津田 絋彰

【必読】世界に誇る日本人の道徳観

2022/5/10配信


皆様


34225_270205886_4617058158412136_4400644245860558517_n


おはようございます(^^♪

 

 

今日も元気でいて下さってありがとうございます。

 

 

昨日の夜は津田紘彰『ニコニコチャンネル』のライブにて沢山のご質問やご相談にリアルタイムでお答えし、

 

 

本当に楽しい時間を過ごさせて頂きました。ありがとうございました。

 

 

やはりリアルタイムならではの『生』感はいいですね(^^♪

 

 

シン・ニッポン塾もメルマガサイトのトレンドにランク入りして本当に盛り上がっています。

 

 

本講座第一回講義、無料枠100名の締切が迫ってきました。

 

 

ぜひお早めにどうぞ。

 

 

 


◎オモテに出ない本当の情報を知って正しい選択をしたい
◎不安な世界情勢の中で、何が真実かわからない
◎これからの人生をどうすればよいのかがわからない
◎コロナ以降、生きづらさや働きづらさを感じている
◎自分の力はこんなものではない…という思いがある
◎可能性を発揮したい、自分らしい人生を歩みたい


 


 


期間限定で多くの情報をプレゼントしています。

特別動画講座視聴可能

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 





 

 

 

 

 

 

人生の転機となった11年前の3月11日、東日本大震災の後、即現地入りをして、

 

 

そこで目の当たりにしたのは困難にも泣き言ひとつ言わず、

 

 

助け合い、支え合って生きる東北の皆さんのお姿でした。

 

 

いつも被災地にいくたび、こちらが勇気の出る優しい言葉をかけていただいて、

 

 

帰り道は目頭を熱くしながら帰途に就く。

(現地の方の前では泣かないようにしていました)

 

 

日本在住のドイツ人の友人も、

 

 

震災から数年後に再会した時に

 

 

『たった一つのおにぎりや一杯の水を分け合って生きる日本人の姿を、涙を流して家族で観ていたんだよ。

 

 

日本人みたいな人たちが世界中に増えたらいいのに…』

 

 

と目に涙を浮かべて話してくれました。

 

 

日本人は、世界に誇るべき素晴らしい魂を持っている。

 

 

今日は、そんなエピソードをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話は東日本大震災5日後の3月16日、

 

 

震災直後の福島第一原発から25キロ離れた被災地に

 

 

ひとりの警察官が派遣された。

 

 

彼は在日ベトナム人の両親を持ち日本生まれ、

 

 

苦学して大学院で博士号まで取り、

 

 

両親の苦労からか、

 

 

ひとのために働きたいと日本に帰化して警察官になった。

 

その夜、被災者に食料を配る手伝いに向かった学校。

 

 

その警察官は、寒い校舎にTシャツ短パン姿で

 

 

配給の最後尾に並ぶ9歳の男の子が気になった。

 

 

長い列の最後に居た少年に夕食が渡るか

 

 

心配になってその子に話しかけた。

 

 

 

 

 

 

 

 

少年は警官の彼にポツリと話しはじめた。

 

 

少年は体育の授業中に地震と津波にあい、

 

 

学校近くで仕事をしていた父親が

 

 

心配して学校に駆けつけてくれた。

 

 

しかし少年の口からは想像を絶する悲しい出来事が語られた。

 

 

 

 

 

 

 

 

「お父さんが車ごと津波に呑まれるのを

 

 

校舎の窓から見てしまった、

 

 

自宅が海岸近くなので、

 

 

たぶんお母さんや幼い妹弟も助かっていないと思う」

 

 

と言ったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

家族を語る少年は、

 

 

不安を振り払うかつのように顔を振り、

 

 

悔しさと心細さと寒さで、

 

 

にじむ涙を拭きながら声を震わせていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

警官は自分の着ていたコートを少年にそっと掛けた。

 

 

そして持ってきていた自分の食料を少年に手渡した。

 

 

当然、空腹の少年は遠慮なく喜んで食べてくれると思っていた、

 

 

がしかし警官の彼が眼にしたのは、

 

 

受け取った食料をトコトコと配給箱に置きに行った少年の姿だった。

 

 

唖然とした彼の眼差しを見つめ返し少年はこう言った。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ありがとう、

 

 

でも他にも沢山のひとが、

 

 

僕よりもっとおなかを空かせているだろうし…」

 

 

 

 

 

 

 

 

警官は忘れかけていた熱いものがふと湧き上がって、

 

 

涙を見られないように少年から顔をそらした。

 

 

髪の白髪が目立つほど人生を歩んできた自分が恥ずかしくなるような、

 

 

人としての道を少年に教えられるとは…、

 

 

 

 

 

 

 

 

心細く困難に耐えている9歳の少年が

 

 

他人を思いやれる自己犠牲と相互扶助の精神。

 

 

ベトナム人の彼は、日本人は偉大な民族であり

 

 

必ずやより強く再生進化するに違いないと思った。

 

 

彼は祖国ベトナムの友人にこの話をして、

 

 

それがベトナムでニュースとなり大変な反響を呼んだ。

 

 

決して裕福とはいえないベトナム国民からの義援金が殺到したという。

 

 

悲劇と苦難の元でも失われない、

 

 

けなげな日本人の美徳と負けない力をひとりの少年の小さな行為から学んだ。

 

 

本当にありがとう。

 

 

 

 

 

____________

 

 

 

このエピソードを読んで真っ先に思い出したのは、

 

 

真冬の東北の寒空の下、懸命に水を運んだりおにぎりをみんなに配っていた、

 

 

石巻の少年の姿でした。

 

 

ある気学の先生によると、

 

 

心の時代と呼ばれる現代は、

 

 

思いやり、親切、恩返し…

 

 

日本人がずっと大切にしてきた感性こそが、

 

 

時代の波に乗る一番の方法なのだとか(^^♪

 

 

今日もどうか素晴らしい一日を。

 

 

いつもありがとうございます。

 




 


 








Icon_f


UNIVER体験会

今聞けてよかった

Y.U. 様

体験会とはいえ、とても内容の濃い学びが得られました。

こちらとしてはお試し感覚だったのですが、講義に本気の熱意を感じて、自然と前のめりになっていました!

今日聞いた内容を少しでも活用して、自分の人生をより良い方向に歩いていきたいです。




Icon_f


UNIVER体験会

気付きがすごい!

まき 様

素晴らしい体験会でした!
今まで意識せずに行動していたことへの気づきと、同じ志をもった人たちと出会えたことに感謝です。
ヒロさんのエネルギーを身近に感じることができて、自分も頑張れば変われるのではと言う気持ちになれました。
体験会なのに濃密過ぎる1日でした!
ありがとうございました‼︎




Icon_f


UNIVER体験会

楽しく学べました

許斐 尊登 様

生のひろさんから直接学ぶことができ、感無量でした。
今日学んだ信頼関係、傾聴、承認の3つを実生活でも活かしていきたいです。
また、とてもいい人達が集まっており、安心して、楽しく学ぶことができました。
本日はありがとうございました。




495417_nzexyzg1ota5o


UNIVER体験会

今聞けてよかった

しゅんしゅん 様

生きる上で大切なメッセージが、この体験会だけで十分すぎるほど多かったです。心の中に、勇氣がふつふつと湧き上がってくる感覚があります。この一日で受け取ったメッセージを消化して、今後の自分の人生を輝かせていきます。UNIVERはすぐには始められませんが、いずれ、必ず入学します。




467902_mze3zgrlnzuxo


UNIVER体験会

出会いに感謝!!

小田 真司 様

本当に役に立つ一日でした。
濃ゆく深い学びになりました。まだまだ知りたいと思っています。よろしくお願いします。


 






経営者、個人事業者、独立準備中、わらしべ商人の読書術に興味がある方

31784_yjixm2mxywjlotnim





経営者、個人事業者、独立準備中、わらしべ商人の読書術に興味がある方

31784_yjixm2mxywjlotnim





 


 


 


 


商品一覧 ショップを見る ▶


 


 



津田絋彰が日本人全員に届けたいと願っている


『わらしべ商人の読書術』


 


その創始者川原悠伍氏自らによる


わらしべ商人の読書術を直接学べる唯一の動画講座!


東京雅叙園に全国から300名が集った伝説講演。


物心共に豊かになりたい全ての方、必見です!


U5 BOSSのショップ ▶



 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 


 


 

メルマガ登録
プロフィール
講演・セミナー
個別予約
コンテンツ
ショップ
お問い合わせフォーム
お客様の声
特定商取引法に基づく表記
Twitter
Facebook
instagram
ブログ
ホームページ
Copyright (c) 2010-2022 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック