かみかけ由美

「本物のアーティストとは」

2021/12/ 6配信


皆様へ


「人生を自分色にクリエイトする」


~自分度100%の生き方をはじめよう~


 


あなたの夢を応援する


メンタルマスターコーチ
100いろアートセラピストの  


かみかけ由美です。


 


・・・・・・・・・・・・・・・・


先週の土曜日 


「とら年なのに白くま」カレンダーの


プレゼント企画を実行できました。


 


はじめての試みだったので


パソコンシステムがうまく働いてくれるかな?


 


ちゃんとダウンロードのリンクが


送れるのかな・・・



いろいろ不安材料はありましたが


なんとかうまくお届けできたようで


安心しました。


 


今回初めて


自作のカレンダーを


ギフトするという企画をしてみて


気づいたことがあります。


 


今日は


そのことを


つれづれに書いてみました。


・・・・・・・・・・・・・・・


今回のタイトルは


「本物のアーティストとは」


・・・・・・・・・・・・・・・


以前のわたしは


本物のアーティストとは


 


自分の内面の


ドロドロにも向き合って


  


そこにある深い情動を


絵として表現できる人こそが 


本物アーティストなのだと


イメージしておりました。


 


わたしみたいに


ただ楽しく


幸せそうな絵ばかり描く人なんて


どーしたもんだか😓


  


と、自己否定のループに


はまったりもしたものです。


 


でも、今回


「とら年なのに白くま」の


カレンダー企画をしてみて


わかったことがあります。


 


それは


 


わたしは シンプルに


「幸せな絵」を描いてもいいのだ


ということ。


 


この感覚をものすごくナチュラルに


受け入れることができました。


 


わたしが描く絵は


 


赤ちゃんが初めて手にするおもちゃのような絵です。  


  


そのおもちゃには


無垢なエネルギーが宿っていると


わたしは感じています。


 


それは


手放しに幸せになっていいのだ、という


絶対的な安心感です。


 


そのエネルギーを


大人の人たちに


今こそ、届けたいと


思っているのです。


 


「手放しに幸せになってもいいのだ」


 


それがわたしにとって


アートに寄せる衝動なのだと


自覚しました。


 


大人たちが


今この瞬間に


幸せを感じることができること。


 


その想いをカタチにしたのが


100いろアートの絵。


 


アートをとおして


それが


わたしがやりたいことなのだと


改めて思ったのです。


 


そのことを自覚して


ひとり勝手に感動しています。


 


今回


「とら年なのに白くま」の


カレンダープレゼントは


多くの方が受け取ってくださいました。


ありがとうございます。


 


個別にメッセージもたくさんいただきました。


 


★さっそくプリントアウトして


壁に貼って楽しんでいます。


 


★東山魁夷の絵の横に


飾りました。


 


★コピー用紙ではなく


写真屋さんで現像します。


 


★無料でこんなかわいい絵がいただけるなんてうれしいです。


 


★無垢な表情の白くまさん癒されます。


 


などなど。。。。。。


 


ギフトをしたわたしが


みなさまのあったかい言葉に


逆に励まされて


ありがたい限りです。


  


 


「とら年なのに白くま」カレンダー


12/7()まで、受け取ることができます。


 


お申込みリンクはこちらです。


楽しんでいただけるとうれしいです(無料です)


   ↓



4598_ngfjymy3mjjmymu3o



2022年「とら年なのに白くま」カレンダープレゼント


 


 







 


 


 


 



  

 


 







 


 


 


 





 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 




所属協会