みずがきひろみ

#4・あなたは理性派?人情派?それとも、感覚派?

2021/11/26配信

46251_banner_image


皆様


人生を楽しんでいる大人をもっと増やしたい!


心理カウンセラーのみずがきひろみです。


40240_tuk_7406-3


 


今週は、先週告知をさせていただいた【秘密のお茶会】の準備を楽しんでいました。


今、アフタヌーンティーが流行っているそうですね。


夜ってどうよ、と思いましたが、


終了後に、ガーデンプレイスでクリスマスツリーや、バカラのシャンデリアをお楽しみいただきながらお帰りいただくのも、ステキだし、


オヤジ系の方は、恵比寿で〆のラーメン、というのもアリかと思います。


ぜひ、イベントページをご確認くださいね。


 



イベントのご案内




人生を思いっきり楽しみたい自由人たちへ

40240_mde2ytexntq3nduwn






 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


 


 


感覚派は、考えるより、自分の感覚に従え。


 


「自分を知る」ために、「身体」と向き合う、という話が続きます。


もう5-6年前ですが、腰痛がひどくて、カウンセリングルームの椅子に座れなくなりました。


お馴染みのお客さまには、事情をお話しして、私が床に座ったり、寝たりしてカウンセリングをさせていただいたこともあるほどでした。


本で見よう見まねの腰痛体操をしたりもしましたが、気休めにしかなりませんでした。


 


そんなときに、身体症状と向き合うジムがあるとご紹介いただきました。


ナショナルチームのコーチをするようなレベルのトレーナーを集めたジムで、一人一人の身体の使い方をチェックし、どの筋肉が使えないから「痛み」が出るのかを分析して、ピンポイントで、動かせていない筋肉を鍛えるのです。


その分析が、私たちカウンセラーが心を分析するときに使っているリクツと同じなのに感激して、それ以来、断続的にお世話になっています。


 


最初は、腰痛。


それからストレートネックによる肩こり。


姿勢の改善、などなど。


 


「丸2日、ヒーリングのワークショップで立ちっぱなしでいられる身体が欲しい」。


そうお願いして、トレーニングメニューを作っていただいていました。


 


フィジカルエリートたちをコーチングするトレーナーなんて、私にはもったいない、と最初は思いました。


でも、彼らの身体に対する知見は、歳を重ねても、自分の足で歩き続け、自分で生活し続けるためにこそ必要なものなのだ、と思うようになりました。


高いところのモノを取るときは、どの筋肉をどう使えば一番効率がいいのか。


重いものを持ち上げるときは、どうしたら腰を痛めずにすむか、などなど。


 


彼らも、異口同音に、


「強い筋肉で、庇ってやろうとするから痛める」


と言います。


 


そして、使えない筋肉は、弱いのではなくて、


「脳から信号が伝達されなくなった」


のだといい、その理由が、


「使えない」


という思い込み(!)だと言うのです。


 


そう。


私も、何度、お客さまに、


「その才能が無いのではなくて、自分はダメという思い込みがあるから使えないのです」


とご説明させていただいたことか。


 


身体もそうなんだ!


 


その後も、


骨折の後のリハビリでお世話になり、


今は、転ばないように、身体の使い方の左右差を少なくするメニューをやっています。


 


今週のこと。


片足を上げながら、反対側の腕でウェイトを床に置く動きの練習で、


鏡を見ながら身体がまっすぐになるように修正しようとしても、


チェックポイントがたくさんあって、バランスを崩してばかりでした。


 


トレーナーがそれを見ていて、


「みずがきさんは、身体の感覚が鋭いんだから、〈安定するところ〉を感覚で探した方がいいんじゃない?」


と言って、私の足の下に、ぶよぶよしたプラスチックの座布団を置いたのです。


 


え?!


堅い床の上でも、バランス崩すのに。


こんなぶよぶよしたものの上で、片足立ちで、おもりの上げ下げなんて、できないよ!


って思いましたが。


 


「この上に乗って、ただ、〈安定するところ〉を感覚で探して、片足を上げてみて」。


 


鏡は無視。


ひたすら自分の感覚を、身体のセンターに集中させていきます。


すると、確かに、できるのです。


鏡でチェックしていたときより、格段に上手に。


しかも、ぶよぶよの不安定なマットの上で。


 


「ほらね。余裕じゃない」とトレーナー。


 


私、自分の感覚を信用していなかったんだ!


