久川勇華

古事記から学べる愛情とは

2021/7/21配信




皆様


こんにちは


今日も読んでくださって
ありがとうございます。


心から喜べる想いを引き出し


人生が豊かになるお手伝い


久川勇華(くがわゆか)です。





このメルマガは、


・直接読者登録をしてくださった方


・私の企画するイベント(セミナー・講座)申し込みなどで


私と直接ご縁のあった方


・私が応援(後援)している仲間の開催するイベントへ


参加くださった方へも送られています。


はじめましての方はどうぞよろしくお願いいたします。


 


今日も


自分のことがより一層好きになり


満たされて分かち合う生き方ができる人を増やすための


ココロの土台作りをお届けいたします。


 


 



 




★古事記を学び合ってみませんか




古事記を原文で読み解く、だけでなく
古事記を通して
古事記と照らし合わせて
自分の気持ちに気がついたり
相手の気持ちに寄り添えるようになったり
心の成長を学びあい、美しい生き方を
学んでいけることが特徴です
 


8月からは本編に入ります
本編は国産み編からスタートです。


https://www.reservestock.jp/page/event_series/71838/


 


 


★お金のことも学びましょう
(リアルタイム開催は終了しましたので
リアルタイムで開催時に生配信をした
動画視聴受講にてお申し込みを受け付けます)
8月18日まで動画が見られます。
 
お金と向き合うって何するの?
どういうこと?がわかります。



https://www.reservestock.jp/events/588090/



 



ココロの成長のヒントに♡
音声配信はじめてます♫

 YouTubeは映像ごと


スタンドFMでは音声のみ

第2&第4月曜日21:00に更新です。



 


 


昨夜は古事記の学び合いでした。


この学び合いは


古事記の解釈を知ることがメインではなく


古事記が書き残された意味、目的を分かち合うことにあります。


 


時代によって言葉の意味は変わるかもしれないけど本質は変わらない。

神様だって人間。
その神様たちのたくさんの物語を書き残しておくから

今のあなたに照らし合わせて読んでみてね

古事記の中身を伝えることではなく
それを読んで、どんな気持ちになったか
どう感じたか
自分だったらどうするか


古事記に書かれた物の見方を
日常の暮らしの中で活かすことで
物事の見方が変わり
視野が広がり
人格・品格が上がっていくよ

日本人の生き方や想いを受け継いでいくために書かれたのが
古事記の三部の中の「上巻」です。





古事記という12万年前に書き残されたものから

それぞれ受け取るもの、感じることは違うし。

その時の自分の状態によっても感じ方は違う。


学び合い、という場がゆえに


何人かが一緒になり


同じ文章を見て、どう感じたか


どう思ったかの気持ちを言葉にして出し合うことで


◯◯さんの見方、感じ方と違うことを知れるし


一人だけでは見えなかったところまでが見えてくるし。


いろんな物の見方、気持ちがあることも知れるから。

日常生活で相手の気持ちになってみることにも活かせるし。


頭にきたあの人がいても


この前の古事記でこんなケースが出てきたっけな


その時の相手の気持ちってこんなじゃないか?って


話したっけな・・


そんな風に日常に活かせるようになってくる。


 


古事記を読んでどう感じたか


それに答えなんてないので


自分の言葉で話せば話すほど


他の人にも気づきを与え


お互いが成長しあえる


 


自分の気持ちを出せば出すほど


他の人も、同じように開いてくる。


 


 


自分の言葉を安心して出せる


その場があることで、お互いが成長しあえる。


 


成長って振り返ったときに


自分の変化を感じられることだと思うから。


どんどん話した方が自分のためだけでなく


相手のためにも役立てられる


 


それが、古事記の学び合いの場です。


 


仲間ってどういう人たちだろね


学び合いの中で毎回あるのが


「ねえねえちょっと聞いてよ」という時間。


その時の自分が聞いてもらいたいことを順番に話すという時間です。


 


不思議なもので「ねえねえちょっと聞いてよ」で出す話題は


その時のそのメンバーの中に響き合うことだったりします。


 


昨日は


・仲間について


・一緒にいる人について


 


そんな話題にもなりました。


 


 


仲間って


同じ困難を一緒に乗り越えるかどうか


同じ困難を乗り越えることで絆が深まる


そんな関係性が仲間。


 


会社でもプライベートでも


同じ方を向いて、同じ目的に向かう中で


同じ困難を乗り越える中で


時には愚痴も言い合ったり、不満も言ったり。


また本心の気持ちを伝えあったりしながら


一緒にやってきた人とは絆が深まって


応援しあえるような関係性が続くよね。


 


でも、全員がそういう人になれるわけでもなく


時には別れる、離れる選択になる人もいる。


 


離れる選択も良い悪いではなく


その時の相手は自分にとって嫌だなと感じることを


教えてくれたかもしれない。


それによって自分が嫌いなことがハッキリして


その先に進む方向が見えるようになったかもしれないし。


次から何かを選ぶ際に


嫌い、だけはわかるようになって


好きかもしれない方を選べるようになれているかもしれないしね。


 


 


絆が深まっていく仲間の間にあるのも


別れる選択をしてしまう関係になる人とも


離れてしまう関係でも


間にあるのは「愛情」


 


別れることも「愛情」


今は離れることも「愛情」


そんな新陳代謝があることもある意味自然現象なのかもね。


 


別れたり、離れたりすることは


このまま一緒にいたら相手を憎んでしまうかもしれない


相手を毎日憎んでいる自分も嫌いになりたくない!


 


相手への愛情でもあり


自分への愛情でもあるね。


 


まさに私が離婚を決めた時もそうでした。


あいつ、死ねばいいのに!って毎日思ってる自分も


これ以上嫌いになりたくなかったし。


 


そして今回、親と同居の暮らしから


今のパートナーと一緒に暮らすために


実家を出る決断をしたのも同じ。


 


このまま一緒にいたら親を憎んでしまうかも・・・


 


夫は他人だからか


死ねばいいのに!とか思っちゃえるのに


親となると死ねばいいのに!も思えなくて。


でも居なくなればいいのに!なんて思ったりして。


あ〜あ


そんなこと思ってる自分、やだなあって思ったりしてさ。


たくさん助けてもらえたこともあったのに。


 


親の気持ちに立って考えてみると


心配で、心配でたまらないからいろいろ声をかけてきてくれるだけなのになあ。。。


 


 


 


そんなことが昨日の古事記の学び合いで


テーマとなったことでした。


 


これもすべて


今の私に照らし合わせて受け取った学びの解釈。


 


他の参加者は違うことを学び取ったかもしれません。


あとで聞いてみよ〜っと。


 


日本人ってこんな風に


いつ何時も愛情たっぷりな民族なんだなーって思えます。


 


 


古事記を通して自分と向き合う時間です。


自分と向き合い、自分を満たし


満たされた状態で誰かに分かち合える生き方を


していきたい人はぜひ一緒に学びましょ。


 


 


古事記の学び合いは


月に一回、昼の部・夜の部で開催してます。


7月26日(月)10時からの部は


序文編③(序文の最後)


https://www.reservestock.jp/page/event_series/68348/


 


8月からは本編・国産み編に入ります。


https://www.reservestock.jp/page/event_series/71838/


*単発回参加でも大丈夫でーす



お金を通して自分と向き合いたい方は


どうぞこちらへ。


https://www.reservestock.jp/events/588090/


 


 


 


 





お問い合わせやメニュー案内はこちら



 




メルマガへの返信や質問などは、このメルマガに直接返信くださることで
私の元へ届きます。
 
いつでもお気軽にお便りください!
どんな文章でも大丈夫。
あなたの疑問は誰かも疑問。
あなたの気づきは誰かの成長。

気づいたこと・感想など受け取ったものを出す習慣で、人生の流れが
どんどんスムーズになっていきます。

いただいたお返事は、お名前を伏せてメルマガ内でご紹介させていただく場合があります。
もし掲載不可の場合は、その旨をお書き添えくださいませ。




今日も


あなたもあなたの周りも笑顔の時間が


増えますように♡




このメルマガをご紹介の場合はこちらをお使いください



 


 




アプリを使うと他のメールに埋もれず
受け取りやすくなります。
「いいね♡」ボタンがトントン押せるようになり
読んだよ〜代わりに使えます。



 


 


 


 


 


 


 


見出しのサンプル


 


 


囲み枠のサンプル

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。




 


 


 


 



  

 


 




★古事記を学び合ってみませんか




古事記を原文で読み解く、だけでなく
古事記を通して
古事記と照らし合わせて
自分の気持ちに気がついたり
相手の気持ちに寄り添えるようになったり
心の成長を学びあい、美しい生き方を
学んでいけることが特徴です
 


8月からは本編に入ります
本編は国産み編からスタートです。


https://www.reservestock.jp/page/event_series/71838/


 


 


★お金のことも学びましょう
(リアルタイム開催は終了しましたので
リアルタイムで開催時に生配信をした
動画視聴受講にてお申し込みを受け付けます)
8月18日まで動画が見られます。
 
お金と向き合うって何するの?
どういうこと?がわかります。



https://www.reservestock.jp/events/588090/



 



ココロの成長のヒントに♡
音声配信はじめてます♫

 YouTubeは映像ごと


スタンドFMでは音声のみ

第2&第4月曜日21:00に更新です。



 


 



イベント・セミナーのご案内




起業にまつわるお金のことを知る、自分の手元にある生活費を見つめ直しやりたいことに不安なく使える状態を知る

21250_y2ywyzcxogq2yjhmy






 



 


 


 




Icon_f


古事記の学び合い〜序文編

出会いに感謝!!

けいこ 様

今日はありがとうございました。
お話し会に参加させて頂き嬉しかったです❣️こんな自由発言OKだったのですね。ユカさんの設問、投げかけ方も良かったです。ただ私途中退席したりして、話しが繋がらずごめんなさいでした。夜バージョン、ゆっくり自分を開いていけるのが有り難いです。又、"朗読応援"は考えていなかった事なので、とても力を感じました。感謝です。次回も楽しみにしています。もっと近付きたい😅




Icon_f


古事記の学び合い〜序文編

とにかく楽しかったー

なめっく 様

緩やかに、楽しい時間でした♪
輪読、、、で漢字合ってますか?が、想像以上に楽しくて、想像以上に字が読めなくて笑いました。

些細なことですが、感情を受け取らないって言ったって、、、痛いもんは痛いわ!と、今まで思っておりました(^◇^;)
しかし具体的な「言葉だけ受け取り」の方法、と言っていいのかな?や、それを古事記から読み解く為の「であるならばこの事象をひっくり返せばこうなります、、、」みたいな、魔法の「、、、であるならば」を鮮やかに感じ、そして、ようやく感情を受け取らないが、腑に落ちました(^◇^;)

これからも、自身の変化、皆様の変化と共にこの時間をとても楽しみにしています。




Icon_f


古事記の学び合い〜序文編

また参加します

スマイル 様

この度は企画してくださってありがとうございました。なんでかは分からないのですが古事記とか神様とかは、なんか好き。でも宗教って言うのは抵抗がある。
純粋に面白いです。また参加します。




Icon_f


【zoom・無料】メルマガ読者様専用・お話しセッション

気づきが得られました

勝又 桂子 様

今まさに目の前に立て続けに
似たような出来事が次々と起きていた私。
なんなのコレ??というモヤモヤを
勇華さんに聞いて頂き
その原因が何なのか
勇華さんが丁寧に順を追って導いてくださって
そのまさかの原因が解り、はっとしました。
あぁ、そうだったのか。
そしてそこからどうするか。の気付きも得られました。
今までの自分の狭さが解り
視座を高く持ちたいと痛感しました。

そして、要らぬ不安がなくなり
気持ちが楽になりました。

勇華さん、貴重なじかんを
ありがとうございました。





Icon_f


WWL・BOメンバー専用・自分の整理整頓

 

高良 翔 様

いや〜、ゆかさん本当に有り難うございました♪

話しているだけで色々整理でき、更にはゆかさんの質問で色々繋がりました。

これから更に自分の未来が楽しみになりました♡

なにげに1番楽しかったのは、何も意識してないお話タイムだったりする件


利用者の声をもっと見る▶


 


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック