谷口 教子

人生のクオリティーを高める方法♪

2021/7/30配信




このメールは 感情を使って人生のクオリティーを高める
心理コンサルタント・のりさんがお届けしています。



◆このメールは私のメルマガや、無料メールセミナーに登録していただいた方以外に
個人レッスンやWSなどで関わった方にも送信しています。





 * * *



自分らしく幸せな道を進む♪ 3.40代 大人女性の習い事


◆ライサポレッスン 短期集中コース
https://bit.ly/3on0FfS



 * * *



<<目次>>


・メルマガ記事



 * * *



【人生のクオリティーを高める方法♪】



別に不幸なわけでもないし
とても大きな悩みを抱えているわけでもない。


 


けどね、今の暮らしや生き方に充分満足してますか?と聞かれると
納得してるわけではない。


 


それなりに働いて、お給料も頂いてる。


パートナーとの関係も、まぁ良好だし。


家族も健康で元気で過ごしているし。


友人にも恵まれて、楽しいことだってあるし。


 


幸せを感じないわけでもないけど
『幸せ』だと言い切れるほどのものじゃないって、なんとなぁーく感じてる。


可もなければ、不可でもない、どことなく低空飛行な人生。。。


 


<<人生のクオリティーを高めたい>>


 


誰しも、そう願うことは当然なことで


たとえズボラさんでも
意識高い系とかじゃなくても
キラキラした生き方でなくっても
自信がなくっても



それでも、心の底から納得して
自分らしい人生を送りたいだけ。


 


若い頃のように、気力や体力が余ってるわけではないし
(むしろ、どんどん身体は思うようにはいかなくなってるし)


右に同じで、人と同じことしてたら
どうにかなってた頃とも違う。
(みんなそれぞれの道を進んでて、いっぱい分岐してるし)


 


もう 誤魔化しが効かないんだって薄々気がついてる。
けど、それ、認めたくなかっただけ。



↑↑そう感じている、3.40代の大人女性は多くないですか?


 


30代後半~40代の女性は、ライフステージの変化と共に
様々なことに向き合い、考えさせられことが増えていきます。


その中で、行き詰まりや不安や葛藤を抱えながらも
時間は待ってくれないから、手探りで前に進んでいかなきゃいけないんです。


 


認めたくなくて必死に抵抗してたことにも


『この先の人生のクオリティーを高めていきたい。
自分らしい納得した人生を送りたい』


そのために、しっかり自分に向き合って行こう。


 


とは言っても、向き合う方法がわからない。
自分1人では自信がない。


 


↑↑そんな方々にサポートしているのが、ライフサポートレッスンなんです。



お陰様でライサポレッスンのリピート率は92.6%です♪


これはレッスンの内容がワンパターンではなく
お一人お一人のステージや、心的状況に対応した
多種多様なアプローチを提供しているからだと思います。


 



今の暮らしを変えたい。
人生のクオリティーを高めたい。
自分らしい幸せを実感したい。




そんな方のために私は、心のあとりえ~Shanti~として活動しています。


 


◆公式LINEでは質問に無料でお答えしています


https://lin.ee/9HGUif3
もしくは @721mzlyq で検索


 


◆インスタでは心の仕組みのお役立ち情報動画を投稿中


第1話→落ち込んだときの対処法(イライラにも使えるょ)
https://bit.ly/3fbryjf


 


それでは、またメールしますね。


 


◆ ぜひ皆様のメールを読んでの気づきや感想をお聞かせください。
もちろん質問やご意見も大歓迎です。


こちらのメールにご返信頂くと、のりさんに直接届きます。



 * * *


 



  

 


 




 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


メルマガ登録
プロフィール
個別予約
メルマガ/コンテンツ
ショップ
お問い合わせフォーム
お客様の声
特定商取引法に基づく表記
Facebook
アメブロ
ブログ
ホームページ
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック