オカダマユミ

「赤ちゃんから育つ目の機能の話」その4 続.ここは知っておいて欲しい5つのこと!

2022/6/14配信


皆様


こんばんわ


「赤ちゃんは自分で育つ力がある」


大人がそれを知ったら子どもは自ら歩んでいく


運動発達の専門家


夫の鍼灸と私のシェルハブ で家族ケアをして子育て応援中!


シェルハブ ・メソッド国際公認指導者の岡田真弓です



 


先日から「目の機能のはなし」をお伝えしております


 


この内容、ご興味がある方が多くメッセージもいただけて


張り切って書いております!


メルマガを読まれて早速


「使わないでいると神経系は刈り込まれて死んでいく」


を実感されたとご感想(°▽°)すぐに実践実感!すごい!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


子どもがボールを蹴って、ゴールを守ってたんですけど、

来るのはわかるけど足が出なかったんですね!

前は取れたのに!と思ったんです。

これは、使ってないから神経が死んでいってましたね!

なんか納得しました!

 

子どもと遊びながら、自分もトレーニングになり、

子どとは喜んでくれるし一石二鳥?三鳥ですね♡

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

話題に出しました体育会系ママさんからも

追視遊びについて勉強中でした!

もっと深く学びたくなりました!とメッセージ❤︎

ありがとうございます(_ _).。o○うれしー!

 

 

そしてそして

この話題にしてから、メルマガ購読者が

なんと100人を突破しました( T_T)\(^-^ )

 

現在103人!なんとも嬉しく

そして背筋が伸びます!張り切って書いていきますー!

 

 

 

今回の「目の機能」についてはわたしも知りたかった内容で


 


シェルハブ指導者仲間の作業療法士さん(美幸さん❤︎)


に教えてもらいながら必死に勉強中!


 


1年間「大人のシェルハブ」レッスンを一緒にやっていた相方なので


とても心強く、そして何を聞いても詳しく答えてくれる美幸さん


いつもありがとうございます!


美幸さんについては、また少しづつご紹介していきますね☺︎


 


では今日は前回の続きでこれ!


 



4.赤ちゃんはモビールを追いながら視神経を育てている
✴︎やってみよう!シェルハブ体験「眼球運動ってこんなこと」
昨日インスタに動画で上げています
(もう試してもらえましたか☺︎)


 



先日のメルマガはこちら
「赤ちゃんから育つ目の機能の話」その3 


スポーツの視点からみた目の機能 子どもの目は6歳から13歳で決まる!


https://smart.reservestock.jp/subscribe_form/mail_magazine/2206573


 


では実際にやってみましょう!眼球運動の実体験!


(わたしのインスタも参照してねっ)


 


目がすっきりして視界が広くなりますよ
1分もなくできるので、Let,sチャレンジ!


::::::::::::::::::::::::::;


*注意* 全て目を閉じてやることで、視覚からの刺激に邪魔されず目の動きを体験できます☺︎


❶まず両眼を同時に右側に寄せてく見てください
顔は正面向いたままです
右目は右の目尻を見る感じ、左目は鼻に近づいていきませんか



右の黒目は右側に動くけど、左黒目は鼻に近づきますよね


 


❷では、次に両眼を同時に左側に寄せて見てください
やっぱり顔は正面向いたままですよ
左黒目は左の目尻の方へ寄って、右黒目は鼻に寄ってますか



❸では、上の方を見てください。顔はそのままで目だけ
天井を目だけでみようとします



❹そして最後、下の方に両眼とも動かしてみます
グーーと床に黒目を近づけていけますか?


最後は遊んじゃってぐるぐるぐるぐるぐる____ϵ( ‘Θ’ )϶
気持ち悪くならない程度にね!


::::::::::::::::::::::::::::::


やってみた方は、もしかして結構やりにくい動きとやりやすい動きがありませんか?


 


これが眼球運動ですね
これが自由自在にできるかどうかで
日常の動作に「やりやすさ」「やりにくさ」が関わってくるんです


 


イチロー選手がマリナーズ時代に「眼球運動」を計測した所、この動きが


誰よりも優れいていたと言うエピソードは有名かもしれません


 


いかに、顔を動かさずに目だけを動かすか


 



もしかして、乗り物酔いとかブランコだけで気持ち悪くなるって方は
苦手かもしれません(わたしはそれで乗り物酔いします)


 



そしてこれが大切なはなし!!!


 



大人の皆さんが赤ちゃんの時に
両方寝返りを左右コロコロしていたらもっと楽々できるかも?
寝返りから右も左も差がなく見ていたか?


立ち歩くまでにたくさん遊んで


その後、ゴールデンエイジになるまでに体を


思うままに動かせていたかな?


 


これが関わってきていると思います


 


もっと言うと生まれてすぐから左右両方


おっぱいをくわえていたり


都度、抱っこ姿勢を替えてミルクを飲ませてもらっていたところから


 


モビールや揺れているカーテンなどを


左右両方追っていたところから、全ては始まっていて


繋がってくるのだと言えるのです(°▽°)


 


前回も同じことをお伝えしてますが。。


 


もちろん、日常での癖や生まれ持った特性もあるので一概には言えませんが
ちょっと親子で楽しんで参考にしてもらえたら嬉しいです!


 


ご自身でやってみるもよし、お子さんとやっても楽しいですよ☺︎


 


 


やってみて、どちらかが苦手だったり


やりにくさがある方は


なんでかなって考えるだけでも日常に気づきがあると思います


 


お子さんと遊んでみた方は


 


こんな感じだったよ!こんな風になったけどどうなのかな?など


気づきがありましたら、またメッセージいただけたら嬉しいですϵ( 'Θ' )϶


 


 これ、ちなみに我が家は5歳娘と8歳娘と


やってみたのですがおもしかった!!!


 


5歳娘は、わたしの指先を目だけでは追えないんです


顔や体も一緒に着いてきます


そして途中で、目がついていけずにブレました


それに対して8歳娘は、目の動きだけでわたしの指を追ってました!


じっとその場に留める事は難しかったのですが


でも、顔を動かす眼球のみ動かせるのは


これは8歳だかららしいのです!


(ゴールデンエイジに入ってますね)


 


小さいうちは、近くを見る事はまだ未発達


それが容易にわかりますね(`・∀・´)


 


未発達だからこそ、限られた動きや遊びだけでなく


遠くを見たり


近くを見たり


体を動かしながらいろんな体験が必要!と考えます


 


 


明日は
5.赤ちゃんが5.6ヶ月で座りたがるのは色が見えてくるから
「赤ちゃんってどういう風に見えてるの?」


 


 


 


 


 


今日はここまで!です☺︎


 


 


今日も最後までお読みいただきありがとうございました!


 


 


おかだ まゆみは
\赤ちゃん、お子さんと、


その周りのご家族の幸せが続きますように


シェルハブ・メソッド広島としていま


出来ることをお伝えしていきます^_^/
 


※このメルマガの配信停止希望の方は
 下方の「メルマガ配信停止手続き」の
 URLをクリックして下さい※


■+ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本日のメール講座はいかがでしたか?一言でも
このメールにご返信、ご感想いただけたら嬉しいです!
■+ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
○シェルハブ・メソッド広島HP


https://peraichi.com/landing_pages/view/okadaharitoshelhav2020/


○公式LINE こちらからお役立ち記事配信中 講座やイベントのお知らせをしています


https://lin.ee/wWUoNRi


○Instagram 運動発達のこと、育ちのヒント、講座のことなど、いろんな事を毎日載せてます!


https://www.instagram.com/p/CTQ5CyOnEo-/?utm_medium=copy_link


○Face Book 


https://www.facebook.com/100009805564666/posts/1625280877808749/?d=n


○ブログ たまーに更新!


https://ameblo.jp/okame809-06/


○YouTube


https://www.youtube.com/watch?v=iXbMGE5sFG4&t=6s



○Roots Space まるまゆ 見守り、運動発達担当


https://peraichi.com/landing_pages/view/marumayu/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー+■


 



内容が良ければこのメールをご紹介お願いいたします
https://resast.jp/subscribe/177232?o=((customer_name_urlencode))


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



  

 


 


 


 


 



イベント・セミナーのご案内




妊婦さんから産後すぐに方、子育て支援に携わる専門家さんにもオススメ!心も体も楽に心地よくなりたい方や、シェルハブって何?と知りたい方へ





 


 






 


 


 


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。