片岡ジョージ

「餅は餅屋のはずだけど…」ジョージのつぶやき便No19

2022/5/26配信


皆様、どもー!
片岡ジョージです('ω')ノ


前回のメルマガから37日が経過し、そろそろやろな~という雰囲気が漂ってきた頃合い。


書くという行為がやってきました(*‘∀‘) (どこから?)


 


よし書くぞ!という感じじゃないんですよね。


「あ、きた。」


みたいな(笑)


 


で、ソレが来たときに、ストレートに行動に起こせるスペースが確保してあるので、ストレスなくそのまま表現ができます。川の流れのように~♪


 


俗世的な言葉を使うと「心の余裕」的な?


 


余裕なのは心だけじゃないんですけどね。


まぁなんとなくつかみやすいんじゃないでしょか。


掴まなくていいんだけど。(ドテw)


 


なんというか、わかりたい!知りたい!理解したい!


そういう衝動って、案外奥からやってきたものじゃなくて、頭メインで生きている人のパターン化された欲だったりすることってあると思ってて。


 


そのさっきから言葉で使ってる「奥」ってやつも、頭で理解するような性質のものじゃなくて、やはり体験を通して知るというか、腑に落ちる類のものというか。


 


いくら「奥」を説明しても、それは奥にはならないし、言葉の域を出ない。


だけど、その言葉によるサジェストと伝えようという意志が言葉を越えた部分で届いたら、言葉ではない理解が体感として訪れることはあるかもしれません。


 


でもきっと、頭で生きていたら、そんな繊細な感覚に気付きもしないかもしれないし、見向きもせず、頭で理解しようとするところに留まってしまうかもしれません。


 


まぁ、それも極まるところまで極まったら反転するか、エゴを介在させない思考が使えるようになったら分かる時がくるかもしれませんけどね。


 


頭を使うことが悪いことなのではなく、なんでも頭で言葉で理解しようとするソレが、行動パターン化されてしまい、本当は頭使ってないんでねぇの?という部分がナキニシモアラズゥ!!かもね、ってだけで。


 


何事も決めつけず、〇〇か~もね。


ぐらいに留めておくって、僕はすごく大事だと思ってます。


なんにでも白黒ハッキリさせないと気が済まない方っていらっしゃいますけれど、白黒ハッキリつけられないことも世の中いっぱいありますわな。


 


そんな矛盾や不条理も含めての地球ランド。


十全に満喫していきませう。


 


 


★餅は餅屋のはずなのに…


 



餅は餅屋と思って、やるつもりのなかった個人セッションをはじめることにしました。

『聴く』セッション。
(対面限定でしゅ)

あなたの話、聴きます。
https://resast.jp/inquiry/82075


 


===


一応今は表向き漫画家ですが、実は特に漫画家にこだわってなくて。


絵を描くのが面白いから描いてたら、漫画になって、本になって、漫画家という目で見られるようになって、生業になっているので漫画家と名乗っている…みたいな。


金銭的なもので言えば、3年前?に書いた浄水器のメルマガから浄水器を買ってくださる方が多く、そちらもかなりの支えになっており、浄水器の発送屋さん?(笑)な一面もあります。


良かったら読んでみてちょ。


https://www.reservestock.jp/subscribe/125634


 


その他の顔といえば、2011年に妻の波動調整講座を受けて、そのまま一緒に住んで結婚して10年近く怠惰でちゃらんぽらんな自分を鍛えなおす日々が10年近くありました。


 


その道中の2015年。


道(タオ)の秘教のあるクンルンネイゴンと出逢い、生活を通して実修してきて。


 


最近になってやっと…修行の類が苦も無く、子供のような純粋な心で楽しく実践、探究できるようになりました。


 


その中で、色々心境の変化があったのですよねぇ。


 


いやね、ほんと、個人セッションやるつもりなかったんですよ。


僕が何か出来るともあんまり思わなかったし。


 


でもね、色々な癖や思い込みが落ちていった結果残ったのは


「何もする必要がない」でした。


 


もしかしたらこの「何もしない」を自分の中で深く根付かせていくためのセッションなのかもしれません。


 


…え?俺のため?w


 


そう、たぶんそうなの。


だけど自分の本当の望みのための行動は、かならず周りにも恩恵をもたらすことを人生の中で何度も体験しました。


 


僕のただ描きたいが「コロナは概念」という漫画になって、多くの方に親しまれ、愛されたように。


 


ここでいう「何もしない」は「エゴや抵抗、欲求、ニーズから何もしない。」と言い換えることもできます。


 


自分の主導権を、よそ者に委ねない。


主導権は持ったまま、宇宙の意志(奥)が表現したいことを運んでくるためのスペースを空けておく。そんなイメージです。


 


何も行動しない事ではないんです。


 


その見極め?


うん、まぁ~結構簡単なんだけど。


…わからないなら、とにかく色々やってみることですよ(笑)


言葉で理解した気になっても仕方のないことです。


 


現代人はとにかくお尻が重い!


スペースがないからです。


身体がなまってるからです。


癖だらけだからです。


 


そんな状態と真摯に向き合い、自分は本当にこれが望みなのかい?っと問うてみてください。


死ぬ前に、ああ、もっとこうしておけばよかったな…とならないように。


生きているうちに、やりたいことをやりましょう('ω')ノ


 


あ、そうそう。


5月の頭ぐらいにうつみん(内海聡氏)のメルマガ「本当の日本を再生させるメール新聞」に5000字の寄稿をしたんですわ。


 


その「何もしない」についても書きましたので、良かったら読んでみてくださいまし。


めっちゃ長いけどな!(笑)


(分かりにくかったなと思った部分を若干手直ししております☆)


 


 



はじめまして。片岡ジョージです。

ご縁を頂きまして、こちらに寄稿させていただくことになりました。

コロナのことや、ワクチンのことなどを調べている方の中では、そこそこ知っている方も多いかもしれません。

SNSを中心に発信している「コロナは概念」というけしからん4コマ漫画を描いている者です。

SNSをやっていなくても、高田馬場や新小岩、板橋に大型看板が出ていたり、書店で「コロナは概念☆プランデミック」という書籍を目にしたことがある方もいるかもしれません。

「コロナは概念☆プランデミック」は昨年、Amazonの書籍総合ランキングで1位を獲得したこともあり注目を集めました。

<コロナは概念☆プランデミック>
https://r10.to/hM4kj3

しかし元々漫画家だったわけでもなく、2020年に新型コロナが話題となり、その頃生業としていた実演販売士の仕事がなくなった時、ふとした思い付きで描き始めたものです。

絵を描くのは元々好きだったものの、4コマを描くことを学んだことも無いし慣れてもいないので、小学生でも描けそうな絵を試行錯誤しながら漫画編集ソフトで数時間かけて描いていました。

出来上がったものをSNSでアップしても5いいねとか(笑)でも、自分の内からやってきた「描きたい」という方向性に従っているので充実感と満足感がありました。いいねの数の為に描いていないからです。

ましてやこれでお金を稼ごうとか、有名になろうなどとも思っていませんでした。


しかし面白いもので、内からやってきたお知らせに沿って1つの漫画を描くと芋ずる式にあれも描いてみよう、これも描いてみようと、次の一歩が自然と出てくるのです。
そして毎日漫画をアップしているうちに、あれよあれよという間に読んでくださる方が増え、本になり、講演会に呼ばれ、講演会の動画が芸能人にシェアされたり数十万回を超える再生をされたり4コマのいいねも1,000を超えるようになりました。

なんとまぁびっくりです。


妻がよく「私たちは宇宙にオーダーする側ではなく、される側だ」ということを言っていますが、やっていたのはまさにそんな感覚。

宇宙に任された仕事をこなしていたら、その報酬をいただいたというか。


でも勘違いしてほしくないのは、有名になったりお金が稼げるようになったりいいねの数が増やすことが目的だったわけでもないし、ここで指し示す報酬そのものでもありません。


僕の内に「描いてみよう」とやってきたその時にそれをやること。その行動の中にすでに目的も報酬も内包されているんです。


自分の望みの通りに生きる。先ほどは「望まれている」と表現したわけですが、望まれていることが内にやってきた時、それが自身の望みになります。
宇宙の望みと自身の望みが重なるんです。ここに大きな解放があります。


頭であれこれ考えて絞った末の「過去の延長線上の自分が決めた」使命や行動や目的ではありません。


その内なる調和が何よりの報酬であり、そのオマケとして外側の知名度やお金や成功体験などがやってきただけの話なんです。
もちろん、頭を使うことが悪いことではないのですが、頭は補助なんです。

やってきた望みを叶えるためのサポートをするのが頭です。


あれこれ起きてもいないことの心配をしたりとか、終わった出来事のことをず~っと考えていたり…。

過去に携えたパターンを反芻するための道具にするのは勿体無いんです。


それは本来頭の仕事ではありません。
頭は未来のために使ってください。


そしてもし、過去の諸々が自分の中で燻っているのならば、パターン化された思考パターンで喝破するのは至難の業。

過去の集積である身体に意識を向けてみてください。

この身体を持っているという状態は、何よりの足掛かりになります。


人前に出て緊張したとき、鳩尾が硬くなったり呼吸が浅くなったり、鼓動が速くなったり肩に力が入ったり眉間にシワが寄ったり…。

それを単に「自分はあがり症だ」と概念で固定化したり「自分が出来ていない」とか「劣っている」とかよけいなジャッジを介入させずにただ直観する。

すると、そこにあるのは「身体の状態」です。
身体の状態そのものは、あなたではありません。

あなたはそれを観察する側。
こうして感覚と自分自身を少し放して、一歩引いて、作品を眺めるように眺めてみてください。

その状態を「変えよう」と意気込む必要も力む必要もありません。
いままでその状態を状態としてそのまま認識できていなかったんです。

色を付けて、流れ去っていかないように自分が掴んでいたんです。
その無駄な行為をやめて、ただ、ありのままの状態を眺めてみてください。

誰かに見せびらかす必要も無いし、見栄を張る必要もありません。
その状態は、今すでにそうであるのですから、抵抗しても無駄です。
余計にこじれるだけです。

ですから無駄な抵抗も、頑張りもやめて、変なレッテルも剥がして、身体の状態を、心の状態を眺めます。

するとそこに「スペース」が生まれます。
そのスペースではあらゆることが起こります。

わたしたちの小さな頭では考えも及ばないような小さくて大きな変化が生まれます。

気付いた時には、私たちが問題だと思っていた「それ」は消えているかもしれません。


この時、変化を起こしたのは自分でしょうか?
それとも「スペース」にやってきた「何か」でしょうか?


私たちはふとすると、なんでもかんでも「自分が」やっている。「自分で」変えた。
と「自分」を誇りがちです。


ですが、そんなに「自分」は万能ではありません。

たとえばフライパンで魚を焼くとき、フライパンの上に魚を置いてコンロのツマミを回したのは自分かもしれませんが、それによって火が起きてフライパンが熱されていき、その熱で魚が焼けます。

しかし、どんなに頑張っても「自分」は火の代わりはできません。
フライパンの代わりにもなれません。


「道具」として見ればそれまでかもしれませんが、そこにはあらゆるサポートがあります。役割分担があります。

目に見える世界を自分の「道具」程度にしか感じられないと、出逢えない世界があります。見失う世界があります。


世界を直観出来ないということは、自分すら直観できず、ありのままではなく、クセのまま世界と触れることになります。


そりゃあ自分の観たいようにしかみない世界観で、自分の私利私欲のために人を社会を地球を搾取する生き方をしていたら争いも生まれるでしょうね。

「私は癖が取れている」「私に死角は無い」「私は知っている」「私は正しい」

私は私は私は…。


これではどこまでいっても「私」が世界に相対している状態です。

新型コロナ騒動や政治活動、ビジネスやスピリチュアルな分野でもこの「私」が悪さします。

ちょっとした隣人との人間関係、家族や友人との関係性の中での「私」が思う「私」はどのような動きをしているでしょうか。

一歩引いて観察してみたことはありますか?


たとえば新型コロナに関する情報一つ取っても、言語化してみると人によって信じていることが相当違うことでしょう。


当初から怖がっている人もいれば、当初からまったく怖がっていない人もいる。
途中から怖くなった人もいれば、途中から怖くなくなった人もいる。

普通の事ですね。

新型コロナ騒動になる前からも世間では「みんな違ってみんないい」とか「世界に一つだけの花」とか、違いを受け入れるようなスローガンが流行っていました。

そうやって「人によって何を信じて何を信じないか全然違うのは当たり前」という前提はなんとなくみんなの中にありつつも、自分の当たり前が相手に通用しない事に憤ります。


「理想と現実のギャップ」というやつでしょうか(笑)


新型コロナはウイルスとして存在するとかしないとかいう論争も素人同士がぶつかり合ったところで疲弊するだけです。

大体SNSに現れる「議論好き」は自分の信じた考え方や情報が大好きなので、ほとんど相手の話なんか聞いていません。

自分の持っている「正しさ」の押し付け合い。
自分の意見が通らなければ、情報ではなく相手を人として非難し、自分の耳は塞ぎます。
相手より優位に立つことで自分が大きくなったと感じ、劣勢になると自分の危機となるのでより一層相手をディスって自分の価値を上げに走ります。

SNSを眺めていると「コロナは怖くない」「マスクは不要」「ワクチンは危険」の合言葉で世に啓蒙している体で、反対意見に物申し、バトルをしている方々をよく見かけます。


まぁ、どちらかといえば僕もコロナは怖くないし、マスクは不要との考え方ではあります。

しかし議論好きバトル好きの通称「反ワク」の方々の一部は相手の話を聞いてないし、相手の上げ足を取っているようで取れてもいないし、コミュニケーションにすらなってないな方々がいます。

僕の漫画を使って僕をタグ付けして議論してたりするので、たまに目にはいるんですね(笑)

その反ワクさんは終始「コイツマジわかってねぇwww」な態度なんですが、よくよく観察してみると反対意見のコロナの怖い人の方が案外マトモなことを言ってたりします。

会話として不成立なことを自覚していないというか。


たとえば「お子さんは何歳ですか?」と聞かれた時に

「小学3年生です。」と答えたとする。


いや、まぁ、わかるんだけど、質問聞いてた?みたいな(笑)
それをもっと拗らせて、相手の意図をも汲まずに、自分の正解ありきの脳内会話を披露しているというか…。

なんともまぁ残念な光景です。


本来、自分の正解とは、自身の現在地点での理解であり、誰かに理解させる必要はありません。

ですが、自分の状態が自分でも気づかないぐらい当たり前に不安や不足感や恐怖や渇望の中に居るといつの間にか「なんとかしないと恐ろしい未来がやってくる」と頭が騙されるようです。


これはあらゆることに当てはまり、意外と多くの人がこの罠に嵌っています。
「病気になったらどうしよう」「ワクチンが強制になったらどうしよう」「改憲されて自由を奪われたらどうしよう」「仕事がなくなったらどうしよう」「お金がなくなったらどうしよう」「嫌われたらどうしよう」「わかってないやつだと思われたらどうしよう」

起きてもいない未来を憂う毎日というのは、頭の中の妄想に住んでいる状態です。
この妄想を回避する為の行動をし始めると、自分の人生が望みから外れていきます。


大元が「不足の状態」なので、いくら表面的に補って一時的に求めていたモノが手に入っても穴の空いた袋のようにこぼれていきます。

だから、まずは自分の状態の認識が必要なんです。
そして他人との関係を、社会との関係を、宇宙との関係を眺めなおす必要があります。


自分の正解は置いておいて、世の中を眺めてみると、世の中の流れとしては「新型コロナウイルスはあるし、感染するし、マスクや感染対策は必要だ!」というのは基本であるように伺えます。

どんなに抵抗しても憤っても、反発しても、絶望しても悲観に暮れても、そうであるものは変わりません。

であるならば憤ったり絶望したり、悲観に暮れることは、無駄な抵抗であることが分かりますか?

抵抗するのではなく、人と出逢い、社会と出逢う中で生まれる瞬間とのコラボレーションの中で生まれる最善の一手を調和と共に繰り返していくこと。

実はここにゴールはありません。望む結果を得られたら幸せで、得られなかったら不幸だというのでは、頭の中のプラネタリウムから出られていない証拠です。


しかしそんな一朝一夕で自分の思い込みがすべて外れて、望むままの人生を生きられる人なんていません。
僕たちのやることはコツコツと自身の状態を眺め、過去に蓄積させた垢を落としていくことです。

そうして社会に刷り込まれた自動反応を超えて、自身を生きられるようになること。
つまりは宇宙一体で調和と共に生きられるようになることです。


大層なことは必要ありません。

私たちが発する意識の集合が社会です。
自身の発することに責任を持つこと。

是非、日々の一挙手一投足に意識を向けてみてください。


私たちが蔑ろにしている事の中に、日本を、世界を再生させる宝は眠っています。


お読みいただきありがとうございました☆

片岡ジョージ
FB / https://www.facebook.com/george.tezuka/
Twitter / https://twitter.com/oekaki_George
Instagram / https://www.instagram.com/oekaki_george


 


いやぁ、長い(笑)


 


だけど、こういった話がお好きな方がもしいらっしゃったら、静岡でお話会開催することになりましたので、足を運んで頂ければと思います^^


 



 




【申し込み方法】

お申し込みは『お名前・人数・お電話番号』

を明記の上、下記のLINEかメールアドレスにご連絡ください。

お問合せはお気軽にどうぞ!

white sky ID: ann1007jeff

mail: ninninantan0210@icloud.com


 


 


★最近描いた漫画!


 


No389

「香る唾液」


 海外ではマスク着用がどんどん撤廃され、日本でもマスクを外しましょう~という


アナウンスが増えてきましたね。若干マスクしてない人増えた気がしますが、


まだまだみなさん、マスクを愉しんでおられる様子(笑)


 


No390

「情弱情弱ゥゥー!」

 

 


 完璧だったからほぼそのままつかったよ☆



 


No391

「それが答え」

 


 


 

人間の興味深い生態が極まってきた感あるよね(笑)

 

 


No392

「鳴らない電話」


 


 

いつか…パーマかけられるといいね…('ω')…。

 

 


No393

「妄想的未来予知」


出来ないことに絶対的自信持ってる人って居るよねぇ~♪

 

ってことで、

 

コロナ飽きて、別の切り口で漫画描き始めました(笑)



 


 


 


No394

「救世主ママ」



「どうして世界を救おうと頑張っているのに新たな問題が発生するの!?😡💢

 

大なり小なり、未来ばかりを見て、イマココを見逃すってあ~るよね~♪

 

 




No395

「コロナよ永遠なれ」


 


サル痘にバトンタッチして…



いままで本当に

お疲れ様でした...😌



ゆっくりお休みください。



 

コロナは概念最終回的な。

条件が揃ったら続きがあるんだけどね(笑)


 


★ちょいと拾い画コーナー


 


◆感染源のほとんどがソコだから大正解だと思うよ(笑)


 


 


◆ドラムロールが必要だね(笑)



 


◆「伝わっていなかった」というより「伝える気はなかった」でしょうね(笑)



 


◆ほら、お陰でこんなに奇怪な人類があらわになったよ♪



 


◆とにかくマスクは必須だけど、鼻は出していい!自然な空気が必要だからね。



うん、病気だね!(*‘∀‘)!


 


◆ほら、変な目で見られているよ



イギリス人「みんなマスクしてるの?常に?」


 


◆そりゃM子さんの北風と太陽も現実味でちゃうよね。



https://twitter.com/MomomoM_m1/status/1525463020939677697?s=20&t=4WbGIqetb83aSfmYSwfZRw


 


 


◆いったいどれだけ尿が飛び散る設定なん?



 


◆トイレ繋がりだから(関係ない)



 


 


◆うん、それ、アレだよね。



 


◆ほら、去年からはじまったアレだよアレ!どんどん死者が増えておる。



 


企画した人はこんな感じかしらね。


 



 


まさか本当に謎のRNA注射を打つ人がこんなにいるとは思わなんだよ。


いやはやすごい時代です。


 


◆コロナ関係なく…絶対ダメなやつ(爆)



 


◆ノフの気持ち考えたことあんの?



 


◆なんか怖い。ぬくもりはそのままでいてほしい。



ぬくもーんとかに進化しないで。


 


◆わっかるっかなわかるかな?



 


◆「ちんこ付いてる人の湯」とかにすれば?



 


◆最近観たものに影響されるタイプの人間(パンダ)



 


★日常の記録的なつぶやきまとめ


 


 











深刻なことは何一つない。


自身を未知へ明け渡し、未知と遊べ。妄想に踊らされず、生きたいように生き、在りたいように在れ。それを阻むことが出来るものなど自分以外には無い。




と、出てきたので置いておく( ˘ω˘ )つ










 



 





「誤魔化さない。」


自身に起きたことを受け入れ等身大で今と出逢う。

僕たちはふとすると、習ったことだけで生きている。

ネガティブな感情が生まれたらそれを消そうとし、発散して誤魔化そうとする。

そうではなく、立ち止り、自身に起きたことを直観し味わうところに生きる醍醐味がある。




 



 






自分の中にドラマを創り出して自分も周りも騙してしまう。ドラマは時に人を鼓舞し感動を与え、失望を与える。ドラマの魅力はすごい。でもドラマはどこまでいってもドラマの域を出ない。




本当に必要なのはドラマを喝破し、でもドラマは大切にしつつドラマを超えたところで生きること。




現代人として生きて、鈍ってしまった生命感覚を取り戻す。



脳内ドラマで曇らせた世界じゃなく、クセを落として、ありのままの世界と触れ合いたい...そんな感覚が強くなった昨日今日。




なんとなく〜ではなく、真剣に、真摯に向き合う覚悟が決まった感じ。



生きてるうちに、身体があるうちに、通じてみたい世界がある。





 



 






政治や法律や制度が改善されたとして、夫婦間の不仲や職場での不調和、友人とのいざこざが無くなるわけではありまてん😌




外側の何かが変われば、または変えれば平安がもたらされるなんてことはないでしょ。



環境の改善が悪いという話ではなく、それより先に向き合うべきものが沢山あるよねって話👀





 



 






コロナを通してでもなんでも社会の闇に気づいたらさ、最初は憤ったり絶望したりしてもいいけども、いい加減感じ切って通過させんと、毎日社会や政治家や小狡い人たちに文句言って未来に怯えて、結局騙されてる時となんも変わらんて。





不条理や葛藤は起こるべくして起こっとるの。切ないものは切ないなぁって感じるところに醍醐味があるのであって、それを解決することが全てじゃない。もちろん解決することが悪いことでもない。でもその行動の源泉はどこさね?って話。





どんなに悲しみを避けようとしたって、絶対に大切な人との別れは時間の問題だし避けられない。




それが嫌だからといって人と出逢わないで生きることも出来るけど、そんなんじゃ楽しくないでしょう。




問題解決ゲームも一興だけど、もっと感じるべきものを避けずに感じよう。


本当は僕たちが避けているものの中に大切なものがたくさん隠れているよ🥺✨






 



 






朝の川沿い散歩を終えて、静かな時間。




なんとなく、自分はこの足でどこまで歩けるもんなんだろう?と。




また家を出て、あてもなく歩く。



地理感覚が無いので本当にどこに向かってるかわからない😂




けど、ちょいちょい知ってる場所にでる。



あ、ここって電車で来るとすごい早いけど、歩くと結構距離あるなぁと感じながら横目にただただ歩く。




途中トイレを貸してもらったコンビニでお礼に沖縄そばのカップラーメンを買い(笑



秋葉原についたら、おや?ゆみさんが演説やっとる😂

ということで少し眺めて挨拶してまた歩く。



でかいウルトラマンと信号が重なるところに人が集まっていたので、烏合の衆に混じって撮ってみる(笑





3時間半ぐらい歩いたら浅草に着いて足も疲れてきたしお腹も空いてきたのでデミル瞳さんの旦那さんがやってるケバブファクトリーでランチ🌮




なんかいっぱいサービスしてもろた🥺ので、息子たちのお土産にケバブを持ち帰りで頼み、私はまたどこかへ歩いてゆく...w



==



あ...足が疲れた!笑

 



途中隅田川に沿って歩いてたら、オールで漕いでるおじさん発見😂

 



その後荒川を渡って、てくてく。

 



足疲れたけどカフェとかないからとりあえず歩く。

 



新小岩でサイゼ発見したので休憩。iPhoneの万歩計が正確か知らんけど10時から歩き続けて3万5000歩ぐらいで、かなり足が限界のようです☺️

 



自分ではもっとイケると思ったー!笑



かーえろっ♪



 



 






昨日1日歩いて、電車の速さと便利さを実感した。

そして、足で確かめた東京は広かった。




講演で北海道にも沖縄にも行ったし、東北にも関西にも九州にも行った。




なんとなく日本って近くて狭い感覚を持っていたけれど、これは現代特有の価値観だったんだ。




世界地図を見て比較して、乗り物に乗るだけで遠くまで移動出来る。当たり前と思っていた感覚が揺らいだ。




同時に、あらゆる便利さの裏に隠れたものが実感を伴って見えてくる。




暖かいお風呂って当たり前じゃないな。家に居るのに誰かと連絡がつくって当たり前じゃないな。




よく、街で電動自転車の広告を見かける。スイスイ漕げる楽アシ!(楽々アシスト?)



一時の楽の代わりに足はどんどん退化する。(子供2人乗せて坂道が地獄なのは分かってるから「必要」と突っ込まないでw例えとしてな!)

ベッドは柔らかくて布団の上げ下げもないけれど、柔らかさが当たり前になれば地面の硬さは辛いし、生活の運動量は減少する。頭を、身体を、心を使う機会がどんどん減っている。





自分の人生を実感を伴って体験することではなく、頭の中での体験ばかりになる。本当の体験が減る。やった気になる。




そうして情報と便利に肥えた「私」は暇を持て余し、体験ではなく刺激を求めネット上を彷徨う。もっと楽したい。もっと楽しみたい。もっともっともっと...「私」を満足させてくれ...!!





現代は一長一短だ。

染まり過ぎると人間が錆びる。





言葉にすると当たり前過ぎることばかり。

だけれど、この便利な時代だからこそ、便利に飲まれ過ぎず、現代の当たり前に飲まれ過ぎず、生命感覚を研ぎ澄ませてゆくことが必要だと思う。





そんな当たり前を




 ・・

「実感」した




昨日今日...☺️




是非、歩いてみて♪






 



 








久々のいい天気☺️💕




梅雨かよって突っ込みたくなる天気が続いていたからね。とっても気持ちがいい。



散歩がてらランチして帰ってきて一息ついてまた散歩。ジジイか😂





公園のベンチで一息ニ息。

広めのベンチに転がって空を木々の揺らぎと空をみる。





色々な音がする。


鳥の声、虫の羽音、木々の揺らめき、機械の音、人の声、自転車の音が、心臓の音。



ちょうど良い気温と撫でるようなそよ風。うとうとっとして浅い夢を観る。




ほんの数秒の異世界旅行。


フフ...何故それが出てくる...と夢と戯れながら、狭間を行き来。




自然はただそこに在って、僕の身体も同じようにここに在って混ざり合う。




ここに救われるべき世界はない。




きっと今日も人間というややこしい存在の脳内妄想が創り出す劇が世界のあちらこちらで起きているのだろう。




それもご自由に...だ。





最近、自分の気持ち悪さに鼻が効くようになった。その分、SNSの気持ち悪さもすごい。人間の表面が創り出すドラマ博物館のよう。釣って釣られて魅せて引いて。





そんな気持ち悪さも排除せず、自分の中身と照らし合わせながらただただ感じる。



そうして変わってゆく感覚。



より深い静寂。深い平安。



そんな感覚を味わっていたら





鳩が歩いてきて、目の前でプリっとフンをして歩いて去ってゆく。



🕊💩




可愛ゆす。









 



 








最近、自分と世界と社会と人と価値観と...色んなものの間を漂ってる感覚というか、これという確固たるものはなく、色々なものが浮かんでは消え、その変化変容をただただ眺めてる。





こうすべきだとか、これが正しいとか、価値があるとかないとか、色々な感覚が重力を失って漂ってて。





だからどうということは無いのだけれど、感覚的には...言葉にすると難しいのだけれど、悟ってない仙人...みたいな?😂😂😂自分で言っといて何それ笑





なんかね、自分の中身が大きく変わる前の準備みたいな...??別に覚醒体験が来る!とかそういうんじゃないんだけど、無意識的な領域で自分という意識を縛っていた諸々が解けてゆくというか...日々その過程を味わってるのだけど、心地の良い感覚も心地の悪い感覚もたくさん出てきては消えていく...。





なんか、いままでお疲れ様...みたいな。




出来るだけ脳内ドラマをつくらず、盛り上げず、ありのままを書いてるつもり。そこには最近、特に細心の注意がある。





エゴってのは本当に隙間に入ってくるのがうまいからね。何度も何度も何度も何度も経験したからこそ?やってきた時、または一瞬でも入られた時に気が付けるようになってきたように思う👀




それがすごいとかじゃなくて、ああ、現状そうだなってだけね。




最近は、こういう投稿は何でするのかな〜と眺めてるけど、なんとなくこのふわっとしたものを言語化して記録として置いておこ〜みたいな感覚が近いかも?





だからまぁ、他人が読んだところで、だから何😂な話なんですけどねwww



最近ジョージ漫画も描かずに何してんのかなー?って気になってる人がもしいたら、こんな感じです☺️




社会に対するツッコミもあまり出てこないので、しばらくはそういう漫画な感じでもないかも。




時が来て、何か違う形で新しい表現が始まるか〜〜もね♪ってことで😘







 



 








自分がさっきまでいた場所(地点に限らず立場や考え方などを含む)での学びが終わり次の場所へ進んでゆく時、自分が越えた場所にまだ漂う人たちを観る。





するとエゴちゃんは「まだあんなところでなんかやってる笑」と過去の自分と重ねて批判し、今の自分の価値を上げ始める。




これが無意識的に行われるのがエゴとの一体化。




これが意識されながら行われているならば、一体化はかなり剥がれているのだけど、まだそこに心理的な旨みを感じているのよね。優越感とか、今本当に目を向けるべき今から目を背けることが出来たり。





その他人への心理的抵抗感、優越感が出てきて、意識出来たのに直観せず、誤魔化すように、発散するようにSNSに投稿してしまうと、いつまでもそのエゴどんに餌をあげ続けることになり、より深くエゴとの一体化が進んでしまう。





僕も例に漏れず、他人の言動に対して色々なものが湧く。

一言物申してやりたい「衝動」や社会のとある事象や捉え方を痛烈に批判して立場を確立させたい「衝動」が沸き起こってきたりする。





その衝動と共にあり、その衝動の方向を共に眺める。すると、どうもそれは僕の望む方向では無いことの方が多い。





そうして衝動への理解が深まると共に、抵抗せず衝動と共にあると、衝動は力を失って元の静寂が訪れる。





衝動を発散させることとは違うアルケミーが起きる。衝動が分解され、衝動を創り出していた大元の素材と溶け合う感覚。




より深い静寂。


ああ、言葉にするとチープだ...(笑




言葉というのは、特に文字は本当に限定的にしか表現出来ないものだなぁ〜と感ずる今日この頃☺️...







 



 








朝からお散歩して、途中ひろ子と四葉のクローバー探しをしてたら足を刺され...かゆーい!!




でも掻いたところで痒いものは痒いので、現れている痒みと共に在る。




かかかかかかゆーーーい!

かかかかかかゆーーーい!




かゆみを出来るだけ言葉でラベリングし過ぎず、そのまま感じつつ、外界への注意も保っておく。





いつしかかゆみの周りに何か新しい感覚がが生まれ、かゆいけど...まぁ、、。みたいな程度に落ち着き、しばらくするとさらに感覚は小さくなり、いつしか消えた。




さて、かゆみが消えたのは僕の力でしょうか?




いいえ、僕はただ感じていただけです。今に現れたかゆみという感覚を受け入れて、ある意味放って置いた。




自分が抵抗しないでいると、時間くんが仕事しやすくなる。誰かの仕事の邪魔をしない。そんな感覚。




目の前に現れたものは既にそうであるのだから、争っても疲れるだけですからね。




ただ、かゆみという感覚を消すために感じるわけではなくて、ただ今現れているものと共にあるだけで、変化が起きるだけです。それは、もっとかゆくなるかもしれません。




かゆみを解決してはいけないということでもないです。
家にいるなら、ドライヤーでガーすれば痒くなくなりますから、したければ対処すればいいのですけど、出先ですからドライヤーはありません。何かアイデアがあるならやってみたらいいですが、それも上手くいかない場合、もうどうしようもない。





抵抗するだけ無駄でしょ?

だから心理的抵抗をやめる。


これだけ。




これはかゆみに限ったことではなく、人生に起こるあらゆることに適応出来ると思うの。私個人の領域を超えたアルケミーは、そんなに生活から遠いところには無いんだと思う☺️







 



 








朝の散歩して、エクササイズして、お風呂あたたか〜☺️



朝はまだ若干寒くて。


途中でトイレに行きたくなった時、トイレがあると本当に「有難う!!」って気持ちになるね😂




これはもうありがとうと唱えましょうとかそういうレベルじゃなく、来るものがある☺️そりゃやっぱり言葉を超えたものが先だよねって。




たまに場所によって「このトイレは9時から16時までです」って鍵がかかってる公園のトイレとかに出会うと、この世を憎むのに、これ以上のことはいらないと思う( ´_ゝ`)





ま、それは半分ホントで半分冗談なのですけど、湧いてくるものは湧いてきたらいいんですよ。過ぎてゆくから。





寒さに関しても、無駄な抵抗して首肩肩甲骨あたりを固めてしまうと、余計血行が悪くなって寒さが長引くのだけど、無意識的なインプットがあってついやってしまうよね。





そこで、やっていることに気付いてOFFする。筋肉を強張らせなくても、体感的な寒さが変わらないことが分かり。ああ、人間ってほんと無駄なことしてるなぁと思うわけです。





で、寒いのは寒い!しかしこれは仕方がねぇ。でも寒いものは寒い。と、昨日のかゆみと同じように、あるがままに放っておくことは出来る。





すると、だんだんと身体が温まってきました。歩く行為と、効果を阻害しないという行為なき行為が真価を発揮してくる。





ここで「もっと厚着しろやw」というのはごもっとも😂でも僕は厚着をしなかったのです♪



昨日かゆみの投稿をしたら、こうすればかゆみを解消できるよ!というアドバイスというか私はこうしているよ!をたくさん頂きました😘





それは面白いのだけど、僕の意図の真髄はそこではなくて。




「何もしない」




ということなんです。





かゆみという不快なものが現れた時、現れたかゆみを感じ切ることなく対象してしまうと、嫌なものが現れた!対処!という行動パターンの輪廻が強化され、どんどん強固なものになってゆきます。





あえてそこに風穴を開けるというか、「かゆみを敵にしない。」



僕は物好きなので、かゆみって面白れー!!と思って、その感覚に深く入ってみただけです😂





かきたきゃかけばいいんですよ。

でもね、あえて何もしないという、選択もできます。




そして、その結果、変化が起きてくる。




あ、「行動を起こさなければ物事は変わらない」というのはやっぱり嘘だな、とストレートに感ずる事が出来ます。





ここで敢えて少しサジェストすると、あなたが社会に対して憤っている憤りは「行動を起こさなくても解消される可能性がある」ということです。





もし、とてつもない苦難の道と共に頑張らなくては世界を変えられないというストーリーを好んでいるのであれば、シンプルな道に魅力を感じないかも知れません。それは大いに結構。みなそれぞれフェーズがありますからね。





「でもそれじゃ根本が解決されていない!」という人がいるかもしれません。




では、あなたが憤ると問題が解決されるのですか?ということです😂



問題の解決と憤りも全く別のもの。


頭の中がぐちゃぐちゃになってこんがらがってるだけなんですよ。



憤らなくても、怒りを振りまかなくても、行動したければすればいいでしょう?単純なことです。




複雑に観える物事も全部「シンプルとシンプルの組み合わせ」(伝わる人には伝わる言いたいだけシリーズ😂)





道はいつでもそこにあります。


どちらの道を歩むか。

どちらの道を歩みたいのか。




瞬間瞬間、選んでゆきませう☺️







 



 








なな子を送って帰ってきて、身体のワークや家事を少ししああと、まだやることはいくつかあったのだけど、座りたくなったので、ダイニングでしばらく座ってた。





ひろ子は朝から身体の変化があるのか、ソファーでオヤスミ中。




オカメのプリンがピーピー鳴いているのでレタスあげたら静かになった。

レタスが欲しかったのね👀


と、少し鳥と通じ合えた感を感じながら眺める。




その後は、ただ、座ってた。



静か〜な時間。





家の外からの物音や家の中で鳴っている水槽のモーター音や水の音が背景音のように響く。





同時に呼吸と脈音がハッキリしてくる。ああ、この身体、生きてる。





ただ座っているだけで、体内外で動きまくっている。これは止まってるというの?というぐらい。





側からみたら1人の人間が椅子に座ってるだけなのだろう。でも、僕が感知するものは、そんな一つの物体の静止じゃない。





動いてる。めちゃくちゃ動いてる。



呼吸はどこからかやってくるし、脈のリズムもやってくる。





...どこから?





僕に呼吸を止める力は無いし、脈を止めることも動かすことも出来ない。



僕ではない力。


純粋な何かがある。





呼吸や脈だけじゃなく、身体全体を包む波のような動きや粒々のような感覚、あらゆるものが渦巻く身体は、静止しているとは言い難い。





外と内を同量に感じつつ、興味深く観察していた。




時折、次にやるべきことが頭をよぎるのだけど、いやいや、まだ座っていたい。





ただ、ただ、眺めていた。





...






すると、静寂を破る物音。



テストを終えた息子氏帰宅。


ただいま!おかえり。




...何してるの?




「座ってるの。」





...。





普通に客観的に観たら変な人なのは分かるが、僕にとっては今の望みに従ってるだけなんよね😂




何気ない会話わ2、3するものの、見た目としての動きは本当に少なく、ニヤニヤした息子は「放心....w」と言っていた。




言い得て妙。





何か疲れ切って放心状態になる、というのはあるんだろうけど、日常の中で放心出来るってなかなか素敵だなと。





そして息子氏はランチを買いに出かけたのだけど、その静寂を破る息子氏の登場がキッカケで、僕も動く気になった。





トントントンっとやることを全部済ませ、ご飯を食べる。





食べ終わり、珈琲を淹れて飲んでいたら、ひろ子がご飯を食べにのっそり起きてきた。




何気ない会話を交わしつつ、さっきの放心の話をすると「この前奄美にいた時はみんなそうだったよ」と。





海をみて、クリスタルボウルを聴きながら、風に吹かれて、ただただ座っていた。景色を眺めていたよ、と。





ああっ!それだ💡

と、ピコーンとなる。





ただ、在る。





自然の中にいる時だけでなく、家の中にいる時も、そういう感じになっただけだ。なにも特別なことじゃなかった。





そんな気づきを経て、ひろ子はまたソファーでごろんちょ。僕はその側で寝顔を眺めながら面白かった出来事を綴る昼下がり☺️




ひろ子、かわゆす。







 


と、まぁ長々とたくさんシェアしましたが、こんなところからも心境の変化や感覚の変化が垣間見えるのではないかと('ω')


 


今回のメルマガは、寄稿のシェアやSNSのシェアもあって 1万5000字近くなりました(笑)


まぁ~、暇なときにでも読みたくなったらゆっくり読んでみていただければw


 


そういう話興味なければ、拾い画コーナーだけ楽しむんでもいいけどね♪


 


ということで、今回はこの辺で!


ばいちゃ('ω')ノ


 


片岡ジョージ



  

 


 



 



イベント・セミナーのご案内




ジョージのコンテンツに興味がある



 


 







片岡ジョージ氏の著書やSNSの投稿に共感できる方とパートナーシップを築きたい方

18_yjcxzdy5mzqwzdnky





片岡ジョージ氏の著書やSNSの投稿に共感できる方とパートナーシップを築きたい方

18_yjcxzdy5mzqwzdnky





 


 


 


 


商品一覧 ショップを見る ▶


 


 




Icon_f


「続 コロナは概念」

これは美味しい!

7番バナナ 様

続コロナは概念は、期待通り面白いのですが、慌てて射ってしまった人には読ませられないかもしれません。
今後の世の中は、戸田誠二の「スキエンティア」という漫画のようになるかもしれないと思っています。




Icon_f


「続 コロナは概念」

クセになります

スセリビメ 様

コロナ騒ぎによって炙り出された、自分を含め人間の愚かさに思わず腹を抱えて笑ってしまいました(^^)




Icon_f


「続 コロナは概念」

ありがとうございました

匿名希望

単純に面白い。
100、200年後の歴史書になって欲しい笑




Icon_f


「続 コロナは概念」

超おススメ

柳井 葉子 様

相変わらず面白いです‼️
このまま3巻、4巻…と続いてほしい。




Icon_f


「続 コロナは概念」

もう最高!(笑

ささやん 様

笑える〜!😆😆😆
しかしこれが実態かと思うとあまりにも情けなっ!!😅
知り合いに読んでもらうべく2冊追加注文です😁


利用者の声をもっと見る▶


 


 




 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。