kalehua

まさに「紋章」の絵本

2021/9/ 8配信


こんにちは。 皆様。


 


Karehua(カレフア)です。


お読みいただき、ありがとうございます。


3時のおやつの時間に、ほっこりと♡


マヤ暦と絵本のよもやま話におつき愛ください。


18_ogy0ymniyjq4zgrin


 


まさに「紋章」の絵本!


「マヤ暦」を紹介するとき、


なかなかイメージが伝わりにくい方もいらっしゃると思います。


そんな人に「紋章」をイメージしていただきやすいのでは・・・


と思う絵本があります。


 


今日、ご紹介する絵本は・・・



『ひとつぼし』


 著:菊田まりこ


 出版社:Gakken




「あのね、せんせいには みえるのよ。
 どのこも もってる ひとつぼし。」で始まる


『ひとつぼし』は、


子どもたちの中にある「ひとつぼし」を
先生が温かく見つめているお話。


まだひかりださないソラくんのほしが
光りだすとき・・・☆彡 


 


一番好きな部分は、


「キラキラ ひかる そのほしを
 みんなは きづいて いるかしら?


 ひとつぼしは きみのなかにある
 きみだけの ひかり


 みんな ちがう ひとつぼし。
 ひかりだすときも さまざまです。」♡


 


私は、「マヤ暦」を知る前から
この絵本が好きでしたが、


「マヤ暦」を知って、
「まさにこの絵本は紋章だ!」と思ったのです。


 


自分らしく生きていないと、


自分の持って生まれた紋章の意味にも気づきません。


 


でも、マヤ暦を知り、自分の紋章を知ると、


キーワードを意識して、


自分らしく生きることができるようになります。


 


結果、きらきらと輝く自分になれます。


 


「ひとつぼし」のように自分の中にある輝き。


これが、自分の中に


「太陽の紋章」と「ウェイブスペル」と「音」と


3つもあるのです。


キーワードをきっかけに、


自分の中の輝きに気づけるといいですね♡


 


今日もお読みいただき、ありがとうございました♡


心がほっこりされましたら、
アプリをご利用の方は、「いいね」の連打で
応援していただけますと、幸せます♡


 



  

 


 



 


 


 


 


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


メルマガ登録
プロフィール
個別予約
メルマガ/コンテンツ
ショップ
お問い合わせフォーム
お客様の声
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック