狐嶋和美

52 番外編~コロナ禍でも業績アップ!part3

2021/12/30配信


皆様こんにちは!狐嶋和美ですsmile


スタッフが活き活きと働くお店を創りたい!!


創れます!!


創りましょう!!


 


27596_いっちゃん


メールを開いていただきありがとうございます。


「理容業を通じて世の中を平和にする」!


神戸のメンズ専門理容室インフィニィトのマネージャー



狐嶋和美(こじまかずみ)こと「いっちゃん」です


 


元氣ですか~~!!??


 


さて、前回は


「51 番外編~コロナ禍でも業績アップ!part2」


というテーマでございました。


 


前回の内容は・・・・


2020年4月の緊急事態宣言発令時に究極の判断を迫られたワタクシは


密を避けるためにスタッフに交代で休業してもらいながら


シェービングだけを自粛し、営業を続けることを決断。


交代休業していたスタッフのメンタルケアをしながら


出店準備を急ぎ


8月に四店舗目をオープンすることが出来て売上を上げることに成功したのですが・・・


 


というところで「つづく」になっておりました。


 


ではでは続きを・・・・


「52番外編~コロナ禍でも業績アップ!part3」


 


全世界が未知のウイルスに翻弄される中


なんとかして自宅待機をさせずに働く場所を作るんだ!


その一心で物件を探し、


見つかったと思ったら家主さんとの折衝が難航して


店舗を借りられるかどうかでヒヤヒヤし、


融資が下りるかどうかでもヒヤヒヤし、


お店の電話やインターネット回線の工事の連絡が全然来ない!どうすんの!?


 


コロナのせいでネット回線契約の順番待ちが膨大な件数あるとかで


仕方なく店専用の携帯電話を契約したり、


緊急でPOSレジの会社にWi-Fiを借りてネット予約を受け付けたり


ドタバタのスタートでしたが


なんとか2020年8月19日、四店舗目の「インフィニィト ネオ」をオープン。


 


 


張り切っていたオープン10日後の夜、


スタッフが閉店作業をしている最中に


ネオが入っているマンションの3階でボヤがあり、


慌てて仕事道具を運び出して非難しました。



幸いスタッフにも店舗にも被害がなくて良かったのですが


今思えば波乱の前兆だったのかも知れません・・・。


 


 


 


その頃はコロナの感染者数が多く、


いつ店長から「誰かが感染したかも」のような連絡が来てもすぐ対応できるように


お風呂に入る時も携帯電話を持って入ったり


常に神経をとがらせていました。


 


そんな9月のある夜、とうとう来てしまいました。


「もしもしマネージャー、(スタッフの)○○が39度の熱が出ています・・・」


 


 


内心『来たか・・・。』と思いながらも事前に準備したマニュアルどおり


神戸市の相談窓口に電話をすることや、


予約のお客様への対応なども落ち着いて指示を出すことが出来ました。


 


本人は翌朝にPCR検査を受け、数時間後には陰性と判明したので一安心。


 


 


その後の一年ほどの間に数回、他のスタッフでも発熱した日があり


その度に同様の対応をして毎回陰性だったのは幸運でした。


 


万が一陽性だったとしても、事前に対応を


決めていたことは本当に良かったと思います。


最近はコロナだけでなく、災害も多いので


非常時対応の準備はどこのお店でも必要でしょう。


 


コロナ対策マニュアルや非常時マニュアルの資料請求は


メルマガの文末の「お問い合わせフォーム」からどうぞ。


 


 


ただ、2021年に入ってから一度だけスタッフが濃厚接触者になってしまい


2週間自宅待機を余儀なくされて、


他のスタッフの負担がかなり増えてしまいました。


急遽他の店舗のスタッフに応援勤務をしてもらって凌ぎましたが


それが出来たのもスタッフが複数人いて、元気に働いてくれているからです。


 


本当に感謝!


 


そんなハプニングがあっても業績が上がり続けていた要因は


 


「スタッフ(新人)を採用し続けて早期育成に取り組んでいたこと」


 


「早期育成で育った先輩たちが入社3年目には月50万円~80万円、


4年目で70万円~100万円の売上が上げられるようになっていたこと」


 


その積み重ねだと思います。


 


それを実感したこともあり、コロナ禍でも求人活動はし続けていました。


 


2020年はリアルでの学校訪問は出来ず、


求人票やパンフレットを全国の理容専門学校へ例年通り郵送したのです。


 


9月には岡山県理容美容専門学校の学生さんから面接の申し出があり、


初めての「オンライン面接」を実施。


2020年4月に入社したスタッフの1年後輩です。


 


コロナ禍の中、交代で休業しながらも研修やレッスンに取り組んでいたことを


後輩に伝えてくれていたからこその申し出だったのだと思います。


有り難い!


 


2020年度はその他にも


神戸の専門学生さんを含めて合計4名の内定者が決まりました。


こんな不安な社会情勢の時に4名採用したのは


かなりの挑戦ですが、非常に素晴らしい人財ばかりなので


思い切って採用して良かったです。


 


2020年の4月に2名採用、


2021年の4月に4名採用。


2022年の4月の内定者は現在2名。


 


2022年の内定者の学生さんは


専門学校の求人票を見てサロン見学に来てくださった際に


入社一年目の新人がカットレッスンを受けている様子を


見てもらいました。


 


オーナー自らしっかりと技術指導をしてくれて


日々のサロンワーク中では年齢の近い先輩がアドバイスしてくれる、


それが入社志望の決め手になりました。


 


 


 


ここまでを見ると、非常に順調そうに見えるかも知れませんが、


実は、2021年3月~2022年3月に4名の離職があります。


 


 


離職に至った経緯は様々ですが、その一部は


 「㊼触れない訳にはいけない!キャリアプランの共有」の回で書いています。


 


バックナンバーを読む ▶


 


 


ワタクシは以前、離職があることに対して


かなりネガティブなイメージを持ち、3年以上「離職ゼロ」を誇りに思っていました。


 


しかし今は、必ずしもそうではないかも知れない、と考えています。


 


専門学校卒の場合は20歳で入社する人がほとんど。


人生経験の少ない若者に向かって


サロンの理念やビジョンに共感できているかどうか、今すぐ判断しろ


と入社時に言うのは無理があると思います。


 


 


なんとなく「いいな」とは感じていても


その理念やビジョンの言葉が現実のものとして


自分の人生にどう影響するのか、判断するためには時間が必要です。


 


また、自身の人生設計や理想の理容師像をイメージできるようになるのも


時間と経験が必要です。


 


実際に入社してから日々の仕事やレッスン、お客様やスタッフ


ワタクシ達オーナー夫妻との関わりの中で


理念やビジョンを段々と理解できるようになり、


徐々に共感できるようになる、と考えるのが自然では無いでしょうか。


 


そして、中には自身の理想と会社の理想にギャップを感じるスタッフも出てきます。


そんな時、なんとか離職を引き留めようと会社の方針を曲げると


双方が不幸になります。


 


スタッフ数が増えると、そんな人が出てくるのは自然なことかも知れない


そう思うようになりました。


 


相手がどう感じるかは別にして


スタッフには理念やビジョンを伝える場面をしっかり作らないといけません。


全員で集まった時、個人面談、何かと折に触れて語ることは大切です。


 


それが今はコロナのせいで


コミュニケーションを取りづらくなったのは事実です。


 


コロナ前には毎月一度は全員が集まって


スタッフ勉強会を開催し、夜には全員で呑み会をして


理念やビジョンの話をしていたのが


ZOOMでのオンラインになったりと、リアルで集まることが激減しました。


 


最近ではマスクをしてリアルで開催していますが


呑み会を全員でするのはまだ難しい状況です。


 


ただ嘆くだけでは何も変わらないので


LINEや音声や動画、手紙、こまめな現場訪問など


毎日一緒に働いていなくても可能な限り


ワタクシの想いが伝わるように動いています。


 


ワタクシの夫であるオーナーも、今年から現場を離れる日を増やして


若いスタッフの店舗を廻り、レッスンを観てコミュニケーションを深めてくれています。


 


 


 


当然ですが、ワタクシ達オーナー自身は


自分たちの掲げる理念・ビジョンを誇りに思っています。


 


「理容業を通じて世の中を平和にする」


 


「私たちはひとりひとりのお客様の


身も心も晴れやかにし、


世界一永く通って頂けるサロンを目指します 」


 


それに共感する人を集めたい、育てたい!という願望が強いのです。


だからこそ、何度も何度も伝え続けるしかないのです。


 


退社していくスタッフが出ても、挫けることなく


心を揺るがせず、折れず、曲がらずに採用し、育て続けます。


 


そう考えると、コロナ禍でも業績が上がり続けている真の要因は


 


スタッフひとりひとりが毎日、


育てるんだ、育つんだ、と思いながら成長してくれて


サロンにお客様を呼んだこと


 


スタッフがそう思ってくれた要因は


オーナーが直接スタッフに会って想いを伝え続け


技術も教え続け、採用もし続けたこと


 


だと思います。


「続けること」、なのだと。


 


タイトルを見て、今すぐ業績を上げるノウハウを期待して読んで下さった方には


肩透かしの内容でした。申し訳ありません。


 


しかし、短期間でガッツリ稼ぐノウハウではなく


長く継続して安定した経営をするためには


求人~採用~教育~集客・・・これが必要だと真剣に思っているのです。


 


このメルマガを読んで下さっている方は


スタッフがいる方、いない方、以前はいたけど今は居ない方、様々でしょう。


 


ワタクシからのお願いは、是非アナタの想いに共感してくれる人を


ひとりでも多く増やそう、と思って頂きたいということです。


 


その為の第一歩は、


アナタの理想の理容師像、美容師像、調理師像?・・・・


携わる職業をどのようにイメージするのか?それを「言葉」にすることから始まります。


 


是非、「言語化」してもらいたいと願っています。


なぜならば、言葉にしないことには人に伝えられないから。


 


どうしたら言語化できるかわからなければ、


お問い合わせフォームを通じてワタクシに話してください。


 


お問い合わせフォームはラストにあります。


 



では、次回をお楽しみに!!


 


アナタにもきっと奇跡は起きます!


 

起こしましょう~(^^)/

 


このメルマガでは


ワタクシが実際に行なったスタッフ求人、


採用、育成、定着のための


ノウハウを


小出しに小出しにお伝えさせて頂こうと


思っております(^_-)-☆


 


超お楽しみに!!


では、きょうはこの辺で・・・。


 


 メルマガ第52回


家族経営から脱却 ~店舗スタッフの


求人・採用・育成・定着!


 


このメルマガを読んで少しでも実践していただき、


日本中の店舗オーナー、リーダーの


お役に立てたら最高です!


コメントはもちろん、


いっちゃんにコッソリ聞いてみたいことなどを


下記のお問い合わせフォームに送って頂けたら


モティベーションが上がります!!


また、集客に成功したタペストリーのデータや


カリキュラム・マニュアルのデータ


求人パンフレットのデータも


惜しみなくプレゼントいたしますので


お問い合わせフォームから


請求してください!


 


また、よろしければメルマガの読者を増やしたいので


下記↓から、いいね!やSNSなどでシェアしてください(^^)/


また、この文章のバックナンバーをご覧になるには


無料の読者登録が必要ですのでよろしくお願い致します。


 


バックナンバーを見るには無料の読者登録をお願いいたします(一番下のリンクへ)


 


 


 


よろしくお願い致します!



↓ステップメールはコチラ


https://resast.jp/subscribe/187297/220391


 


 



  

 


 



 


 


 


 


 




Icon_f


お問い合わせフォーム

もっと知りたいと思いました

本村 浩 様

理容業界を盛り上げていく考え方にすごく共感しています。




Icon_f


お問い合わせフォーム

とってもためになりました

z-boy 様

机上の空論で無く現場で頑張っていられる全てだと思います。勉強になります。ありがとうございます😊


利用者の声をもっと見る▶


 


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


メルマガ登録
プロフィール
個別予約
メルマガ/コンテンツ
お問い合わせフォーム
お客様の声
特定商取引法に基づく表記
Twitter
Facebook
instagram
ブログ
ホームページ
Copyright (c) 2010-2022 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック