立松季久江
PR

春はデトックスの季節

2022/4/ 9配信


28098_banner_image


皆様


 


おはようございます

立松季久江(Kikue)です。

25619_dscn0564


 


春になり


暖かくなると


少しずつ薄着になるのもあり


体型が気になる時期ですね。


 


また、なんとなく


体調がスッキリしない


ことも多くあります。


 


冬の時期は


寒さでどうしても体はむくみやすく


脂肪もつきやすい時期。


 


そのため


春はまずはデトックスして


一旦溜め込んだものを


スッキリ排出して


軽やかに夏を迎えたいものです。


 


冬は太りやすい?


寒い冬は血流が滞りやすく


体に栄養や脂肪を


溜め込みやすい時期です。


 


また冬の食事は


味が濃いこってりしたものが多く


そして


汗をかくことも少ないため


水分や老廃物も滞りやすく


体がむくんで


重く感じることも多い季節です。


 


今冬は寒かったのもあり


運度量が減った方も


多いのではないでしょうか?


 


運動量が減ると


どうしても筋肉量も減りやすく


基礎代謝が落ちやすくなります。


 


冬は外気温が低いため


体温を上げるために


本当は代謝が上がりやすいのですが


今年のような寒さでは


動くのも億劫になりがちですよね。


 


デトックスに必要なもの


春には、


まずは冬に溜まった老廃物や


余分な水分を外に出すのが大切です。


 


それには


苦みや


辛味のある


旬の野菜や山菜が


オススメです。


 


春野菜には独特の


「苦み」・「香り」・「辛味」


をもつものが多くあります。


 


この苦みには


植物性アルカロイドが


含まれています。


 


老廃物を体の外に出す


解毒作用や


新陳代謝を促進する働きが


あるとされます。



香りには


リラックス効果や


血行促進


抗酸化作用があると言われています。



辛味には


イソチオシアネートなどの


成分が含まれ


抗酸化作用や


食欲増進効果


血栓予防効果が期待できます。


 


重い体を軽くする食べ物


では、デトックスに役立つ


春の食材をご紹介します。


 


まずは菜の花です。



菜の花には


「辛味」のもとになる成分


グルコシノレートが含まれており


肝臓の解毒機能を


強化することがわかっています。


 


春野菜のセロリは


カリウムを多く含み


むくみ予防や高血圧予防に。



たけのこは


食物繊維が豊富なため


便秘改善。


 


新玉ねぎは


目にしみる辛味成分の


硫化アリルを含み


血液をサラサラにする


効果が期待できます。


 


このように


血流を良くしたり


便秘改善など


春には余分な水分や


老廃物を流す働きが


期待できる食べ物が多くあります。


 


体調を整える


ビタミンが多い野菜も


旬です。


 


例えば


アスパラガスは


β-カロチン


ビタミンB1・B2・C・Eを


バランスよく含みます。



春キャベツは


春野菜の中でもビタミンCや


ビタミンUが豊富に含まれ


胃腸や肝機能を整えてくれます。




えんどうまめには


ビタミンC・B1が


多く含まれます。


 


食べ物だけでなく


春の時期だからこそ


お風呂にゆったり浸かって


血流をよくすることもオススメです。


 


暖かくなってきたので


軽い運動をして


汗を掻くのもいいですね。


 


今年は一気に春が来たので


夏が来るのも早そうですが


暑い夏に向けても


いまの時期は


冬に溜まった老廃物や


水分をスッキリ外に出して


体や心を整えましょう。


 


囲み枠のサンプル

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。




 


 


 


 



  

 


 



 


 


 


 


 




 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。