上嶋悟

読みたくなる文章を書くコツ

2021/8/28配信


39645_banner_image


皆様


生まれ持った才能を表現する喜びを多くの人に伝えること


ウェブコンサルタントの上嶋悟です。


36626_p1290031のコピー2


ビジネスをやっていれば、
何かしらにのサービスにつなげたくて、
メルマガやブログを書いている人が
多いと思います。


だけど、


ブログのアクセスを増やしたり
メルマガに登録してもらうのって
なかなか難しいですよね。


実際問題、
ブログのアクセス数が、
1日1000アクセスを超えている人って
結構少ないと思います。


でもビジネスでブログ運用するなら、
最低1日1000 アクセスくらいのアクセスが必要です。


メルマガも同じ、
最低1000人くらいに登録してもらう必要があります。


登録してもらっても、
開封してもらわないといけません。


でも、これもなかなか難しい。


メルマガって登録していても、
頻繁に読むのって、2、3個とか
せいぜい、そんなもんじゃないでしょうか?


その読まれるメルマガの2,3個の中に選ばれなければなりません。


文章を書いて、
誰かに読んで貰うのは難しいことです。


だって、
SNSとか動画とかゲームとか
もっと刺激的で面白いコンテンツがたくさんあるわけです。


あなたはそれらのコンテンツと
スマホの画面の視聴率を奪い合っています。
あなたのライバルは強力です。


話が戻りますが、
ビジネスブログやメルマガを書く目的は、
あなたが伝えことを相手に伝えるためです。


ですが、


いきなり伝えたいこと(目的)を書いても
なかなか読んでもらえません。


だから、その前に、やることがあります。


読者が、「その文章を読もう。」
という気持ちになってもらうことです。


そのためには、


読者に、これ自分にとって必要な記事だなと感じてもらい
「あーこれわかる。」ってなったら最高です。


同じ文章を書いたとしても、
最初に共感を得られるかどうかで、
その後の文章が読まれ方は変わります。

そのためには
共感する文章を書けばいいわけです。

共感してもらう文章を書くコツは
「心の声を代弁する」ことです。


例えばですが、、
あなたが悪くないのに
誰かに中傷にされたとします。


そんな時に
あなたの気持ちを代弁してくれる人がいたら
共感しますよね。


(例)
自分がまったく悪くないのに、
誰かに批判されるのって、
むかつきますよね。


しかもあなた意図が、相手い間違って伝わっているから
やるせない気持ちになります。


それはそういう意味ではない。
もっとしっかり読んでくれと言いたくなります。


しかし


いくらあなたが違う、
そうじゃない自分は悪くないと
弁解したとしても、
全ての人の誤解がとけるわけではありません。


それに、批判してきた人を打ち負かしたところで
結局、自分の印象も良くはなりません。


だから、
中傷されても
スルーするのが1番なんですが、
ストレスはたまりますよね。


こんなストレスを発散する場所もありません。
でも大丈夫、良い方法があります。


みたいに、
心の声を代弁すると、
読者の共感を得やすくなります。


これでようやく読む準備が整います。


人は自分のことを理解してくれる人に心を開きます。


相手が心を開いてくれたら、
あなたの話を聞いてくれるようになります。


相手の話を聞いて共感するが。
コミニュケーションはじめの一歩


だから、


メルマガやブログの文章を読んでほしければ
文章で共感するのを意識して書こう。


読者の気持ちを代弁する文章を書こう。


読まれ方が変わります。


  




 


 



 


 


 


 


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


メルマガ登録
プロフィール
個別予約
メルマガ/コンテンツ
お問い合わせフォーム
お客様の声
特定商取引法に基づく表記
Facebook
ホームページ
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック