はるかふる はるか

大切なことは大切にした方がいいんだ by琉球展2022

2022/6/17配信


37166_banner_image


皆様


わたし基準の心豊かな毎日を生きよう~


主婦シンガー兼ベーシスト兼エッセイストのはるかふる はるかです。


34075_浴衣


 


東京・上野の東京国立博物館で
6/26まで開催されている
「琉球展」に行ってきました。


 


来週行こうと思っていたんですけれど、


「あれ今日暇じゃないか、そして涼しいし晴れている」


と、少し前倒しで行きました。


 


工芸品を見て泣いたのは
初めてだ


歴史が苦手なもので、
沖縄の歴史はざっくりしか知らないのですけど、


 


今回は戦争などの歴史展ではなく、


 


琉球王朝の変遷とともに、
古文書や工芸品、着物、像などが
展示がされていました。


 


 


インスタでフォローしている
琉球紅型の作家さん
(「びんがた工房くんや」さん@bingata_kunya_gibo)が


「博物館を出るときには
なんだか胸を張って
歩いていた僕でした。」


と琉球展の感想を投稿されていて
なんだかその言葉が
わたしの心にも残っていました。


 


だから何だという訳ではないのですが


先人たちの偉業を見て
先人たちから勇気をもらう
ということはあるのかもしれません。


 


螺鈿細工と着物(王朝時代の数々の衣装のこと)
を続けて観たときに、


何だか涙が溢れました。


言葉にしちゃうとチープになっちゃうのですが、


この世にこんなに美しいものがあるんだなぁって。


 


なんかね、
着物は身に纏うものだから
より織るとき、染めるときの
何かへの「祈り」みたいなものが
のっている気がして、


これを書いているスタバでも泣いているわたしです。


ほんとに怪しい…


 


妄想かもしれないけれど、


あの高温多湿な沖縄の地で身にまとうのに
風と湿度が抜けるような布と
自然の畏怖へのリスペクトを感じる色合いと柄に
たくさんの名もなき人たちが積み重ねてきた大きなものを
感じずにはいられないのでしょうか?


 


自分でも良くわかりません。


 


王朝や身分制度の良し悪しではなく、


そこには長らく尊ばれていた人たちがいて
高貴な人が身につける衣装やら
外国の王への献上品やら何やらで
職人による芸術が発展して来たのだなぁと。


 


 古文書の漢字から
受け取ったこと


あとはね、
琉球王朝から他国へ送った古文書で



あ、パソコンないから手書きなんだ、
漢字一文字一文字が
めちゃくちゃ綺麗だ、と普通に驚いたり(笑)


 


相手国への敬意を示すために
相手国の人の名前を他の文章よりも
高い位置に書いていたり


 


ちょっと面倒臭かった会社員時代の
社内メールのルールだとかを思い出したりしました。
(宛先の順位は偉い人からでないと
地味に注意されるとか)


 


あとは、
琉球王朝の偉い方の書いた書。


当時の高官は、
書道も教養の一つだったそうで
それはそれは、ハネ、トメのひとつとっても
見惚れるほどでした。


 


教養。


 


おそらく自分が感じたのは、
自分が見惚れるような事柄と
果たして
それは現代で大切にされる事柄なのか?
というギャップについてのうんぬんでした。


 


字が綺麗なこと。
相手を尊んで、
相手を立てたコミュニケーションができること。
小手先のやり方なんぞでない
教養が備わっていること。


 


古文書の漢字たちは
そんな「王道」の「大切なことたち」を
「バン!」と示してくれました。


どちらかというと
表立たない
わたし好みなこれらの素養。


時の流れの早い現代で
一体どれだけ役に立つのかなぁと
ぼうっとしてしまう類の素養です。


 


でも、大切にしたいことは
大切にした方がいいんだ。


何だかそんなことを思いました。


時代の流れはちゃんと汲みつつ、ですけど。


 


歴史のあるものや手のかかったものは
やっぱり
どーんと胸にくる迫力がある気がします。


 


アウトプットは
自分のしたいときに


色々語っておきながら、


美術館や博物館は
「モヤさま」的に
さらさら巡りがちな女ですがね。


 


「ひとつ本を読んだから
 ひとつ生真面目にブログを書くなんて
 クソつまんないことはしないわ。
 アウトプットは自分のしたいときに。」


 


朝上野駅の公園口の改札を出るときに
そんなことを思っていたのに、


琉球展を出たあと
急いでスタバに駆け込み
いそいそとブログを書いているわたしを
笑ってください(笑)


 


いいのいいの書きたいときだったの(笑)


 


今日もお読みいただき
ありがとうございました♪


(★東京国立博物館のお庭の白詰め草。
「これで一体花輪を何個製作できるだろう」
と考えざるを得ない田舎育ち。)



 



【対談音声はこちら】(30分)
↓↓↓


https://harukafull.com/202206-1




◎対談内容



・わたしがboに入ったきっかけ


・1時間半の通勤をして
 嫌いな倉庫勤務をしていた2年前から
 「ふっつーに幸せ」な今への変化


・ブッフェがその人の「あり方」をあらわす理由


・これからの時代の職業展望
 「遊び」の延長にしかお金が生まれない理由


・エネルギーマネジメントで自然に別世界に
 (人との出会い、お金の循環)


・縄文時代から弥生時代のコミュニティの変化


・日本人の安心する「縄文型コミュニティ」を
 個人が持てる時代に


・boでの学びが楽しくてお得だと感じる理由


・情報発信で人生を豊かに


★6月限定のご案内★


【ともたけさんのオンラインサロン
 ブルーオーシャン(BO)のご案内はこちら】
6月のみ入会金39,800円が無料、月会費のみの
キャンペーン中。
(※フルコースのみ、アラカルトは対象外)
↓↓↓
boメンバー限定紹介プラン
(※紹介者名に「はるかふる はるか」と記入しないと
 優待価格が反映されないそうなのでご注意ください)



 



1)お気軽にお返事をお待ちしております
このメールへご返信ください^^
(わたしのみに届きます)


頂いたメールは必ず拝読いたします。


いただいたメッセージは、
「匿名」で
メルマガでご紹介させていただきながら、
ご質問にもお答えします。


メルマガへの掲載をご希望なさらない場合は、その旨をお書き添えください


短い一文でも、
思い・考えを言葉にしてみること。


言語化して表現することは、
「新しい自分」に気づき、
心地いい人間関係を作る
重要なステップ♪多分♪


お返事お待ちしております♪


 




2)インスタ仲間募集♪
#ふるふるくらぶ

メルマガ読者さん限定の

ハッシュタグ#ふるふるくらぶ。

インスタグラムの投稿に
#ふるふるくらぶ
をつけてアップするだけの、
ゆる~いつながりです。


世界の片隅で、
それぞれの感性を爆発させませんか♡

それぞれの感性は「尊い


どんなにささいなことでも構いません。
 (ささいな日常こそ愛おしい♡)

「わたしらしさが溢れちゃってる」

わたしらしさ“full full”な投稿を
お待ちしています。



発行者:はるかふる はるか

■エッセイブログ&ホームページ
「はるかふるな日々」
https://harukafull.com

■twitter(思考と暮らしの備忘録)
はるかふるさん (@harukafull) / Twitter

■インスタ(感性と暮らしの備忘録)
https://www.instagram.com/harukafull/

facebook(お友達申請歓迎♪)
はるかふる はるか | Facebook

you-tube(音楽の練習記録)
Harukafull Haruka - YouTube

■スタンドエフエム(鼻歌と雑談のラジオ)
はるかふるな日々@ラジオ | stand.fm

 


 


 



  

 


 



 


 


 


 


 



お金のことを分かりやすい表現で教えてくださるともたけさん。
表面的な“稼ぎ方”だけではなく、自分らしく生きることで経済的にも豊かになる方法を、エネルギーの視点から学べます。お金のみならず、“人モテ”や“教養”の要素も学べて楽しいですよ♪


 


【お金モテstyle必修科目】お金のセミナー
テレビのニュースでは語られないお金の世界で何が起こっているのか。
「インフレ」「金利」など…「ちょっと今更聞きにくい…」金融用語の説明も踏まえて解説されたセミナー。世界のどこからでも視聴できます。


【お金モテ通信プレミアム】バックナンバー
「超具体的」なお金の守り方の方法と、「超俯瞰的な」エネルギーの視点からの人間・お金のメカニズムを毎回時事に合わせて学べます。
世界のどこからでも音声を聞くことができます。


11572_21059_mgiwotazode1ymjhm


福岡ともたけのショップ ▶



 


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。