本郷綜海

年齢という制限を超えて(魂の望みを生きる)

2022/7/ 5配信


皆様


 


綜海です。


 


私たちが魂の望みに気づき


 


「私はこれをやりたかったんだ」


 


「こんなことを経験したくて


この世界にやって来たんだ」


 


と言うことをハートで感じられることは


とても貴重なことです。


 


なぜなら多くの人たちが


社会において何が適切か


親や学校教師が喜ぶこと


を無意識のうちに探し、


 


自分の本当の望みを


抑圧してしまうからです。


 


それでもスピリチュアルなワークを


受けたり


本を読んだりしているうちに


だんだん自分の望みが何なのかが


わかって来ます。


 


わかったからと言って


誰もがそれを行動に移すとは


限りません。


 


その行動しないブロックの


大きなものを三つあげるとすれば


 


1、お金がない。


2、時間がない。


3、年を取りすぎてる。遅すぎる。


4、自分には無理。(才能がない)


 


 


と言うものだと思います。


 


もしもあなたがあなたの


現在から見た限定されたマインドから


見れば、


 


それらの理由はとてつもなく


納得できるものでしょう。


 


しかしそれを超えて


あなたの望みを叶えていくことは


可能なのです。


 


いえ、可能にするのは


あなた自身なのです。


 


その中で今日は


「年を取りすぎている」


ブロックについてお話ししましょう。


 


私は子供の頃から漠然と


「歌手になりたい」


そんな夢がありましたが、


 


自分はそのことを自分自身にさえ


真剣に受け取ってあげていませんでした。


 


それどころか


20歳、大学生の時点ですでに


音楽教育を受けていない、


アイドルのデビューは皆16歳くらい


 


と言うことで、


歌手を志すにはすでに遅すぎる


と感じ諦めていました。


 


そうして私は


裏方として音楽の仕事につき


成功したのです。


 


しかしながら私の中にある


魂の望みである


「人前で歌う」


は、叶えられないままでした。


 


その満たされない気持ちは


いつも私のどこかにあり


歪んだ形で人生の中で表現


されていたと思います。


 


「人前で歌いたい」


 


その望みに気づき


ハートで感じられるまでに


私は30代も半ばをすぎていました。


 


そしてさまざまなトラウマ、


ブロック、思い込みを超えて


40歳で米国のサンフランシスコベイエリアで


初のソロコンサートを開催したのです。


 


ソロコンサートと言っても


お客様は40名ほど。


 


それでも2時間のコンサートを


歌い切りました。


 


それから日本でもライブを始め


一昨年やっと初アルバムを出しました。


 


随分と時間がかかりましたが、


それでも一つ一つ私は、


自分の夢を叶えてあげています。


 


自分の夢を、望みを


 


それが今の自分から見たら


どんなに実現不可能で大人気ないことに


見えたとしても


 


どうぞそれを馬鹿にしないでください。


大事にしてあげてください。


 


それを実現すると


心に決めてください。


 


そして小さなことから


始めてください。


 


私の夢への第一歩は


歌の先生を探すところからでした。


 


 


あなたのやりたいことは


なんですか?


 


今、何を望んでいますか?


 


その実現のための一歩は


どんなことでしょうか?


 


今日、今、何をしますか?


 


いつもいつも同じことを


尋ねているようですが、


 


それは日常生活に忙殺され


常識に殺され


意識の深くへ埋め込まれ


忘れ去られます。


 


例えば50代でピアノを


弾けるようになるのは


確かに簡単ではない。


 


脳も筋肉も神経も衰えてきます。


 


でも、それでもプログラムに沿って


毎日指を動かし続ければ


あなたはいつかピアノを


弾けるようになるのです。


 


母の70代の知人に


「エリーゼのために」


を引きたいがためにピアノを始め


ついに弾き切れるようになった人がいます。


 


本を出す、ヒーラーやコーチになる


と言った夢もありますが、


 


ミニスカートを履いて出かけてみたい、


一人旅をしたい、一人焼肉に挑戦したい、


など望みは人それぞれです。


 


あなたのやりたいことはなんですか?


 


「年齢」を言い訳にしていませんか?



そのことで人に「笑われる」


ことを恐れていませんか?



そうです。


 


「いい年をして!」


 


自分の望みを抑圧している人たちは


言います。


 


彼らはあなたを笑うかも知れない。


 


でもその人たちはあなたに


何をしてくれるのでしょうか?


 


それよりあなた自身の


ハートと魂の声を聞き


それを行動にうつす


自由を生きたいと思いませんか?



さてさて私は、


今月の22日の誕生日で


60歳、「還暦」を迎えます。


 


それは干支をひと回りし


再び生まれ赤子に戻ると


言われています。


 


そのお祝いとして


7月22日当日に


ビルボードライブ東京で


ライブ&パーティを行うことに


しました。


 


もう一度言います!

ビルボードライブ東京です!



(笑)


 


こちらは世界のトップアーティストたちも


やってくる一流のライブハウスです。


 


大きなホールで演奏するような


アーティストが


ライブハウス環境で見られるのが


魅力です。


 


私はチャカ・カーンを


見に行ったことがあります。


 


なんとそこでのライブ!!!


 


しかも誕生日の日に


空いていたなんて奇跡です。


 


「いつかこんな場所でやりたい」


 


そんなところでまたライブを


できることになりました。


 


60歳で


また夢が叶ったんです!


 


いえ、自分が叶えたんです。


 


自分の夢を自分で叶えて


あげたんです!


 


うれしすぎます。


 


還暦とは干支をひと回りし


生まれ変わり赤子に戻ること!


 


そこでこのイベントを


Rebirthと名づけました。


 


ライブ&パーティーは


三部に分かれていて


 


一部は今をときめく


スピリチュアルYouTuberで


アカシックリーダーの美湖ちゃん、


現実主義スピリチュアルカウンセラーのKIKOちゃんと


三人で、


 


豊かさ降り注ぐ寅年に


内なる女神性に目覚め


豊かさを受け取るための


スピリチュアルなメッセージを


下ろし


ライブでアクティベーションと


トークをいたします。


 


 


第二部は


ボーズとアニ(from スチャダラパー)


JIN佐伯仁志さん(ex 心屋仁之助)


そして冷牟田竜之さん(The man、スカパラ、Blue Tonic)


をスペシャルゲストに


 


ライブを行います。


 


みんな大好きな人たちばかりです。


 


第三部は基本はご招待者の


パーティとなります。


 


豊かさ降り注ぐ寅年と


この再生のセレブレーションイベントに


あなたも参加しませんか?


 


Rebirth〜本郷綜海 還暦Celebration Live


https://www.event-form.jp/event/34825/kanreki


 


ティケットは今夜19時より


発売いたします。


 


それから、
アーティストやベストセラー作家
スピリチュアルリーダーたちも
参加する


第3部のパーティーに
ご参加いただき、


私たちの歌やスピーチ
を楽しみオーラを
感じてください。


きっとあなたの
ステージアップになること
でしょう。


 


楽しみにしていただければ


嬉しいです。


 


そしてこの還暦を記念して


今後も無料も含めたお役に立つ


オンライン、オフラインイベントを


していきますので


 


楽しみにしていてくださいね。


 


そしてこのメールを読んで


少しでもあなたがあなたの


望みを生きることを許可していただく


きっかけとなれば


こんなに幸せなことはありません。


 


沖縄海から1分の自宅より


愛を込めて!


 


綜海より


 


 




LINEで繋がりましょう!
時々お返事しています。


友だち追加



できなかった方は 
@somihongo で検索してくださいね。
@を忘れずにどうぞ。



 


 


 


 


 



 


 


 


 


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。