 


頭をハンマーで殴られたくらいにショックでした。


 


理性で、自分の身体をコントロールしようとしていたけれど。


センタリングすればいいだけだった。


 


頭を空っぽにして、


身体が自然にバランスをとるのに従えばできるのに。


自分の感覚をまったく信頼していなかったわ。


感覚に従っているつもりだったけれど、


まだまだでした〜。


 


強みは、負荷をかけると、いよいよもって発揮されるのね。


あのぶよぶよマットのおかげで、私の感覚は、本気になった感じ。


容易くできると、苦手な筋肉はサボるから、使わずにすますらしい。


 


本気になるために、負荷(=問題)が必要なのね。


確かに、確かに。


私は、これだけ「つながりたい」人なのに、


ずーっと、対人関係で問題を抱えてきていました。


だから、心理学を学んできたけれど、


考えるより感覚を頼れ、ですね。


 


頭(理性)


ハート(感情)


腹(魂、感覚)


とあるとしたら、それぞれをどう使っていますか?


 


どこに強みがありますか?


 


負荷がかかると、得意なところはますます研ぎ澄まされます。


もしも、得意なところを磨きたくて、


スポーツエリートのように負荷(=問題)をかけているとしたら。


 


あなたのその問題は、


あなたのどんな得意分野を伸ばそうとしているのかしら?


 


心の深いところにある、


あなたの野心というか、


魂の願いが、そこにあるのではないかしら?


 


思い出したように、ご自分に問いかけてみてください。


真剣に答えを探すのではなくて。


ふとしたときに、インスピレーションを受け取れると思いますから。


 


先週から、今週にかけて、「生き直したい」と思われた方、多そうでした。


 


人生の節目というか、転機を経験されている方へ、


これまでがどうだったかではなくて、


まずは、0ベースで考えてみてください。


 


真っ白な紙の上に何を描きたいか。


 


それをイメージしながら、そっちの方向を見ながら、


今、ここ、でできる小さな一歩を出してみてください。


 


最後まで道のりを描けなくていいのです。


 


方角さえ合っていれば、いつかはたどり着きます。


 


のんびり行こう。♡


 


 


よろしければ、あなたの気づきを


分かち合ってくださいね。 


お問い合わせフォーム


 


 


ここからがメインディッシュ。↓↓↓


読者さまの声


 



『ぬかるみに 溜まって光る 澄んだ水』


 

 子供の頃、雨上がりの道に水溜りを探して、自分の顔を写したり飛び込んだりした事を思い出しました。(^^♪

 どんなにぬかるんで見えても、上に溜まる水は澄んで光っている、その事を忘れず過ごします。( ^)o(^ )

 

 メルマガ、有難うございました。m(_ _)m


(Kさま)



 


ありがとうございます。


そうですよね。両方あって、一つ。どちらかだけ、ではありません。


私も、すぐに忘れますけれどね。(笑)


 


それにしても、「子供」って、そうやってきれいに、澄んでる水と泥になっているところがあっても、よくまぜっ返しますねー。


この、まぜっ返したくなる感覚って、自然に湧き上がる感じがします。


どこかで、すべて整然となっているのも、「違う」と感じているのかしら。


面白いなぁ。


 



ひろみさん、こんにちは!遅くなりましたが新ステージ、おめでとうございます。パワフルなメルマガは大変参考になります!



まだほっこりとまではいってませんが、昨日、遠く離れた実家の母親に電話したら色々な愚痴を聞かされて、さっきまでうんざりしていました。

ひろみさんのメルマガを読んでいてふと、「母が私を信頼しているから愚痴を言えるのかな。」と思えました。

あ、今、ほっこりしました。

こうして書いて人に伝えられるっていいですね。

私はまだまだ直球の優しさとか愛情、信頼を受け取るのが苦手なので、少しずつ思い出していきたいと思いました。

ひろみさん、ありがとうございました。
次号のメルマガも楽しみにしています。


(Cさま)



 


メルマガを上手に利用していただき、ありがとうございます。


愚痴を聞かされて、


「いつも愚痴ばっかり」とうんざりするも、


「私にばっかり」とうんざりするのもあるかと思いますけれど。


「愚痴を言われる私って何?」とハマる方もいらっしゃるかも。


「私は言わないようにしよう」と歯を食いしばる方もおられるかも、ですが。


 


「信頼されてるのね」って軽やかでいいですね。


 


Too muchなときは、


「ごめん、今は、聞けないわ」


でも、いいかも、です。


これは、相手を「信頼する」とできそうですね。


 



みずがきさんからの問いかけ、
定期的に自分に光を当てて、考えてみるきっかけになって、すごくいいですね!

私の「信頼された」ほっこり体験、とは少し違うのですが、、
私の周りに、とても信頼上手な人がいます。

私は、相手のことを先回りして「心配」し、レールを敷いたその上を走らせようとするタイプ。

その人は、例え相手が失敗するかもしれない、それは相手にとって損する選択かもしれない、と思っても、相手に選択権と自由を与えるタイプ。

もちろん、その先のリスクなども相手にきちんと伝えてあげているのです。さりげな~く、温かく。

相手を信頼するって、相手をよくみることだったり、相手の失敗も受け止められる胆力、のことかな、って思います。

成長を待つってこともそうかな。

あ~、私もそんな胆力のある人間になりたい。なれるかな~?

そこに気づいたんだから、きっとなれるよね~、

そんなふうに思っています。

Happyになる心の法則、【心配するより、信頼しよう】
響きました。

素敵な法則、ありがとうございます!

(Mさま)

 


ほっこりなお便りをありがとうございました。


このお便りを読みながら、私の心理学の師匠も、そうやって「待って」くれる人だったなぁ、と思い出して、ほっこりしました。


 


もちろん、この素敵な法則も、師匠に教わったのですが。(笑)


 


「見る」って難しいですね。


相手に良かれと思って待つと決めても、それが相手を見くびっていることだってあります。


 


「きっとわからないよね。受け取れないかも」が、相手を対等に見ていないからかもしれない。


 


不安にさせたら、ごめんなさいね。


 


「正解が無い」ということを言いたいだけ、なのです。


 


タイミングが違っても、そこに思い違いがあったとしても、勢いあまって言いすぎちゃったとしても。


 


まごころをもって、相手と向き合うならば、いつかそこに「信頼」という絆を感じられるのではないかしら。


 


子育て、ってそういうことかなと思うし、


だからこそ、すべての人間関係についてもそう考えていいように思います。


 



ひろみさん、こんにちは。

私は今まで信頼される価値がないというのをずっと持っていたので、信頼される実感は持ったことがありません。

自分のことも信頼したことがないのでいつも死んでしまった方がみんなの為にもいいかな、自分もこれ以上苦しまなくて良くなるしと考えていました。

こんな状態で幸せになれるはずもなく他者から嫌われて排除される人生を選んできました。

役に立てなければ容赦なく捨てられると思っていたので、一生懸命頑張ろうとしました。

でも、大体役に立てなくなってゴミ箱に捨てられていました。

でも多分自分をゴミ箱に捨てていたのは私自身なのだと思います。

良くなれる感じはないですが生きていかないといけません。


(Tさま)



 


そうですか。


Tさん、面白い方ですね。というか、さすが、ですね。


私が、Happyになる法則、【心配するより、信頼しよう】を持ち出して、皆さまに、信頼されたほっこり体験を募集したのも、


「死の誘惑」を感じやすい、「死と再生」の時間を、私たちみんなが体験していると思ったからです。


 


そうしたら、Tさんから、直球コメントが来ちゃった!(笑笑)


 


皆さまからのほっこり信頼体験で、ほっとしていただきたいと思ったら、


 


「まず、オマエから、何か癒しになること言えや!」とツッコミをいただいたテイですね、これは。


 


ありがとうございます。


 


 


”でも多分自分をゴミ箱に捨てていたのは私自身なのだと思います。”



これが、「問題」を作っている根っこ、ですよね。もう、Tさんもご存知ですが。


 


「自分をゴミ箱に捨てたい」Tさんがいらっしゃる、ということ。(みんな多かれ少なかれ、そんな厄介な自分を飼っているのですが。)


 


そのTさんが、ご自分に、ひどくがっかりされているのですよね。


 


何度も、自分を「捨てる」。でも、死ねないから、また「捨てる」、のくりかえし。


 


まるでギリシア神話のプロメテウスの拷問のようだ、と思ってしまいました。


 


際限がないから絶望するんですよね。


 


 


Tさんのコメントを読んで、思わず、プロメテウスの神話をググりました。


 


そして、プロメテウスは、どれほど罪悪感を抱えていたのだろう、と思いました。


 


これまで考えたこともありませんでしたが。


 


人類が、寒いのはかわいそうだと思って、神の国から火を盗み、人類に与えたプロメテウス。


 


でも、人類は、火で、武器を作って、戦争をする。


 


プロメテウスは、ゼウスの怒りをかってナン万年も、終わりのない拷問に苦しみ続けるわけですが、


 


これ、自己攻撃のメタファー、ですね。


 


「盗んだ」。つまり、やり方がマズかったのかもしれません。


 


そして、「戦争」が起きる。つまり、意図とは別に、マズイことが起きた。


 


でも、火で暖をとって、生き長らえた人は、戦争で亡くなった人の数より多いかもしれません。


 


その救われた、silent majority の評価が、この神話には入っていない。


 


罪悪感は、この神話と同じで、片手落ち、なのだと思います。


 


Tさんを嫌わなかった、silent majority の評価を、自分を「捨てたい」Tさんは、聞けていないのかもしれません。


 


何しろ、silent(無口)ですから、ね。


 


Tさんには、きっと助けたかった人がいたのでしょう。


 


なんとかしたい状況を、どうにもできなかったのかもしれません。


 


その「願い」が強いTさんは、できなかったことにガッカリして、くりかえし、自分を「ゴミ箱」送りにします。


 


自己嫌悪と自己攻撃のくりかえしは、「死の誘惑」を呼び込みます。


 


でも、「死にたい」は、「生き直したい」と背中合わせ、です。


 


まずは、言葉から。


 


「生きなくては」ではなくて、「生き直したい」にしていただけませんか?


 


 


ちなみに、プロメテウスを磔から下ろして痛みから解放したのは、ヘラクレス


 


ヘラクレスも、自分の息子を殺したり、カイローンに毒矢を射ったりと、罪悪感満載のヒーローです。


 


プロメテウスを助けることで、自分も、カイローンも救える、一挙三得な状況でした。


 


なんだ、救われたのはヘラクレスの方かも、の関係性です。(笑)


 


Tさんが自分を緩めることが、誰かを罪悪感から助けることにつながる、と思ってみていただきたいです。


 


大丈夫です。


 


とてつもないことをしようとしなくても。


 


これも、アイロニーですが。


 


「ヒーローにならなければ」を手放すと、自然と悪循環が逆回転し始めると思います。


 


 



みずがきさん、こうしてメールを書くのが楽しくてメルマガにこんなに素敵な使い方があったなんて!!

ぜひ、オンラインでもお茶会をお願いします♪いつか^^

私は腰のヘルニアが右側にあって、痛みます。
男性性も痛んでいるけど、女性性の痛みをきっとかばっているのだと感じています。

勝手に来年の抱負を(笑)
大人の女性として女性らしさを愉しむこと
ダイエットに気持ちが向かないのででも健康的になりたい!
大人の性をダーリンと愉しみたいな。

そして、ほっこり体験は、元カレさんとのごたごたのとき、弁護士さんに相談する手はずを整えたり、
いろんなことを調べて電話したりした時、ダーリンも支えてくれたけど、いつも過干渉で、心配性の母がすごく応援してくれたこと。



いつもは心配するだけ心配するだけで、応援はしてくれなかったけど。



私の思う応援とは違うけど心配も応援の一部かもしれませんね。
ここ数年は私のことを信頼してくれています。
私が母を信頼する番ですね!
乗り越えられますように^^
週末は母とダーリンと、ランチに行ってきます!


(Mさま)



 


幸せ報告ともども、ありがとうございます!


Mさんの、右側、左側、ともに、愛と労りを送ります。


 


心配性のお母さまですが、「応援しない(手を出さない?)」のは、根っこに「信頼」があるからでしょう。


 


「助けてくれてもよかったのにー」と言いたくなる場面は、きっとあったと思います。


手を出さずに、批判めいたコメントをもらったりすると、「なんで〜」ってなりますよね。


心配しながら、Mさんが、自分の力でできるようになるのを待っていてくださったのかもしれません。


それって、「信頼」?って思えますよね。


 


自分が信頼する側にまわると、「口を出さない」、「手を出さない」のが、どれほど焦ったいか、思い知りますよね。


いい絆ができていて、嬉しく思います。


 


来年の抱負もありがとうございます。


そうです。そろそろ来年の夢を膨らませてもいい頃ですよね。


大人の女性として、あんなことも、こんなことも、


2022年を楽しみ尽くしてください!!!


 


ご提案いただきました、オンラインお茶会


来年は、チャレンジしますよー。


どうぞ、お楽しみに、お待ちくださいね。


 


〜・〜*〜・〜*〜・〜


皆様は、思考派ですか?人情派?、それとも、感覚派ですか?


 


皆様は、ものごとを決めるときに、この3つのどれをどのくらい大事にしていらっしゃいますか?



もし、このメルマガの場で、分かち合ってもいいと思われるようでしたら、下の【お問い合わせ】フォームを使って、お聞かせくださいませ。


 


今日のHappyになる心の法則は、#2と同じ。


【問題の下にはギフト(神さまからの贈り物=才能)がある】


でした。


 


皆様とのご縁に感謝します。


 



「自分を知り、自分を好きになれれば、人生はもっと楽しい♪」


love and abundance,
みずがきひろみ


 


 


 


 



  



 


 



 



more on みずがきひろみのofficial site!


>>>>>https://hiromimizugaki.com




 



イベント・セミナーのご案内




人生を思いっきり楽しみたい自由人たちへ

40240_mde2ytexntq3nduwn






 


 


 


 


商品一覧 ショップを見る ▶


 


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 

メルマガ登録
プロフィール
イベントセミナー
メルマガ/コンテンツ
ショップ
お問い合わせフォーム
お客様の声
特定商取引法に基づく表記
Twitter
Facebook
instagram
ブログ
ホームページ
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック