一般社団法人日本おうち整体協会

家族とのコミュニケーションツールとして一番だと思うもの

2021/11/18配信



皆様


日本おうち整体協会代表理事
まーくこと、池本真人です。


 


 


 


昨日の朝、息子が「首が痛い」と言うので、いつから痛いのか聞いたら「昨日の16時20分」だと(笑)


 


ずいぶん細かいなと思ったら、校庭で遊んでる時に痛くなったのだとか。


 


左に向くと痛いようで軽い寝違えのような感じでしたが、もう学校に行く時間だったのでスペシャリスト講座でお伝えしている胸椎の矯正法だけ行なったところだいぶ改善して向けるように。


 


 


 


【健康の秘訣は肋骨にあり!】



※スペシャリスト講座受講生の方々、上記の回にお伝えしたものですよ~。


 


 


 


「よし!行ってらっしゃい!」と見送って、家に帰ってきた息子と夕飯を食べていたら…。


 


「脚が痛いんだよねぇ。首はもう痛くないんだけど。」と施術して欲しいように甘えてくる(笑)


 


「本当なら君がおじいちゃん、おばあちゃんにやってあげないとなんだけどねぇ。」と言いながら、伸ばしてきた脚に施術して。


 


「あー!この靴下、外で遊んできて替えてないやつだろ!ご飯食べるのに触っちゃったよー!」


 


と息子の身体に擦り付けながら互いに笑ったりして。


 



 


いざという時、整体ができるのは本当に便利ですが、整体はただ痛みや病状を改善させるだけではなく…。


 


家族とのコミュニュケーションツールとしても、メチャクチャ素晴らしいものだと思うのですよね。


 


身体に触れ合うというのは安心感も信頼感も生み出すものです。


 


 


 


子供が大きくになってくると触れ合う機会が減る家庭もあるかもしれませんが…。


 


整体を習っていると、最初は練習台にするところから始まり、上手になってくると相手から求めてくるようになり…。


 


施術しながら、普段はしない話しをポロッと話してくれるようなこともあります。


 


 


 


家族の中で頼られるポジションになりながら、コミュニュケーションも取れるのですよね。


 


おうち整体は家族の健康を守るだけではなく、心の繋がりも紡いでくれるものです。


 


本当に有り難い。


 



 


私自身、今まで色んな習い事をしてきましたが、一番日常で使えて、身に付けて良かったとこんなにも思えるのは「おうち整体®︎」以上のものはありません。


 


自分が体感しているからこそ、多くの家庭に浸透していけば良いなぁと心から思うのです。


 


 


 


「整体でそんなことまで改善するの!?」と私自身、最初は意味が分からなかったものですが…。


 


実際に学び体験してみると、むしろ施術で何とかならない症状の方が少ないくらい。


 


しかも、普通のママさん達が体の知識なんて知らなくても、今まで何をやっても治らなかったものを改善させてしまっているのだから、凄いことだと思いませんか?


 


 


 


そんな「おうち整体®」を講座でお伝えしているわけですが…。


 


おうち整体を知らない人から不思議がられることがあります。


 


それは参加者全員が一緒に同じ施術を学ぶわけではないということ。


 



 


写真見ても、みんな違うことやってますよね!


 


「一体、どうやって進行してるんですか?」と聞かれることも多いのですが、当初からこのスタイルなので私達にとっては当たり前なのです。


 


このやり方で普通のママさん達が、相手の症状を問わず、自分の手で何とか出来るようになるのだから面白くないですか?


 


 


 


症状の改善事例は山ほどありすぎてご紹介しきれませんが、興味のある方は「松井式物語」の中にも驚くような改善事例が出てくるので読まれてみて下さいね。


 


【不思議なおじいちゃんとの出会い(1話目)】


https://ameblo.jp/mikatakakumei/entry-12363403508.html


 



 


上記のように、おうち整体講座はワイワイと楽しく笑いながら進行していきます。


 


そんな楽しい雰囲気の中、かなえちゃんがヘッドセラピスト講座の認定試験を受けていたのですが…。


 


見事に認定となりました!


 



 


かなえちゃんは長年の頭痛を何とかしたいと学びに来られるようになって、見事に改善したのですが、こんなお話をされておりました。


 


「私、頭痛になったら一生治らないものだと思っていたんです。もう仕方の無いことで付き合っていくしかないんだと…。」


 


と、色々と試してきたからこその答えなのかもしれませんが、常識が覆される時というのは、新しいステージへ向かうチャンスでもあるのですよね。


 


 


 


試験官となったあっちゃんいわく、「かなえちゃん、小顔の試験の時よりずいぶん上手になってたよ~。本人も『コリが分かるようになってきたんです。』と言ってたし、ちゃんと練習してるのが伝わってきた。」ということでした。


 


かなえちゃん、改めておめでとうございます!


 


次はいよいよボディに入っていくので、よろしくお願いします!


 


 


 


その頃私は…。


 


うたちゃん&まきちゃんコンビに腋窩の練習台にされて悶絶しました(笑)


 



 


うたちゃん&まきちゃんは「ご指導を受けていただけです。」と言っていましたが、ピンポイントで入って悶える私の様子を見て楽しそうな顔をしていたのは間違いありません!(笑)


 


毎回楽しくて、やればやるほどに深い学びがある場です。


 


小顔やヘッドの施術であれば体験講座で受けられるので、ぜひ一度体験されてみて下さいね!(^_-)-☆


 


 


 


体験講座は東京(三軒茶屋・自由が丘)と京都(五条)にて常時開催中です!


 


【おうち整体体験講座のご案内】


https://www.matsuishiki.com/taiken/


 


※体験の人数には限りがありますご了承下さい。


 



 


 


◆ーーーー◆


 


【編集後記】


 


「死生観」をしっかり持つと些細なことには動じなくなるものです。


 


死の恐怖から離れるというのは、現世を幸福に生きることに繋がるのですよね。


 


どうやって死の恐怖から離れるのかと言えば、「この世の道理」を知って「死生」というものを「よく観る」ことが大切なのです。


 


 


 


「よく観る」と言われても、最初は何のことやら分からないことかと思いますが…。


 


巷でよく言われる「ありのままを見る」ということは、とてもとても難しいことなのです。


 


もし、ありのままを見られているのだとしたら、不安や恐怖からは離れているはずなのです。


 


 


 


よく見えていないから悩みや苦しみが起こるのですよね。


 


「よく観る」ためには、「この世の道理」を知ることが必要で…。


 


「この世の道理」が解ると、人生が明るく楽しいものになっていきます。


 


 


 


体のことも心のことも、どちらも幸せに生きる為に欠かせないものですよね。


 


そうそう、ここセラの本部日程で質問を受けましたが、2022年のスケジュールが決まりました。


 


認定講師さん達の講座も開催されるので、ご都合の良い日に参加されてみて下さいね♪


 


【ここセラスケジュール】


https://www.kokoben.com/schedule/


 



 



  

 


 



 



イベント・セミナーのご案内















体や心の悩みを解決する方法を学び、活かしていきたいというセラピストの方へ。

16532_yjhinjnlztdin2ywm










心や体のことでお悩みの方や、手に職を付けたいという方。

18_nje3ymmynwiwm2rkn







 


 


 



協会認定イベント







































 


商品一覧 ショップを見る ▶


 


 




Icon_f


お問い合わせフォーム

前に進むことができそうです

りーりー 様

 




Icon_f


お問い合わせフォーム

出会いに感謝!!

酒井 ひとみ 様

基礎セラピスト初級に参加させてもらい
上級も気になり始めた所です。
機会が有れば受けようと思いました。
日にち見て申し込みたいと思います。


利用者の声をもっと見る▶


 


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


メルマガ登録
プロフィール
イベント/セミナー
個別予約
メルマガ/コンテンツ
ショップ
お問い合わせフォーム
お客様の声
特定商取引法に基づく表記
Twitter
Facebook
instagram
アメブロ
ブログ
ホームページ
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック