いずみはるか

【本日受付終了】自然に愛される極意その3

2021/7/21配信


皆様


こんばんは。

愛され力UPカウンセラー
いずみはるかです。


 


 



 


明日は祝日なんですよー。
知ってましたか?


今年はオリンピックのせいか、
カレンダーと祝日の日が違うので
戸惑ってます(^0^;



8月11日の山の日の祝日も
別の日に移動してるみたいですよね。


 


あれ?


この日って
終戦記念日じゃなかったっけ?



祝日の名前が変わるのはいいけれど。

子どものお稽古事とか、
色々あるので、カレンダーや
スケジュール帳の発売以降、
祝日の日付を変更するのは
やめてほしい…


と切実に思ってます^^;



さて。
今日で受付終了です。
気になる方はお早めにー♪


 


マインド起業をしたばかりの方に
しっかり稼げるようになる
マインド+スキルをお伝えする


「空想×ロジカル」メゾット


プレセミナーの詳細はこちら♪
https://resast.jp/inquiry/66802


 


***



さてさて今日も
<愛される極意>の
話をしようと思います。



自然に愛されるために
重要なのは…


1・相手を否定しない。
2・自己開示



ということをお伝えしました。



今日はその次に必要なこと。
<マインド>について
お伝えしますね。



ここでいう<マインド>
とは、「心の状態」を
意味しています。



心が揺らいでいるときは
どんなに相手と親しくなろうと
思っていても、うまくいきません。



相手を否定しなくても、
自己開示をしても。



心の状態が調っていないと
【適切な関係】を
築くことができないからです。


 


【適切な関係】とは
お互い対等であるということです。



たとえば、
自己価値観が低い人は、
「お互いが対等」という
認識をすることが困難です。



じぶんは相手より
劣っていると思いがちなので
卑屈な会話をしがちです。



相手を無理にでも
喜ばせようとします。



じぶんが内心
傷ついていても、
それを隠して、相手を
必要以上にほめたたえます。



逆に、
じぶんの方が優位だと
感じている相手だと、
つい、尊大に…



もしくは、相手を
雑に扱ってしまいます。



これぐらいは許してくれると
甘えを持って接してしまいます。


 


「私はそんなことないわ」



と、思いますか?



でも、
それらはすべて、
無意識で行っているので
じぶんは気づかないものです。



「大丈夫」
と思っていても、
意識をしていないところで
相手に伝えてしまっているのです。



たいてい
じぶんの心の状態は
言葉以外で相手に伝わります。



視線で。
表情で。
仕草で。
声色で。



雰囲気や空気の振動で
相手に伝わります。


 


もちろん、敵意でなければ
本当の気持ちは、すぐには
伝わらないかもしれません。



でも、
おそらく相手は
「居心地が悪い」と
感じるでしょう。



もしくは
「相性が悪い」
「この人とはあわない」
と思うかもしれません。


 


そうなってしまうと、
相手と仲良くなるのは
困難になってしまいます。


 


だからこそ、
大切なのは「心の状態」を
フラットにする。



ということなのです。


 


****


 


親しくなりたい人と
話をするときは、



私は必ず
マインドの位置を
0地点に戻します。


 


0地点というのは、
可でも不可でもない状態のこと。



相手を拒絶するのでも、
受け入れるのでもない状態のこと。



親しくなっても、
親しくならなくても
どちらでもいい状態のこと。



主観はぜーんぶ取り払って、
相手をまっさらに状態で
見つめる。



これが0地点。
マインドがフラットに
なった状態です。



この状態でいれば、
仲良くなるために必死になり
じぶんで自分を傷つけることはありません。



相手を必要以上に褒めることも、
逆に、じぶんを優位に
見せることもありません。



ただ、相手の話を聞き、
受容れるだけ。



この状態であれば、
もちろん、どんな会話、
どんな状況になっても乱されませんし、



パニックになって
何を話したかわからない。


 


なんてことも無くなります。


 


じぶんを客観的にとらえ、
状況に合わせて
0地点にあるマインドを
動かしていけば良いのです。


 


****



こんなことを言うと、
難しそうに聞こえるかもしれません。



でも、そんなことはないですよ?



じぶんの価値を知り、
じぶんを受け入れることが
できている方は



意識をすれば、誰もが
マインドをこの0地点に
戻すことができます。


 


難しいのが、
「自己価値観が低い」方。


 


この方だけは、
どうしてもマイナスに
マインドが寄りがちなので
ゼロ地点に戻るには
時間がかかります。



時間がかかるだけで
必ず0地点に戻ることは
できるのですが。



時間がかかっているからこそ、
対応が遅れ、人生が
うまく回らないことが
起こってしまうのです。


 


****


 


過去の私の友人に、
ものすごーく自己否定が強い
女性がいました。



自己価値観が低く、
全身全霊、全力で後ろ向きに
生きているような女性でした。



この女性の
後ろ向き全力疾走に
私はついていけず…



今では疎遠になってしまったのですが、
そんな彼女と私が疎遠になった
きっかけの話をしましょう。


 


彼女は、普通の事務職員でした。
お昼休みは同僚の子とランチをして
休みの日はマンガを読んだり
アニメを見たり…。



好きなことに関する
主義主張は激しかったけど、
どこにでもいるアニメオタクの
女性でした。



ところが
彼女はものすごくマイナス思考で
なんでもかんでも
「ごめんなさい」と謝る癖がありました。



私と駅のホーム待ち合わせをしていて
私が遅刻をしてしまった時は…



「ごめんね!
私が駅のホームで待ち合わせ
なんて言ったから、
わかりにくかった?」



と、私が謝罪する前にあやまります。



好きなアニメの原作本を
私に貸してくれる話になったときは



「ごめんね…
どうしても面白いから
いずみちゃんに読んで欲しくって」



と、押し付けてごめんね、
というのです。


 


ずっとこんな調子でしたので
まだ若かった私は当時、



「なんで悪くないのに、
こんなに謝るんだろう?」



と、不思議に思っていました。



そんな彼女がある日、
この全力で後ろ向きな性格が
引き金になり、会社を辞める事件が起こりました。


 


ある日、いつものごとく
同僚とランチに出かけた彼女は
会社の郵便物をポストに入れようと
ランチに行くときに持って出かけたそうです。



ところが、
ランチを食べて社内に戻り、
ポスト投函し忘れていたことに
気が付きました。


 


慌ててカバンを探しましたが、
郵便物がない!



ランチをしたお店や、
一緒に行った同僚にも話を聞き、
一生懸命探しましたが、
郵便物は見つからなかったそうです。



彼女はものすごく
じぶんを責めました。



手紙を落とした記憶も、
ポスト投函した記憶もない。



同僚に話を聞いても
「覚えていない」の返事だけ。



そして彼女は
とうとう会社に行けなくなってしまったのです。



****



どうして会社に行けなくなったのか。



私はこの状態になったとき、
彼女から話を聞くことができました。



じつは。



彼女が紛失したと思った手紙は、
ランチに同行した同僚が
この日にポスト投函していたのです。



ランチを食べた店の
テーブルに置いてあったのを見て、
何も考えずに、それをポストに
投函してしまった



……というのを
この同僚は、
1週間以上も後に、
思い出したそうです。


 


それなら、彼女は
何も悪くないんだから
別に辞めなくてもいいじゃん。



って私は思ったのですが。



「ぼーっとしていて
手紙をどうしたか忘れていた
私が悪かったから」



「上司に今後、
ミスが無いように注意されたけど
私のせいで怒られた同僚と
顔を合わせるのが辛くて…」



と、何を言っても
全力で「私が悪い」
「私がきちんとしておけば」
と力説してくるので


 


「あー。
私とは一緒にいれない人だ」
と私は思ってしまったわけですf^^;



もし私がこの立場だったら、



「結局、相手先には
手紙は届いてたんだよね?
何もなくってラッキー♪」



って小躍りして
何もなかった日常に戻ってるもん(笑)



後々、私は心理を学び、
彼女が自己肯定感が低く、
自己否定ばかりをして
生きていたのだと気が付いたけれど。



「私なんて」
「私ごときが」



という言葉に慣れてしまうと、
どんどん、その言葉に引きずられ
果ては友人や職場さえも
失ってしまうこともあるのです。


 


このメルマガを
読んでくださっている
皆様は
もちろん、大丈夫だと思います。



でも気を付けないと、
人の心は通常運転だと
マイナスに行きがちなのです。



<マインドは意識して0地点>



この標語は大切です(笑)



対人、恋愛、仕事面でも
0地点でいれば、
心は乱されることはありません。



心が乱されることが無ければ
客観的に物事をみることができます。



感情に振り回されずに、
状況を判断することができます。



カウンセラーにならなくても、
このスキルがあれば
生きていくのに役立ちますので、



ぜひ0地点を心掛けて
行動するようにしてくださいね。


 


いずみはるか


 


余談ですが。
「私ごとき」という発言をするのに
自己否定とかそんなの関係ない!って
感じの芸能人がいらっしゃいます。



それが
タモリさん。



「私ごときが
【運命】を語る資格がない」



というような
言葉を言っている姿を
テレビで見たことがあるのですが



卑屈な言葉を使っているのに
(そして、オタクっぽい
空気までも存在しているのに(笑)



他人に笑いを提供したり、
話のテンポや話題の振り方も
ものすごく頭がいいし。


 


不快感はまったくなく、
話に引き込まれてしまったので、
卑屈な言葉や、マイナス思考も



意図的に訓練したら
心地よく相手に伝えられる
ようになるのかもしれません。


 


……私だったら、
そんな訓練を頑張るぐらいなら
誰とでもすぐに仲良くなれる
0地点になる練習をしますけどね(笑)


 


 


 


 


 


 



現在募集中です♪


◆毎週木曜日19時~
リアルにお悩み相談ができる
【無料相談】Zoomお茶会


https://resast.jp/inquiry/66364



◆ビジネスカウンセラーになりたい方、
「しっかりお金がもらえるカウンセラー」
になるためのメルマガ
https://resast.jp/subscribe/170632



 ◆「できない!」
何故かうまくいかないあなたの
心に潜むラスボスはこれだ!
<ラスボス診断>
https://www.reservestock.jp/page/fast_answer/7863



【無料講座のご案内】

・じぶんの魅力を知りたい方に


「セーラームーン診断」


https://www.reservestock.jp/page/fast_answer/4629


・じぶんにぴったりの理想の男性と出会う方法がわかる3DAYレッスン


https://www.reservestock.jp/subscribe/151418


・プチサクセスストーリー


もしも、愛され下手で、
人間関係が苦手なOLが
「愛される心理学」を学んだら


https://www.reservestock.jp/subscribe/111610


 



 


 



 


 


 


 


 


 


 


 



  

 


 



現在募集中です♪


◆毎週木曜日19時~
リアルにお悩み相談ができる
【無料相談】Zoomお茶会


https://resast.jp/inquiry/66364



◆ビジネスカウンセラーになりたい方、
「しっかりお金がもらえるカウンセラー」
になるためのメルマガ
https://resast.jp/subscribe/170632



 ◆「できない!」
何故かうまくいかないあなたの
心に潜むラスボスはこれだ!
<ラスボス診断>
https://www.reservestock.jp/page/fast_answer/7863



【無料講座のご案内】

・じぶんの魅力を知りたい方に


「セーラームーン診断」


https://www.reservestock.jp/page/fast_answer/4629


・じぶんにぴったりの理想の男性と出会う方法がわかる3DAYレッスン


https://www.reservestock.jp/subscribe/151418


・プチサクセスストーリー


もしも、愛され下手で、
人間関係が苦手なOLが
「愛される心理学」を学んだら


https://www.reservestock.jp/subscribe/111610


 



 


 



 


 


 


 


 








 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


メルマガ登録
プロフィール
個別予約
メルマガ/コンテンツ
いずみん お問い合わせ&お申し込みフォーム
愛される―プ作成セミナー
お問い合わせフォーム
HAP(ハピ) 心理学講座
ZOOM対談
こころ×仕事マスターセミナー
お客様の声
特定商取引法に基づく表記
Twitter
Facebook
instagram
アメブロ
ブログ
ホームページ
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック