大村純子

夫婦間コミュニケーション迷子だった私に足りなかったのはこれだった!

2022/5/26配信


皆様


「本質で人と関わり 納得の取捨選択をお手伝い」


自分と場を整える片づけコンサルタントの大村純子です。


30418_公園プロフィール写真


来月から開催するオンラインサロン


JUN’Sコミュニティの募集は


来月頭に7月開始生の募集をします。


 


月額制で大人の習い事のように


自分の人生の主役を生きる人のための


分かち合い、高め合い、整える機会になるよう


「人とつながり、しっかり暮らす」をテーマに


自分を整える場、


コミュニケーション能力をあげる場


空間整えについて学び合う場


などを提供していきます。


 


ご案内もうしばらくお待ちくださいませ。


 


さてさて、今週末からは九州へ行く予定。


夫と子どもたちは私の不在中に


ラグビーリーグワン初代王者が決定する


決勝戦を観戦しに行く予定。


 


それぞれに新たな経験ができそうです。


 


それぞれの「やりたい」を現実にする


そんな関りが心地よいと感じています。


 


私が家を整えるのも


それぞれがやりたいことに


エネルギーを注げるように


という意図があります。


 


ほんの数年前に自己犠牲で


バーンアウトしてから


 


しっかり暮らすことをベースにしながら


自分を犠牲にすることなく


家族がチームとして助け合える


そんな土台構築を意識してきました。


 


2拠点生活もそういう意味合いでは


それぞれの「やりたい‼」を現実にする


チームワーク力を養う機会でも


あるのかもしれません。


 


 


人とつながり、


しっかり暮らす


そこが私の幸せポイントであり


 


使命を掲げて仕事を楽しめるのも


この幸せポイントを外さずに


取捨選択しているからこそ。


 


自分が納得して


自分の人生における


取捨選択をしていくということ


 


なんとなく、こんなもんだな


の他責で過ごしてきた期間が長い私は


自分理解が深まり自責で


物事を取捨選択し始めて


自分を取り戻していきました。


 


そこからいろんなモノゴトが動きました。


 


自分を取り戻していくことで


自分が渦の中心になるかのように


自分→家族→社会の順に


豊かさの変化が訪れていくことを


多くの方に実感していただきたい。


そんな思いでコミュニティを立ち上げます。


 


 


 


夫婦間コミュニケーション迷子だった私に足りなかったのはこれだった!


コミュニケーションといっても


情報交換レベルから


分かち合いレベル


そして


高め合うレベル


という段階がある、ということを


対話を学ぶようになってから実感してます。


 


興味深いことに


自分との距離が近い人ほど


レベルを深めていくのが難しいものです。


 


 


私は夫と長ーい年月の間、


情報交換レベルのコミュニケーション


で過ごしてきました。


 


結婚当初はもう少し


分かり合えていた気がするのですが


年月を経てレベルが下がった


と感じていましたが、もしかしたら


夫が頑張ってくれていたおかげで


なんとか分かち合えていたのかも


そんなふうにも今は思ったりします。


 


というのも私は、


ただただ、嫌な状態にならないように


避ける、触れないをやっていただけでしたから。


 


でも結局は悪化しましたけどね。


 


 


実は、まだコミュニケーションらしい


やり取りが少し残っていた頃に夫から


「君の友達と接するように自分に接してほしい」


と言われたことがあったんです。


 


夫にとっては、


私が友人にとる態度と


夫に向き合う態度が違う


と感じていたわけであって


夫がそう感じていることは


事実としてあったわけです。


 


もしかしたら夫はその願いを


勇気を振り絞って口にした


のかもしれません。


 


ですが、当時の私は


「同じように接しているわよ


そう感じるあなたがおかしい」


とピシャリと返してしまった。


 


あの時、私に少しでも


「受け取る力」があれば


関係性は悪化しなかった


かもしれないと思うのです。


 


対話を実践しながら痛感するのは


コミュニケーションって相互だということ。


 


「伝える」「受け取る」はセット


 


「伝える」だけ頑張ったとしても


「受け取る」ができないと深まりません。


 


情報交換レベルはお互いに


伝えたらいいだけレベル


 


「えー、そんなこと聞いてないよ」


「言ったよね」


に展開するのは受け取るが


不在になっているからかも。


 


最近よく人と対話をしていて、


お!すごく変わったなと感じる方は


話の内容を聴いていても


この「受け取る力」があるんです。


 


人って「伝える」に一所懸命に


なりがちだと思うんです。


だって人って


自分をわかってほしいから。


 


伝わらないと


なぜわかってくれないの?


って嘆くのもそれだと思うんです。


 


でも、コミュニケーションを


もう一段階あげるなら


「受け取り力」を意識する


が必要になると思うのです。


 


「受け取る」というのは


相手に従うではありません


 


相手の言っている言葉を


精査するために受け取るなんです。


 


そう言っているけど


それってどうなんだろう


 


どんな背景があって


そういっているんだろう


と考えてみるきっかけにする。


 


いわば相手の視点を借りて


考えてみる機会にするわけです。


 


そのうえで、


いや、やっぱり自分はこうだと思う


だったり


あなたが言ったこと一里あるように思う


だったりの答えを出していく


そのための「受け取る」


 


夫に「友人と同じように接してほしい」


と言われたあの時


私に「受け取り力」があったら


深く聞いてみる機会を


ピシャリと閉じてしまわずに


それってどういうこと?


私のどんなことがそう思わせるの?


と深めていくこともできたはず。


 


それは私が悪い、夫が悪いと


どちらが悪いか白黒させる


ということではなく


お互いにズレを理解する


ということができたはずなんです。


 


長い情報交換レベルを経て


「受け取る力」に意識を向けて


コミュニケーションをとり始めたころ


夫が私に向かって言いました


「全然共感してもらってる感じがしない」


 


以前なら「はいそうですか」


で終えていたと思いますが


その言葉を聞いて、やったーと思いました。


久しぶりに本音が聞けたなって


感じたからです。


 


 


その言葉を受け取ったことで


自分を振り返る機会をもらい


そこでの自分の想いを


夫に伝えることができました。


 


自分では見えていなかった自分を


相手の視点を借りて知った瞬間でした。


 


 


受け取る力が不在では


お互いの認知を深める


より自分を知り


相手を知っていく機会を


損失していることにほかなりません。


 


 


なんかコミュニケーションが


上手くいかず、ぎくしゃくしているな


と感じたなら自分の


「伝える力」だけでなく


「受け取る力」はどうだろうかと


立ち止まってみることをお勧めします。


 


耳がいたい、なんかざわつく


正当化したい


蓋をしたい


そんな自分もいるかもしれません。


 


辛いという感情が


出てくるかもしれません。


 


私自身も受け取れずに


反応してピシャリと締め出して


しまうこともあります。


 


でも、反応した後からでも


立ち止まってみたらいい


と思っています。


 


相手の言葉を受けてみてどう感じたか


受け取って精査したことを


後からでも伝えてみる


そんなことから意識して


できることをやっていこう


と思っています。


 


コミュニケーションの


「伝える力」と「受け取る力」は


あり方や捉え方と直結しています。


 


自己理解が深まることで


「受け取る力」が養われていきます。


 


自己理解っていろんなことの


ベースにあるものです。


土台です。


 


コミュニケーションの豊かさは


自己理解から始まる


 


自分自身を否定していたら


相手を肯定することはできません。


 


コミュニケーションスキルを


磨くことよりも


自己理解の土台を


形成していくこと


それこそ近道だと思っています。


 


しっかりゆるがない土台を築いて


豊かなコミュニケーションで


つながりを深めていきたいですね。


 


 



自分が一番自分のことがわからないもの


自己理解ってどういうことなのか


コミュニケーション迷子の方


対話をしてみませんか?


こちらから個別セッション受け付けています♪


初回割引ありの2h個別セッション申し込みはこちらから

 


 


 


 



  

 


 



 



イベント・セミナーのご案内




片づけ問題を根本的に手放したい方




 


 




子どもとのより良い関係性を育む親になりたい方へ




 


 




自分軸で心と場を整えることに興味がある方




 


 






 


 


 



契約サービスのご案内



自分への理解を深めしっかりとした土台を築きたい方


自分を整えるコーチコンサル(4か月コース)








 


ご予約はこちらから ▶


 


 




645410_zte1zmuzngixn


自分を整えるコーチコンサル(4か月コース)

人生で大事な事が得られました

大山 明美 様

長期間、本当にありがとうございました。
私は仕事柄、お客様の思考の整理をサポートする機会がありますが、自信を持てずに悩んでいました。そんな時、自分と向き合うことの大切さに気づかせてくれたのが、友人でもある純子さんでした。1回1回のセッションで、少しづつでも着実に階段を上がるように導いてくれました。いつも全力で私の内側を一緒に引き出しながら、とっても温かく包み込んでくれる、そんな頼もしいコーチがいたからこそ、貴重な気づきを得ることができました!
自分のことは自分が一番見えずらく、整えることも難しいものだと実感しているからこそ、信頼できるコーチの存在は貴重だと思います。自分と向き合う機会のない方や方向性が定まらない方には、とってもお勧めのコンサルです。
私もこれからもずっと、この学びを深め続けていきたいと思っています。




Icon_f


【特別ご招待】ざっくばらんに今をシェアしあいましょ。

人生で大事な事が得られました

ともちゃん 様

今人生が毎日幸せで楽しいと感じらるようになっています。純ちゃんと最初に会った時の私は、自信が無いのに自信があるように、判断やコントロールのなかでいつももやもやしてました。
まさに凄いタイミングで、ご縁をいただき人生の扉が次から次へと開いて行き、自分が生きやすく変われば周りも同じように変わり出す。

そして幸せな輪がどんどん広がりその波動が同じものや人が引き寄せられ、ただそこにいるだけで、安心の中で過ごしていける。

これはすごい事だけど誰にでも起こる事。
その場に一緒にいられる仲間に感謝。
それだけで充分と思えるようになった。
純ちゃんほんとうにありがとう。
これからもよろしくお願いします。




Icon_f


モノ・自分整えコンサルティング

目から鱗

R.W 様

自分のありたい「あり方」に基づいてモノを整えていく方法が少しわかった気がしました。

心地よさ、あるいは面倒臭さから、どうしたいのかをキーワードととして捉え、方法を見出してくのは良いなと思いました。

モノをつうじて自分のとらわれマインドを知っていくと、より自分がラクになって行けそうな気もして、まさに純子さんのコンサルティングはその名の通りだなと思いました。

そして、どう取捨選択しても、否定したり、突き詰めたりしなくても良い、一時的に保留することも活用していい、片付けは昔から苦手だし、色々と取り組んでよくはなって来ましたが、今の自分に見合ったあり方を考えながら、でも気軽にとりくんでいきたいと思いました。

今までの片付け術とは違う、いまの自分だから受け止められたコンサルティングで、うけてとても良かったです。

ありがとうございました。




Icon_f


モノ・自分整えコンサルティング

気づきが得られました

みゆき 様

先日はありがとうございました。

物や片付けを通して、自分自身のあり方についての新たな発見と気づきがありました。

頭の中のごちゃごちゃしたことが、整理ができてきて、今はすっきりとしています。

自分の考えを整理したい時に、またお願いします。




Icon_f


モノ・自分整えコンサルティング

楽しく学べました

ぴっぴろった 様

肩肘張る必要ない。生活スタイルにあわせて自分でコーディネートする。お片付けってそういうもの。と、気づかせていもらいました。
また、時間管理についてもご助言いただきました。思考のマッサージをしてもらった感じです。
やりたいけれど、捨てることをためらったり片づけることを邪魔している傾向が見て取れると、いろんな角度から提案を下さり、片づけたくなってくる・・あくまでこれは、私の場合のご助言だと思います。
大村純子さんは多彩な引出しをお持ちの最強片づけマスターでした。いくつかキーワードをいただきました。それを念頭にして進めようと思います。あぁやっと片づけエンジンがかかり始めました。新しい年に向けてしばらく捨てることをも楽しんでみようと思います。
ありがとうございました。


利用者の声をもっと見る▶


 


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 




所属協会