江野澤牧子

【宝箱】いちばん仲良しの友達とすごす時

2021/10/22配信



皆様、こんにちは。


自分を満たすことから始めよう。あなたも笑顔、私も笑顔。


絵本セラピストの江野澤牧子です。


今週に入ってから急に気温が下がり始めた埼玉県です。


秋を通り越して冬になってしまいそうです。


 


学校では子ども達が授業で育てたサツマイモを掘ったり、


職場でもハロウィンに合わせてカボチャの飾りつけをしています。


夕方日が暮れるのも早くなってきました。


寒い冬が来る前に秋を満喫したいと思っています。


美味しいモンブランとスイートポテトが食べたいなー。


今日の一冊


「もりいちばんのおともだち」ふくざわゆみこ/作 福音館書店

小さなものが好きなクマさんと、大きなものが好きなヤマネくんは、出会ってすぐになかよくなりました。甘いものに目のないふたりがケーキ屋さんでケーキを食べると、店長が苗のプレゼントをくれました。クマさんは小さな苗を、ヤマネくんは大きな苗をえらんで、いっしょうけんめい育てると……。読み終わるとゆったりと温かな気持ちに包まれる物語です。そして、一筆一筆ていねいに描かれた動物や植物、昆虫が、物語をよりいっそう味わいぶかいものにしています。ぜひ、手にとってご覧ください。
〈福音館書店HPより引用 〉


絵本セラピーではあまり読まない絵本ですが我が家では人気があります。


久しぶりに読み返したらクマさんとヤマネくんの関係にほっこり(#^^#)


体の大きさが随分と違う二匹はなぜ友達になったのでしょう?


クマさんはヤマネくんの小ささに、ヤマネくんがクマさんの大きさに魅力を感じたのでしょうか?


お互いに自分には無いものを持っているから惹かれ合ったのでしょうか?


そうかも知れない。でもそれだけでは無いと思うのです。


二匹は性格の違いにも惹かれ合ったのではないのかな?と思いました。


絵本の“絵”をじっくり見ているとそんなところにも気づきます。


 


一緒にケーキを食べに行くほどに気が合うけど、性格の違いをリスペクトしながら付き合っていく。


人間の私たちも、そういう関係って心地いいですよね。


まあね、そんな深読みせずともこの絵本は丁寧に描きこまれた絵が魅力的。


実りの秋がたっぷり描かれているので、今の季節にぴったりの絵本です。


 


皆様の毎日が、いいことでいっぱいになりますように。




最後までお読みいただき有難うございました。
皆様のご感想を送って頂けると飛び上がるほど嬉しいです。
頂いたメールを読みながら、パワーをもらっています。
そしてこのメルマガをお知り合いにもご紹介して頂けると幸いです。
絵本セラピスト®江野澤牧子 bluebus.em@gmail.com


 


 


 



  

 


 



 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 




所属協会








 


 


メルマガ登録
プロフィール
イベント/セミナー
個別予約
メルマガ/コンテンツ
お問い合わせフォーム
お客様の声
特定商取引法に基づく表記
Facebook
アメブロ
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by リザーブストック