吉井まゆみ

No.21 「森田療法」

2022/5/31配信
皆様

こんにちは
カウンセリングルームShineの吉井です。
本日もご開封ありがとうございますm(__)m

梅雨近し、ですね。鬱陶しい気分になりがちですが、
紫陽花は美しさを増しますね。十分堪能したいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、本日は「森田療法」について書いてみたいと思います。
本来これは、神経症の方向けに考案されたものです。

<神経症になりやすい人の共通点とは?>

自己内省力が強く、心配性で敏感であるという、ある意味弱さと
その反面
完璧主義、理想主義、頑固、負けず嫌いといった強さを併せ持つ

●例えば、人前で赤面してしまう自分に不安を覚え
顔の表情に注意が集中すると、より感覚が敏感になり
さらに不安が募っていっそう顔が赤くなってしまう。

注意と感覚の悪循環が生じてしまう。

●また、「周囲の人の視線が気になるから学校に行きたくない」
という不登校傾向の高校生が・・・

「こんな気持ちではいけない」
「もっと積極的に、前向きにならなくては」と自分に言い聞かせる。

要するに、自然に生じた感情を知性でコントロールしようとする。
不安な感情を「あってはならないもの」として観念的にやりくり
しようとするため、ますます思うようにならない葛藤が生じます。

ならばどちらか一方に重きを置き、もう片方を手放せよ。
という解決策への導きが森田療法とも言えそうです。

☆赤面したっていいじゃないか!
今日のプレゼンが上手くいけば、それでいいじゃないか。

☆周りの視線が気になろうといいじゃないか!
学校に行きたければ、行けばいいじゃないか。

なすべきことに全集中、「ありのまま」でいけば良し!
そう思えるようになった時、矛盾や葛藤は消えていくわけです。

★森田正馬先生いわく・・・

『悩みを抱えて生きるのが人間の普通の姿なのだから、
悩みは悩みとしてそれを抱えたまま、日々なすべきことをしていけばいい』

なんだかとても頼もしいお言葉ですね。

簡単ではない悩みもありますが、この考え方を知っておく
ということは有意義ではないでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆では、今月の「三大幸福論」からは

「最も深刻な疲れは、神経の疲れである」by.ラッセル

「心配事について考えるのは、考えることが何かの役に立つ場合に限られる。
それ以外のときは、他の事を考えるが良い。
夜分であれば、全然何事も考えない」by.ラッセル

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

心配事に支配されていると、睡眠が浅くなりがちです。
睡眠は生き物にとって最大の薬です。
考え事は紙に書いてでも一旦リセット、また明日考えましょう。

◆本日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
次回迄、どうぞお元気でお過ごしください。

 カウンセリングルームShine 吉井まゆみ












この記事をシェアする

https://smart.reservestock.jp/subscribe_form/mail_magazine/2192475?o=((customer_name_urlencode))



配信停止ご希望の方はお手数ではございますがこちらから解除をお願いいたします。
https://resast.jp/page/ss/

メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。









お問い合わせフォーム
⇒ https://www.reservestock.jp/inquiry/49781/



☆サービス一覧とご予約はこちらからご希望の日程をお選びください。
⇒ https://resast.jp/page/reserve_form/31366/







☆ バックナンバーはこちら
⇒ https://resast.jp/page/backnumbers/



------------------------------------

アプリ(無料)でメルマガを読むと

〇 文字化け無し
〇 必ず届く
〇 プッシュでスマホに通知が行く
〇 ほかのメールに埋もれない
〇 この記事に いいね する

今すぐインストール!
https://smart.reservestock.jp/menu/application_install_page

------------------------------------------