谷本朋子

浅草で見つけたミニチュアのルーツ!

2021/9/24配信


22977_banner_image


皆様


あなたの思い出の風景や建物を,時間や空間を超えてミニチュアサイズで再現します


主宰の谷本朋子です。


21061_写真jpeg


先日、仕事で都内に出かけたついでに、数年ぶりに浅草・浅草寺へ行って来ました。

 

仲見世通りのお店を覗きたいウズウズを抑えて、まずはお参り。

ミニチュアドールハウスで、少しでも多くの方が幸せな気持ちになるお手伝いをさせて下さい!とお願いしました。

 

その日は台風の影響か、時々激しい雨が降ったかと思うと、暑いくらいの日差しがさす不思議なお天気。

仲見世通りへ向かう途中に、またしてもパラパラと降り始めたので慌てて、1番近いお店の軒下へ飛び込みました。

 

それが江戸趣味小玩具「助六」さんだったのです。

 

可愛いミニチュアサイズの和小物がいっぱい!

お祭り屋台のシリーズやお雛様、朝顔の鉢植えなんかもありました。どれも可愛くてとてもよく出来ています。

お店の方にお話を伺うと、なんと元々は江戸時代、8代将軍徳川吉宗の時代に生まれたものだそうです。

当時、贅沢禁止令が出されて、庶民が大きくて派手な玩具を持つことが禁じられたそうな。

そこで庶民の知恵で、この小玩具が職人の手で作られる様になったそうです。

 

私は日本のミニチュアドールハウスのご先祖さまはひな飾りだとの認識だったので、東京の下町にもご先祖さまのひとつがあったとは知りませんでした

自分が住む東京に、こんな可愛いミニチュアのルーツがあったなんて嬉しい発見。

 

皆さんはご存知でしたか?

そんなのずっと前から知ってたよ〜という方もそうで無い方も、浅草へ遊びにいらした時は、ぜひこの「助六」へお立ち寄りになってみて下さいね。

小さなもの好きな方なら絶対、ワクワクぞくぞくしますよ!

 


 


 


 


 


 


 


 



  

 


 



 


 


 


 


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


メルマガ登録
プロフィール
個別予約
メルマガ/コンテンツ
お問い合わせフォーム
お客様の声
特定商取引法に基づく表記
Twitter
Facebook
instagram
ブログ
ホームページ
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック