杉本 みのり

『心花絵通信』2つの間で揺れてる感覚もあるね

2021/8/ 7配信


皆様、こんばんは。


 


杉本です^^


 


 


今日のことです。


子連れさんの様子がほほえましくて、思わず見ていました。


 


5歳くらいの女の子が


タブレットのお絵かきソフトで絵を描きながら


大人しくパパとママに連れられていたんです。


 


 


私はその女の子の斜め後ろにいたので


手元のタブレットが目に入るんですね。


 


で、何を描いてるのか見ていたら、


 


最初はひたすら青を塗って


ひたすら消してました。


 


青が終わると、茶色です。


 


 


 


大人なら多くの方が「削除」とか「作業戻る」で


一気に消しちゃうだろう、この消す作業で、


 


その子は指を動かして


 


色を塗ったところが指で触れて白くなっていくのを楽しみ、


 


茶色に塗ったクマさんを何匹もシロクマにして、


 


実におもしろそうに黙々と繰り返していました。


 


 


「手を動かす」って理屈を超えて面白く楽しいことなんですねー。


 


 


「なんでわざわざ型紙を?」って聞かれたことがあるのですが


「面白いから」って答えたことを思い出しました(^^;


 


理屈抜きの脊髄反射の正直なお返事だったんですね、私(笑)


 


 


さてさて、この後、、


 


この子ね、


「おしゃべりしちゃいけないから・・」


ってタブレットに集中してたから(?)


 


描き終わってからも「ママー!」って騒がずに


 


クマさんの横に


「ママみて!これみて!」って文字で書いて、


近くにいらっしゃったママにかざして見せていたんです。


 


 


もうおばちゃん (←私)感動でした。


 


このお嬢ちゃんの横にいらしたパパも


静かに本を読まれてて (ハードカバーで)


 


うーん、、なんだか素敵なご家庭だなーって思いました。


 


 


今日のブログご案内は、


色彩派優先の感覚と


視覚派優先の感覚の記事です。


https://ameblo.jp/mihanae-minori/entry-12501432353.html


 


 


そしてもちろん、ゼロか100かじゃなく、


私たちは1から99までの間を揺らぎながら生きてます。


 


わいては流れていく雲や


四季折々に彩が変わる野山のようですね^^


 


「感覚」も自然な形で生きてるんですねー☆


 


 




 


 


 




配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


メルマガ登録
プロフィール
メルマガ/コンテンツ
お問い合わせ・メッセージはこちらへお願いします
お客様の声
特定商取引法に基づく表記
Facebook
instagram
アメブロ
ホームページ
Copyright (c) 2009-2020 RainbowFlow MINORI.sugimoto All Rights Reserved. 
Powered by リザーブストック