山口華子

自分を創る処方箋 〜私にとってのアロマの定義〜

2021/11/15配信



皆様



Hanako Labo
代表の山口華子です。

国内最大手の化粧品会社ラボでの20年以上の経験を生かし
癒しだけでなく実証されたアロマコスメと暮らしに役立つ
アロマをお届けします。


本日も〜自分を創る処方箋〜をお読みいただき
ありがとうございます♪


「No Aroma , No Life」

以前のメルマガでも書かせていただきましたが


「No Music、 No Life?」という
タワーレコードのコーポレイトボイスの
自分バージョン♪


自分だったら何だろう?


これがあると楽しい♪
大好きで欠かせないものだったり、
これを使命として仕事をしている
とても大事にしていることなど


私にとってのアロマとは?


私にとってのアロマの定義は?


私は決して「匂いフェチ」ではないし
香水が好きなわけでもない


もっと言うと
いつも身に纏っているわけでもない(⌒-⌒; )


でも
人生においてなくてはならないものです


それは
香りがなかったら幸せを感じられないから

朝起きてコーヒーの香りがなかったら・・・


綺麗なバラの花にそっと鼻を近づけた時
何も香りがしなかったら


お肉の焼ける香ばしい匂いがしなかったら


初めて赤ちゃんを抱いたとき
ふわーっと甘いミルクの香りがしなかったら


香りはどんな時も
一瞬で幸せな気持ちにしてくれる

言葉にするのが難しいときも
そっと寄り添ってくれる


香りを嗅いだ瞬間
表情は変わります



私はなんども目の前で拝見させていただきました


 


そして精油には
もっともっと知られていないエビデンスがあって


それを正しく伝えていくのが
「アロマテラピーインストラクター」としての使命



もっと、もっと
心地よく、幸せに暮らす方法


健康であるための
基本と具体的な学び



アロマの歴史の勉強の中で
まず最初に出てくるのが


「医学の父」と言われた
「ヒポクラテス」


紀元前400年代に
それまでの呪術的な手法から
病気を科学的に捉え
現代にも通ずる医学の基礎を築きました


ヒポクラテスの遺した言葉には
多くの名言があります



「人は自然から遠ざかるほど病気に近づく」



遥か昔から今の世の中を予見していたような
言葉ですね



アロマテラピー検定を受けられた方は
歴史は覚えることがたくさんあって
暗記するしかなかったと思いますが


まだ頭にあるうちに
ちょっとそんなことを知ると
ご自身の生き方までに
落とし込めるのではないでしょうか



本日はアロマテラピーアドバイザー講習会です
今度はアロマテラピーをお伝えする立場として
知っておくべきことを学びます


その上で
どう活かしていくか


そんなお話もできるといいなと思っています^ - ^


アロマテラピーアドバイザー講習会

対面・オンラインで受講可能です

料金はテキスト代込みで
5,236円です(全国共通)


お問い合わせはこちらのメールにご返信いただくか

LINE公式からご連絡ください

友だち追加


 



 



レッスン情報など、急なお知らせはこちらからLINE@から配信しています。
また、お気軽にメッセージも送れます。


スタンプ一つでも嬉しいです♡


ぜひ、ご登録をお願い致します。



Hanako Labo 
LINE@


http://nav.cx/9ePJtlY


このURLをタップまたはクリックすると、Hanako Laboを友だち追加できます。


 


リンク先にとばない場合は


こちらから検索してください


@815bbort




本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

またお便り致しますね。


山口華子


 






 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


メルマガ登録
プロフィール
個別予約
メルマガ/コンテンツ
ボタニカルアロマリトリート講座申し込みフォーム
お問い合わせフォーム
レッスン問い合わせ・開催リクエスト
お客様の声
特定商取引法に基づく表記
Facebook
instagram
ブログ
ホームページ
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック