吉井まゆみ

No.11 「境界線」と「課題の分離」

2021/7/29配信
皆様

こんにちは
カウンセリングルームShineの吉井です。
本日もご開封、ありがとうございますm(__)m。

オリンピック始まりましたね。
アスリートの皆さんの努力の積み重ねと
それを本番で発揮できる精神力、素晴らしいですね。

純粋に、凄いなぁ~と感心しながら元気も頂いています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、本日は「境界線」と「課題の分離」のお話です。

自分と他者との間に、心理的な境界線が
しっかりと保たれていると心は安定します。

例えば、避難所の体育館で一晩を過ごさなくてはならないとします。

周りの人々との間を2メートル以上の高い段ボールで
囲ってあれば、安心して眠りにつけそうですね。

しかし、その段ボールの高さが1メートルだとどうでしょう?

周りの人の動きや声もどんどんこちらに入ってきますし
横になっても覗き込まれる心配もあり落ち着きませんね。

また、その高さが20cmだったらどうでしょうか?
横になっても周りから見られるし、気が気じゃないですね。

誰かがひょいとこちらに入って来られるかもしれない
と思うと、全く眠れないかもしれません。

この様に、自分の心と他人の心の間に
しっかりとした境界線を持っていることが大切です。

自己受容を重ね、自己肯定感を上げていきましょう。

他人と比べるのではなく、今の自分でいいじゃないかと、
もし目指す自分があれば、一歩ずつ自分のペースで進んでいきましょう。

もしもお節介なおばさんが入り込んで来たら・・・
「ありがとうございます。でも今はこれで十分ですので」
と、笑顔でキッパリお断りしましょう。

嫌なのに嫌と言えず「ありがとうございます」と
受け取ると彼女はドンドン繰り返しやって来ます。

逆に、他人が気になってお節介を焼きたくなった時は
「これは誰の問題だろうか?」と立ち止まって考えてみましょう。

「この問題が上手くいかない時、誰が困るの?」
その人だと思えたら、それはその人の課題(子どもでも)です。

その人がその課題に向き合い成長していくための問題なのです。

一度、自分とは切り離してみましょう。
もし、SOSを出して来られたら別ですよ。

その時はそのSOSに対して自分の課題として
取り組めばいいのです。

アドラー心理学の「課題の分離」は、冷淡ではなく
他者への尊重だと私は理解しています。

他者に振り回されず、自分の人生(限りある時間)を
大切に生きていきましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★それでは本日の「禅」のお言葉です。

【随処に主と作れば 立処 皆真なり】

この意味は・・・
「どこにいても周りに振り回されることなく
自分の純粋な心を忘れずにものを見て
精一杯の真心で行動しなさい。

そうすれば、どんな環境にいようと
人生の真実や生の意味が発見できる」

と言うものです。
しかし、この「随処に主と作る」のが実は大変ですね。

真実の自己(主人公)という土台がしっかりしていないと
外からの少しの圧力で心は揺ら揺らしてしまう。

どんな時もブレない自分を保つにはどうしたらよいのでしょう?

ヒントは最新のビルの免震装置です。

地震が来てもユラーリ、ユラーリと揺れを吸収しながら
中心軸がきちんと戻るように出来ています。

どんな現実に放り込まれても自然体でいられる
心の免震装置、それはすなわち「無心」であること。

執着のない無心であればこそ
「随処に主と作る」が出来そうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

♡書きながら、子どもの頃に祖母の家で遊んだ
小さな「おきあがりこぼし」を思い出しました。
おばあちゃん子の私には懐かしい思い出です。

◆本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。
次回迄、暑さにとうまく付き合いながらお元気でお過ごしください。

 カウンセリングルームShine 吉井まゆみ















この記事をシェアする

https://smart.reservestock.jp/subscribe_form/mail_magazine/1849511?o=((customer_name_urlencode))



配信停止ご希望の方はお手数ではございますがこちらから解除をお願いいたします。
https://resast.jp/page/ss/

メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。









お問い合わせフォーム
⇒ https://www.reservestock.jp/inquiry/49781/



☆サービス一覧とご予約はこちらからご希望の日程をお選びください。
⇒ https://resast.jp/page/reserve_form/31366/







☆ バックナンバーはこちら
⇒ https://resast.jp/page/backnumbers/



------------------------------------

アプリ(無料)でメルマガを読むと

〇 文字化け無し
〇 必ず届く
〇 プッシュでスマホに通知が行く
〇 ほかのメールに埋もれない
〇 この記事に いいね する

今すぐインストール!
https://smart.reservestock.jp/menu/application_install_page

------------------------------------------


プロフィール
個別予約
メルマガ/コンテンツ
お問い合わせフォーム
お客様の声
特定商取引法に基づく表記
Twitter
Facebook
instagram
ブログ
ホームページ
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック