに打たない人がいる、それは意思として伝わりませんか?ということ。




分かってもらおうと思ってはおりませんけれど、僕は常々沈黙も大事にしています。





 


 /


 


 





「人はみな考えているようで、自分の思考の癖を強化するような半自動的な思考もどきに支配されていることが多く、思考を使っているようで使えていない。



この癖を打破するには根本を問う問いを自らにかける事だ。」




と、散歩していたら降ってきたのでなんとなく置いておく👀



 


/







ここ最近身体がだるおも〜

=□○パタッ...




それでも重さの隙を突いて諸々こなすけれど、快い感じではない。全力で運動会やった次の日みたいな...?😂




ここで無理はせず、やることは適度にやりつつ適度に休む。




何か大きな変化に急速に身体がついていくための時間みたいな感じもあり、興味深く観察している😎




とりあえず今は文学を読むのが楽しいので、この興味が尽きるまで色々読みまくってみる。




乾いた砂のようにあらゆるものを吸収している感じ♪今だからこそ読めるし、わかることがあるというのがよく理解できる。




こういう本は、自分が人生と向き合ってちゃんと生活してきてこそちゃんと読めるもんなんだなって。




文字面だけを読み進めるなら子どもでも出来るだろうけど(それじゃ面白くないけど)本来の読むってそうじゃないよねって。




読む時にも必要な感性がちゃんとやってきて、瞬間瞬間生まれるものがあり、それと出逢う。




うーん、全部繋がっておるなぁ。(しみじみ)




という、取り留めもない投稿でした(笑





 


 と、まぁこんなところでしょかね!



昔はこんないたずら顔したジョージより愛をこめて('ω')ノ


 


ではまた!ばいちゃ♪



  

 


 



 



イベント・セミナーのご案内




ジョージのコンテンツに興味がある



 


 







片岡ジョージ氏の著書やSNSの投稿に共感できる方とパートナーシップを築きたい方

18_yjcxzdy5mzqwzdnky





片岡ジョージ氏の著書やSNSの投稿に共感できる方とパートナーシップを築きたい方

18_yjcxzdy5mzqwzdnky






 


 


 


 


商品一覧 ショップを見る ▶


 


 




Icon_f


『聴く』セッション(対面限定)

今聞けてよかった

マッキー 様

1時間コースにて相談にのって貰いました。感じている感情(エゴ)を一旦分離することで生まれる選択肢に関するお話等とても良い影響を貰えたと観じました。自分を覆っている殻の存在を認識できて感謝です。




Icon_f


『聴く』セッション60分(対面限定)

出会いに感謝!!

村上 由紀 様

1時間あっという間でしたが、初対面とは思えない位に色々なお話出来たと思います。人と人とが繋がりにくい世の中のように感じますが、こうしてキチンとお話したり聞いたりする場に出会える私は運が良いな、と思いました。
今後共宜しくお願いいたします。
ありがとうございました




Icon_f


『聴く』セッション60分(対面限定)

良い出会いがありました

せん 様

話し足りないくらい、すぐに時間となりました。人は誰かに話を(否定されずに)聞いてもらいたいんだな、と改めて思う。頭に浮かんだことや、湧いてきた感情を ただ、感じる 感じきる。よく 頭でわかってるけれど、心ができないって考えるけれど頭と感情とどっちも使わないと 感じきるってできないかも〜でもどっちでもないかも〜 と 取りとめもなくただ思うのであります。ありがとうございました。リラックスした良い時間でした!




Icon_f


「続 コロナは概念」

これは美味しい!

7番バナナ 様

続コロナは概念は、期待通り面白いのですが、慌てて射ってしまった人には読ませられないかもしれません。
今後の世の中は、戸田誠二の「スキエンティア」という漫画のようになるかもしれないと思っています。




Icon_f


「続 コロナは概念」

クセになります

スセリビメ 様

コロナ騒ぎによって炙り出された、自分を含め人間の愚かさに思わず腹を抱えて笑ってしまいました(^^)


利用者の声をもっと見る▶


 


 




 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。