杉本 みのり

『心花絵通信』台風という存在

2021/8/10配信


皆様、こんばんは。


 


杉本です^^


 



 


 


今日の暴風雨でベランダのアボカドの木が


すごいことになっているようです。


 


娘から「部屋の中に入れるよ」と連絡が。


 


 


我が家はクーちゃんのおトイレもベランダなので


台風シーズンにはベランダ関係が一番手がかかります。


 


 


「台風なんてなければいいのにねー」と娘。


 


うんうん、ほんとよね。


 


 


海無し県の岐阜で生まれ育った私は、


台風というと川の決壊等、まっさきに「被害」が頭に浮かびます。


 


ところが、


自然を観察するようになってから驚いたのは


「台風は恩恵」だということでした。


 


 


例えば、真夏の暑すぎる季節に


 


海表面の温度が上がりすぎたのを、


海底の温度の低い水と混ぜてくれたり、


 


プランクトンなどの栄養素や水中の酸素濃度を


かき混ぜることで均してくれたり、


 


世界の平穏や豊かさを作るためのの、


地球の深く大きな知恵の一つなのでしょう・


 


 


もしも台風がない世界だったら・・・


 


生物は環境はもっともっと早くに


破滅に向かっているのじゃないかとも言われていますものね。


 


その恩恵の大きさや深さは人間のちいさな知恵などとは


比べられないほどのスケールですね^^


 


 


同じように、私たちの人生経験も、


時折起こる、大きな感情の嵐や変化が


 


目には見えないけれど私たちの心の中の記憶や経験を


底の底からかき混ぜてくれて、


 


そして新しい気づきや発見を


得ることができる仕組みなのかもしれません。


 


 


そしてもしも、、、ですが、


 


その起伏が小さなかったら、


気づきや感謝のサイズも、小さいのだろうと思うのです。


 


 


台風は、、人間の日常生活には困りものですが、


 


目の前の割れちゃったプランターや


疲れ果ててしょぼくれたアボカドの葉っぱから


 


少し視点を遠くに馳せてみると、


 


 


地球全体を豊かにしようとしている


ありがたい恩恵の塊だったことわかること


台風に対する感情がなんとなく平坦になってきます。


 


 


 


人生で起こる様々な台風も 


(きっと誰もに何度も起こってることでしょう)


 


もしかしたら、


 


「あなたという人間のサイズアップするチャンスですよ」と


宇宙から言われてるのかもしれません。


 


そんな視点を変える温かいエネルギーで満たされて、


海や空を見上げて、


パステルに還元できていけたら嬉しいなぁ。。


 


 



自分のちっぽけさを自覚するたびに、


やっぱり自然に触れたくなるのでした^^
 



 


 




 


 


 




配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 


メルマガ登録
プロフィール
メルマガ/コンテンツ
お問い合わせ・メッセージはこちらへお願いします
お客様の声
特定商取引法に基づく表記
Facebook
instagram
アメブロ
ホームページ
Copyright (c) 2009-2020 RainbowFlow MINORI.sugimoto All Rights Reserved. 
Powered by リザーブストック