安藤 由紀

雑感㉕ 人生がエンストを起したと感じるあなたへ

2021/9/16配信


32593_banner_image


皆様


犯罪から子どもを守り、人権意識を高めて非暴力社会へ


人権ファシリテーター、絵本作家 の安藤 由紀です。


29758_photo


秋が深まっていますね。


夜中犬の散歩をすると、虫の声が涼しいです。


今日のメルマガは、


神さまはどうして、つらい試練を与えるのか


絶望を感じているあなたへ贈ります。


 


 


雑感㉕人生がエンストを起したと感じるあなたへ



教育とは「死に至らない失敗を安全に経験させるためのもの」


いい言葉ですね!


学校教育では「死ぬこと」を教えてくれませんが、


教育は、大事なテーマを伝えて、サバイバルさせるためにあります。


「死」について本質を語り


生まれてきた意味を追求する。


人生を悔いなく生きぬくため


簡単ではない自分なりの回答を見つけていく…








中学生や高校生が、よくコンビニの前で群れていますよね。


なぜ群れているのか…あれは寂しいからです。


同じような仲間を求め、


温めあえる生き物を求めて


仲間のなかに自分とおなじ部分を


見つけて安心したい。










高齢者になってよかったと思えることの一つに、


温めあう他者を必要としなくなることがあります。


あくまでも「私は」ですが…💦


いい意味で、自分の限界を知り、


自分を取り巻く世界に見切りをつけられる。


そして残された時間に、


まだ自己発見のチャレンジができる。


なにしろ、生きていなければ伸びしろさえ見つけられず、


力強くあるく体や、脈打つ血液の鼓動や


目で見て触れ合う自然の美しさや


空気のかぐわしさは体験できません。











絶望に陥るとき


人は近視眼的に世界を眺めて


温かい言葉をかけてくれる人にすがりつきます。


人間関係で何度も失敗を繰り返したわたしは


「あの人はきっと今つらい思いをしているな」と分かっていても


あえて手を伸ばさなくなりました。










一見親切な行動が、共依存を育て


不安にかられてすがりあい、壊れることが多いとわかったからです。


人と人がほんとうに親密な関係を育てるには


長い時間の中で、


本音で語り合って、違いを認め


腹を立てることがあっても、不快感を流し


あきらめないで付き合い続けることしかないとわかったからです。










人生に捨て鉢になることは簡単。


子どもでもできます。


大人になることは


忍耐と反省の連続で…ちっとも楽しくないけれど、


なぜつらくなっているのか、薄い膜一枚の向こうに


あなたは自分で作った原因を知っていると思います。









人生の被害者になることは簡単で


お金を儲けることや、名声が得られなかったといって


敗者になるわけではありません。


人生の勝者は、なんど死にかけても


生き残る人々のこと。


特別に頭がよくなくても


特別に顔がきれいでなくても


今感じているつらさを越えて、明日も目を覚ますことです。


死ぬことを恐れる気持ちがあれば


あなたの本能は、あなたを「生かそうと」しています。

手のひらを胸に当てて、体温を感じたら、

あなたを生かそうとする神の計らいがあるということです。




 


 


 


被害者から抜け出して、サバイバーになってください。


あれほどのつらさを経験したあなたであれば


きっとできるはずだから。





 


 


 


 



  

 


 



 


★★★安藤由紀の絵本★★★
令和1年1月にDV家庭で育った子どものための絵本を出版。東京都の配偶者暴力相談支援センターに勤務していたころ、「子ども用のDVの絵本が日本にはないよね」という声を聞いて3年半をかけて制作。一般家庭では手に取りにくい本かもしれませんが、どうか公共機関での購入に推薦してください。


復刊ドットコム社  2300円
☆☆☆☆☆DVを経験した子どものための治療絵本☆☆☆☆☆


 



イベント・セミナーのご案内




子どもに関わる職業
子どもが好きな人
人権研修担当者
非暴力活動をしたい
支援職をめざしたい人


人権ファシリテーター
Entry養成講座





人権研修担当者
非暴力活動をしたい
支援職をめざしたい人


人権ファシリテーター
Basic養成講座




子どもに関わる職業の方
人権研修担当者
非暴力活動をしたい
支援職をめざしたい人


人権ファシリテーター
Adbanced養成講座~受講者用





人権研修担当者
非暴力活動をしたい
支援職をめざしたい人


自治体向けプレゼンテーション



子どもに関わる職業
子どもがいない人
保護者
未来に残す支援をしたい人


人権cafe第2回
「防犯意識を身につけて子どもを守る」講座





保護者
子どもにかかわる職種の方
性教育を学びたい方


性教育はじめの一歩



人前で緊張して言いたいことが言えない
あがってしゃべりすぎる
自信をつけたい方へ


もどかしさが自信に変わる
アサーティブトレーニング




リザスト構築に疲れを感じるとき
だれかに気持ちを聴いてほしいとき

29758_zdfhzmexmwe3zdc1y





絵本を広めたい人
絵本が好きな人
なんか、ちょっと気になる~人
絵本に関係なくどなたでも

31903_nwu3zdbizdnjnjg3n





・リザスト入門者
・リザストの画面の作り方を知りたい方
・リザストをどこから始めたらよいかわからない方

29758_zmm3mzgwmmmwztu0y






 


 


 



契約サービスのご案内



人権について学び社会貢献したい
自分の人権意識を高めて平和な人間関係を作りたい
自己成長を目指して次のステップへ進みたい

人権ファシリテーター
Basic養成講座(7月末までの振込)







 


商品一覧 ショップを見る ▶


 



 


ご予約はこちらから ▶


 


 




Icon_f


人権ファシリテーター
Adbanced養成講座~受講者用

これはガチ

大町 恵子 様

重い話しで、心が痛みます。ベーシックで学んだ内容があって、初めて理解できるような気がします。加害者側のケアについて、大変興味を持ちました。いつも、心の裏側に何かあるのではないだろうか?と常に思って、話を聴いています。人権って本当に深い言葉だと、改めて思います。




Icon_f


人権ファシリテーター
Basic養成講座

気付きがすごい!

大町 恵子 様

人権講座を受けて、感じたことに、普通のことなのに、普通に行動できないことが多いと感じました。
自分をみつめる作業は、誰にとっても必要なことなんだなとも思いました。
自分を大事に思う気持ちの大きさと比例して、人も大事に出来るような気持ちも出てきました。
違う分野でも、というか、全ての分野で共通することだと思います。
本当にありがとうございます。




Icon_f


人権ファシリテーター
Entry養成講座

また参加します

まちこ 様

ますます、奥の深さに感銘いたしました。次回が楽しみです🤗




Icon_f


人権cafe第2回
「防犯意識を身につけて子どもを守る」講座

今聞けてよかった

Yuki 様

たくさんの素敵なお話をありがとうございました。
生徒会長や高校生との交流の話、ジーンときて涙が出ました。
日頃「分けること」を自分はたくさんしているなあと気づくことができたので、
まずは「みんな素敵」「平らか」といういことを意識しながら生活しようと思います。
また、嫌だなと思うことがあった時は、ゆきえちゃんが、かっこちゃんに言っていたように「よかったね」と
自分に言ってあげて、よい面にも目を向けようと思います!
かっこちゃんから直接お話が聞けて、とても感動しました。




Icon_f


人権cafe第2回
「防犯意識を身につけて子どもを守る」講座

めっちゃ感動しました

片山 慶子 様

村上先生の追悼で、4分の1の奇跡を見てから、かっこちゃんのファンです。なので、今回はかっこちゃんの声、しぐさ、全て感激でした✨✨人間を分けることはおかしいことじゃないかな?と思えるようになったのはかっこちゃんに出会えてからです✨
今回はありがとうございました✨勇気を出して、おしゃべりしたらよかった、と
今になって思います笑


利用者の声をもっと見る▶


 


 





 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 




所属協会








 


 



メルマガ登録
プロフィール
イベントセミナー
個別予約
メルマガ/コンテンツ
ショップ
オンラインサロン
お問い合わせフォーム
守護力⇑パワーアニマルを探せ!
性教育+
お客様の声
特定商取引法に基づく表記
Twitter
Facebook
アメブロ
ホームページ
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック