トミー

より良い人生を生きるヒント【安全・安心って最高】2021年10月4日#127

2021/10/ 4配信


皆様


あなたに笑顔と元気を届けたい


26593_c176c8a6-cf66-4381-8b74-65aca6817cbb


--------------------------------
■あなたの人生をよりよくする意味づけマスター・トミーです。


「出来事に意味はない
 あなたが意味をつけるまでは」


--------------------------------
今日も読んでいただき、ありがとうございます。


今朝はどんなことに感謝を感じますか?


--------------------------------
■今日の名言


何事でも実現させるためには、


まず自分自身に期待しなくてはならない


(元NBA マイケル・ジョーダン)


--------------------------------
■本編 


今日は前回お話しした6ヒューマンニーズの続きです。


まずは少し振り返りましょう。


人には生まれながらにして持っている6つのニーズがあり、赤ちゃんから人生の先輩たちまで年齢によらず、人の行動はそのどれかまたは複数のニーズをうめるためにやっている


ざっくりこんな話をしました。


で今回はそれら6つのニーズを1つ1つ、もう少し詳しく見ていきますが、


その前に、いくつか前提をお話しておきます。


これら6つのニーズは誰もがその6つを多かれ少なかれ持っています。


ただし、人によってどのニーズが強い弱いのか、どのニーズが多い少ないのかが違っていること


そして、そのニーズを満たすための、満たし方が異なっています。


どのニーズが強い弱い、多い少ないについては、良いも悪いもありません。


ところがニーズの満たし方には、良い満たし方と良くない(悪い)満たし方があります。


なので自分に置き換えて考えるときに、自分はどうやってそのニーズを満たしているだろうかと考えてみてくださいね。


あまりよくない満たし方をしていた場合は、その満たし方を変えていく必要があるかもしれません。


それから、これら6つに対する各々のニーズの強さですが、不変ではなく、状況によって、ステージによって変化します。


なので、自分に対しても他の人に対しても、このニーズが強いはずだから、、、と型にはめて考えるのは少し危険かもしれません。


さて
1つ目のニーズ:安全・安心・確実感 ですが、


文字通り、安全でいたい、安心を感じたい、確実なものを求めたい


そういうニーズになります。


自分が肉体的、精神的、社会的に安定した状態を求めるものです。


これ、生物が太古の昔から持つ自己防衛本能に近いものですから、当然誰しも持っています。


でもね、意外にこの安全安心確実のニーズがあまり高くない人もいるんです。


各々のニーズが高くない理由は2種類に分かれます。


1つ目は、本当にそういうニーズが低い人


2つ目は、そういうものを既に手に入れているため、あるのが当たり前で新たにニーズを感じない人


安全安心確実のニーズがそんなに高くない人は、既に手に入れているからという理由のほうが多いかもしれません。


それから、ニーズの満たし方ということでは、人それぞれです。


どのようにして安全安心確実感を感じるかですね。


例えば


・貯金通帳の残高を見ることで


・保険に入ることで


・家を購入することで


・彼(彼女)の顔を見ることで


・彼(彼女)からのLINEの返信がくることで


・仕事の成果を上司に認められることで



この辺りは共感できるのではと思いますが、以下のような例はどうですか?


・タバコを吸うことで


・同僚が仕事で失敗することで


・友人が彼(彼女)と別れることで


(>_<)


読者のみなさんはこのような満たし方はされないと思いますが、世の中にはこのような満たし方をしている方も一定数いるものです。


では今度はこのニーズが強い人の特徴を見ていきましょう。


このニーズが強いと自分の中に持つルールが多くなりがちです。


「xxは、xxであるべきだ」的なやつです。


・電車ではマスクをして私語は慎むべきだ


・電車では足を組んで座るべきではない


全然悪いことではないですよね。むしろ健全です。


しかし、こういうルールを自分の中に持っている人は、日本中でこのルールを守っていない人を見かけるとイライラします。


極端な言い方をすると、自分の安全安心領域を侵されているためです。


また、確実感が必要なため全体像が見えていないと行動したくありませんし、つい正解は何だろうと答えを探しがちでもあります。


仕事では慎重に確実に堅実な成果を出してくれる一方、全体像が見えないチャレンジングな仕事は不安感が先に立ち、進んでやりたがらない傾向があります。


話は飛びますが、以前セクハラなる言葉が出始めたころTV番組で出演者の女性がこんなことを言っていました。


セクハラは「好きな人にされたいことを嫌いな人にされること」


トミーはこれ以上しっくりくる定義を聞いたことがありません。


ハラスメントは、行為そのものではなく相手がどう感じるかということですね。


何で突然こんな話したかというと、企業の現場でもパワハラが大きな問題になっていますが、ここにも6ヒューマンニーズが大きくかかわってきます。


安全安心確実のニーズが強い人は、上司に「仕事ではもっとチャレンジしろ」と言われるのは苦痛なんです。


次回説明する不確実感・ワクワク感の強い人は「もっとチャレンジしろ」と言われると嬉しくてしょうがないのですが、、、


なので、上司は「人はそれぞれ求めるニーズが違う」ということをよくよく理解しておく必要があります。


というか人間関係全般に通じる話なので、結局全員なのですが。



あれれ、ふ~、書いていたら興奮してたくさん書いてしまいました。


今日はここまで。


また次回に続きますね(>_<)


 


--------------------------------
■編集後記


先週「暑さ寒さは彼岸まで」なんて書いたばっかりだったのに


台風一過でまた暑くなりましたね(>_<)


そんな中、横浜で30kmのレースに出てきました。


暑くて辛かったですが、終了後のビールは最高でした(^^)


これは何のニーズを満たしているのでしょうか。


--------------------------------
■今日のポイント


6ヒューマンニーズの1つ目は、安全安心確実感のニーズ


誰しもが必ず持っているベーシックなニーズ。


これが奪われたら何が何でも取り戻そうとする最優先のニーズ。


--------------------------------
■トミーが提供しているサービスと申し込みはこちらから


https://coaching-search.jp/manage/co-mtominaga/


--------------------------------
■本日の内容はいかがでしたか。


このメルマガは、トミーが長年学んできたNLP(脳の取扱説明書と言われる、すぐ使える心理学)などの知識を使って、みなさんの人生を少しでもより良くするお手伝いができればという思いで発行しています。


みなさんからのご意見・ご感想などいただけると嬉しいです。


また次回をお楽しみに(^^)


☆お友だち、お知り合いにこのメルマガをご紹介いただくときの登録フォームはこちら
https://resast.jp/subscribe/110117/1592330


☆トミーのプロフィールはこちら
https://smart.reservestock.jp/menu/profile/26593?prev=true


--------------------------------
「より良い人生を生きるヒント」
☆発行責任者:冨永 正夫
☆問い合わせ:tomiemon95@gmail.com
--------------------------------



配信停止ご希望の方は、こちらから解除をおねがいします。
https://resast.jp/page/ss/


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


☆ バックナンバーはこちら
⇒ https://resast.jp/page/backnumbers/


  





 



ご予約はこちらから ▶



 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 



メルマガ登録
プロフィール
個別予約
メルマガ/コンテンツ
お問い合わせフォーム
お客様の声
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック