古瀬 道江

「自分で選んだ」「自分が決めた」この想いが勇気になる!!

2021/10/ 5配信


皆様
古瀬道江です。

だいぶ過ごしやすくなってきましたね。
いかがお過ごしでしょうか?

国語講座第5期のご報告もまだなのですが(汗)、
ここのところ、
生徒さんや保護者の方やクライアントさん、それに我が子と関わる中で、
私の中で、
あるキーフレーズが浮かんで、そして消えないんです。

それが本日のメルマガのテーマです。


 


自分で決めた・自分で選んだ、という想いが勇気になる!


勇気とは、


「困難を克服する活力」と、
アドラー心理学では定義されています。

平たく言えば、
よし、やろう!!と湧いてくるエネルギーのこと。
「やる気」「元気」(そんな国会議員がいてはったナ)
と言ってもいいかも。



最終的にどうするか?


ではなくて、


「自分で選んだ」という過程を経ているか?

たとえば、


もう使っていないおもちゃや、
とっておく必要のないぐらい前(数年単位)のプリントたち。

「どうせもう遊んでないし」
「本人は忘れているし」
などと言って、捨ててしまっていませんか?

ノンノンノン!でございますよーー。
一つ一つ確認してください。


自分で管理したものを紛失すれば、
それは自分の責任です。


お母さんが管理すれば、


「お母さんがどっかやった」
と言い出すのは時間の問題です。
(ときどきあるんです、宿題をおうちの人が捨てた、という事例が・・・・)


 



うちの子、
きいたら全部置いとく!!って言うから困るんです。。。。





大丈夫。
本人のタイミングで手放す時が来ます。
そのときの子どもの顔は、
とてもカッコイイですよ。



きかなくても、本人の答えはわかるんです。


それでも、
「自分でやった」と「勝手にされた」は全然違うんです。

尋ねてもらえた、とは、
自分の意見が尊重された、
ということ。
自分の思いを、大切にきいてくれた、ということが、
勇気づけになるんです。

アドラーの学友、というか先輩がおっしゃっていたのですが、
”親しき仲にもリスペクト”ですよ!!

たとえば、
今日は何を食べよっかなー、
ちょっと変わったものに挑戦してみたいなー、
と思ってワクワクしていたら、


メニューも見せられず、
アンタ、カルボナーラ好きでしょ、
もう注文しといたよ!!


なんて言われたら?

じっくりメニューを見て、
結局またカルボナーラになったとしても、
うける感じは全然違う。

この子きっと今日もカルボナーラ選ぶだろうな、
と思っていても、
毎回きいてあげるのがリスペクトです。



本人は、覚えてないんですよー
だから捨てちゃってもわからないですよ


ある日思い出すかもしれません。
そのときに
「どうせお母さんがどっかやった」
「お母さんが整理してるし」
と、思えば、
自分で管理する意識は育ちません。

それに、
お子さんには、
別のことに関しては、
「ええー、そんなこと忘れないでよー」
「自分で管理してよー」
とか言ってるでしょ?

アレは忘れていいけど、
コレは覚えておいてほしい、
なんて、
都合良すぎますがな。

(人間だれしも、
忘れたいこと、覚えておきたいことあるから当然ですが)



ということで、
「自分で選ぶ」を
大切にしてほしい、
というお話しでした。

大人も、
あなたも、ですよ!!!!!!

流されたり、
遠慮したりしなくていいんです。

自分のタイミングで、
自分で動き出せば、
パワーが湧いてきます。


最後までお読みいただきありがとうございました。
ずうっと応援しています。

※次回、リクエストで開催が決まった思春期講座コンブリオの
先行申し込みのご案内をいたします。
もちろんメルマガ割引有です。

気になるよー、という方は、
先にメッセージいただければ仮予約しておきます♪
このメルマガに返信する形で届きます。
ご感想もぜひぜひお寄せください。
励みになります。



※10/28の勇気づけカフェ
お申し込みはコチラから(残席3)


▽▽▽


https://resast.jp/page/consecutive_events/6795





 


 



  

 


 



 



イベント・セミナーのご案内




子育てや人間関係の迷いをとりたい人。自分を好きになりたい人。 自分のことも、相手のことも、大切にし、信じ、待ち、勇気づける。そんな方法を学びたい人に。


【全8回】SMILE (愛と勇気づけの親子関係セミナー)



もっと国語力があったらなぁ。。。。 もっと自分の気持ちや考えを表現する言葉がすっと出てくればなぁ。。。と思っている方


アドラー流 “人に優しくなれる” 勇気づけ国語講座



子育てやご自身の思うことをとりあえずしゃべりたい、誰かに聴いてほしい、あるいはきいてみたい方、アドラー心理学に興味があってちょっと話をきいてみたい方、講座申込み前に古瀬ってどんな人か見てみたい人


【アドラー流】 勇気づけぶたぶたカフェ




アドラー心理学をベースに、思春期をとことん学ぶ講座です。小学校高学年から中学生、高校生のお子さんがいらっしゃる方や、まだお子さんが小さいうちに学んでおきたい方にオススメです!


思春期についてとことん学ぶ 「コンブリオ・2」




 


 


 


 




Icon_f


【アドラー流】 勇気づけぶたぶたカフェ

予想の上を行ってました

五十嵐 淳至 様

ただおしゃべりをするだけでいいと思っていましたが、なかなか深い中身になったと思います。
大好きな仮説実験授業の体験者の話も聴けて、これからの活動に源にもなりました。
良い対話だったと思います。
日程が合えば次回も参加したいです。




Icon_f


アドラー流 “人に優しくなれる” 勇気づけ国語講座

出会いに感謝!!

とも 様

国語を学んでほんまに優しくなれるんかな優しさと関係ある?…と思いながら、国語の勉強をしたくて受講しました!
そして、この講座を受けて初めて国語の面白さと人に優しくなれる理由がわかり、もっと早く知っておきたかったと思いました。
また、講座では国語が苦手な私でも参加しやすい雰囲気でとても楽しく過ごせました!!  ありがとうございました!




Icon_f


思春期についてとことん学ぶ 「コンブリオ・2」

これはおススメ★★★

ケンさん 様

 コンブリオ1に続き、4月から6月までの全5回を受講しました。
 内容は、思春期の後半、高校生から大人になるまでの子供たちの心境や思考の例を挙げ、親たちはどのように対応すれば、感情的に衝突すること無く、意見を交わすことができるか、不適切と感じたこと、心配、不安と思うことを伝えることができるかを具体的に、また参加者の事例など話し合いながら学ぶことができ、複雑な10代後半の気持ちを理解することができる講座です。
 この講座は、お母さんだけでなく、お父さんにもお勧めの講座だと思います。これまでは、育児の中心はお母さん(女性)が中心でしたが、これからは積極的にお父さん(男性)の参加も求められる社会になるでしょう。その時に、自分たちの体験したこと、自分の父親を参考した育児で、今の子供たちとうまく接することができる自信がありますか?今の子供たちは、私たちと同じ環境、人間関係、教育でしょうか?「俺の子供は、男だから大丈夫だよ。多少荒く扱っても大したことないだろう。」と思っている方は、思わぬ落とし穴にはまるかもしれません。
私がこの講座を受けて感じたことは、2つあり、
1つは、家族の中で息子がする会話、言動、主張、姿を私が感じたままの内容を、講座の中で参加者に事例として話をすると、違った視点で受け止め、説明や解釈が得られることで、「あぁ~、こんな考え方で頑張っているのかぁ、こういう努力をしているのかぁ~。」ということが知ることができたこと。
もう一つは、講座の参加者もいろいろな世代の方がいるので、テキストの設問に対して、受け止め方がそれぞれ違い、私たちの世代が「そうだよねー」と感じてなんとなくやり過ごしてしまうテーマでも、「いや、そこちがうでしょう!」という参加者もいて、価値観の違いを体験することができるいい場となったこと。でした。
 この講座に参加して学ぶことで、子供の気持ち理解することができるだけでなく、自身が思春期のときに自分の親がどうしてほしかったか、どんな気持ちだったかを思い出すことでもできます。その気持ちが次の世代を育む糧になることでしょう。そして、世のお母さんだけでなく、お父さんも仕事や生活など大変ではありますが、お互いに乗り越えるヒントが得られること間違いなしのお勧めの講座です。




Icon_f


思春期についてとことん学ぶ 「コンブリオ・2」

「母は余裕を手に入れたぞ〜!」

布施 智美 様

CONBRIO1に続き、2も楽しく和やかに学べました。
メンバーも1と変わらなかったので話しやすかったです。

CONBRIO2は、自分の子どもがこれからたどっていく成長過程なので
前もって学べたことで「母は余裕を手に入れたぞ~!」と感じています。

講師の古瀬さんがワークのたびに投げかけてくださる視点が、なるほど~と
納得できました。

また自分が育ってきた環境や体験を思い出しながら進むので、人それぞれの
認知(眼鏡)の違いを実感することができました。

自分が思春期の頃、親は全然わかってくれない!と感じていたはずなのに、
親となった今では、親である自分の気持ちや感情を優先しがちなことに気づきました。

100%、子どもの気持ちを理解できないかもしれないけど、理解しようとしている姿勢は
持ち続けていきたいです。

これからだんだんと精神的な自立に向かう子どもを信頼して見守る親になれるように
講座が終わってからも時々はテキストを読み返しながら、成長し続けていきたいと
思っています。

たくさんの気づきを与えてくれたCONBRIO講座と、講師の古瀬さんと、学び仲間の皆さんに
感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。




Icon_f


【アドラー流】 勇気づけぶたぶたカフェ

人生で大事な事が得られました

辻川 牧子 様

道江さまの優しい司会で穏やかな時間が流れ、参加者の皆様のお話を聴いているうちに、自分の心にも素直に向き合うことができました。おかげさまで、思ってもいなかった気づきを得ることができ、感謝の気持ちでいっぱいです。また、機会がありましたら参加させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。


利用者の声をもっと見る▶


 


 




 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


メルマガ登録
プロフィール
イベントセミナー
個別予約
メルマガ/コンテンツ
入塾初回面談 お問い合わせ・ご予約フォーム
お問い合わせフォーム
お客様の声
特定商取引法に基づく表記
Facebook
instagram
アメブロ
ホームページ
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック