林原琢磨

076:大切な人を支えたい「地火」は〇〇〇〇になろう

2022/7/15配信












皆様、おはようございます。


人の心を見える化するツール「エレメンツコード®️」開発者/ お店の出店「立地」コンサルタント/ シェアハウス「ノア」のオーナーの林原琢磨です。


34619_137241558_3713584072089167_7133184964680375696_n


突然ですが、僕はワークシートを作るのが好きです(笑)


アビリティ・デザイン講座1期でも、新たに30以上のワークシートを作ったり、
2年前の緊急事態宣言のときは、30日間ワークシートプレゼント企画をやったり、
これまで作ってきたワークシートの総数は280を超えています。
グリモワールもその一つ)



先日、チームメンバーとのミーティングの際に、
ワークシートと解説動画をセットにして、



例えば、


「タイプ別!ビジネスをはじめるための土台をつくる
 7日間ワークシート&解説動画」


「理想のパートナーをつくるための〇〇
 ワークシート&解説動画5Days」


みたいなテーマにまとめて、
手に取りやすい価格で販売したらどうか、

というアイデアが出ました。


皆様は興味ありますか?




























 

まずは1テーマ作って販売してみようと思うのですが、
どんなテーマやボリューム感が求められているのか知りたいので、
アンケートに応えてもらえたら嬉しいです↓↓

 



























































































































































【アンケート】林原琢磨のワークシート&解説動画シリーズhttps://www.reservestock.jp/inquiry/MGU2NzYyMzRjZ
※回答してくれた方にはワークシートをプレゼント!笑






























































 












































































































 






























































\目指せ!年内、診断者数20,000人/

あなたらしさを見える化する
「エレメンツコード®︎無料診断」

https://elementscode.jp/freetrial/







最近エレコやってないな~って思った方は
久しぶりにどうぞ!

自分の状態をチェックするための
定期的な診断も大歓迎!








ぜひ周りの人にも教えてあげて、
結果を見せ合いっこしてくださいね!











 






 さて、今日のメルマガは 










































【 大切な人を支えたい「」は〇〇〇〇になろう 】

 

というテーマでお送りします。






































































































































































































































 







































































































 









































































































 






























































































































」たちよ、コンビニたれ



























以前に、梅澤聡さんの『コンビニチェーン進化史』

 



元々は、「×」のビジネス戦略(インフラを作る)の参考にしようと
購入した本だったのですが・・・・


読んでいくうちに、














誰かのサポート役だった「」が
いかにして圧倒的ポジションを獲得するか





ㅤㅤ








みたいな話に繋がってくることが分かってきました。




というのは、コンビニは元々アメリカ発祥の業態なわけですが、
なぜコンビニという業態が作られたかというところを見ると、
そもそも「補完」という目的だったとのことなのです。


1900年代前半、当時アメリカでは買い物といえば
大型スーパーに車で乗り付け、
ごっそり大量に買っていくのが普通だったそうです。

(今でもそういうところはあると思いますが)


そんな時、うっかり1~2品、
買い忘れをしてしまったとすると・・・・


そのたった1~2品のために、
わざわざまた大型スーパーに買いに行くのは、
大変なわけですよね。


駐車場も店も巨大なわけですから・・・・
だだっぴろい駐車場の端っこに車を止め、
バカでかいお店の中でその買い忘れを探して・・・・
ってなると、ものすごく面倒くさい。

 



そういう問題に対して、
「1~2品程度だったら小さいお店で売ればいいじゃん」
みたいな発想で作られた小型店、
それがコンビニエンスストアという業態の前身です。


今、日本では「スーパーとコンビニは競合関係」
なんて言われたりもしますけれども・・・・
そもそも元々は、主従関係だったわけですね。


基本はスーパーで、そこでの買い物を
コンビニがそうやって補完する、みたいな。



すなわちエレコ的に言えば、

 ㅤ












































































」的なバカでかくて
多種多様な商品が大量に並べられているスーパーに、

 

規模が小さいけれども買い物はしやすいコンビニが

」的なサポートをしていた















































































・・・・みたいな感じなのです。



そして、今でも確かに、こういった側面はありますよね。


買い物をする時、時間があって色々吟味したいなら、
コンビニを選ぶ人ってあんまりいません。

 

食料品ならスーパーや八百屋さんなどに行くし、

百貨店やショッピングセンターなどの方が、

遥かにクオリティが高くて安いものが売っています。




けれども、別にクオリティにこだわらないけれども、

今ちょっとだけ必要なんだよな~みたいなものを買う時は・・・・

 

わざわざそういうお店に出向くのは面倒くさいから、

コンビニでちゃちゃっと済ませることが、あるわけじゃないですか。




今日の夕食のメニューを
コンビニで考える主婦なんてそうそういませんし、


新学期を迎える子どもの文房具を

コンビニで揃えようとする親も見たことないですし、

勝負下着をコンビニで買う女の子にも出会ったことはありません。

(まぁ、いるのかもしれませんけどね笑)



でも、ちょっと急いでる時にちゃちゃっと済ませたい食事は
コンビニの弁当やおにぎりでもいいかなって思ったり、
一品付け足しをコンビニ総菜でまかなったりもするでしょう。


筆記用具を家に忘れてきたことに気付いた時に、
コンビニでペンを買うことはあるでしょう。

あんまりじっくり見たことないですけど、
女性用下着類のコーナーもコンビニにはありますよね・・・



そんな感じに・・・・

スーパーや百貨店などと同じ「食料品」「筆記用具」「下着」

というようなカテゴリの商品を扱っていても、

 

コンビニの存在意義はあくまで、
そういったメインのお店に対する「補完」的な役割です。





あぁ、確かになぁ・・・・と、コンビニの役割について読んでいたら、
これ、「」さんの目指す道なんじゃないかなぁと、ふと思いました。











































































































 






























































































































」の最たる能力




























よく、「」は「99点を100点にする人」と表現します。


その最たる能力のひとつが「補完する」というもの。


ひとつひとつのスキルはそこまでクオリティが高いものではないため、
「器用貧乏」とされてしまうこともあるものの、







秘書的なポジションに立ってリーダーができないことを
片っ端からフォローするというような役割は、
それこそ」さんの輝くポジションです。





 



まさにそれ、コンビニじゃないですか、と。




ひとつひとつの商品がそこまでクオリティ高くない代わりに、
大体何でもあって、ちょっとした買い物に便利・・・・
っていうのがコンビニでしょ。


むちゃくちゃ特化した専門分野が無いかわりに、
幅広い分野のことを気軽に相談できる裾野の広さこそが、
レベルの高い「」さんの素晴らしいところ。



ちなみに、コンビニって屋号が同じなら
商品もみんな同じように見えて、
実はちょっとずつ違うんですよ。


お店によって、その周辺の人々の層を鑑みて、
商品構成を変えてるのです。


ビジネス街だとお昼時にお弁当が大量に詰まれていたり、
主婦が多いエリアでは主婦向けの雑誌のコーナーが広く取られていたり、

学校の近くだと文房具の種類が豊富だったりと。


そうやって、地域に合わせて少しずつ商品構成を
カスタマイズしていくコンビニのように、

サポートする相手によって少しずつやることを変えていくのが
」さんのウリにもなります。




例えば・・・・


確定申告みたいな年に1回のどでかいイベントなら、
税理士さんみたいな専門家にお願いするのも大切かもしれませんけど・・・・


日常的な経理処理くらいだったら、そこまでせずとも
近くにいる人にお願いしたいじゃないですか。


で、経理処理だけだったらすぐ終わっちゃうんだから、
それだけじゃなくて、備品の発注だとか、
スケジュール管理だとか、そういう事務雑務系も、
一緒に頼めたらすごく楽じゃないですか。


いちいち、事務の専門家、スケジューリングのプロとか、
探さないでしょ。


そういう時に活きてくるのが、細々としたことを
色々包括的にフォローしてくれる「」さんなんですよねと。



まさに、「サポート業務のコンビニエンスストア」です。



 


























大切な人にとってコンビニエントな存在になろう




























ですから、「」さん。


佳き秘書、佳きサポーターとして、
大切な人を支えるポジションで輝こうと思ったら・・・・


佳きコンビニになっていってください。



品揃えがしっかりしていて、
アクセスしやすくて、
接客も気持ちが良い・・・・


そんなコンビニはやはり繁盛しますよね。




逆に、いつも品切れが沢山あったり、
辺鄙なところにあって行きにくかったり、
無愛想で機械的な接客しかしないようなコンビニは、
そりゃ潰れて当たり前ですもの。


 

そんな感じで、「佳きコンビニの在り方」に、
」のビジネスパーソンは、
特に学ぶべきところが沢山あるんじゃないかなぁと思いました。


最初から完璧にできなくったって全然構わないと思います。


コンビニだって、数十年前は
今ほどコンビニエントではありませんでした。


少しずつ少しずつ、商品数が増えていったり、ATMができたり、
荷物の発送や受け取りができるようになったり、
役所かわりにできたりと、その機能を増やしていったのです。


それと同じように、「」さんも、
まずは今できることで大切な人に貢献をしていくうちに、
その人がより「かゆいところに手が届く」と感じてくれるように、
できることを増やしていくのです。

 



最初は、特殊スキルなんて無くて全然構いません。
誰でもできるようなことを、普通にできればそれで十分。


必要とされていくうちに、お願い事を聞いていくうちに、
それに応えるために必要なスキルを増やしていくのです。


資格を取ったり、ツールを入手したり、本を買って勉強したり・・・・
そういうのは、後から後から付け足していけばそれでOKです。




とにかく、


 




大切な人にとって
コンビニエントな存在になろう!


という意識を持つことが、






」さんがビジネスで活躍したり、
自分らしさを発揮して生きるための、
王道のひとつじゃないかなと思います。


コンビニのように、
コンビニを見習って進化していってください。


 


はコンビニ

」は個人店のような小型の専門店


」は家電量販店みたいな大型の専門店

」は高単価なブランドショップ


それだけじゃないけれどもそういう感じはひとつあります。

 

ショップビジネスの業態にもエレコ属性がある。

 

それを考えていくと面白いです。


































**********************





















 


今日も最後まで読んでいただきありがとうございました! 


 



























































































































































【アンケート】林原琢磨のワークシート&解説動画シリーズhttps://www.reservestock.jp/inquiry/MGU2NzYyMzRjZ
※回答してくれた方にはワークシートをプレゼント!笑






























































 


































































































































































































































































































































































































































































































































































































 






























































\目指せ!年内、診断者数20,000人/

あなたらしさを見える化する
「エレメンツコード®︎無料診断」

https://elementscode.jp/freetrial/







最近エレコやってないな~って思った方は
久しぶりにどうぞ!

自分の状態をチェックするための
定期的な診断も大歓迎!








ぜひ周りの人にも教えてあげて、
結果を見せ合いっこしてくださいね!











 





































































それでは、次回もよろしくお願いいたします!



















































































































































































































































































































































 


 林原琢磨




























 



エレメンツコード®︎無料診断
https://elementscode.jp/freetrial/



【メルマガバックナンバー📩ピックアップ】

061:「水」の人の才能を「魅力」として蓄積し「お金」に変換するということ
https://smart.reservestock.jp/subscribe_form/mail_magazine/2110830

065:あなたの居るべき場所の見極め方~佳きコミュニティがあなたに提供してくれるもの~
https://smart.reservestock.jp/subscribe_form/mail_magazine/2145638



066:「地」側の人がビジネスをするときにまず考えるべきこと

https://smart.reservestock.jp/subscribe_form/mail_magazine/2161324

074:「地」側の人がYoutube・インスタグラム・ブログをはじめる前に必ず知っておいて欲しいこと
https://smart.reservestock.jp/subscribe_form/mail_magazine/2223811

【ブログ記事ピックアップ】
「風」と「地」は「社会的地位」で、「火」と「水」は「根源的な願い」で、それぞれ成長していく
https://elementscode.jp/zokuseibetu-seityou/

  





 






アビリティ・デザイン講座 個別相談
受講者の声



 




























































HK 様


相談終了時には前向きに行動を考えようという思考に変わりました


現状の課題をこちらの気持ちを尊重しながらすぱっと指摘、さっくりポイントを提示いただけ、短くても中身の濃い時間でした。
こちらの性質や状態に沿って具体事例も沢山説明いただき、イメージしやすく、相談後にとても腹落ちした感覚があります。
もやもやとしたところから相談させていただきましたが、相談終了時には前向きに行動を考えようという思考に変わり、とてもありがたかったです。
ありがとうございました。




































































 




























































S.O 様


これはガチ。本当に本物です!!(笑)


個別相談を受けさせていただきました。
少しの会話で、相手の本質を見抜き、その人に合ったビジネスを提案する。
本当に本物です!!(笑)






































































 



























































あや 様

自分の理想とする働き方やライフスタイルに向けて、もっと知りたいと思いました


自分の理想とする働き方やライフスタイルに向けて今後どのようなステップを踏むべきか、分かりやすく的確に提示してくださいました。
起業・子育ての先輩として経験談をまじえてお話してくださり、安心して色々と相談させていただくことができました。

背中を押していただきました。
ありがとうございました!




































































 













































































rk 様


シンプルに行動してみます!


短い時間でしたが、今躓いていることとやったらいいことをシンプルかつ的確にアドバイス頂きました!

取りあえずあまり考え込まず、シンプルに行動してみます!

ありがとうございました!

































































 















































































































NH 様


これから自分の殻を破っていけると破っていけると思いました


息があったのか話がサクサク進んで、自分の中でのうっすらモヤモヤしていた部分がより強くより明白になった気がします

また自分が今まで言われたことがないような言葉や目線で気づきを与えてくれました
刺激、エネルギーを与えてもらって、これから自分の殻を破って行けると思いました‼︎

自分に合わせてか印象、インパクトに残る言葉や話し方が多くスッと腑に落ちました

































































 



















































































福本みどり 様

夫との関係性や今の自分に足りないもの・必要なものをサクサクと説明していただいて、すっきり!


今日はありがとうございました!
夫との関係性や今の自分に足りないもの・必要なものをサクサクと説明していただいて、すっきり!
倉持さんのメルマガで動画も拝見していたのですが、本当にお話がシンプルでわかりやすかったですし、同じ妻であり母であるのでその辺りも理解してもらえるのが本当によかったです。
そして今の私に何が必要か、どんなものが合うのかも伝えてもらい、過去のモヤモヤもスッキリしました。
エレコを見ながらお話してくれるので、安心してお話もできました。
ありがとうございました!

































































 






















































































bebe 様


出会いに感謝!!初めお会いしたとは思えず。


初めお会いしたとは思えず。
とても楽しい時間でした。
そして、もしかしたら自分でも何かできてしまうのではないかと自分に期待する事ができた時間でした。
頑張れそうな自分を見つける事ができて嬉しいです。
早く参加したくてわくわくしています。

































































 

















































































































































































長島 洋平 様


初対面なのに、ツッコんでくる切り口が妙に深いので、途中何度か「どこかで会ったことあった?」と思いつつの、楽しい2時間でした。


昨日はありがとうございました。
初対面なのに、ツッコんでくる切り口が妙に深いので、途中何度か「どこかで会ったことあった?」と思いつつの、楽しい2時間でした。
あと、途中何度か見切れてくるお子さんが可愛かったです。

今回、面談の中で「カッコイイ」というキーワードを引き出していただいて、すごく嬉しかったです。
多くの人が認める最大公約数的な「カッコイイ」と私自身が思う「カッコイイ」が違うことは小さい頃から感じていましたが、倉持さんには私の思う「カッコイイ」を見事な比喩とともに引き出し、肯定していただきました。
それだけでもジョハリの窓の一つが開いたような気がします。

また、「事実を(感情に流されず)事実として受け止める能力がある」とも言われましたが、正直まだピンときていません(笑)
そういう能力の活かし所もよくわかっていませんが、呼吸と同じレベルで当たり前なことだったので、驚くとともにそれを“能力”として評価される世界が存在するのか!と、本当に目から鱗でした。
実際、コンタクトがズレそうになりました。

これをきっかけに、自分なりのカッコよさの追求していきたいと思います。
改めて今回申し込んでみて本当に良かったです。ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
































































 









































































































































青山 彰吾 様


人生で大事な事が得られました


昨日はありがとうございました!
初対面とは思えない程、楽しくお話をさせていただき、
あっという間の2時間でした。

こちらの考えに共感し寄り添っていただける部分と、
こちらがモヤモヤしているところをズバッと切り捨ててくれる感じが
新たな刺激をもらいました!

『大事なことを大事にしながら稼ぐ』ということを大事にしていきたいと思います!!

今後ともよろしくお願い致します。































































 





















































































































































































































































































 

 







バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。