Ouchi Edu

「絵を読む」大人にこそ必要?

2022/1/28配信


皆様


Ouchi Eduのあらきかよです。


日常に埋もれている小さな学びのタネを見つけるメルマガ、JIMIちいく。


今日のお話はこちら。


 


絵を読む


 


昨日は、
参加しているアートサロンのオンライン講座の日でした。


 


一枚の絵をみんなで鑑賞して、
それぞれが感じたことをシェアするワーク。



このワークを、
参加メンバーと一緒に、
これまで何度も繰り返してきたんですが、



昨日は、サロンオーナー曰く


 


「みんなの個性が炸裂した日」


 


 


画家とモデルが描かれた、
たった一枚の絵を見ながら、


 


なんと2時間も語らいました!


 


しかもね、
「その絵が好きかどうか?」という問いには、


1人を除いてみんな
「キライ」と。


 


好きではない絵を見て、
なぜ好きではないのか、理由を考え


ほかの人の好きではない理由を
「ふむふむ」と聞いているのは


 


私は、
かなり好きな時間でした。


 


 


 


最近、
私たちが見ている「絵」は、
一瞬で流れ去っていきます。


見るのはほんの1秒?
いえ、


下手をしたら1秒もないかも。


 


目を留め
手を止めて


じっくり見るのは


「好きなものだけ!」


 


それでも、


さぁ、1分も見てるでしょうか?


 


 


好きでないものは、
どんどん次へ。


 


この作業を繰り返すことで

そもそも、
フィードには好きなものしか流れてこない。


 



そんな仕組みに
すっかり慣れっこになっていたなあと


気が付きました。


 
なんか、
ちょっと怖いです。


 


 


だからこそ
意識的に


 


じっくり、絵を読む


 


知育でも
とても大切にされてることだけど

実は
大人にこそ

この時間は
必要なんじゃないかと思います。


 


 


 




 


私が参加しているアートサロン
新メンバー募集がはじまりました。


 


メルマガも
とっても面白くってオススメなので、


ぜひ紹介させてください。


興味のある方は
こちらをご覧くださいね。


 



国宝伝道師 むなかた智子
実践アートサロン


https://www.reservestock.jp/conclusions/11271?fbclid=IwAR3E5MQV3dRPw24WX8kxJaue2drFGJ5_HpadbaUG59x3_CaLcRScRatmmmI


 


 


 


((mail_footer)


 


 


 



  

 


 


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。